« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

舞妓はんはどこだ



昨日の話のね、舞妓はんで思い出したけど、
東京の友人エンジェルが
こんなこと、言ってました。

京都旅行で、舞妓はんをみたけど

じぇ~んじぇん 可愛くなかった。真っ白けだった

はは~ん。はは~んびばびばのんの。
おたまピピーンときましたの。

それで、リサーチ開始。やはり思った通りのようね。

エンジェルによると、観測地点はお昼の嵐山。
そうなのよね、ここと、五条坂あたりで見かけるのは
にせ舞妓はん

おたまも、遭遇したことがあります。

ぶーふーうーみたいな舞妓はんに。 

京都人はもちろん、このあたりの人なら、本物とにせものは「パット見」だけで見分けがつくけど、エンジェルちゃん。まんまと○○されたのね。

観光客の皆様、ましてトシ食ったあなた
変身なさるのは、おたま、やぶさかではございません。

が。外にでたら、あかんわ。
しかも、外国からのお客さんと記念撮影したらあかんわ

国際問題に発展するかもよ。

「コレガ、マイコハンデッカ??」「・・・・??」

「エライ、トシイッテマンナ」

本物の(可愛いほうの)

舞妓はんは、基本的に日中は出没しないのです。
特別なイベントとか、撮影会以外はね。

お座敷は夜ですので、あの、だらりの帯が見られるのは、宵闇せまる頃からだわ。それも、限られた地域。

お昼に見かけるのはお稽古帰りの小紋や今なら単で、お顔もすっぴんです。

言うといてあげるわ。観光客の皆様。
もし、ぶーふーうーが、オスカル様の格好で宝塚の花の道を歩いててみ。
ファンの袋叩き(ヅカファンはそんなお下品ではありません)

いえ、おたまのバックドロップで痛い目にあうよ。

おたまも、京都までは手が廻らん。
阪神間を押さえるのでいっぱいいっぱいや。

しかし、なんとかしなくては・・

外国からのお客さんに母国で何を吹聴されるや、判ったものではない。
危うし、日本の伝統文化。危うし舞妓は~ん。

憎まれるのを百も承知で言わせていただく

しぐさも、ものごしも、歩き方も・・
ええ、もっとはっきり言うちゃる。
      姿・かたちもや・・・

にせ舞妓はんは京都美観地区にそぐわない。

とりあえず、ピアスをしてたりネイルアートしてる舞妓はんはありえへんので、
そういう輩をみかけたら、

ささ。お家の中へはいろうね」って言ってやってください。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

暑さでヘンに?



涼しくなったらあれもしよう、
これもしよう・・

でも、ちーとも涼しくならないので、何も出来ない
駄目な駄目なホントに駄目な、いつまでたっても駄目な

おたまだよ!  それが何か?

ああ、暑さのせいで性格まで悪くなっちゃう・・
暑さのせいとチャウ!?  ほっといてくれ!

一人ボケ・ツッコミ、するのも暑いわ

雲古暑いのに、何?このCO-OPさんのチラシ!
ものごっつい、嵩やねん。
コレが毎週毎週届きます。

大昔から入っているコープ神戸と、断りきれずに最近入ったコープ自然派。
だから、チラシも二倍。読む時間も二倍。

そして、注文するのはいつも決まっている。
今週はすっきり牛乳と曲がり胡瓜。

なのに、主婦魂、未だ衰えぬおたまは「なーんか目玉はないかなあ」と隅から隅までチラシを拝読するのです。

ああ、時間かかる。

で、考えました。

向うがその気なら、やってやろうじゃないの。

コレぜーんぶ注文してやらあ・・

「やってやる」方向間違ってるし、全部買う根性もないし

とりあえず、買った事のない商品にチャレンジして見ようと思います。
(って、かなり、トーンダウンしてるけど・・)

でも、果敢にアタック25ってコダマはんも言うてはる

で、今回はコレです。

Img56670429

「舞妓はんひぃ~ひぃ~辣油」
舞妓はんがこんなものごはんに乗っけ、がっつり召し上がっている姿が想像できないけど

おたま、舞妓はんに立ち向かってみる。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

男の小物

男の小物」について考えています。

小者の男」とちゃうよ。
そんなんに近づいたらあかんよ。お嬢ちゃん
痛い目にあうよ。

ブログ友達の(ったて、コチラが勝手に友達と思っているだけで、アチラはコチラのことを、ちょっと変っていると思っている。
イエイエ大丈夫、アナタも変っているわよ

もんどのすけさん

の、ブログで「酒とバラの日々」を取り上げてた。

ご存知ヘンリーマンシーニの名曲に乗せた、ジャックレモン主演の映画です。


いけない、いけないと思いながら、ダメンズから離れられない女性の気持ちは理解の範疇だけど
だって、おたま、母なる大地だもん

映画では男女ともども「酒」で転がり落ちていくのね

そこで出てくる重要アイテムが、ウィスキーのポケット瓶

ズボンのお尻のポケットにピッタリ添ったポケット瓶。


もし、どこかで、ローカルの旅なんかで男性がこれでやっていたら、たとえどん方でも、おたま、ポイントあげちゃう。

あんた・・泣いてんのね。馬鹿ねえ」何て言っちゃう。

中身(ウィスキー)は安物がいいわね。

この間、とあるティールームに白髪の紳士が入ってこられました。
おたまは、喫煙席と禁煙席の境の席だったので、見えたのだけど
おもむろにシガレットケースからタバコを取り出されました。

