« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

いそがし五月



おやおや、今日で五月も終わりですよ。
4月に続き今月も元気よく遊びました。

大きな丸を・・・・誰が、くれるはずも無いけど。

ちょっと、物静かになりたい「けふこのごろ」なのです。

きっと、忙しすぎて心がカラッポになってるんやろね。
遊びが日程の消化みたいになってきてる。
何を生き急ぎしてるのでしょ。少し欲張りすぎました。

今月の映画

高峰秀子を二本見ました。
「名もなく貧しく美しく」「女が階段を上るとき」
感想を又、書いておくつもりですので、
「読んでちょんまげ」とおやじギャグ。

今月のパーティ

お見合いパーティとちゃうよ。
某俳誌創刊75周年記念パーティに潜入しましてん。
歴史のある結社って、ありゃもう、ファミリーやね。

おたまね、死ぬかと思いました。

この日、ボディスーツを装着して現場(大阪市内・某ホテル大宴会場)に臨みましたの

(これを読んで下さっている男性の皆さまごめんあそばせ)


ボディスーツとは、そこらじゅうの肉を寄せて集めて引き上げる、マダムのための秘密兵器でおます。

血が止まる!かくらいの勢いでボディを締め上げますのよ。
(たまったもんじゃありません。猫なら死んでます)

ところが、おたまそれをすっかり忘れて食いに食いまくったもんだから、気持ち悪くなっちゃって、顔は青ざめる、変な汗は出てくる。

名をとるか実を取るか・・・それはボディラインの崩壊を意味するわけですが・・。

ココは、男らしく(誰がおっさんやねん)。
きっぱりと、兵器を手放しました。
そ。
脱ぎ捨ててやったさ
おかげで、まだまだ、食える・・。いや、食った。
ちっちゃな、自己嫌悪

おたま、今月の学びです。「食うなら装着するな」

今月のお言葉

あるお方が素敵な言葉をくださいました。

たとえば、昔どこかで見た風景・・・なんでもないけど心に留まったこと・・・
そんな記憶の種をたくさん持っているのは、幸せなことです。
なぜなら、ふとしたきっかけで、その種を蒔き、想像の花を咲かせることが出来るかもしれないから・・・

ま、そんな意味の言葉をこの崩れ女(もう。ええって)に投げかけてくださいましたのよ。Happyでございます。

そんなこんなで、6月は物静かに暮らそうかと。
己を見つめなおして・・・がっかりしてみようかと。
そんな事をたくらんでおります。

      Nanntei
        「忘れないということがいちばん被災者を励ます」
         阪神大震災を経験した精神科医、中井久夫さんの言葉です。

       (このバナーはNANTEIさんの制作です)



| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

台湾・ロハスの村



2011_122_copy_2 

LOHAS~ロハス(Lifestyles Of Health And Sustainability)

地球と人類の共存とか、自然と人にやさしい暮らしとか、難しいこといわなくても、ここにあるやん。

台湾・平渓です。
笑うとピカ~ッ っと金歯の光るおじさんや
猫を14匹飼っているおばあさんや
「水飲むか?」「座るか?」「疲れてないか?」どうも、そう訊ねてくれているらしいけど、早口の福建語が聞き取れない。

でも、みんな、柔らかい微笑を返してくれる。

そんな、人たちに出会いました。

「リーベンレンマ?」「シー。シー」
(日本人ですか?そうです。そうです)

