« 脱脂粉乳 | トップページ | まさかの時の・・・・ »

2010年12月 1日 (水)

懐かしの給食



のりぴーは、もう出てきたらあかんやろ・・
何を言うても・・・・。
嘘にきこえるでって思う朝でございます。

突然ですが、給食って好きでしたか?

昨日、脱脂粉乳のお話をしましたが、

おたまのころの給食は

コッペパンに、ミルク(脱脂粉乳)に、おかず。の
デリシャスな三点セット。

土曜日は、「博多製菓」の乾パンって決まっていました。
一袋ずつ貰って帰ります。

そして、食器はアルマイトでした。

カシャカシャカシャカシャ・・・やかましかった。

鯨・・・・出ましたよ。よく、鯨の竜田揚げが懐かしいと言う人がいますが、食べた記憶はありません。
大和煮でした。生姜が少し入ってね。

ぜんざい。ミツマメ。もありました。これっておかず?

パン。ミルク。おかず。を交互にたべましょう。
食べる時は、口を閉じて、もぐもぐ食べをしましょう。

なんて、教わったけど、学校給食のおかげで

牛乳を飲みながらごはんを食べる子が増えたわね。

勉強机での食事も姿勢の悪さにつながったかもしれません。
ひじを張って、前かがみになります。

ちゃぶ台だと、背筋が伸びていましたから・・

一時期、うちの子ども達は「先割れスプーン」を使っていたことがありました。
犬食いの元凶などといわれました。

給食に携わっておられた方が色々考えられたのだろうけど、このスプーンを家庭で使う機会は無かったです。

色々なところで、いろんな意味で、給食は子ども達の食文化を担いました。

冷蔵庫の、残り物の野菜を一掃するため、なんじゃらかんじゃら煮込んでみたら、懐かしい学校給食の味がしますよ。

学校給食が日本の子ども達の体格の向上に貢献したのは、間違いないでしょう。

おかげ様で。

88-60-89 のナイスバディ。
そうそう、股下は88

    藤原紀香のことよ !

あの、ノリピーではない。

この、タマピーでもない。

断るまでも無い。



|

« 脱脂粉乳 | トップページ | まさかの時の・・・・ »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの給食:

« 脱脂粉乳 | トップページ | まさかの時の・・・・ »