« 女が階段を上るとき | トップページ | 眼耳鼻舌身意 »

2011年6月20日 (月)

七回忌



今年は大雪の後の増水で、少ないということでしたが、それでもたくさんの蛍を見ることができました。
おたまの住む、このきれいな里は、田植えの頃蛍が飛び、栗の花が咲き、我が家の庭には柘榴の花が咲きます。

 「手囲ひのほたる夫の化身とも」 おたま

夫が亡くなってから丸六年が経ちました。

六年間に、長男は家庭を持ち、学生だった次男はなんとか独り立ちしました。
おたまは二回入院し二回手術をしました。

ミーちゃん(猫)は亡くなりました。
突然一人暮らしになったおたまにそっと寄り添ってくれていたミーコでした。

こうしてみれば、我が家にも色んな変化がありました。

七回忌法要には東京から次男明星も帰ってきました。
平凡氏の連れ合い真綿嬢が新規参入です。

おじゅっさん(お寺さん)がこの日は特別の僧衣持参で御召しかえをされます。赤い本を配って皆で無量寿経やら阿弥陀経やらなんやらかんやらを唱えます。

七回忌ともなると、結構みんなうまくなっています。

法事には、赤い「お敷き」を使い、赤いロウソクを立てました。
ひっちゃんがアッチに行っちゃったことも、もう「祝い事」なのです。

子ども達を見ていて(立派な、おっさんになり)もう、おたま一人で何もかも背負わなくてもいいんやな。ってしみじみ思いました。

これから、大いにはばたこうと思っています
えっ?これ以上?

はい。そうどす。

 

そのあと、お墓参りをして、お料理屋さんで食事をしました。

この六年間、おかげ様で平安の中に過ごすことが出来ました。

足元を照らし続けてくれた我が師。
心を寄せてくれた友人。
・・・・・
多くの人たちに深く感謝をしています。

 

「栗の花雨に濡れたる忌日かな」 おたま



|

« 女が階段を上るとき | トップページ | 眼耳鼻舌身意 »

ごあいさつ」カテゴリの記事

コメント

もう7回忌ですか、、
夫婦って、奥様しか知らなく(チビットだけ)っても、魅力的だったり、良い人だと(素敵なお連れ合いがいるのね、、)と、感じます、おたまちゃんのひっちゃんはさぞかしと思います、、
今のまま生きて下さい、。

貴女のファン

投稿: m-cat | 2011年6月20日 (月) 09時48分

今日のおたまさんのブログに涙です。
いつかは別れが来るのですが、愛している人との別れは辛いです。
まして、おたまさんのご主人様は早すぎました。よく前向きに堪えてきましたね。おたまさんは偉い!
子供達も独立し、これからは益々愉しんでくださいね。

投稿: スマイル | 2011年6月20日 (月) 12時10分

こういうときは、見知った人は必ず言いますな。「もう七回忌?早いもんやなあ」「もうそんなになりますか」「あっという間やな」。
決して「まだ七回忌かいな」という類のことは口にしません。
うちらの寺の明太子和尚は「十三回忌もお待ち申しております」だと。
私は「なんとええ句を作りなさる」ということしか口にしません。

投稿: NANTEI | 2011年6月20日 (月) 14時33分

しんみり読ませてもらいました。ダンボもカミサンの七回忌にこんな感慨にふけることができるのかな~
勿論生きていたらの話しで、正直なところ自信がありません。米寿やで~

でも、目を開き、耳をすまし、鼻をヒクヒクさせ、舌なめずりし・・・・その他イロイロ・・・自分らしく生きてやろうじゃないか!という想いにさせてもらえる「未亡人日記」と出会ったお陰で簡単に死ねません。

投稿: osダンボ | 2011年6月21日 (火) 00時01分

記事内容に関係のないことを書きそう。叱られるかもしれない。
このYouTubeのクリップだが、個人的に好み。また音楽が効いていると思う(「エニグマ変奏曲・作品36」)。
http://www.youtube.com/watch?v=zsl_sIdg6F8&feature=related

クリップの作者であるMonroeSmileさんと僕は女優の好みが合っているかもしれない。20人中の僕がよく知らない女優を除いて、残りの⅔くらいは僕もフェバリット。
このクリップをたまに見ては気分をリフレッシュさせたりしている。
ていうか、もう女優たちもここまでくると神聖な存在。
本日の僕のお気に入りはエバ・ガードナーだなとか、ひとりで訳のわからないことをつぶやいている。エバ・ガードナーの目力は強力!

僕は男なので野郎には興味はないが、いちおう「The 20 Most Handsome Actors Pre-1960」
http://www.youtube.com/watch?v=huytk_MWIDo&feature=related
おたまさんは第一位のマーロン・ブランドあたりをひっちゃんに置き換えたりして楽しんでみてください。

こちらの軽快なノリも好み。BGMは「"I'm A Girl Watcher" The O'Kaysons」
http://www.youtube.com/watch?v=bNuIBtHmgFo&feature=related

投稿: ふぁらんくす | 2011年6月21日 (火) 03時37分

m-catさん。ありがとうございます。
世間で言われるように、「七回忌」って本当にひとつの「区切り」のようです。

ひっちゃんはいい人でした。
腹の立つことを思い出そうとするのですが、(絶対にあったはずですが)思い出せません。得な男です。

彼がお迎えに来てくれるまで張り切って遊んでようと思っています。

投稿: おたま | 2011年6月21日 (火) 07時46分

スマイルさん。
どなたの作か忘れましたが
「明け易し自由と孤独さずかりて」という句があります。
「明け易し」というのは丁度今頃の季節です。
あたりが白々とし鳥が啼き出し目覚めるのだけど、隣で寝ているはずの人は居ない。
ああ、そうか私は一人なんだと思う・・。

それは、孤独なんだけど、たぶんこの作者は、お連れ合いと長い時間を過ごしたあとの「ひとり」であり、自分の獲得した「自由」に小さな開放感と楽しみにつながる一歩を感じておられる・・・

な~んちゃってね。
やっぱり、相棒はいないより居たほうがいいですわ。
ご主人様を大切になさって下さいね。

投稿: おたま | 2011年6月21日 (火) 08時01分

NANTEI兄ちゃん。
別れは世の常やもん。
夫が居る人にもいない人にも平等に時間は流れる。
強欲な妹は一分一秒無駄にせず「生き抜こう」と思っています。
アスパラ食べたい。

投稿: おたま | 2011年6月21日 (火) 08時08分

ダンボさん。
「存命の喜び日々に楽しまざらんや」
これが、おたまの「生きる意味」です。

生きることは「よろこび」でありたいと思っています。それがひっちゃんへの感謝です。

てれんてれんと、のんべんだらりと遊んでいるわけではありません。ちゃんとワケがあるのです。テヘッ!

投稿: おたま | 2011年6月21日 (火) 08時22分

も~~~~うっ。ふぁらんくすさん。
全然更新してないじゃん(怒

ま、それはそれとして、あんたほんとにイイ奴だよ。イイ男だよ。
ユーチューブ楽しませてもらうよ。アリガトネ。

山田五十鈴に高峰秀子にエバ・ガードナー。ものすごく熟女好みだけど、渋いです。
じゃ、「ハンサム」見てきま~す。

投稿: おたま | 2011年6月21日 (火) 08時33分

褒めてもらったのだから素直に御礼を言っとくべきだろうが、僕はイイ奴でもないしイイ男でもない。
それに自分がジジイのくせしてなんだが、基本的にババアは嫌い。
最近は、オンナという生物は松下奈緒とその他大勢に分けられるんじゃないだろうかとか、ジジイのくせしてそんなことを考えている。

思うところがあってクラシックギターの練習を始めた(練習したって上達するはずがないのに)。
そういうことをしているとインターネットをやってる時間はない。インターネットはやっぱり自分に向いてないかもしれない。

投稿: ふぁらんくす | 2011年6月21日 (火) 13時13分

ふぁらんくすさん。
ローレンバコールが好きだったことを思い出しました。外国の女優さんのピンナップをたくさん集めていました。
子どものころはきれいな人が好きだったけど、バアサンの今では魅力を感じる部分が変わっています。

美的鑑賞に耐えられるのはヒトに限っては♀だわ。
でも、若き日のマーロンブランド。大変結構でございます。あの中では№1です。
トニーカーチスってあんなににやけてたんや・・・

ギター・・・クラシックなんや・・・

投稿: おたま | 2011年6月22日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七回忌:

« 女が階段を上るとき | トップページ | 眼耳鼻舌身意 »