« 赤穂へ | トップページ | 本願寺界隈 »

2011年1月13日 (木)

友への手紙


baseballbaseball


思えば恥多き人生を歩いてきた。
わが未熟さゆえに、どんなに、貴女を

ズタズタにし、
ボコボコにし、
メタメタにしたことでありましょう。scissors

newmoon穴があったら入りたい。

穴がなければ、
ボーリングして1500㍍ほど穴を堀りたい。
温泉でも掘り当てたら・・おおもうけや。

そして、温泉に入りたい。spa

・・・・・・・・・ありゃりゃ?

clover

「わが心の友へ」

貴女は誰よりも、おたまのことを一番に考え、進むべき道を指し示してくれました。
その、善意にあふれるあなたの声を、決してわすれません。
それなのに、不肖おたま、いつもいつも逆らい。無視し、耳に栓をしてきたのです。

貴女を信じることができなかった・・・
わが、度量の小さきがゆえに。

心の底から信頼関係をむすぼうとしなかった・・・
愚かなワタシ・・

今頃、貴女の素晴らしさに気づいたけど、もう遅い。
貴女に変なあだ名をつけたり、言ってはいけない言葉を投げつけたこと、本当にごめんなさい。

貴女を紹介してくれたディラーY君にまで、「あの子、頭、悪いんとちゃう?」って毒づきました。許してください。

本当にゴメンネ。  「ナビ子」

貴女が「Uターンしてください。」って言うたびに直進したわね。
何度も何度も「Uターンしてください」って言う貴女に、
「じゃかーしいわい。だまっとれ」と、貴女の口を封じたこともあったけ。

それなのに、貴女は文句も言わず・・・去っていった。
時代遅れと笑われながら。

今、
従姉妹の「ナナビ」ちゃん。良くやってくれています。

おたまが、調子こいていたら
「そろそろ、休憩しませんか?」ってささやいてくれる

変なところに停めようとしたら、「盗難多発地域です」って注意を促してくれる。

そのたんびに、おたま「ありがとう」っていいます。
もちろん、「ナビ子」の分までも。心をこめて。

clover

それから、これも、申し添えておきましょう。

きっと、貴女の親戚だと思うので今では、
彼女達にも「ありがとう」「ありがとう」って言ってます。

「お風呂が沸きました」って知らせてくれるお姉さん。
「扉が開いています」って言う冷蔵庫姉さん。

「起きんかい!起きんかい!」
ちょっと、ムッとするけど、めざまし姉さんにも。

           涙で前が見えない、おたまより



|

« 赤穂へ | トップページ | 本願寺界隈 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ユーモアのあるおたまさんのファンです。
毎日、更新を楽しみにしています。

投稿: | 2011年1月13日 (木) 10時25分

そうですね、世の中いたるところナビ一族が働いております。お風呂のナビには、おじさんは「おお、そうかいそうかい沸いたかいムヒヒ」などとXXな声を発し、バックします右へ曲がります、には「はよせんかい!」などと小声で罵ったりします。
臨終のときもお世話になるかもしれません。「あとX秒です」

投稿: NANTEI | 2011年1月13日 (木) 18時37分

baseball初めまして、ペコさん。
お名前が無いので、勝手にお名前をつけました。気に入らなくてもあきらめて下さい。もし男性なら、ポコさんに・・・変えるなら今のうちです。

お礼が、遅くなってすみません。
いつも、読んでくださってありがとう。
おたま、ペコさんを心の支えとして、更新しますね。又、コメントお寄せくださいね。

投稿: おたま | 2011年1月13日 (木) 22時51分

baseballNANTEIさん。決して大きな声で受け答えしてはいけませんよ。
とうとう・・と世間様に思われないようにしませうね。
「はよせなアカンのは、あんたやろ」ってナビ嬢に突っ込まれないよう気をつけてくださいね。
      心配でたまらない妹より


投稿: おたま | 2011年1月13日 (木) 22時59分

ナビ子さんなんて、何にも知らない異星人です。
電車が次に止まる駅のアナウンスだって、へ~~と思う私。
なんでもかんでも自分で考えないから、日本はおかしくなるのです!!

今日も機嫌が悪い私。だって、ものすごく暑いんだもん!!

投稿: こく | 2011年1月13日 (木) 23時18分

baseballこくちゃん。そうなのよ、ナビ子のおかげで道が全然、覚えられない。(覚えようとしない)
電話番号も「電話機ちゃん」が覚えてくれているので、ワンプッシュ。
俳句のおかげで漢字だけは辞書を引いて覚えるけど、ケータイ俳句なんて流行りだしたら字も書かなくなると、思います。

そちらは、暑いのね。
こくちゃんが、夏痩せしていないかと心配で心配で、着膨れてお炬燵に入って、おもち食べながら泣いています。

投稿: おたま | 2011年1月14日 (金) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/38442683

この記事へのトラックバック一覧です: 友への手紙:

« 赤穂へ | トップページ | 本願寺界隈 »