おーっと! と思いましたね。

いかにも「カネモ」風だけど、バブリーな不動産屋には決してみえない。

人様をじろじろ見てはいけませぬ」と厳しくしつけられた、おたま嬢。母の言いつけを忘れ、見とれましたわ

女だから、自分の入り込めない世界、持てない物にあこがれるのかしらね。

肥後の守」を持ってる男の子がうらやましかったように。

ウチの平凡と明星も、粋でお洒落でこだわりの小物の似合う男になってほしいもんだわ
決して買ってあげないと思うけど・・・

ひっちゃんのウィスキーフラスコとZIPPO

Zippo_008

そういえば、デュポンの漆のライターどうしたんだろ・・
売れると思うんだけどな・・・・こらっ!



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

ある夏の日

あっついのにムーチョがやってくる。

ムーチョ。大阪市北区在住。都会人です。

チャリンコで阪神(百貨店)の地下に生鮮食品とイカ焼きを買いに行ける。
エエ、ご身分や。

おたまちゃん、梅田のことを大阪っていうんやね」と言われて、そういえばそうだなと、気づいた次第です。

どうだって、いいわ。そんなこと。

暑いっ ! 

で、都会人ムーチョですが、おたまんちには「避暑地に日帰り旅行」くらいの気分でやってきました。

002_convert_20100825083133_2

今、こんなのが咲いています。

ひまわりかなあ・・と思って楽しみにしていたら、

朝鮮あさがおでした。

ま。ひまわりの種を蒔いた覚えも無いしね。

わたしら、年取ってるからしゃべることもあらへん。オフロ行こ。」といいます。

アナタは、年寄りかも知れないけど、
一緒にしていただきたくございません!
が・・・・・。

逆らうのも 暑いっ! 

ということで、

おたまんちから送迎バスで30分の温泉施設にいきました。

まずは、水着に着替えてプールへ(ムーチョ、ここですっぽんぽんになりかけた。)
おたまは自前。ムーチョは無料レンタルのスクール水着っぽいのを着用。

お次はバーデゾーン。きゃっ!殿方がいらっしゃる!
ええんや、水着きてたわ。ねっ、脱がなくてよかったやろムーチョ。

ここで、打たせ湯やらブクブクやら、遠赤サウナにミストサウナ。

その次に館内着に着替えてお食事。
ムーチョ。生ジョッキ、2杯。
おたま、相変わらず「秋鹿」

しゃべることもあらへんと言っていたわりによくしゃべる。

お次は「寝転びゾーン」でお昼寝。(館内着のまま)
2ヶ所遠征。

心地よい目覚めのあとは
最後に、仕上げの温泉へ
ここは、脱ぐんや!ムーチョ。ああややこし。

入館が午前10時。で、19時の送迎バスに乗り込む

九時間も遊ばせてもろたわ。
と、平凡氏にいうと

おたまちゃん、えらかったね。よく遊べました

と言ってもらった。イヤミな男やで、しかし・・

ムーチョ、ちゃんと家にたどりついたかしら。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

アーメン・ソーメン

先週、テレビで映画「20世紀少年」を見ていて
懐かしい、言葉に出会いました。

アーメンソーメン冷ソーメン

バハハ~イ

うん。よく言ってた。言ってた。

そうそう、こんなことも・・・。

だれかが、向うからやってくると

き~た。き~た。金語桜  とか

「当たり前」。っていうかわりに

あたりきしゃりき馬力のブリキ ってね

あほな、お子チャマやなあ・・

では、そんなことばっかり言っていたであろう
おばかな、お子チャマ代表。
ひっちゃん、7歳の勇姿をご紹介します。

024_convert_20100821140950

ギョエッ おぼっちゃん刈りだ

(大人になってからの)彼は、

髪型には気合をいれていた。こだわっていた。
ご自慢だった。

そのヘアスタイルゆえに、

お宅のご主人、素人さんじゃないやろ」といわれた。

どういう意味かしら?

ケネディカット(古っ!)のようなのだったのに、
あるときから、あこがれのヘヤースタイルに変えた。

さんぱっちゃ(散髪屋)で「震災刈り にして」というと
兄ちゃん若いのに粋やなあ」とタイショウが喜んだ。

今は震災刈りの出来る職人さんも少なくなった。

震災刈りは「勘違いした人」がすると、知性のかけら かたまりがぶっ飛んだ感じになるが、いい男が、例えば「池部良」なら、
男の色気が爆発だと主張した。

当然自分は後者だと言い張った

この場合「雪国」の池部良ではなく、健さんと並んで歩く「風間重吉」でなければいけない。

池部良のファンでもないのに、「健さん。命」なのに、
健さんと同じ髪型はあまりにも恐れ多かったのでしょう。

う~ん。きゃわいいっ!ひっちゃん。

あの髪型、確かに似合う人は少ない。

今時のやんちゃ系がアシンメトリーをやっているが、あれは全然違うな。

いい男ではなかったが彼は良く似合っていた。

それなのに

20世紀少年。ひっちゃんよ。
ご幼少のみぎりとは言え
坊ちゃん刈りの暗い過去をばらしてごめん。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

秋になったら・・

能ある豚はへそ隠す 

違ったかしら?

