« 島原界隈② | トップページ | 優しい国 »

2011年5月19日 (木)

もう一つの人生


baseballbaseball


今日のお花
508_011
グロリオサ/栄光  デルフィニウム/清明
ソリダコ/永遠の少年

clover

もう、とんと大昔のことだけど、
Wさんに、「今度の日曜の12時に○○寿司に来い」といわれた。

Wというのは、ウンと前に「けったいな人」でブログ記事にした人です。
おたまとは何の血縁関係もない人です。

この寿司屋はちゃんとした寿司屋なんだけど、たまに二階でアッチ関係の人の、○場になることを薄々知っていた。

・・・・どこが、ちゃんとした寿司屋なんだか・・・

行くとWは、にっこにっこして「ほな行こか」と言った。
寿司屋のおやっさんもにこにこしていた。

clover
車に乗ること20分。連れて行かれたのは、このあたりにこんな家があったっけ?というお屋敷だった。門から玄関までが遠かった。

広い玄関に入ると、正面には象牙の置物、壁には鹿の剥製。上りがまちには虎の敷物。

絵に描いたような、アッチ系のお宅だった。
ホンマに、虎の敷物ってあるのですよ。

ものごっつい鎧が飾ってある座敷に通された。

「ちょっと、ここで待っとりや」と言われてWが出て行き
しばらくすると、女の人がお茶を運んできた。

しばらくして、違う女の人がお菓子とお茶を運んできた。

しばらくして、いかついおっちゃんが入ってきて、
「あっ部屋を間違った」ていで出て行った。

しばらくして、最初の女の人とWが入ってきて、「悪いな。まだ帰ってきてへんねん」と言った。
何が悪いのか、誰が帰っていないのかワカランまま、もうしばらく、一人で待たされた。

純情可憐でウブなおたまにも事情が飲み込めてきた。

ええかげんにせいよ!Wのおっさん!
どうせ、この部屋にはマジックミラーが仕込まれてるんやろ。

おたまが、暴れだす直前にWが戻ってきて「今日はあかんな、帰ろうか」ということになった。

clover

後で、聞くとお相手はこの家の親分当主の弟で、医者の卵。ということだった。たぶん、当人も無理やりの見合いがイヤで逃げをかましたんだ。

いや。ひょっとしたら、マジックミラーのおたまが気に入らんかったのかもしれんな・・。シッ・失敬な。

「お見合いやったら、そう言うてえなぁWちゃん。タノムデしかし。」というと、Wは「いくら、おたまちゃんが好奇心強いちゅうても、やっぱ、嫌がるかなと思うてな」といいました。

この、おっさん。嫌がることさせようとしたんや。
Wは、おたまのために「良かれ」と考えてくれたのかも知れないが・・・

いや、それって良くない。良くないし。

おたまはこのあと、ひっちゃんと結婚したんだけど
(ひっちゃんはカタギです)

あの、「いかついおっちゃん」や、「いかにもと言った感じの姐さん」たちと、ファミリーになる人生も面白かったかしら・・・なあんてね。

医者の弟はチャカの弾、抜く手術するんかな何てね。
ハイ。東映映画の見すぎです。

clover

急にこんなことを思い出したのは、「はっさく」です
さっき、はっさくを食べました

Wさんが「逃亡先」から送ってくれたことがあったけ。

生きてるのかなあ・・Wのおっちゃん。

そうそう、町の有力者の選挙の手伝いもさせられたっけ。これも笑える話満載やけど、またいつか・・



|

« 島原界隈② | トップページ | 優しい国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
おたまちゃん「今日はなにしてんの?」と
覗いてるだけごめんなさい。
昔の話してるおたまちゃんは実に面白いです。ようかんも本当にもうひとつの人生ってありました。危ない青春が。でも、神はは〇んちゃんをお導き下さいました。別れは早過ぎましたが。
おたまちゃんに惹かれてるのは、亡き夫を想う気持が同じだからです。きっと!

投稿: ようかん | 2011年5月19日 (木) 18時19分

baseballようかんさん。
ブログまだ初めていませんか?三行日記くらいの気持ちで書かれたら?。蝶々を見つけたとか、豆ごはんを炊いたとか・・フツーのことが楽しいことに変わりますよ。
惚け予防にもなるしね。

未亡人になって良かったのは、あっちで夫が待ってくれてるという「安心感」。でしょうかね。
まだまだ、行くつもりはないけどね。bleah

投稿: おたま | 2011年5月20日 (金) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/40024149

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの人生:

« 島原界隈② | トップページ | 優しい国 »