« 燃やすもの | トップページ | 12月8日 »

2010年12月 7日 (火)

おそろしやの鐘が鳴る



「熱の花」ができました。
相撲取りみたいな名前だけど唇にできました

唇に相撲取りが乗ってたら・・・・・・・・・

   重たいやろな 


なんて、うっとり考える、さりげない朝です。
お早うございます。


熱の花に気がつきましたのは今朝。

洗顔後、「セラミド」を可愛い顔面のスミズミに伸ばすべく、ご愛用の七倍拡大を取りだした時です。

最近、七倍拡大鏡がじぇんじぇん怖くない。

げに恐ろしきは「慣れ」でございます
つーか。おたま、Mかもしれない。いや、Sか。

なんだったら、

愛しのシミに名前を付けてあげたいくらいですわ。

「お茶目なさくらんぼ」「うつむいている私のハート」「お転婆デージー」「追憶のしずく」・・・・

どんだけ、シミがあるんや!!!

そうそう、「熱の花」でしたね。

これは、かつて感染した体内に潜むウィルスが、発熱や、体力の低下の時に、頭を持ち上げるものだそうです。

でも、熱や風邪の症状はありません。
風邪を引いたのは、たしか20年ほど前のオリンピックの年。・・・どんだけ、アホやねん。

あほやし。シミやし。
取り柄と言えば、綺麗なくらい・・・・・か。

失礼しました。

それで、こんなものを用意しました。

Noha_044

尊馬油・オロナインH軟膏・タイガーバーム・
口腔用ケナログ・サンタクロース

やれやれ、これで一安心です。

それにしても、おたまのこの、ナイスなボデーには
色んなものが潜伏しているのがわかりましたわ。

きゃっ! 怖い!
七倍拡大鏡より怖い!

なぜか、ワクワクしている自分が怖い!



|

« 燃やすもの | トップページ | 12月8日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あの唇上にできるポツポツの爛れたようなのを「熱の花」っていうの?知らなかったわ。
それで、口の横に出来る~
ホラ、食べ過ぎたときに口が裂けてくる~あれは違うのよね。うばゆりはこれがよくできますが、「熱の花」なんて可愛い名前のものは無縁です。
やっぱ、花と名が付くと可愛い感じね。

投稿: うばゆり | 2010年12月 7日 (火) 22時13分

うばゆりさん。「熱の花」って全国区じゃないのですね。
正式には、「口唇ヘルペス」っていうそうです。そう聞いただけで、重病みたいです。でも、色んなもの塗ったおかげか、すっかり治り、元の「情熱の花びら」のような唇になりましたわ。
えっ?興味ない?
そうでしょうとも。

投稿: おたま | 2010年12月 8日 (水) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おそろしやの鐘が鳴る:

« 燃やすもの | トップページ | 12月8日 »