« 男前いずこ | トップページ | それは、言うたらあかん。 »

2010年9月15日 (水)

思春期の入り口



二年ほど、京都の宇治に住んだことがあります。 

中学2年の秋から高1の春、13歳から15歳になる頃です・・
大阪に戻ることになっていたので、中学は越境通学をしました。

電車を下りて、宇治橋を渡ると、お茶を焙じる香りがしました。
県(あがた)神社の鳥居脇の参道に小さな八百屋さんがあり。中学の詰襟をきた男の子がよく店の手伝いをしていました。

同じ年頃の異性って、少しまぶしいなと感じるそんな年頃でした。

平等院の前を通り、宇治川に沿って堤を歩いて帰りました。

塔の島ではよく、時代劇の撮影をしていました。
大瀬康一の隠密剣士だったかな・・よく覚えていませんが。

宇治に来るまでは学校が終ると誰かが家に来たり、友達の家に行ったり、防空壕ごっこをしたり、探検をしたりで、楽しかったのに
ここは、知り合いも友達もいませんでした。

二時間も通学するので、よくラブレターをもらいました。
駅のホームで待つ男の子がいたり、あとをつけてくる人もいました。
先生に「他校生が校門で待っているから裏門から帰りなさい」といわれました。

人間、人生に一度は花の時期があるのでしょう。
私、アレがピークだったです。

残念なことに、非常に晩熟だったので、今なら「もったいない。ありがたい」と思うことでも、関心がない。というより、ちょっと怖かったです。

そんな中、中二の冬だったと思いますが。
中学校のある駅の二つ手前から隣の中学の生徒がどやどやと乗ってきて、一人の男の子が私の正面に立ちました。
彼らは駅一つ分だけ電車通学をしていました。

その子は心の底から驚いたような顔をして、
「きみ、〇中の子やろ?どこから来てるの?」とききました。
「宇治」
「へ~っ。宇治から?越境か?」
そんな話しをしていたら彼らの降りる駅。私の降りる一つ手前の駅に着き、その子は降りていきました。

次の日も、その次の日も、同じ車両に乗り、少しずつ話をしました。

襟の記章から、一学年うえの三年生だとわかりました。

てへっ! こんな話。面白くない?
秋だからね。

気が向いたら、続きは又ね。

 


 


 

| |

« 男前いずこ | トップページ | それは、言うたらあかん。 »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

人の話でも楽しいです。
続きを待ってます。

考えたら・・・考えんでもすぐ分かるのですが
私そんなピーク無かったな

あっ!あるわ!幼稚園の時かも・・。

投稿: ちがや | 2010年9月15日 (水) 10時06分

わて、いや、あたいはこんな話好きやわぁ~、

若いころのモテ話はもうあたし等の歳じゃ時効やし、
枝葉をつけて聞かせてやぁ~・・・?笑

おかっぱおたまちゃんの少女記はオバちゃんたちに元気を与えるんとちゃう?!!!

投稿: ヘルブラウ | 2010年9月15日 (水) 15時56分

双子の孫の世話から帰宅しました。
可愛いけれど疲れました。

私にも華の時期がありましたね。
懐かしく思い出しながら読ませていただきました。
胸がときめく良い男の人との出会いは近頃ありません。残念です。

投稿: スマイル | 2010年9月15日 (水) 18時10分

いいな~ いいな~
おたまさん、いいな~
いつまで言ってもきりがない。でも、いいな~

うばゆりも1回ぐらい見栄張って「ラブレターもらった」とか、「後つけられた」とか言ってみたいです。
ハッキリ言って皆無です。ショボン!

人生最後の一花~アリかな???

投稿: うばゆり | 2010年9月15日 (水) 21時50分

ちがやさん。遠い昔を思い出すようじゃ、おたまもヤキが回ったのかしら・・・
でもって、自分に都合よく思い出すから、楽しいわけです。
楽しい?
じゃ、続き書きますね。

投稿: おたま | 2010年9月16日 (木) 07時42分

もぉいん。ヘルさん。
すがりつく男子をちぎっては投げ、ちぎっては投げしたため、おたまの手のひらはマメだらけです。
まとわりつく、男子にひじ鉄砲をくらわし続けたせいで、おたまの右ひじは「振りダコ」で硬くなっています。


枝も葉も付けようのない事実です。
ホントだってば。

投稿: おたま | 2010年9月16日 (木) 07時47分

も~う。スマイルさんったら・・。ごくごくそばに、素敵なダーリンがいらっしゃるではないですか。

一心同体で見えなかったって?
ごちそうさまでした。

ふたごちゃん。いいなあ~
一粒で二度おいしいって感じですか。

投稿: おたま | 2010年9月16日 (木) 07時49分

うばゆりさん。
人生100年。今後、どのような運命が待ち受けているか、わからないですよ。

サルや蜂と戦ううばゆりさんをどなたかが「あこがれ」のまなざしで見ていらっしゃるかも・・・

そんなときは、「しゃらくせー」とピストルで空砲を打ち鳴らしてくださいね。

投稿: おたま | 2010年9月16日 (木) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思春期の入り口:

« 男前いずこ | トップページ | それは、言うたらあかん。 »