« つみはらへ六月 | トップページ | ねじれた花 »

2011年7月 1日 (金)

ねじれた記憶


baseballbaseball


今朝の朝刊「武士のサムライ」に涙がちょちょぎれるほど懐かしい記事をみつけました。

それは、「河原町のジュリー」

clover

記事によると
「30年ほど前(記憶ではもっと前)の京都に
≪河原町のジュリー≫と呼ばれる有名な、どこか風格のあるホームレスがいて、よく河原町三条から四条周辺をさまよっていた。
≪ジュリーって京大の哲学科出身やねんて≫というウワサに、なるほどなーと納得していた」とありました。

clover

実はこのウワサを遡る数年前、淀屋橋に「さようなるお方」がいて、彼は夕刻になると決まって、京阪淀屋橋の駅伝言板に伝言を書いておいでだった。

それがものすごい達筆で。(ホワイトボードなどない、黒板に白墨の時代です)
道行くサラリーマンは足を止め、腕を組みうなったものでした。

若輩のおたまには内容はさっぱりわからなかったけど、メチャンコ難しそうなことだけは判りました。

そばによると、あま 酸っぱいにおいがしました。

clover

この方を見かけなくなってしばらくして後、≪河原町のジュリー≫のうわさを聞きました。
「ああ、京都に行かはったんや」
「電車賃はどないしはったんやろ」
「ホンマに、あの方やろか・・」

河原町で「みかけた」という京都の友人に裏をとりました。
「なーなー、その人ブリキのバケツ持ってはった?」
「さあ~・・紙袋みたいやったけどな~」

clover

あの方が、かの方だったかどうか判りませんが、
おたま周辺のツレの間では、

「京阪電車にパリッとして乗ってはったで」というものまで現れ

同一人物という都市伝説が生まれました。

あの方は今でも、ああやって人生を説いてはると思います。

そう思いたいけど・・

駅には伝言板がありません。



|

« つみはらへ六月 | トップページ | ねじれた花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

急に思い出しました

大昔まだ、子供だった頃、近所にルビーさんという、アメリカ兵とのお仕事の人がいました。
あの人たちはその後どうなったんでしょう???

私ね、天津祝詞 暗記しています。
般若心経も、主の祈りも 暗記しています。ボケ防止です。意味わかっていません。おたま師の講義を受けに行きたいです。3食、三味線つきで。

投稿: こく | 2011年7月 1日 (金) 10時38分

河原町のジュリー何回かお目に掛ったことあります。 
なんでも20何年か前に円山公園の鉾の収蔵庫にもたれて亡くなってたって 聞きましたねぇ。
今は モーゼとおっしゃる方が居はるらしい
 あまりのスメルの強さに人混みがモーゼの海の様に左右に割れるからが、名前の由来らしい。
ジュリーはインドの行者みたいでしたね 

投稿: youko | 2011年7月 1日 (金) 21時59分

baseballこくちゃん。
今度、強化合宿しましょう。おたまがうさんくさい話をするので、こくちゃんは、忍法を教える。
休み時間は三味線に合わせてビンダンスをする・・・・素敵heart04

昔々、おたまより少し大きな男の子と、そのお母さんに映画に連れて行ってもらった。「ピーターパン」でした。
映画館が真っ暗だったので泣きました。
その男の子がなぐさめてくれて、おかあさんは、「こんな子連れてくるんじゃなかった」とぷんぷん怒りました。
その子の家には黒人兵がよく来ていて、あまりに大きくて怖かった。

その後、男の子はアメリカに行ったとききました。日本人の子でした。
黒人兵が来ているとき、その子はおたまと遊んでいたのかしら・・お母さんの名前はルビーさんだったのかしら・・・
あまりに小さかったのでよくわかりません。

投稿: おたま | 2011年7月 2日 (土) 09時07分

baseballyoukoさん
記事を書いたあと、ネットで調べたらなんと、ウィッキペディアにも載っているのですね。本にもなっているそうでおどろきました。
でも「淀屋橋のカント」と同じ人かどうかはわかりませんでした。

投稿: おたま | 2011年7月 2日 (土) 09時26分

ジジイだけど老婆心ながら尋ねたい。
コメント機能を復活させては如何かな?

日曜の午後に家庭菜園の雑草を取っていたら、僕のことを「おとうさん」と呼ぶ声がした。
振り向くと軽トラに乗った中高年男性がひとり。モロヘイヤの苗があまっているので、よかったら貰ってくれないかとのことだった。
そのお気持ちは有り難し。だが、おとうさんはないだろう(怒)。
若い子にそう呼ばれるのは仕方ないとしても、あなただっておとうさんじゃないか。

10年ちかく昔になる。
たまたま隣町のスーパーのレジで、推定年齢50歳(?)の女性店員におじさんと呼ばれたことがあった。
オレはおばさんからおじさんと呼ばれる筋合いはないぞ(怒)。
そのあと1年くらいそのスーパーで買物をしなかった。
現在はどうもそのおばさん店員はスーパーを辞めたみたいだ。
きっとレジの金をちょろまかして店をクビになったに違いない。そして家族とも別れ、いまは刑務所暮らしに違いない。そういう女だった。

投稿: ふぁらんくす | 2011年7月 5日 (火) 09時41分

コメント欄を復活すると聞いたので一寸フライングします。
おたまさんのお母様の退院おめでとうございます。同じ時期に入院されていたのですね。
残念ながら私の母は先週7月12日に亡くなりました。明暗を分けましたね。
仲良しの母で旅行や美味しいものを食べに行ったり、季節の洋服も私が選んだりした楽しい思い出ばかりです。
いま少し脱力感ですが充電すれば元気になれそうです。
楽しいブログを毎日読ませていただいてます。

投稿: スマイル | 2011年7月22日 (金) 08時50分

おたまさんのブログはコメント返しも含めてファンだったので閉じられて残念です。

というか、おたまさんのユニークなコメントを読むために他ブログを訪問する向きもあります。
決してストーカーではありません。

コメントを寄せたことが無い(正確には一度だけある)自分が言うのもおかしいですが、そろそろ、開けられる由。楽しみにしています。

投稿: T生 | 2011年7月23日 (土) 09時05分

baseball
ふぁらんくすさん。
 ありがとう。あなたは、そんなつもりは無いのでしょうが、いつも励ましてもらっている気がしています。
どう思おうと私の勝手ですのであしからず。

スマイルさん
 お悔やみもうしあげます。
 元気だしてね。

T生様
 ありがとうございます。
前回のコメント、ちゃんと覚えています。
ブログなさっていたらURL教えていただけませんか。

投稿: おたま | 2011年7月24日 (日) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/40612824

この記事へのトラックバック一覧です: ねじれた記憶:

« つみはらへ六月 | トップページ | ねじれた花 »