能だったっけ。悩だったっけ。NO,だったっけ・・・

イエイエ、それ以前に、「のうある鷹」でしょっ!

は~い。おたま。酩酊しておりま~す

008

ってか。こんなんじゃ酔えねぇよ。テイスティングビール

ビールをちびりちびりやるのは法律違反です。
良い子の皆様は真似をなさらないように。

いつもの、呑み会。
八月はやっぱり、おビールねということになった例会ですが、吟味?そんなのエエやん。
ビールは、ぐぐっと黙って飲もう。
能書きたれずに。
というのがおたまの意見です。

能書き。のう。NO,・・・そうそう最初の豚の話にもどるわね。

涼しくなったら、少し「お針仕事」でもしようよ。
とガチャピンが言ってきた。

はは~ん。さては、老眼鏡を買い替えたな。

おたま、自慢じゃないが不器用ですの。
手先より、口先・・・コレで28年間生きてきた。
だれが、28やねん。

でも、こんなの作ったこともあるのよ。

では隠した おたまの 豚のへそを見ていただこう

3003_convert_20100822170725

ねっ!可愛いでしょ。って自分で言っておりますが・・

それで、涼しくなったら、このミニチュア着物を作ろうということになりました。

さっそく、端切れを買いにいかなくっちゃ

あ、その前に老眼鏡も・・・

ああ、忙しくなるわ。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

来はったえ~3

おお、振りかざした、このこぶし
グルングルン、廻したこの腕を何処に収めればよいのでありましょう。

おたまが待ち望んでいた「ヨメ」という名の天敵

あの、真綿(ヨメ候補)じゃ、パンチを食らわせても、ほにょほにょと吸収しよる。

おたまちゃん、ナゼにそげに戦う気満々なんや
と、息子に諌められる。
だって・・・・楽しみにしてたんだもん

思えば、我が姑も「真綿」タイプだった。

どういうわけか周りからは、
おたくは嫁姑がうまくいってるなあ」といってもらった。

そこで、はなしが済めばおたまも笑っておくものの

必ず横から誰かが言う

ここは、おばあちゃんが出来てはるから

じゃ、ナニですか?この、いたいけな、おとなしい、嫁のおたまの日々の忍従はど~なるわけ!?
ホント、損なタイプだわ。誰が?・・・あたいだよ。

ま、姑はいつもいつも、100%、おたまの味方だった。それは、間違いないな。

ああ、おばあちゃん、なんで死んじゃったんだあ

順番?

なら、仕方ないわね。

あの「真綿」嬢は異星人か!?
異星人はあんたやろ・・の声がきこえるが、無視

ボールを打ち返す気なんか、さらさらないみたい。

な~~んだ。

暖簾に腕押し。石に針。豆腐にかすがい。糠に釘。

もう、いいっ。

次男・明星に期待しよう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

来はったえ~2

おたま、よく「現代っ子」って言われました(死語ね)。
「飛んでる、いまどきの子」って

大人の常識からはみ出した言動が多かったのねきっと

そういえば、「結納は人身売買の悪しき習慣だ!いらない!」といいました。
「結婚式」もこっぱずかしくてやりたくなかった。

成人式も「体制側が用意したものなんて」と出席しなかった)

クソ 雲古生意気な娘だったのね。

でも、ひっちゃん(夫)は面倒くさい男で
無類のセレモニー好きだったので、
結納も結婚式もやりました。

夫の両親が天六(天神橋筋商店街)で、でっかい。結納用品をそろえてくれた。二人がトコトコ出掛けてお買い物をしている姿を想像しただけで、胸がいっぱいです。

ウチの親も通りすがりの人を家に呼び込んでは、お結納の品を見てもらっていたっけ・・・嬉しそうだった。

あの時、「大人の言うことも少しは聞いてやるか」って思ったよ。

が。

この、二人。平凡とりぼん真綿。

ま、真綿ちゃんは自己主張もなく、ニコニコと「コレ。美味しいですう・・」と体を揺すっているだけだが・・。
(さすが息子が気に入った食べっぷりだ)

おい。こら! 平凡。

何考えてるねん。順番が逆やろ。
先方のご両親様になんと、申しあげたらよいやら・・

えっ?了承済みなの?  ふ~む。

もしも。もしも、ひっちゃんならどう言うだろ。

自分達の思うとおりにしたらええ・・・

だろな

じゃあ、常識(自分の作った)にがんじがらめは、このおたまだけ、ってわけかあ。あの、大の常識嫌いがねえ・・

平凡氏。「心配しなくてもちゃんと、考えているんやから」とおっしゃる。

そうかそうか。おたま、もう口は出さん。

金も出さん。(たぶん)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

来はったえ~1

来はった、来はった。来はったえ~

はい、おたま、美容室にまで行かされて行って
準備万端で、待っておりやした。

さいです。さいざんす。

長男平凡がヨメ候補を連れてきやがった。きました。

「りぼんちゃん」というよりも・・真綿の三つ編みみたいな
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ポヨヨ~ンとした

ゆるキャラ。

「ああ、このお方が不出来な息子を引き受けてくださるのか・・」

彼女から後光が射して見えたぞ。

ひっちゃん(夫)がいたら、さぞかし喜んだだろうな。
なーんてね。

「トシを取ったらみ~んなオバサンになるんやから、外見より性格やろ」
と、平凡氏は言った。

そんな言い方、彼女に失礼だわ。
(ま・本人のいないときのハナシですが)

あんたの、と~ちゃんはメンクイやったんやで・・
なのに、おたまは、どっちも悪いってか?ほっとけ!

