« 真実をうつす | トップページ | 分け入ってもマングローブ »

2010年11月 9日 (火)

輝いて見えた国



新聞に「もう一度みたい海外ドラマ」のアンケート結果が載っていました。

テレビ放送開始から間もない昭和30年代
海外制作のテレビドラマがよく流れていました。

「パパは何でも知っている」 「アイラブルーシー」
「ウチのママは世界一」 「ハイウェイパトロール」「ルート66」
「サンセット77」 「ローンレンジャー」 「アニーよ銃をとれ」
「名犬ラッシー」 「名犬リンチンチン」 「ちびっ子大将」
「突撃マッキーバー」 「ローハイド」 「ガンスモーク」
「パティデュークショー」 「ミスターエド」 「ララミー牧場」
「ハワイアン・アイ」 「サーフサイド6」 「スーパーマン」
「ベンケーシー」 「ライフルマン」

つらつら、思い出すだけでも出てくる出てくる。
どんだけ、テレビっ子やねん。

あの頃、週刊マーガレットに「アメリカの女の子の暮らし」という特集がありました。
たぶん・・「寝るのはベッドです」「お家の中は靴のまま上がります」みたいなことが書いてあったと思う。

へーとか、ほーとか言って読んでたんやろな。

笑える

クミコちゃんという中学生が「トロイドナヒューの唇がセクシーだ」というのを、ポカンと口をあけて聞いていた小学生おたまでありました。

大急ぎで金田一京助編纂国語辞典で引いたやろな
「セクシー」って。

 

たぶん

アンケートのベスト3は次の通りです

 

奥様は魔女
刑事コロンボ
大草原の小さな家

 

そのあと、スパイ大作戦・名犬ラッシーと続きます

敗戦国の悲しさでも何でもいいや。
富める米国は子ども心に輝いていた。

Photo_20210603185101

石垣島の乗船場の売店でスパムの缶詰をみつけました。

岩田屋(博多のデパート)の屋上で大きな靴がこたま(おたまの幼名)の小さな靴の上に乗りました。
下からグーンと見上げると、大きな大きな黒人兵がにこにこ笑っていました。

やさしそうな笑顔だったのに怖かった、5歳の記憶です。

この缶詰、なぜか懐かしいのです。
どこからか流れてくるコーヒーの香りと、
サッチモの歌う、ラヴィアンローズとともに

「日の匂うごわごわのタオルのような声
       
ナットキングコールに涙する深夜
」(朝日歌壇)

 

私の場合はサッチモです。

 

「Kiss of fire」で泣けますねん。


 


| |

« 真実をうつす | トップページ | 分け入ってもマングローブ »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

懐かしいアメリカのテレビ番組が勢揃いしましたね〜 番組の名前は殆ど知っていますが、実際に見た覚えのあるものは、半分位でしょうかネ。

サッチモとナット・キングコールは声質が対照的ですよね。"Kiss of fire"は初めて聞きました。イイ感じですね。最近、YouTubeでサッチモの"What a wonderful life"を聞いて幸せな気持ちになりましたよ。ライチャース ・・・の"Unchained melody"はダメです。泣けます。帰らない青春なんて気分になっちゃいますよ。当時、中学生でした。

投稿: 読者A | 2010年11月 9日 (火) 11時10分

読者A様。アンチェインドメロディは出だしの部分だけで
「きゃーっ」です。
たぶん、ラジオで聴いていたのかなあ。
ある曲と、ある人と、ある風景が重なることがありますね。

投稿: おたま | 2010年11月10日 (水) 08時20分

ナッキング コールのLPを貸してくれた彼に、それを返して、「さようなら」をいった、19の私を思い出してます。
おたまちやんは時々、私を切なくさせる・・
ドラマみんなみていました。
サンセット77.一番好きでした。

投稿: reiko | 2010年11月10日 (水) 10時23分

私の場合は別に歌と結びつくロマンスはないのですけど・・・・
おたまさんはKiss of fireと結びつくお話がありそうですね。羨ましいワ〜

次のお話のコメントですが、スッポンポンの一人暮らしはしたくないですけど・・・・・
瑠璃の島みたいな所に住むのは夢です。

カジュアルにお呼びくださいネ!

投稿: 読者A | 2010年11月10日 (水) 11時27分

reikoさん。いけないわ。
罪な女(ひと)・・・
一度、おたまの前で、洗いざらい懺悔していただかなくっちゃね。
きっと、その方今頃、ナットキングコールを聴きながら号泣されてると思うわ。

投稿: おたま | 2010年11月11日 (木) 08時46分

読者Aさん。kiss of fireの記憶は、幼稚園に行く前なので、いくら、おませなおたまでも、ロマンティックなハナシはないのですよ。
きっと、近所のお家で、いつもレコードをかけておられたのだと思います。

離島に参りましたら、是非おいでくださね。お揃いのタオルをご用意して待っています。

投稿: おたま | 2010年11月11日 (木) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輝いて見えた国:

« 真実をうつす | トップページ | 分け入ってもマングローブ »