« 夢芝居 | トップページ | 島原界隈② »

2011年5月16日 (月)

島原界隈①



般若心経が好きなのに般若心経の心がマッタクわかっていないベベちゃんと、このあと、島原へぶらりぶらりと行きました。

じゃあ、おたまは般若心経が判っているのか・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・んにゃ

だって、いちひめ神社のそんな仰山の願い事。
それは・・・「欲」ちゅうもんでっせ。

「何も無いこ」とを知っているなら、ナニを欲するわけ?
と、べべちゃんに食ってかかりたい訳です。

般若心経は無。これすなはち有(在)であると説きます。
ウチは浄土真宗ですので般若心経はとなえません。

阿弥陀さんはそんなこと言ってないけど、あたくしは「無」は無いと思っています。全て「在」なのです。だから、無いという「無」はあるのです。きゃっほー。

そうそう、島原でしたね。

507_017_copy_2
     

長い地名でしょ。

花屋町通り壬生川西入薬園町とか
楊梅通東中筋東入天使突抜なんてところも通りました。
京都の地名は難解だといわれますが

「まるたけえびすにおしおいけ・・・・」
「てらごこふやとみやなぎさかい・・」

と東西・南北の通りを歌で覚えておけば、位置関係がばっちりわかるようになっているのですよ。

東西の通りは「西入る・東入る」
南北の通りは「上ル・下ル」

○○二筋目西とか、一筋目下ルとかね。

この通り名は碁盤の目の道のある町にはとても合理的だし、よくわかるのに、
郵便番号簿の関係で無理やり町名・番地がついています。
わからん・・・この国の役人のすることは・・・

そうそう、島原でしたね。その前に、
五条河原町から、下がったあたり・・
高瀬川はすっかり葉桜でした。

507_015

 

507_011_copy

祇園や先斗町などとは、また趣のちがうお茶屋さんや、この界隈をご紹介します。

507_007
507_008_3 507_009

ステンドガラスや、タイルって、隠微やわ

 

507_018_copy

なかなか、島原にたどり着けないわね。

 

 


 


| |

« 夢芝居 | トップページ | 島原界隈② »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

私宅の住所は
京都市○○区○○通り○○大路下がる西入る○○丁目○○町○○番地
書類のふりがな欄が必ず足りません。
××市××町1と云う住所が羨ましい
でも 住所の通りに来るとまちがいなく着きます。

投稿: youko | 2011年5月17日 (火) 17時31分

youkoさん。
実際、住民にとって、その町名や番地って要ります?
今のところ表記されている「上る下る」もそのうち、お上の都合で無くなるのではないかと心配します。その住所表記は立派な文化だと思うのですが。

投稿: おたま | 2011年5月18日 (水) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島原界隈①:

« 夢芝居 | トップページ | 島原界隈② »