« 通天閣・今昔 | トップページ | 子帰る・満腹 »

2011年3月28日 (月)

音楽の力

ジャズピアニストとして数々の名盤を送り続ける
Keith Jarrett。
ジャズはもちろん、バッハなどのクラシックやジャズのカテゴリーにはおさまりきれないような筋書きのない曲を演奏しています。

静謐で、震えるような美しい音の世界です。

いつも、届くお花には、花言葉を書いたカードが添えられています。
「麦」の花言葉は
「音楽の持つ力」だそうです。

悲しみや喪失感の中で音楽や芸術の果たす力は非力かもしれませんが、それを力に変える人間の強さを信じたいと思います。

confident

今日のおたまは、無駄なおしゃべりは止めて
美しい音のシャワーを浴びませう。

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・そして

そして、「幻のブルース」も聴くんだもんね。

ばら師匠の声で
60ワットの電球くらいは点くと思うねん。

明るくなるわ。



|

« 通天閣・今昔 | トップページ | 子帰る・満腹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですか~。麦の言葉は音楽のもつ力ですか。
大豆の収穫がおわったので、これからは麦の、準備だそうですが、良い音楽を聴きながら、種をまいたらきっといいね。

素敵なピアノ、ありがと

投稿: こく | 2011年3月28日 (月) 09時50分

おたまさん。ありがとう!!!!
3時間半しか寝ていない霞のかかった脳味噌が洗われました。
キースジャレットがバッハを弾いていると聞いたことはありましたが、足踏み鳴らし叫びながらのその癖端正な音を紡ぐ昔の演奏に惚れていた私は、耳にしていませんでした。ありがとう・・・今日はお天気のように心も晴れます。

投稿: osダンボ | 2011年3月28日 (月) 10時13分

baseballこくちゃん。麦の穂が風になびく音から、そんな花言葉がうまれたのかもしれませんね。
自由化で周囲に麦畑を見ることはなくなりました。うしろ手で麦を踏む人を、たぶん今の子は知らないでしょうね。
そちらの麦畑の風景を見てみたいものです。

投稿: おたま | 2011年3月28日 (月) 10時55分

baseballダンボさん。硬質なのにあたたかい・・どこか既視感のある曲です。
三時間半の睡眠なら十分ですよ。睡眠周期は3時間といいますので、1クールはたっぷりねむっておられます。あとは、おまけです。無駄なねむりです。
ナポレオンもおたまもそう思います。

投稿: おたま | 2011年3月28日 (月) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/39375362

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の力:

« 通天閣・今昔 | トップページ | 子帰る・満腹 »