« 妄想で時間調整 | トップページ | めざせ篤姫 »

2010年11月26日 (金)

40年前



1970年11月25日
夕暮れの淀屋橋で、一枚の号外を受け取りました。

総監を人質にとり、自衛隊員に憲法改正の決起を促すも、追随者は現れず・・・

三島由紀夫が割腹自殺をした日です。

滅びるものだけが美しい・・・

そうでしょうか・

国軍の礎石となるべく命を捧げたという

彼の行動に共感も共鳴もできないままの40年です。

あの頃、御堂筋はまだ一方通行ではなかったと思います。
ミナミ方面からやって来る車を、ミズノの横、御堂筋の西側でよく待ったものです。

三島が国を憂いているとき、おたま、遊びほうけておりやした。こらっ。

銀杏並木は、あの頃と変わらず美しく色づいています。

1970年の出来事・流行したものを並べてみましょう。

大阪千里で、万博開催。
日航機ハイジャック事件
ビートルズ解散
黒猫のタンゴ
圭子の夢は夜ひらく
「アカシヤの大連」清岡卓行   
NHK「樅の木は残った」
イージーライダー(米)
明日に向かって撃て(米)

三島由紀夫、享年45歳
20歳で敗戦を経験した彼は、戦後社会を否定し続けます。
この社会に生き永らえることを諾としなかった、彼の思想。美学。あるいは狂気。凡人、おたまの理解の範疇にありません。

ただ、ウチの母と同じ歳だったんだなあというところで、少ししみじみします。



|

« 妄想で時間調整 | トップページ | めざせ篤姫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさんの記憶すごい!!
1970年って色々な事がありましたね。
11月25日ってあの事件の日でしたか。
武士の世界では美学かも知れませんが、
時代錯誤と違います?痛すぎる!!
究極の美学って人の心を豊かにしたり、もっと心地好いものじゃないかしら?

投稿: 読者A | 2010年11月26日 (金) 12時22分

三島由紀夫、天才か狂気の人か、45歳で自殺とは・・・何が彼をそうさせたのでしょう。
いま生きていたら、何を発信しどう行動したでしょう?
余りにも純粋故でしょうか。

わたしの40年前は子育て真っ最中で、エプロンと雑巾が友達でした。社会情勢にも疎かったですが、いま思うと平和な時代だったような気がします。

投稿: 志帆 | 2010年11月27日 (土) 10時46分

読者Aさん。記憶じゃなくって、春駒(マイPC)が働いてくれるのですよ。
たぶん、おたまと同世代の読者Aさん。私たちは「時代錯誤」って思いますよね。
前時代的だったのか、進み過ぎていたのかわからないけど、同胞と思っていた自衛官に野次られ無視され・・・でも、お気の毒とは思えない。
誰も追随せず、何も残せていない。
おっしゃるように、「痛い」!


投稿: おたま | 2010年11月27日 (土) 11時58分

志帆さん。彼は国粋とか、憂国とか言うよりも、まず、自分だった人だと思うんです。(個人的感想)

評伝モノが好きで色々読みますが、評価の高い猪瀬直樹の「ペルソナ」(三島由紀夫伝)は読んでいません。図書館で手にしたことはあるのですが、なぜか、気がすすみません。

志帆さんのように、良い家庭の日々の暮らしの中に幸せってあるのに、三島は何を求めていたのでしょうね。

投稿: おたま | 2010年11月27日 (土) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40年前:

« 妄想で時間調整 | トップページ | めざせ篤姫 »