« 伊丹吟行・その前に | トップページ | めだかのお宿 »

2010年11月16日 (火)

老婆心って言わないで


baseballbaseball


Mei_171

ソフトバンクのジローさん。
ここから駅にはどういくのですか?
無視?
つれない人、イエ犬ね。

club

人には親切に」というのが善女・おたまのモットー。

でも、最近、打ちひしがれることが多くってね。

「私の親切は、大きなお世話なのか」って

club

電車の中で、若いお嬢さんに耳打ちしてあげたほうがイイのかどうか迷う。
「お姉ちゃん。シミーズのひもが見えてるよ」
「おへそが出てるよ」

でも、アレはきっと、ファッションなのね。

club

そんな、おたまの気の迷いを、さわやかに、きれいさっぱりと、つるぴかの一点の曇りもない。

そう、まるで、お好み焼き食べた後に、油を引き直した鉄板のような・・・そんな気分にしてくださったのは

あの方・・・ほれほれ・・・名前が出てけーへんがな

  数学がよう、でけて。
       お手玉が上手で。
          何ヶ国語もしゃべりはる人。

そうそう、ピーター・フランクルさんでした。

club

彼が、日本という国を大好きになった理由は、来日して間もないころ
「東京駅へは、どう行けばいいですか?」と道行く人に訊ねたことが始まりだそうです。

若い青年だったそうですが、
どう考えても「嘘」だと思うのだけど(ピーターさんの弁
「自分もちょうど、東京駅に行くところだ」と言って、一緒に行ってくれたそうです。
その人は語学が堪能ではなかったため、説明するより付いて行ってあげたほうが良いと考えたのかもしれません。

切符を買うため路線図を見上げていたら、
その彼が一緒に探してくれて
切符の買い方を教えてくれて
改札口まで案内してくれて
そして、
手まで振ってくれたというのです

ピーターさんはどんなに感激したことでしょう。
外国では考えられないことだったそうです。

club

ええ、話や。heart

おたま、やっぱ、人には親切にしようって思うねん。

ふっ ふっ ふっ ふっ・・・・



|

« 伊丹吟行・その前に | トップページ | めだかのお宿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

baseballbaseballbaseball
僕も昔、縫い目が表にあって裏返りに着てる人にもうちょっとで注意するところでした。デザインだったので思い戸惑ってよかった。

投稿: ひろやん | 2010年11月17日 (水) 18時35分

困っている時に親切にされた事が本当に嬉しかったのを覚えています。
どうにも悲しかった時に一緒に泣いてくれた人が本当にありがたかった事を覚えています。
だから私も人に優しく親切にしたいと思います。
(なんだか小学生の作文みたいになりましたね。)

投稿: スマイル | 2010年11月17日 (水) 22時07分

baseballbaseballbaseballひろやんさん
ほんまに、ややこしいハナシでっせ。
この間、近所のおばあさんが「裏返り」に着てはったんやけど、
あれは・・・ファッションと違うわなあ。

投稿: おたま | 2010年11月18日 (木) 08時57分

baseballおお、スマイルさんの、「作文」で、おたま、しみじみしちまいましたぜ。
ホントにホントにそうですね。
「親切」って結局、その人に「寄り添う」ことなのですよね。

投稿: おたま | 2010年11月18日 (木) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/37690865

この記事へのトラックバック一覧です: 老婆心って言わないで:

« 伊丹吟行・その前に | トップページ | めだかのお宿 »