真綿嬢が
愚息を大切に思ってくれているのは伝わる
それで、母おたま満足でございまする。

この娘、ホワッ として、おっとりしゃべる。

おたまちゃん。この子に、気合入れたって・
おうおう。息子の頼みだ、根性焼きでも・・・・てか。

それは、ないわ。

コレ この方は天然モノだと思うよ。

臨戦態勢に入ろうと意気込んでいた、おたまの士気は会って30秒で萎えた。
あかんわ・・。こんなの反則や!

先方のご両親へのあいさつも済んだ。

とんとんととーんとハナシは進む・・・

と、思ったら  ナヌッ !?

も~う! 今のお子達。わけワカメだわ。

とりあえず、暮らしてみてから入籍を考える・・・って。

あなたがたは

岡田真澄とヨネヤマママコですかあ・・・

全世界の・全人類の皆様。いかが思われます?

結婚を前提として暮らし始めるのはいまどきフツーだって周囲も言うのだけど。考えられへんわ・・・

もう。わしゃあ、頭痛いよ。

 「盆棚へ『初めまして』と許嫁」 おたま


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

検索ワード

今朝なにげに朝刊の下のほう、週刊誌の見出しを見ていたら

磨くほどツキを呼ぶトイレの神様・鳥枢沙魔明王
の文字が目に入りました。

何でも、便器を磨くだけで
  宝くじには当たるわ、
     夫が出世するわ、
       息子は難関大学にはいるわ、
         病気は治るわ、
            子宝に恵まれるわ・・・・

そんな記事が、熟年向け健康志向雑誌や、レディ向け週刊誌にのってるのね。

な~~~~るほど。それでかあ~~。

最近、このブログに「うすさま明王」の検索ワードで入ってこられるのがすごく多いのです。

こんな地味な明王さんがブームになっていたとはね。

でも「金持ちになりたくてトイレ掃除」なんて、うっさんも苦笑されていることでしょう。
金運グッズだって!グッズって言わないの!
「お札」って言いなさい。

そういえば、少し前は「黄色い財布」を持つと、金運アップとか言う、折込チラシがよく入っていました。

おたまね。スーパーのレジなんかで前の人が「黄色い財布」を持っていたら、「この人欲張りなんや」と思ってしまいます。
もちろん偏見です。
それで、その人の顔をジロジロみてから、お財布も覗いてやるの。失礼きわまりないでしょ。
あんた(おたま)、どんな性格してるの?
ハイ。こんな性格です。

検索ワードといえば、このブログの堂々の栄光の不動の
第一位は、言わずと知れた、「未亡人」

この「未亡人」にどんなフレーズかつくかというと、そりゃあもう、あほらしくて、ばかばかしくて、よくまあ、考え付くなあ、と笑っちゃいます。
ギャル(死語)なら「きもっ!」とか「うざっ!」っていうのかしらね。
ココに、再現できないのが残念です。お子ちゃまがマネをするといけないのでね。

第二位は、「大転子」ですよ。

とにかくやたら多いのです。よほど、四十肩でお困りの方がおおいのでしょう。
皆さん、ツボ押しをなさっているのかな。

第三位は、なぜか「クリスチーネカウフマン」です。

記事にしたわけではなく、名前を一行出しただけなので、こられた方には申し訳ないです、

それにしても、「すっぽんぽんの山本富士子」でヒットしてしまう、おたまのブログって、いったい・・・

反省します。

それから・・・・・

「女教師未亡人。夜の一人相撲ドシンドシン」という、検索ワードで、いつもいつも、しかも結構以前から、入ってくださる、あなた様

よろしかったら、「お気に入り」に登録してくださったら、おたまとしては幸甚至極でございます。

どんな人か、気になってしゃーないもので。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

お水の花道

大正時代の初め。数え年26歳のじっちゃん(母の父)は10歳年下のばっちゃんを見初める。

当時、大阪は北浜で仕手筋の仕事をしていたらしい。
山っ気男には、、ナイスなステージだ。

じっちゃんは商売が好きで、色んなことに手を出した。

いかなる根拠かは知らんが

商売するなら「水商売」と決めていた。

、「洗い張り・クリーニング屋」を開く。
職人さんをたくさん雇い、なかなか繁盛したらしい。

母の自慢は、当時としては珍しい「扇風機」が何台もあったことだそうです。
商売道具だと、思うけどね。

週に一度。ばっちゃんは、髪結いさんに家に来てもらい丸髷を結う。
子ども達は、よそゆきに着替えハイヤーに押し込んでもらってミナミヘ行く。
じっちゃんが法善寺横丁の正弁丹吾で一杯やっているとき、子ども達は自由軒のライスカレー(カレーライスではない)を食する。

母の良きこども時代。今から75年ほど前のこと。

戦争をはさみ

その後、「風呂屋」「牛乳屋」もした。

成る程。「水商売」 だ。

好きこそ物の上手で、商売は順調に大きくなる。

・・・・・・

そして時代は移りゆく

洗濯機の普及、洗剤の開発・・

早朝の牛乳配達は懐かしの風景だ。

各家庭に風呂が据えられ銭湯は斜陽化する・・

・・・・・

おじいさん。水商売も上がったりです。
マルイチ(屋号)は、跡形もありませんよ・・

(それは2代目が潰したのだけどね)

