« タコの手招き | トップページ | 神の子 »

2011年6月26日 (日)

マンホール



明石市のマンホールの蓋ってこれ↓です。

11620015_convert_20110626122259 明石天文台

 

子午線の街
135°と刻まれています。

 

「たこ」じゃないんや

うんにゃ!
「たこ」のマンホールは絶対にあります!
だって、むかし・・・

「マンホールの蓋にタコの絵春うらら」

って、作ったもん。

ちなみに、

「マンホールの蓋に城の絵日脚伸ぶ」

というのも作りました。

 

マンホールの蓋さえあれば、俳句なんて作れちゃうわけです。

さすが、三度目はヒンシュクを買いマンホールをやめて

「太陽の塔の裏側日脚伸ぶ」 

にしました。げーじゅつは爆発だ

俳人は「裏側」を詠むのが好きなようで、この句はばっさりと切られてしまいました。ハイ、なめていました。

08_049 Sany0001_2
奈良市          大阪市

 

313_002_2 013_2
伊丹市          京都府美山町

 

520_107 409_119
尼崎市          神戸(王子動物園)

 

2011_109 11610_013
台湾・平渓        宝塚市

 

子午線というのは、地球のてっぺんちょをずーっと辿る線のことだから、
小うるさく・いやらしく・言うと、明石は「子午線の町」でも何でもないわけです。
この、可愛いおたまだって、今現在ここにこうして子午線の上に乗っかっているわけですから。

正確には「日本標準時・東経135度」の子午線の町ということになります。

しかし、BUT、マンホールの蓋にまで、「子午線の町」って書いてあるのだから、それはそれで良いではないですか。だれが、文句を言ってるの!
ワタクシ・おたまか・・。いやごめんごめん。


 


| |

« タコの手招き | トップページ | 神の子 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

困ったもんや。
宝塚に続いて明石!
明石は、生まれたところですっ。
というてもなんじゃそれ?やろな。
一応、標準児です。
あの何を食っていたかわからん時代にね。

「死後線の町」か。

投稿: NANTEI | 2011年6月26日 (日) 21時16分

ヘ~ッ!NANTEI兄ちゃんは明石原人やったんかっ
明石海峡で産湯を使ったったんや。しょっぱいけど美味しそう・・

次、富山に行ったらビックリやわ。

投稿: おたま | 2011年6月27日 (月) 08時09分

最初の句 ・・・・・・春うらら、がなんともええなぁ~、
マンホールってなかなか面白いものがありますよねっ、
こちらにもおたまちゃんが気に入るのが多そうなので
いつかマンホール欧州旅行にこんねー

投稿: ヘルブラウ | 2011年6月27日 (月) 15時08分

ワッフルとかおせんべいとか焼きたくなるような模様ですやんか。
マンホールのふたが丸いのは外した時落ちひん為と聞いてますが 
台湾のは大丈夫なんやろか? 
ちょっとうちの市のも見てみますわ 気になって来た~!  

投稿: youko | 2011年6月27日 (月) 21時19分

ヘルさん
そして、地下水道にもぐったら・・
オーソン・ウェルズが影の中から浮かびあがったりしてねっ!
ええな~。

投稿: おたま | 2011年6月28日 (火) 08時31分

youkoさん。
金閣寺とか渡月橋なのでしょうかね。
希望としては、「おたべ」を持った舞妓はんがいいんやけどね。

最近「夕子(ゆうこ)」が「タコ」に見えますねん。

投稿: おたま | 2011年6月28日 (火) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンホール:

« タコの手招き | トップページ | 神の子 »