« 悩みのどつぼ | トップページ | アニバーサリー »

2011年3月 7日 (月)

忘却とは・・


baseballbaseball


先月の宝塚句会。
兼題は「シクラメン」でした。

宝塚の紳士・淑女。お風邪を召されての欠席が多くだらだら わきあいあいの少人数となりましたの。

clover

梅やボタンと違い、俳句におけるシクラメンという花は、花そのものの姿かたちを詠んで成功するのは難しく、何かの景色の中で、其処にたまたまあったとか目の端に入ったとかの使い方をし勝ちです。

ぶっちゃけた話が「別にシクラメンでなくてもええやん」みたいな扱いです。
アマリリスでもクロッカスでもよかばい。みたいな。
洋花はどうしてもそうなりがちかもしれません。
いえば「季語がうごく」花なのでしょうか。

以上、俳句になんの関心も、興味もない皆様。ハナシにお付き合いいただきありがとうございました。

clover

06417_s_2 

ある、マダムが出された句(ご本人の了解済みで掲載
 「恋文の束燃ゆ真っ赤なシクラメン」 (千)

さあ。盛り上がりましたがな

(千)様はさぞや昔はお美しかったであろう女人なれど、楚々として小さなお声で話される、そのお姿からはこんな、メラメラした句など想像もつきませなんだ。

「おほほ。ワタクシのことじゃございませんのよ」
聞けば、昔からの友人(70歳)が若き日に五人の男性(夫含まず)からもらった恋文の束を「何とかして」と送ってこられたそうです。

最近病気勝ちで心細くなっておられる友人は子どもも居ない自分が夫をのこして天国に行っちゃった後のことを心配しておられるとか・・・

さっさと、捨てればいいじゃん!断捨離。断捨離。と第三者は思うのですが

それが、できれば苦労はないわね。
自分の手では到底処分できないのだそうです。

だから「私の見えないところで、煮るなり焼くなりして」と送ってこられたのでした。

 ああ。メンドクセーッ  乙女心heart

で、その量や半端ではなく。ダンボール一箱。
毎日毎日届いた手紙もあるそうです。
昔のことだからねえ・・・

clover

もしも、もしも、もしも、おたまだったら・・


「これが札束だったら・・」ってため息ついてたな。

clover

でもね、思うんやけど。
50年も昔の手紙。出した本人は忘れてると思うねん

出したことは覚えていても、内容とかね。

つーか。今では、

さっきごはん食べたことも忘れてはる人かも知れんやん

なんでもかんでも、忘れるから生きてゆけるねんで。
忘却って人間の為にあるねん。

いいな、いいな、人間って・・・

「人間だもの」

って・・あちゃ!

相田みつを。みたいなこと言うてしもた!



|

« 悩みのどつぼ | トップページ | アニバーサリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それって自慢話じゃないですかねぇ?
恋文だか何だか知らないけど、他人に何とかしてなんてただの甘えじゃないですか。
50年も前の話なんて思い出したくても出てきやしません。
みんな忘却の彼方へ行ってしまいましたわ!

そう、「人間だもの」ですね。
自分もそのうち、どこかへ行っちゃいますね。

投稿: 志帆 | 2011年3月 7日 (月) 11時05分

baseball志帆さん。まあ。まあ。押さえて押さえて。
この方それは美しい方だそうですよ。
でも、お嫁に持って来ちゃったところをみると、意に染まぬ結婚だったのかしらなんて、想像します。
美人にドラマは付き物ですわ。

投稿: おたま | 2011年3月 7日 (月) 19時14分

恋文を出したり届けられたり、さぞや甘美な世界なのでしょうね。
僕はラブレターをもらったことは人生で1回きり。で、書いたことはというと、まあ数回。
恋文には縁遠い人生でした。
貰ったラブレター(紛失した)の方はもう一度読んでみたい気はする。
自分で書いたのはあまり思い出したくない。それこそ忘却したいケースもある。

恋文が異性にもてる証拠の品であるなら、僕は女性にもてなかったということになる。
残念ではあるが、それが人生の真実ってやつだ。

投稿: ふぁらんくす | 2011年3月 8日 (火) 06時42分

baseballふぁらんくすさん。
たとえ、幾多の異性にもてたところで、国のおきてに従えば、添えるのは1名。
アッチがよかったか、コッチにしとけばと、無駄な苦悩が増えるだけですよね。
50年前の愛が今も持続しているわけもなく・・・。手紙は残る。
うそうそ。ここにちゃんと、証拠が・・・

でも、戦争が終った時、国債がただの紙切れになった。っていう現実もあるしね。

愛とお金はちがう?はい。

投稿: おたま | 2011年3月 8日 (火) 17時15分

はっきり言います!
嫌な人ね~その人。
実家に帰った時こっそり昔のラブレターを眺めるのなら可愛気がありますが、
嫁入り道具に入れてきて、何十年もとって置いた上、友達に始末させるとは!女の風上に置けません。
こういう人とはお友達にならないわ!プンプン!
ところでおたまさんは まさかラブレターを箱詰めでとってないでしょうね。
ラブレターを貰ったことがないので僻んでいるのかな~ ちょっと寂しいうばゆりです。

投稿: うばゆり | 2011年3月 8日 (火) 23時30分

baseballうばゆりさん。まあ、押さえて、おさえて。どうぞ、怒りをお沈めくださいませ。
句会のメンバーもだいたい、そんな反応でした。
おたまですか?そりゃあもう、トラック何杯ぶんもありましたわ。廃品回収の売り上げはユニセフに寄付し、途上国に小学校が三つほど建ったってうわさです。

投稿: おたま | 2011年3月 9日 (水) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/39055853

この記事へのトラックバック一覧です: 忘却とは・・:

« 悩みのどつぼ | トップページ | アニバーサリー »