« 嘘をついた② | トップページ | 嘘をついた④ »

2011年4月 3日 (日)

嘘をついた③


baseballbaseball


(昨日のつづきです)

・・・・・・・・・

「みんな、ともだちと弁当ば食べるっちゃろ?
オレ、ともだちの居らんもん

「ああ、やっぱ。行かん。」

「何ば言うとっと?ともだちと食べる子もおらすばってんが、たいがいの子は先生の周りに皆でまあるく座って食べるとよ!」

そういう、おたまは先生と食べたことはなく、いつも仲良しの、りっちゃんやひろちゃんと食べるのでした。でも、先生と食べる子も確かにいました。

clover

「行こうかなあ・・」
「来んしゃい。きんしゃい。楽しかけん。」
「姉ちゃんにおにぎり、してもろたらよか!」

・・・・・・・・・・

「おまえ、リュックサックば持っとるっちゃろ?オレ持っとらんけん」
「そがんごと。なんでっちゃヨカ。袋でヨカたい!」

clover

clover

家に帰ると、真っ先に母にいいました。

「あしたは、おにぎりと、おこうこだけでよかけんね。」
「おかずも、なあもいらんけんね。」

そう言って外に飛び出して、ひろちゃんや信ちゃんたちと遊びました。

clover

翌朝起きると、母が
「今日はあなたの好きな“ばら寿司”にしたよ」と言いました。

  え゛~

関西人の母はチラシ寿司をばら寿司といいました。
人参・しいたけ・かんぴょうなどの具を寿司飯に混ぜ込みます。
黄色い錦糸卵にピンクの鯛でんぶが散らしてあり、おたまが喜ぶので瓶入りのグリンピースなんかもパラパラと乗っかっているはずでした。

それを、これ又、お気に入りの赤い漆の丸いお弁当箱に詰めてあるに決まっています。

「りんごのウサギさんも入ってるよ」

「おにぎりと、おこうこだけって、言うたとに・・・」
親に聞こえないように小さな声でいいました。

clover

おたまは、ばら寿司の魅力に負けました。
そして、こう思いました。

きっと、Y君は来んしゃらん。(来ない)
いっぺんも、(遠足に)来たことのなかとやもん。

clover

そして、学校へいきました。
そんなに、晴れ晴れした気持ちではなかったと思います。

                   (つづく)



|

« 嘘をついた② | トップページ | 嘘をついた④ »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

baseballshadowさんへ
ほんまにもう・・・ひまか?
いえいえ、そんな失礼なことを言ってはいけませんわね。
どうも遠いところよくお越しくださいました。
shadowさんっておたまの叔父さんと同い年なんですね。
顔だけしか取柄のない叔父さんです。
この歳周りの人、優しいんですよね^^
勝(まさる)ニイチャンっていいます。時代を反映した名前でしょ。
こちらのブログ滅多に覗かないんだけどムシが知らせたんですね^^
コメントありがとうございました。

投稿: おたま | 2016年6月14日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/39418859

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘をついた③:

« 嘘をついた② | トップページ | 嘘をついた④ »