« 優しい国 | トップページ | 台湾・ロハスの村 »

2011年5月26日 (木)

号令の命令・起立


baseballbaseball


はいはい、
どうせ兵庫県民ですからね、よろしいんですがね、
いや、マッタクよろしくない。
どうも胸がざわざわざわざわと、収まらない。

自分の一番守りたいもの。
誰がなんと言おうが、これは私だけのもの。

それは、心の自由。

自分の頭で、心で思うこと、感じることは誰にも侵すことはできない。
法律や条令でどうこうできることではないし、してはならないことだ。

clover

「日の丸」の歴史性や「君が代」の歌詞を問うことは、とりあえず、今は置いておく。

それが例え白地に大好きなドラえもんの顔であっても、皆に勇気を与えるアンパンマンの歌であっても、誰からも強制されたくない。

「日の丸」に感激することもあるだろうし、「君が代」歌いたきゃ歌うさ。
そういうことがあるかもしれないし、無いかも知れない、私の好きにさせてくれ。
敬意を払う、払わないは心の問題だ。

clover

学校行事での起立斉唱条例案が大阪府議会に提出された。
教育現場での義務づけは違反者の処分、実名公表を意味する。

橋下大阪府知事はなにを目指しているのか。
「起立しないのは府民への挑戦」という言葉を大阪府民は「マッタクその通り」と考えるのか。
大阪府民がはしもっさんに求めているのは「そういうこと」なのだろうか。

経済の活性化、閉塞感の打破・・・何もやってこなかった今までの知事に変り府民の期待はココに掛かっていたのではないのか。

なんで、今なのか。

みんなで、がんばらなあかん、なんで今やねん。

躍進を遂げた4月の地方選、圧倒的な支持率を背景に、聴く耳持たぬ高圧的な手法は驕り以外の何ものでもない。

clover

国旗・国歌法の制定で揺れていた時期に、わが子の卒業・入学式を経験した。
一介の保護者の立場でも、「起立」「斉唱」の強制を無視するのは勇気が要った。

いま、教育の現場の声が聞こえてこない。
すでに声をあげることさえ出来ない状況なのか。

教育の場で生かされるのは、立法の精神であって数の力で押し切った条例ではないはずだ。

clover

浮かれ気分で旅から戻ったものの、
原発問題はもとより、頭の痛いことばかりだす。



|

« 優しい国 | トップページ | 台湾・ロハスの村 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、お帰りなさい。お帰りをお待ちしておりました。何故ならおたまさんのブログを見て元気貰ったり笑うたり頷いたりしていますもの。お顔も知らないのにお会いしたことも無いのに友情を感じておるのです。大阪府民じゃないけれどおぼろげながら府民による府民の政治が始まりそう…だったのに何を言い出したのですかね。方向を間違わんといてほしいものです。なんか、東京都知事に似てきたような…。(#゚Д゚)y-~~イライラ

投稿: cookie | 2011年5月27日 (金) 19時38分

お帰りなさい!この時期の台湾は暑かったですか?愉しい旅行記を待ってます。

投稿: スマイル | 2011年5月28日 (土) 08時29分

baseballcookieさん。
Thank you ! おおきにっ!
柔和で物静かで穏やかな・・本当のおたまを返して~。ケツまくりそうな自分が怖い・・。
そんな、オケツ見たくないわね。

怒っている一人。おかしいと思ってる一人。不安を感じている一人。
そんな人たくさん居るはずなのに、一人では何も出来ないと思っている「一人」ばかり。
そして、な~も考えていない「一人」ばかり。

投稿: おたま | 2011年5月28日 (土) 10時30分

baseballスマイルさん。
ごきげんさんで帰ってきましたよ。
また、ぼちぼちUPしますわね。

投稿: おたま | 2011年5月28日 (土) 10時32分

数年前に、アメリカがイラクを空爆しだした時、着物de銀座に行く途中で「空爆反対」のデモに行き会いました。
思わず飛び入りでデモに参加しました。
着物姿でしたが、自分の意思を行動で示さなアカン!と。
あとから、息子夫婦も参加していたことを知り、流石、私の自慢の嫁だと思いました。

投稿: 濱 | 2011年5月28日 (土) 12時19分

baseball濱さん。えらい!
この国では自分の考えを行動に移すことは勇気が要るし、不慣れだし、一人ではなにも出来ないと思っている人が多いけど、
そんなことはないですよね。
先ずは、自分の意見をもつこと。(そこからかい!この国の人は!)
それが、行動につながる。


一人でも自分のやり方があると思います。

ウチのヨメは今は食べてばっかりですが、そのうちドドメ色に染めてやるつもりです。

投稿: おたま | 2011年5月28日 (土) 13時11分

お帰りなさい 異国でのおつとめご苦労さんどした。エアーからすみおおきに美味しおす。

お帰り早々何ですが 大阪の橋下さんて・・・花園経験ありのラガーマンやのに・・・
同じ云うなら国歌斉唱時は左胸に手を起き日の丸を見ながら
心に何かを秘めてうるんだ目をしいひんかったらアカンと何故云えぬ? 
他国の国歌が長いのに羨ましさを(歌詞はともかく)感じてたのに。
日の丸もわかり安うてエエ思ってたのに
押しつけんといてほしいですやん。まあ私は京都府民ですけど
あっそれから メルトスルーて 
メルトダウンしてても 東電も保安委員会も見て見ぬふりでやり過ごすことや思いました。
どうしたら うまくケツまくれます?(色黒ぽっちゃりですが) 

投稿: youko | 2011年5月29日 (日) 15時08分

baseballyoukoさん。
はいはい、任務完遂いたしましたですよ。

戦争を知らない子どもと言われた我々ですが、我々には戦争を知っている大人が居ました。日の丸・君が代が時代によってどのように利用されたか、どのような思いを持っているのかを聞きました。
(これは、学校では教えてくれません。学校はウソは教えないけれど、教えてくれないこともあるのです)
だから、我々の世代では日の丸。君が代に特別の思いを持つ人は少ないかもしれない。
しかし、なぜこれほどまでに君が代・日の丸にすったもんだするのかという疑問くらいはもつでしょう。歴史を学ぶ出発点はそこだと思うのです。
歴史は未来への指針を導く大きなヒントであり、財産です。

血塗られた日の丸を認めることは出来ない世代は少なくなってゆき、何も教わらなかった、伝えるものを持っていない世代が親になり、若者はのほほんとほっぺたに日の丸を描きます。
それが日本人の選択(国旗を変えなかった)なのだから、それでいいのでしょう。

今、ほっぺに描くのは個人の意思であり、自由です、描きたくない人は描かなくて
いい。
それを、条例で「描け」と言われたら・・
ひゃ。あの人、描いてはらへんで・・と相互規制の綱引きが始まったら・・・

そんな、世の中はいやです。

投稿: おたま | 2011年5月30日 (月) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/40144326

この記事へのトラックバック一覧です: 号令の命令・起立:

« 優しい国 | トップページ | 台湾・ロハスの村 »