先日、法善寺界隈を歩いて、急におじいさんを思い出しました。

13人も孫がいるのに、お商売人はいない。

ご期待に沿えず、すみません。

不肖、おたま。

お水の花道を歩くには、トウが立ちすぎた。

今、めだかの卵をかえしながら思う。

コレで一山当てようか・・。水。使うしな。

ハナシが小さすぎるな・・・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

ひとりごと

子どもってのは、アレねえ・・

自分の人生をもう一度なぞるようなものね。

ウチは、女の子がいないから少し違うけど、それでも

その時そのときで自分の人生と重ね合わせてた気がする。

幼い頃・少女時代・青年期・・・

で、長男平凡がヨメ候補を連れて来るというので、

おたまが、ひっちゃん(夫)の家に初めて行ったときのことを思い出しました。

どうせ、オチがあるんだろ・・って?

まあね。

話を聞く前から笑えるって?

まあね。

な~んだ。その話はしないの?

まあね。

今日からお盆だわ。

ウチの浄土真宗では、お盆だからって特別なことはしなくっていいといわれています。(お盆に魂が帰ってくるという考えはない)

でも。おばあちゃんがやっていたように、12日にお墓掃除して、家では13日に迎え火を焚きます。で、16日に送り火を焚きます。ホントは門口でやりたいけど、庭の手水鉢のところでやります。

火をつけるのはなぜか昔から次男の役目だけど、今、東京にいるので、今年は長男がやる。

お供えは、いろいろ。盆提灯も出します。

 「夫迎ふ盆棚何を語るべき」 おたま
 (つまむかうぼんだななにをかたるべき)

これは、初盆の時に詠んだ句です。
主宰(結社で一番偉い人だよ)に鑑賞してもらった、思い出の句です。

あれから、もう五回目のお盆です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

古い女

「古い女」と書いて

 「   と読む。

おたま、そいつになるかも知れねえぜ。

長男・平凡が(ヨメ候補)を連れて来るという。

おう、おう。かかって来んかい。ボキボキ(←指の鳴る音)

おたまちゃん何でそんなに戦闘モードやねん。
   もう,
頭痛いわ。
     心配しなくても
ブサイクな子やから・・

えっ!ブサイクなんや。
それに、その点についてどうのこうの思ってないし

「ついては、お願いがあるんやけど。」
「えっ!何?同居?・・絶対いややし・・」

頼むから美容室に行ってその頭何とかしてもらってきて!」

アダモステみたいやで。

Adamoste1_2

思えば、わが子が長い失恋人生に終止符を打とうとしているのだ、いっちょ、一肌脱いでやろうかい。

へーへー。どないな格好でもしまっせ。

あの、上から目線の美容室に電話を入れる。

「うわ。おたまさん、久しぶりですね。又エライことになってるのと違いますか?」(そんな言い方ないやろっ!)

うん。好感度の高い髪型にしてくれる?」

おお、けな気な母おたまよ。
これを逃せば後が無いくらい解っている。

髪も切る。歌う。踊る。岸壁にも立つゾ。

かくして本日は美容院に参るでござるよ。

ああ、ちょっと、メンドクセ。

しかし、自分では「お嬢様ロール」と思っていたのに、「レゲエのおばさん」だったとはな・・・ふっ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

星空吟行

宵闇せまる頃、

いつもの連衆が集結。「暑さにもめげず生きていた!」

この日は、「星・吟行」です

天気予報は「くもり」でしたが
根拠の無い自信が我々にはあるのです。

「絶対・イケル」って。誰かが晴れ男or女なのです。
本日は特別ゲストに、小学三年生の「あやな」ちゃんをお迎えしました。
え~っと。どなたの孫ちゃんだっけ・・・

「山のぼり鹿よけみつけびっくりだ」 あやな

山のてっぺんにある小さな天文台

004 おむすびを食べているあいだに本当に雲が切れて空が見えてきました。

各自が「自分の日頃の心がけ」と主張します。

そう、思っておけば、いいやんか。

所詮、おたまの力なのに・・

天文台の方に「今のうちに」と言ってもらい、

金星・火星・土星・牛飼い座の恒星アルクトゥルスを見せてもらいました。
金星は半分。土星の輪っかは縦方向に見えました。

本物の星が出るまで、プラネタリウムを見る。
これこれ、S次郎ちゃん。いびきをかいてはいけませんよ。

この町での俳句仲間は、10名足らず、
一旦緩急あらば駆けつけられる程の距離に住んでいます。

仲が良いのが取り柄ですが、仲のよいのが俳句の上達にとって、どうなんだろ。と、思います。

おたまの、希望としては、喧々諤々の議論をして、襟首をとっつかまえて、血で血を洗うような・・・そんな「句会」を夢見ていますが、いつも、キャッキャ笑って、おしまいです。

外に出ると、今、学習してきたとおりの星空。

さそり座のアンタレス。夏の大三角形、デネブ・ベガ・アルタイル。
星座をみつけては、大はしゃぎです。

みんな老眼だから、遠くがよく見えます。

ある、星好きの女の子がパラグアイでカシオペアとさそり座を同時に見たといいます。「それは・・ないやろ」といいながら、コンピュータで確認したら、どうも、「見えるらしい」のです。

そんな、話を天文台の方がしてくれました。
地球はひろいのね。

さっきから、どーんどーんと音がきこえます。
今日は、大阪市で淀川の花火大会があります

待っていると眼下で打ち上げが始まりました。

 「星涼し交互に望遠鏡のぞき」 おたま

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

子どものころの夏休み3

匿名希望№1さんから、おたまの「昭和の夏休み」をもっと聞かせてってリクエストがありました。

(匿名№1・2・3さん、皆さん帰ってきてくださっています。
                                  懲りていなかったのね。ありがとう。)

たいした話は無いけどね。


どの家にも、ほとんど、テレビが無かったころ、近くの神社の境内や、小学校の校庭で「映画会」ってありませんでした?

夜に外に出られるのが嬉しくて、でも少し怖くて、子ども達は一塊の集団になって出掛けたものでした。

もちろん、大人たちもたくさん見にいきました。
娯楽が少なかったのね。

そんな夏休みのある日、それは、夜ではなくて、「朝」、それも一般の上映が始まる前の早朝、近所の映画館で子どもだけに無料で映画を見せてもらえるということがありました。

それで、近所でも立派な人として名の通っている、6年生の「木戸のお兄ちゃん」を中心に一個連隊で出掛けることになりました。

木戸君がどれくらい立派かというと、何しろ月曜日の朝礼では、朝礼台の上から、全校生徒に向けて「きをつけ!前にならえ!」なんていってるくらい立派なのです。

50人学級が学年5クラス。それ×6だから、ざっと1500人の前で「きをつけ!」だよ。すごいでしょ。

それで、その日の朝は、ぞろぞろと子ども達があつまり、その中にはもちろん、おたまも、Yゆきも、Yあきもいました。

みんな、水筒をたすき掛けにしています。磁石の方向計がふたについているアレです。なぜか、どこかを凹ませていました。

見送りに出てきた親達は木戸のお兄ちゃんの手を握り「あなたが一番年上なんだから、頼むわよ」ってなプレッシャーをかけまくっていました。

ちょっとした激戦地に赴く様相で晴れがましい気持ちで出発しました。

子どもの足なので、どれほどの距離だったのか定かではありませんが、大きな国道をひとつ渡ったのは覚えています。

映画は、石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」と「紅の翼」の二本立てでした。

子どもを呼んでおきながら。

女抱き寄せ、ドラムを叩きゃ~~」です

きっと、夢中で見たと思います。

帰りの記憶は全くありません。

まあ、こうやって暮らしているので、
子取りにさらわれて酢を飲まされてサーカスに売られる
ということも無く無事、家にたどりついたのでしょう。

その後、木戸のお兄ちゃんは、おたまたちが、おままごとをしていると、「お菜」だといって(ここがボンクラたちと違うところですが)気の利いた、八つ手の花や、ぺんぺん草のハートのとこだけをしごいたのなんかを持ってきてくれました。

Yゆきなんかには、出来ない芸当です。

すぐに中学生になったので、その、姿も記憶も、抜けてしまいましたが、
今頃は、きっと立派な老人になっておられることだろうと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

死んだ女の子

坂本龍一&元ちとせ 「死んだ女の子」

とびらを叩くのはあたし・・・

このブログを読んで下さっている世代の方なら、
ご存知かも知れない「死んだ女の子」

あの、うたごえ運動で広がった曲を、外山雄三作曲。中本信幸訳詩で元ちとせが歌っています。
坂本龍一のプロデュースによる、ヒロシマ原爆ドーム前からの中継をご覧になった方も多いでしょう。

頭を垂れて聴き入ってしまう力がこの歌にはあるとおもいました
今日八月九日。良かったら聴いてみてください。

核保有国である米英仏の代表が初めてヒロシマの平和式典に参列しました。核軍縮に向けての大きな流れを感じながら・・・それはもちろん意義深いことだけど、こんな、ニュースも耳にします。

今回の米大使の出席がオバマ大統領のヒロシマ訪問の布石であり、実現されるとするならば、米国内で大きな物議をかもすだろう・・・と。

我々(おたま)は戦後民主教育を受けました(そのはずでした)
ヒロシマ・ナガサキは確かに学校で習いました。
しかし、真珠湾攻撃、15年戦争、について、すなはち、ヒロシマ。ナガサキに至った原因については非常に希薄なのです。

我々の受けた(学校教育は)あくまで、被害者としてのスタンスではなかったのか。

8月6日9日はよく教えてもらったが、12月8日を詳しく教わった記憶がないのです。

米大統領のヒロシマ訪問は話題にするけど、管首相がパールハーバーへ行くことが一度でも検討されたことがあったでしょうか。

もちろん核の使用は許されざることです。
しかし、誰が仕掛けた戦争であったのか、国際協定を破り奇襲作戦を行ったのはどの国であったのか・・・そのことに対し真摯に反省を表明してきたのか。
米国民にわだかまりとしてあるのはソコのところではないでしょうか。

戦争に誰が良いも悪いもないという人がいます。悪いのは非人道的な核兵器の使用だ・・と。

しかし、結果のまえには原因があります。
歴史を正しく認識するためには、起点に立ち返る必要があります。

とびらを叩くのはあたし

・・・・・・・・・・

    十年前の夏の朝
    あたしはヒロシマで死んだ
    そのまま六つの女の子
    いつまでたっても
    六つなの         
原詩・ナジム・ヒクメット
                       作詞・飯塚 広

反省は自虐史観なのでしょうか。
核被爆国としてのこの国が核軍縮の流れをさらに大きくするためにも。
今まで、曖昧にしてきた「負」の事柄にきちんと対峙することが必要ではないかと思うのです。

国際社会において、非核の先頭に立つべき「被爆国日本」が、国是である非核三原則をないがしろにしてきた「密約問題」。核の傘の下の平和。

国民が声を限りに「非核」を叫んだところで、
誰の胸に届くのでしょう。

  008_4

あの日を次の世代に伝えようと、命を振り絞ってこられた方達も、すでにご高齢です。

今日八月九日

多くの命であがなわれた今朝の平和を静かに思う日です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

急なおさそい

おっはようございまーす。

今朝も、泡洗顔で死に掛けたおたまでーす。

でも、あれね。人様に笑われるような死に方はしたくないわね。(誰も笑わないって・・? わかんないわよ)

だから、いくら暑いからといって,息子のトランクスを短パン代わりに穿いて家の中をウロウロしてはいけません。

家の中でも熱中症は起きますからね。いつ何時・・・

イエイエ、おたまのことではありません。
そんな、格好はいたしません。

あなた様のことを申し上げているのでございますよ。

り~んと電話のベル。
「おたまちゃ~ん。めだか取りにいこ~」

あの、ワタクシ、小学六年生では、ありませんから。
りっぱな、オ・ト・ナです。

でも、行きました。熟女、三人で。

008  011_2

針金ハンガーの網とサンダルも用意してくれていました。
ちなみに、和歌山県ではビーチサンダルのことを「水雪駄」というそうです。

へぇ~

009_2

お判りになるかしら・・。めだかです。
めだかです。ったら。

我が家には現在めだかがいます。5匹。
これは、数年前、次男明星から母の日のプレゼントとして贈られためだかの子孫です。(1匹38円)
あの頃、明星ちゃん貧乏だったのね(今もやけど)

.

 「目高飼ふ夫失いしリビングに」 おたま

.

彼らは赤い外来種なので、増えても川に放せません。
100匹近く、あちこちに貰われていきました。

.

 「夫婦して目高貰ひに来たりけり」 

 「目高頒く隣にもその隣にも」    おたま

ちょっ、ちょっと奥さま。大変でございますわよ。

今調べたら、野性の目高って「絶滅希少種」に指定されているんだって。
取ったりしたらいけないんじゃないの?

でも、もう取ったし・・
おまけに、ブログにも書いたし・・・

お縄になるのも時間の問題かしら。

おたまも、ついに番号で呼ばれるってわけさ。

そうなったら、皆様、面会に来てね。
差し入れは「聖書」が定番ね。

もし、食べ物が許されるなら、ちょっと、甘いものはひかえておりますので、
ご配慮くださいね。

なぬ?お弁当はいいの?だったら上げ底にして、下にドライバーとかいれておいてね、何とか脱獄をこころみるわ。

ああ、めだかから。妄想がひろがる・・

楽しいわ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

子どものころの夏休み2

(昨日のつづきです)

すぐ近くに大きなお屋敷があり、杉板の塀で囲ってありました。
林さんというお家でおばあさんが一人で住んでいました。

その人を「林のおばあさん」と呼びました(まんまです)

いくつもある部屋をいろんな人に貸していました。
間貸しです。

赤ん坊のいる若夫婦。お勤めの姉妹。子どもにでもわかるような「ワケアリ」の中年カップル。おまわりさんをしている独身のお兄さん・・・

なぜ、そんなに詳しいかというと、おたまは人の家であるにもかかわらず勝手に杉板の木戸を開けて出入りしていたからです。

敷地内に平屋の別棟があり、聾夫婦の家族が住んでいました。
おじさんは林のおばあさんの甥御さんで、板付の進駐軍(米軍基地)に出入りする、大工さんでした。
4人の子どもがいて、上から三番目の「Yゆき」(男の子)が、おたまのけんか相手でした。
年子の兄「Yあき」も入れて、男の子の遊びを教えてもらいました。パッチン(メンコ)。ビー玉。ひょこまわし。
家にある「ぼくら」「冒険王」「少年」もよく読みました

Yゆきは「負け」が込むとズルをして、逃げるので、おたまは石を持って追いかけまわしました。一度投げた石が背中に命中してオオゴトになりました。

もめた後は「行水」です。

中庭にたらいを出して、おばさんが「ムトウハップ」をいれてくれます。さきほどのモメごとを水に流すどころか、ココで又、もめるのですが・・・

でも、おばさんが作ってくれた冷麦を食べる頃は・・・静かになっているかといえば、そうもいかず、誰が貴重な「赤い」一本を食べたかで、又騒ぎです。

こんな油断のならぬ時を過ごしたあと、昼寝までして帰っていくのが、おたまの夏休みの日課でした。

そうそう、Yゆきは、親指を立てて母親にねだります。
親指が5円。人差し指が10円。人差し指でくるりと輪を描けば100円です。
おたまもついでに親指を立てて、おばさんに5円もらい。親にこっぴどくしかられました。

おたまの家は上品で(ウソ)買い食いはほとんど、したことがありません。
あんな、赤や青のニッキ水や緑ののりのくっついた、タコせんべいなんかには、見向きもしませんでした。

その代わり、女優のブロマイドを山ほどあつめました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

子どものころの夏休み1

夏休みだというのに・・
(確か、世間は夏休みですよね)

子どもの影も形も声さえも聞こえない、この辺りですが
「笛」の音が聞こえてきました。

 「たてぶえのそこでつまづく夏休」 おたま

はい、あなたのおかげで一句できました。アリガト。

我が夏休み風景は「竹ほうき」を買ってもらうことから始まりました。
毎朝6時にほうきを持って集合。町内の端っこから掃き始めます。ザーザーザー。

おたまんちは反対の端っこ(終点)に近かったから、このザーザーの音に目覚めた頃には掃除が終っているという具合でした。

それから、ラジオ体操です。体操しながら寝ています。
上級生がはんこを押してくれました。

行商のおじさんが
アサリ貝におきゅうとに納豆~~」と通っていきます。

「おきゅうと」というのは福岡(特に博多地区)で食べられていた、海草で出来た加工食品で、取り立てて味は無いのだけど、生姜醤油等で食べます。朝の食卓にでました。

家に帰って、朝ごはん。ちゃぶ台でした。

ごはんが済むと、家の外にかまぼこ板で作った札をかけます。
表が「勉強中」。ウラが「遊ぶ」と書いてあります。

勉強中」の札を掛けて、それから・・

も、いっぺん。寝ました


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

特別な日

今日8月3日は、おたまにとって特別な日です。

ああ、どこかで誰かがワタシを呼んでいる
(わたしゃ、木枯らし紋次郎かい?)

あなたはどなた・・・?

二年前の8月3日の朝方、不思議な夢を見ました
夢だと思うのだけど少し違うような・・・

詳細は省きますが、夢に現れたのはお不動様でした。
圧倒されるような存在感でした。
言葉ではいいあらわせません。

それまで(いまも)信仰心薄く、お不動様がどのようなお姿をされているのかも、よく知りませんでした。
ベッドに起き上がりしばらくぼんやりしていましたが「あれは、いったい何だったのか」不思議な気持ちでいっぱいでした。

それで、そのお不動様に会いに行くことにしました。
あてはありません。
ネットで調べて「近畿36不動」というのがあると知り、お参りを始めたのが、その月の不動縁日28日でした。

O2_033_2
第一番四天王寺

月に一回、ご縁日にあわせて出掛けました。
一回に3ヶ寺のときもあれば、1ヶ寺だけのときもありました。
般若心経と、不動真言をおとなえしました。

・・・・

ここまで、読んでもらって、おたま、やっぱり
「うさんくさい」やっちゃとおもわれたかもしれませんが。

本人は、ただただ、不思議で仕方なかったのです。
あれは、ほんまに夢やったんやろうか・・・

・・・・

そして・・・

ついに・・・夢のお不動さんに会いました。へえ。へえ。

17番目のお寺(参拝は順不同です)
ちょうど一年目、昨年の7月28日でした。

だから、どうだ、と聞かれても、おたま自身にもよくわからないです。
ただ、そんなことがあったということです。

ブログを始めて間なしに「夢まくらに立つひよこ」を書きました。ひよ子製菓の創業者のお話です。枕元にひよこが立ったら、オモシロイだろうけど、おたまは、「立ったんだろうな」と信じることができました。

そんなわけで・・・8月3日は、おたまにとって特別な日なのです。

「今日は特別な日やねん」と息子に言ったら
「うん。ボクの誕生日やな」といいました。

  忘れたてた!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

今のうちに食べておく

女優・長谷川裕見子さんが亡くなられましたね
おたまの母ちゃんより年上だったのね・・

お嬢様っぽくて、上品で、少し寂しげな微笑で・・
おたま、好きだったんだ。
だから、船越英二氏と結婚されたのはショックでした。

だって、晩年の船越さんは「暴れん坊将軍」の「じぃ」で
いい味を出しておられたけど。その昔、大映映画では
山本富士子や若尾文子を相手に「にやけた二枚目」役が多かったですから。
女の敵。イヤ、小学生おたまの敵でした。

それにしても、東映のお姫様女優と大映の「二枚目」にどんなロマンスがあったのかしらね。 ご冥福をお祈りします。

時の流れの中で人は死に、生まれる・・・

美人薄命。(人ごとではない。)

ココまで生きりゃ薄命でもないか・・・
美人はくうめい。イヤ食っちゃう。

生きてるうちに美味しいもの食べておこーっと。

O2_002 松山みやげ

松山のお殿様が長崎から製法を持ち帰った
  ここのキャッチコピーが素敵です。
  誠実なタルト作りの心意気が伝わるわ
  

     針はまっすぐ正直に 「六時屋」

 

O2_007 イタリアみやげ

えみちゃんがイタリアまで行って買ってきた
   お気に入りヘーゼルナッツチョコ

     GIANDUIOTTI(ジャンドゥイオティ

.

O2_004 京都みやげ

夜な夜な幽霊が買いに来た飴
  墓から掘り起こされた子は後に高名な僧に。

     「みなとや幽霊子育飴本舗」

年頭に「お菓子を買わない」宣言をしたおたま。
それは、「お菓子を食べない」ということではない。

到来モノはありがたく完食

 ごちそうさまでした。これで又長生きできるわ。

えっ?薄命希望じゃなかったのか・・・ですか?
あほらし・・

死ぬまで生きまっせ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »