« マンホール | トップページ | ねじれた記憶 »

2011年6月28日 (火)

神の子

 

 


Sany0115_copy 今でこそ
神も仏もない
罰当たりなおたまだけど

 

 

 

これでも
子どものころは
熱心に教会に通ったさ。

 

あまりの熱心さに
周りは言ったもんだよ。

 

この子は「神の申し子」だって・・・

 

(うそやで)

神父様はおっしゃた。
「良いことをすれば天国へ、悪い子は地獄へ行きます」
「それなりの人は煉獄というところで地獄の苦しみを味わったのちに天国へ行き、永遠の命を得るのです」

天国へストレート合格は無理だとしても、即地獄はないんじゃない?って少ない脳みそで考えた。

それにしても

怖くて怖くてたまらなかったよ

それは「地獄の苦しみ」ではなく、
命が永遠に続く ということが・・・

「永遠」「永遠」・・考えただけでおしっこちびりそうだった、7歳のおたまちゃん。

毎晩、ロザリオを握り締めお祈りしました。

   「ええ頃合を見計らって、
        終わりにして下さい 」って。

「16歳になったら自分の意志で洗礼を受けられるのでそうしなさい」といわれました。
仏教徒の親に言ったら「ヨカよ!」とのことでした。

が、13歳で大阪に来たので結局、カトリック教会との縁も切れました。

明日は、おばあちゃん(姑)の祥月命日で、お寺さんが来られます。
うちのご本尊は「阿弥陀様」

トリスを買ってハワイに行こう 

「念仏唱えて浄土に行こう」 という教えです。

ひっちゃんも居ることだし、浄土に行くつもりにはしているんだけど、もし、そこで「永遠の命」なんか貰ったひにゃタマランですばい。

終わりはあったほうがいい。

  Reincarnation !    そっか。

しかし生まれ変わるのもなあ・・
世間に迷惑をかけそうだし・・・・・

 

ま、とりあえず、明日、阿弥陀さんにお願いしてみます。

ええ、あんばいで 夜露死苦! って。


 


| |

« マンホール | トップページ | ねじれた記憶 »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント


いやー。参りました。
有難うございました。

投稿: おたま | 2011年6月28日 (火) 22時59分

こんど生まれ変わったら 司法試験を受けて 検事になろうと思ってました 
正義の為では無くて この小面憎い性格が向いているんです。
(世の検事さんごめん)しかし司法修習がしんどそう。でやめた!
今は 研究者の道を選び 糞石(う○この化石)の研究でもして 
楽しく人生を送りたい 嫁になどいかず!! 
そう考えている今日この頃です。京都は36度を超えました。頭 湧いたかも?
いや 強化蜘蛛の糸の研究も有りかなあ。
昼間エアコン使わへんとこうなるんやろか?南無ぅ

投稿: youko | 2011年6月29日 (水) 22時34分

youkoさん。
湧いてます。ガスも発生しているようです。暑さのせいばかりではないかもしれません。
来世では働きすぎに気をつけてくださいね。

おたまは、つけもの石になる予定です。

投稿: おたま | 2011年6月30日 (木) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神の子:

« マンホール | トップページ | ねじれた記憶 »