「非常感謝」と書いて風船を飛ばしました。

2011_095 2011_098 2011_101

4面に願い事を書くのです。
後の三つは、「世界平和」「ナイショ」「ナイシヨ」

2011_116郵便ポストに

2011_119 町の掲示板

2011_117 殺虫剤に

2011_118 ネズミ捕り

2011_1212011_124
線路内に入ってはいけません。
罰金ですって言うけど、
それ(罰金)以前の問題やろ。

2011_136 背の高さで、運賃が変わる。

小さい子はタダ

中くらいの子は半額

それって、理屈にあわないよね。

重量のほうが大事じゃないの?嵩張るんだから。

ちっちゃなオデブからはお金とらないんだ。
ココには体重計を置くべきだ。

おたまは、ちゃんと切符を買いました。2011_132_2

車掌さんは美人ぞろいです。

では、次の町へまいります。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

号令の命令・起立



はいはい、
どうせ兵庫県民ですからね、よろしいんですがね、
いや、マッタクよろしくない。
どうも胸がざわざわざわざわと、収まらない。

自分の一番守りたいもの。
誰がなんと言おうが、これは私だけのもの。

それは、心の自由。

自分の頭で、心で思うこと、感じることは誰にも侵すことはできない。
法律や条令でどうこうできることではないし、してはならないことだ。

「日の丸」の歴史性や「君が代」の歌詞を問うことは、とりあえず、今は置いておく。

それが例え白地に大好きなドラえもんの顔であっても、皆に勇気を与えるアンパンマンの歌であっても、誰からも強制されたくない。

「日の丸」に感激することもあるだろうし、「君が代」歌いたきゃ歌うさ。
そういうことがあるかもしれないし、無いかも知れない、私の好きにさせてくれ。
敬意を払う、払わないは心の問題だ。

学校行事での起立斉唱条例案が大阪府議会に提出された。
教育現場での義務づけは違反者の処分、実名公表を意味する。

橋下大阪府知事はなにを目指しているのか。
「起立しないのは府民への挑戦」という言葉を大阪府民は「マッタクその通り」と考えるのか。
大阪府民がはしもっさんに求めているのは「そういうこと」なのだろうか。

経済の活性化、閉塞感の打破・・・何もやってこなかった今までの知事に変り府民の期待はココに掛かっていたのではないのか。

なんで、今なのか。

みんなで、がんばらなあかん、なんで今やねん。

躍進を遂げた4月の地方選、圧倒的な支持率を背景に、聴く耳持たぬ高圧的な手法は驕り以外の何ものでもない。

国旗・国歌法の制定で揺れていた時期に、わが子の卒業・入学式を経験した。
一介の保護者の立場でも、「起立」「斉唱」の強制を無視するのは勇気が要った。

いま、教育の現場の声が聞こえてこない。
すでに声をあげることさえ出来ない状況なのか。

教育の場で生かされるのは、立法の精神であって数の力で押し切った条例ではないはずだ。

浮かれ気分で旅から戻ったものの、
原発問題はもとより、頭の痛いことばかりだす。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

優しい国



「遊んでいるときは、退屈しない」
これを先人は「稼ぐに追いつく貧乏なし」といいました。

ウソやで~

おたまねぇ。なんかもうぅぅぅ・・・・・・・

忙しいねん

なんでもかんでもほいほいと、ついて行くから、
なんだか、忙しくなる・・・・


遊びの誘いは絶対に断らない。
這ってでも行く。
俳句の種になるのでは・・・という思惑があるのかもしれない。

「ブログ記事」が追いついていきません。
別にいちいち、そんなこと書かんかてええんやけどね。
律義な性格やからね。←ナイナイ。

テキトーに書くのはええねんけど、
写真とか載せたいやん?
なんか・・ごっつう。苦手やねん。

もう、来月からはおとなしく、お家に居るねん。

そして、いよいよ、おたまの目指す

修行三昧の暮らしに入ります。

みなさんごきげんよう。

・・・・・・・・・・・・

その前に、台湾へ行ってきます。

もちろん、日本を代表して

このたびの震災で世界中の皆さんが心配して下さいました。
イスラエルからはお医者さんがたくさん来てくれたし
ネパールとインドの人は避難所でカレーを作ってはった。

いっぱい世界中の人が応援してくれはった。

その中でも、「ああ、この国の人ホンマに心配してくれてはる」と思ったのが
台湾でした。涙がでるわ。

震災の3日後には、ボストンバッグやらトランクやらに現ナマ(お金)をギューギュー詰めにして送ってくれました。それも、しわくちゃのお金。

これは特別なお金持ちや有名人じゃなくて、村で暮らしている人や町で働いている人やアルバイトしてる人や学校にいってる人の優しさのカタマリです。

台湾大地震の時、日本が真っ先に救援の手を差し伸べたからって・・・

義捐金は4月に100億円を突破したそうです。

なのに、このままにして置けますか?お礼も言わず。

これは、国際問題です

誰が、ウンコクサイモンダイやねん

↑ご無礼しました。

・・・・・・・・・

だから・・・お礼を言ってきますわね。
あなたの代わりに・・・

去年、夫の命日も(すっかり)忘れて台湾に行ったのとは、わけがちがいますねんよ。

使命感に燃えたぎって    Fire !

行ってまいりま~す。

本日午後10時まで伝言・餞別、受け付けています。
(ウソやで~)



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

もう一つの人生



今日のお花
508_011
グロリオサ/栄光  デルフィニウム/清明
ソリダコ/永遠の少年

もう、とんと大昔のことだけど、
Wさんに、「今度の日曜の12時に○○寿司に来い」といわれた。

Wというのは、ウンと前に「けったいな人」でブログ記事にした人です。
おたまとは何の血縁関係もない人です。

この寿司屋はちゃんとした寿司屋なんだけど、たまに二階でアッチ関係の人の、○場になることを薄々知っていた。

・・・・どこが、ちゃんとした寿司屋なんだか・・・

行くとWは、にっこにっこして「ほな行こか」と言った。
寿司屋のおやっさんもにこにこしていた。


車に乗ること20分。連れて行かれたのは、このあたりにこんな家があったっけ?というお屋敷だった。門から玄関までが遠かった。

広い玄関に入ると、正面には象牙の置物、壁には鹿の剥製。上りがまちには虎の敷物。

絵に描いたような、アッチ系のお宅だった。
ホンマに、虎の敷物ってあるのですよ。

ものごっつい鎧が飾ってある座敷に通された。

「ちょっと、ここで待っとりや」と言われてWが出て行き
しばらくすると、女の人がお茶を運んできた。

しばらくして、違う女の人がお菓子とお茶を運んできた。

しばらくして、いかついおっちゃんが入ってきて、
「あっ部屋を間違った」ていで出て行った。

しばらくして、最初の女の人とWが入ってきて、「悪いな。まだ帰ってきてへんねん」と言った。
何が悪いのか、誰が帰っていないのかワカランまま、もうしばらく、一人で待たされた。

純情可憐でウブなおたまにも事情が飲み込めてきた。

ええかげんにせいよ!Wのおっさん!
どうせ、この部屋にはマジックミラーが仕込まれてるんやろ。

おたまが、暴れだす直前にWが戻ってきて「今日はあかんな、帰ろうか」ということになった。

後で、聞くとお相手はこの家の親分当主の弟で、医者の卵。ということだった。たぶん、当人も無理やりの見合いがイヤで逃げをかましたんだ。

いや。ひょっとしたら、マジックミラーのおたまが気に入らんかったのかもしれんな・・。シッ・失敬な。

「お見合いやったら、そう言うてえなぁWちゃん。タノムデしかし。」というと、Wは「いくら、おたまちゃんが好奇心強いちゅうても、やっぱ、嫌がるかなと思うてな」といいました。

この、おっさん。嫌がることさせようとしたんや。
Wは、おたまのために「良かれ」と考えてくれたのかも知れないが・・・

いや、それって良くない。良くないし。

おたまはこのあと、ひっちゃんと結婚したんだけど
(ひっちゃんはカタギです)

あの、「いかついおっちゃん」や、「いかにもと言った感じの姐さん」たちと、ファミリーになる人生も面白かったかしら・・・なあんてね。

医者の弟はチャカの弾、抜く手術するんかな何てね。
ハイ。東映映画の見すぎです。

急にこんなことを思い出したのは、「はっさく」です
さっき、はっさくを食べました

Wさんが「逃亡先」から送ってくれたことがあったけ。

生きてるのかなあ・・Wのおっちゃん。

そうそう、町の有力者の選挙の手伝いもさせられたっけ。これも笑える話満載やけど、またいつか・・



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

島原界隈②



507_010_6 ガイドブック片手の、嬢ちゃんにはウケないかも知れないけど

507_013_3   

この辺り、味わいのある建物が多いです。

何屋さんだったのでせうね

京都観光も行き倒したわっ!行き止まりで引返してきたわっ!という方、
この辺りをぶらりと歩かれるのも楽しいと思います。

東西本願寺の北側。を東から西へ島原口に向かっています。
欲深のベベ子と。←もう、許したろか。

507_032
上徳寺

507_031

「きょうのよつぎさん」として有名です。
子授けの霊験あらたかどす。

知ってる人は知ってはるけど、ここに羽田美智子さんが来はったら、またぞろ女人が押しかけるんやろね。

場所は五条通り富小路を下がったところ、五条河原町から一筋目を西です。

ねっ!町名を言わなくても場所がわかるでしょ(昨日の話の続きやよ)

そうそう、島原に行くんやったね。
まだここら辺ウロウロしてますねん。

 ワ~~~プ  

    はい。ドラえもんにどこでもドアを出してもらいました

島原どす。

島原で見るべきところは3箇所

「大門」
507_039_5
「輪違屋」
507_044
「角屋」
507_046

輪違屋は置屋で角屋は揚屋です。
コンパニオン派遣業と派遣先の違いです。

 おわります。

どんだけ島原、はしょるねん。

アチキは、忙しいでありんす。主さま御免。
野風さん。好きやわ~ 

そうそう、この辺り銭湯が多いのでお風呂に入ってのんびりウロウロしてたら、よろしいです。きれいな、きれいなお姐さんにも出会えます。 



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

島原界隈①



般若心経が好きなのに般若心経の心がマッタクわかっていないベベちゃんと、このあと、島原へぶらりぶらりと行きました。

じゃあ、おたまは般若心経が判っているのか・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・んにゃ

だって、いちひめ神社のそんな仰山の願い事。
それは・・・「欲」ちゅうもんでっせ。

「何も無いこ」とを知っているなら、ナニを欲するわけ?
と、べべちゃんに食ってかかりたい訳です。

般若心経は無。これすなはち有(在)であると説きます。
ウチは浄土真宗ですので般若心経はとなえません。

阿弥陀さんはそんなこと言ってないけど、おたまは「無」は無いと思っています。全て「在」なのです。だから、無いという「無」はあるのです。きゃっほー。

そうそう、島原でしたね。

507_017_copy_2
     

長い地名でしょ。

花屋町通り壬生川西入薬園町とか
楊梅通東中筋東入天使突抜なんてところも通りました。
京都の地名は難解だといわれますが

「まるたけえびすにおしおいけ・・・・」
「てらごこふやとみやなぎさかい・・」

と東西・南北の通りを歌で覚えておけば、位置関係がばっちりわかるようになっているのですよ。

東西の通りは「西入る・東入る」
南北の通りは「上ル・下ル」

○○二筋目西とか、一筋目下ルとかね。

この通り名は碁盤の目の道のある町にはとても合理的だし、よくわかるのに、
郵便番号簿の関係で無理やり町名・番地がついています。
わからん・・・この国の役人のすることは・・・

そうそう、島原でしたね。その前に、
五条河原町から、下がったあたり・・
高瀬川はすっかり葉桜でした。

507_015

507_011_copy

祇園や先斗町などとは、また趣のちがうお茶屋さんや、この界隈をご紹介します。

507_007
507_008_3 507_009

ステンドガラスって、タイルって、隠微やわ

507_018_copy

なかなか、島原にたどり着けないわね。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

夢芝居



ああ、ついに禁断の果実を食っちまったかもしれない
ムシャムシャムシャ。

行って参りました。

新歌舞伎座・新開場記念
梅沢武生劇団・梅沢富美男特別公演

スペシャルゲスト・香田晋

涙と笑いの爆笑芝居。
歌と爆笑トークのオンステージ
盛りだくさんの豪華ステージ
梅沢富美男が宙を舞う!

   以上。パンフレットのまんまです。

アレから、36時間経つと言うのに、おたまの脳内では七色のミラーボールが回っております。

笑わせていただきました。楽しませてもらいました。

「化粧は怖い」を学習して参りました。
なんで、あんなおっちゃんが、あんなベッピンさんになりますねん。

もう、言葉もないんやけど、それじゃブログにならん。

感動のフィナーレの部分だけでもご紹介しませう。

花道から「待ってました」の掛け声とともに、それはもう、動くミラーボールのようなキンキラキンのお衣装で座長と副座長。大幹部の登場です。

富美男氏の新曲に合わせた舞踊は道行のストーリー仕立てです。
追われる二人。命を賭して逃がす「おやじ殿」・・

なぜか突然。中国雑技団っぽいグループの登場。
さらに、AKB48みたいなカワイ子ちゃんも歌いだす。

一点にわかに掻き曇り、煙幕の中から富美男氏が飛び出し宙に舞ったではないか!

歌舞伎の宙乗りは観ているけれど、富美男氏。なんか・・・
スゴイ。す。すごいぜ兄さん。

突然、正面の幕から、怪獣が顔をだす。
そう、怪獣です。竜のような・・年末に小林幸子が乗って出てきても似合いそうな・・・。怪獣、口から白い煙を出す。煙の向うに見えるのはあれは・・・

幸子ではない!香田晋だ。
第二部、歌謡ショーでは、頭にタオル巻いてランニングに長靴で歌っていたのに、な・なんと。

東南アジアの神さん(見たことないけど)のような黄金色に輝く、コスチュームだ。しかも両腕を広げたぞ!

おお、ジュディオングの再来だ。

輝いてる・後光が射してる・香田晋!

回りだしたよ。ミラーボール。いよいよフィナーレだよ。

このステージの題名は・・え~っと

平成夢物語 竜虎の舞
~大怪獣勢ぞろい~  
  

おたま、二階最前列席から身を乗り出す。
危険は承知さ。

手を振る。叫ぶ「トミオ~~」

となりの、エミリーも大喜び。50肩の痛みをこらえ手を振る「トミオ~!」

ああ、面白かった。

芝居の間に「きなこ豆」や「アイス最中」のCMが入る。
3.11と染め抜いたTシャツの売り上げは義捐金になります。

なんかもう・・・くたくたや。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

いちひめ神社



実家に行ったついでに、地元の友人べべちゃんと京都に遊びに行ってきました。

507_004_2
京都の夏の風物詩、鴨川の床が出ていました。
写真は五条大橋からのながめです。

鴨川は「ユカ」
貴船は「カワドコ」って言いますねんよ。

ベベちゃんは女人厄除けの「市比賣(いちひめ)神社」に行きたかったのです。

「女人」ねえ・・・。
まあ、一応、生物学上は女人だわねえ・・。

テレビで、美しい女優の羽田美智子さんがココを訪れていたとか。
あんなきれいな人なら焼きもちの神さんがいたずらして厄難が降りかかるかも知れんわな。

でもね。

べべちゃん。あんた。「懸念なし」やで。

しかし、彼女「行かねばならぬ」ということをききません。

5072_019 5072_020
判りにくいかもしれませんが
この、お宮さんはビル(マンション)の一階にあります。

神さんの「上」に住むのは、どんな気分なのでしょう。

5072_027_copy
後方にございますのが、お願い事を申告するご存知の「絵馬」。井戸の上のは願い事を書いた「姫みくじ」。もちろん定番の紙みくじもしっかりとくくりつけられております。

5072_024_copy

おお。女人よ。
そげに、仰山の願い事があるのか・・・

よしよし(神の声)

それで、ここの「真名井の水」を飲み、一心にお願いすれば「一願成就」してくださるのです。

「一願」でっせ。

そんなに、女人の言うことばっかり聞いてられへんわ。

モデルになりたい。石油王の妻になりたい。25メートル泳ぎたい(8歳)。

マンションの一階にあろうとも、
現代女性のニーズにもばっちり応える
さすが、京都のお宮さん。1200年の歴史がございます。
お食い初め発祥の地でもあるそうですよ。

5072_026_2   
このあと、島原を散策しました。
また、ご報告いたしませう。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

二ヶ月経ちました



 「ひなたやまのどれかは墳墓春の鳶」 おたま

/

この国は墓で出来ている。
恋しい山にも谷にも川にも田にも畑にもそして海にも
はらからの骨が鎮まっている。
だから・・懐かしく愛しい。

あらためて
震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
そして、被災に遭われた皆様へ心からお見舞い申し上げます。

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

二ヶ月経って、どれだけ前に進んだんやろ。

原発関連のニュース。
憤りや怒りのエネルギーが「吐き気」に変わって、こんな、おたまさんじゃなかったのに、いつからこんなヨワコ(弱子)になったんやろ・・・

もっと、みんな頑張れよ!って他人事か。

あんたはどないやねん・・。って自分自身に言っては凹んでいます。

(政府・東電・保安院・原子力安全委員会の皆さまへ)

隠したり、かっこつけたり、言い訳したり、算段したり、そんなんしてる場合と違うって!

都合の悪い情報でも、「やってもうた」ことでも、きちんと公表せな!

原発がマッタクもって安全やって、言うた人も信じた人も、だからどうやこうやって、言うてへんで。

うちら、バッシングしてるヒマあらへん。

命と未来がかかってるんやから、解決していこっ!

早急に。

そのためには、「今ここまでやってる、今後こうする」」をきちんと示さな。

それが、仕事やんか。おたくらの。

      (原発に不安を抱えて、コンパス買うてきたおたまより)

ウチから一番近い原発立地から円を描きました。

 どひゃ~~~

浜岡全炉の停止は再開前提という中電の確認事項つきではあるが、とにかく「とめた」ことを評価したい。

ココからが大事やし。

       Nanntei
          「忘れないということがいちばん被災者を励ます」
        阪神大震災を経験した精神科医、中井久夫さんの言葉です。

       (このバナーはNANTEIさんの制作です)



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

母の日



母の日

508_009_copy

平凡氏と真綿嬢がワインにカーネーションを添えてプレゼントしてくれました。

大人になってからの平凡氏からは「安眠枕」とか「健康ベルト」とかおよそ、ロマンティックから程遠い品々を貰っていましたので、
やっぱ。ヨメを娶るとちゃうもんやなあ・・・

ちゅうか、ワインと花はこっちからオーダーしたんやけどな。

てなわけで浮かれておりましたら

ピ~ンポ~ンと宅配便さん。

508_010
明星君から花かごが届きました。

嬉しいというよりも、ビンボーな明星君が心配です
これで、3日くらい「パンの耳」じゃないのかしら
アハハハハ。って笑ってる場合ではない。

ご馳走をいっぱい作って、平凡夫妻と食べました。

真綿嬢は本当に美味しそうに食べる子です。

夜、寝るとき、ひっちゃんに
「わたしばっかり、ゴメンネ」といいました。

しゃ~ないですわね。

とっとと、死んじゃうんだから。

それに、「母の日」やもん、

ひっちゃんは関係ないわ。

そうあなたはいつも言ってた。

「おたまちゃんの幸せが自分の喜びだ」って

・・・・・・・・・そうよね?

あれって、おたまが無理やり言わせてた?

そら、ちゃうやろ・・・

一度、

「そんなこと、あるかいっ!」

って息子に言ったらしいわね。

ひっちゃんったら・・・照れ屋さんねえ。

聞こえなかったことにしておくね 



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

異界の手前



今日のお花です。
5072_050

鳴子百合・懐かしい音。元気を出して。

5・6年前、某所でいただいた数本がかなりの塊となり、庭に咲きみだれています。
山野草は地味だけど、魅力的です。
斑入りの葉は美しく、花が落ちたあとも楽しめます。

「亀鳴くや三色ペンで描く心臓」 おたま
                        (季語・亀鳴く/春)

母は4年ほど前に心臓にペースメーカーを入れました。
手術前にDr.から図解説明を受けました。

母を年に一度の定期健診に連れて行くために実家に帰っていました。
今のところ、すこぶる順調です。
医学ってのはすごいもんやなと、思っている次第でございます。

たまの実家で、親の日常を垣間見るわけでございます。

施錠などしたことも無い玄関からFおばちゃん(88歳)がけたたましい音をたてて入ってきます。
耳が遠いので、発生する音もデカイ。

「M子ちゃん(母85歳のこと)生きてる?」
「う~ん。生きてるよ。」

「早よ、死にたいなあ~。」
「そやな~。」

「どっちが先やろな~。」
「こればっかりはな~わからんな~。」

ほぼ、週に一度の訪問で

この、三つのセンテンスがクルクルと繰り返されます。

そして、ニコニコとお茶を飲んで帰るわけです。

何かもっと建設的な話題ってないものでしょうか。

先日はめずらしく、二人が盛り上がりました。

これまたご近所のAおばさん(83歳)が、家の中で転んで救急車がきた大事件が発生したのです。

「あの人、若さを誇ってはったのになあ・・」
「転んだら、あかんな~」

「気の毒になあ・・。気の毒やなあ・・」


(やや、間があり)

「もう、しまい(オワリ)やな~」
「そやな~」

ニコニコしながら会話を続ける二人が

     怖い!

ちなみにAおばさんは「シップ薬」だけもらって、
即、返品された、 自宅に帰されたそうです。

そのハナシをFおばちゃんにしたのですが、聞こえないのか、聞きたくないのか、おたまのハナシを「シカト」したあげく、又、大音響をあげながら帰っていかれました。

帰る間際に、おたまを見て

「おたまちゃん。来てたんかいな・・」って!!

今、ハナシをしてたっちゅうねん。

わからんわ。

どこまでが本気でどこからが冗談なんか・・。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

離宮



我が家の離宮、もしくは御用邸と呼ばれる別邸をご案内いたしましょう。

築浅・全面リフォーム済み。
特に水廻りは充実の定期点検サービス付きです。

今は、めだかが20匹ほど暮らしてますねんよ。

では、豪邸公開です。

314_002
「汚ったねー」って言わないで!

水清ければ魚住まずって言いますねんよ。

314_004
住環境はこういう感じね

春から夏の出産ラッシュに備えて分娩室を増築予定です。
今の離宮より一回り小さくて「藻」とか入れます。

其処に、ママめだかを移して、卵を藻にくっつけたら、ダーリンの元に返して又妊娠していただく・・を繰り返すのです。

そうしないと、すぐに卵を食べてしまいます。

生めよ増やせよ・・・

なんか、あこぎな女衒(人身売買仲介)みたい?

この子らが我が家に来たいきさつは
こちらです。おヒマなら見てよね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

甘いマスク



男は黙って、おたまを押し倒した。

あれ~っ何をなさいますっ・・。ご無体な・・。

ワタクシには夫というものが・・・・・おりま・・・・ヤッホー

男の顔が近づく・・・切れ長の目に欲望をたたえ・・

池面だ。イケイケメンメンだわ。

男は、おたまの薔薇の唇をみつめている・・

そして言った。

「は~い。お口開けて下さいよ」

こ・こいつね。
スミちゃんが「あんまり、いい男なので、突っ込んだ指を舐めてやろうかと思ったわよ」って言っていた歯医者は。

年のころなら32.3.4.5.6.か。

男のピーク37歳説を、おたまは唱え続けている。
かの、高倉健しかり、菅原文太しかり、

男が最高に輝くのは37歳だぜ。

いい男はそれからも結構輝く。しかし
そうでない男は、そこから坂道をころげ落ちるのさ。

転がり続けていいのはthe Rolling stonesだけだ。

うせろ!ぶおとこ!

(おっと。池面を前にしてコーフンしてしまいました。ご無礼の程、お許しくださいませ)

それでねえ。この、

今まさに旬を迎えんとする歯医者さんなのですがね・・

・・・・・・・・・・・

昨日のお昼、スーパーで買い物していましたら
見知らぬ男性がニコニコ近づいてきますねん。
かごの中には昼食用でしょうか、お弁当が三個

誰やねん。知らんで。こんな人。

こんにちは(ニコニコ)」

声を聞いてビックリ、あの歯医者さんや!
おたまを押し倒した・・・

しかし。アカンで! アカンで。しかし!

「マスク」ですよ。

マスクはずしたら別人28号やん。

「夜目遠目笠の内」って女性に使われるけど、男の「マスク」って絶対、これとエエ勝負するわ。

そして、年も結構食ってる。
坂道だいぶ転がってる。ぷんぷん。



| | コメント (20) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

一分間クッキング



「指で髪梳いて八十八夜かな」 おたま

/

ゴールデンウィークを
のんべんだらりと、お暮らしの皆さま。ごきげんよう。

本日はどなたかの真似をして
簡単・酒(特にワインむけ)の肴をご紹介しましょう。

レシピと言うようなものではありんせん(野風さんの真似)

ラッキョウを千切りにして糸カツオをのせる・・だけ

白菜千切りを塩コショウ、バターで炒める・・だけ

oilサーディンを缶のままトースターで焼く・・だけ

パンの耳とチーズをベーコンで巻いて焼く・・だけ

じゃが芋薄切りにチーズをのせて焼く・・だけ

クリームチーズとマスタードを練りセロリにつめるだけ

餃子の皮で千切りキャベツを包んで揚げる・・だけ

たくあん細切りを辛子マヨネーズであえる・・だけ

燻製イカとセロリ千切りをマヨネーズあえる・だけ

さきいかをバターで炒めて白ゴマをふる・・だけ

豆腐にマヨネーズ・醤油を掛けてレンジでチン・・だけ

セロリをoilでさっと炒め青しそ・ゴマ・レモンかけるだけ

長いも短冊を梅肉であえ、ゴマ・青海苔をのせるだけ

かりかりベーコンをぱりぱりレタスにのせてoilと塩だけ

チンしたカボチャをつぶし薄切りの、さらしたまねぎとマヨネーズであえるだけ

しいたけのウラにマヨネーズ・チーズ・パン粉をふりかけトースターで焼くだけ

春菊・かいわれ皿にたっぷり盛り、ポン酢を掛けてしばらく置く。食べる直前に熱したごま油を上からかける・・・だけ

 〆のごはん(やっぱりごはんが欲しくなる)

白飯・つけもの・ゴマ・マヨネーズに醤油落として海苔で巻く

ガーリックみじん切り、ごはん・じゃこをバターで炒めて醤油味

じゃこ・ゴマ・つけものをごはんに混ぜる

ザーサイ刻んでバターでごはん炒める

ブロッコリーを潰してスープ。とろみにごはん入れる

キリがないのでやめる。

おつまみは、そこらへんにあるもので、さっと作るのがよろしかろうと存じます。

日本酒の、肴なんて塩舐めときゃいいんよね。

母の日には、ワインとカーネーションをオーダーしてんけど・・・

いやらしかった?

息子は「ハイハイ」て言いました。

返事は一回でよろしい。

 



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

ごえん



五円玉には我が国の「産業」が描かれています。

言い切ったけど、受け売りです

四国八十八ヵ所を回ったとき先達さんに教えてもらいました。

写真素材 PIXTA

農業を表す「稲穂」
漁業を表す「海」(下の横線です)
工業を表す「歯車」

さらに、ウラの「双葉」は伸び行く日本を表しています。

すごいやろ!。

ナニが?って・・・まあ、それだけのハナシやねんけど。

田中和子さんと山本和子さんは、会社の同僚で、どちらも美人で頭が良くて、同い年で名前が一緒。周りもそう言うし、本人達も意識してライバル関係にありました。

ある時、山本和子さんはお見合いをして話がトントントンと決まります。
その、お相手と言うのがなんと田中和子さんのお兄さんだったのです。

かくして山本和子さんは田中和子さんになりました。
二人の田中和子さんの誕生です。

その後、義妹となった(元からの)田中和子さんは恋愛結婚をするのですが、相手の姓がなんと、山本さんでした。

上は「仮名」ですが、実は、本当の姓はお2人ともそんなに平凡ではありません。そして名前にはどちらも花の名が入っています。(菊川とか椿山とか梅本とか・・の)

2人の和子さん。深いご縁ねきっと。

その人に会えたのは、それは

自分が求めていたから・・・・・・

人生のあそこでアレを選んだことも、アレを避けたことも、ああしたこともこうしたことも、全部自分が選んできて「今」につながっているのだとしたら・・

ご縁は与えてもらう物ではないのかもしれません。

今日はひっちゃんのお父さんの祥月命日で、お寺さんに来ていただきました。

やさしいおじいちゃんとご縁を結べたのも、自分が選んだことだったような気がします。

ご縁ねきっと。

それで、五円玉に戻りますが、
先達さんによれば、

見通しが良いから・・・といって
二重のご縁だから・・・といって
始終、ご縁があるように・・・といって

お賽銭は

五円。二十五円。四十五円。でなくてもいいですよ。

多けりゃ、多いほど、よろしい

                  (個人の意見です)

 とのことでしたので、申し添えておきます。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »