« 急なおさそい | トップページ | 子どものころの夏休み3 »

2010年8月 9日 (月)

死んだ女の子

baseballbaseball

坂本龍一&元ちとせ 「死んだ女の子」

noteとびらを叩くのはあたし・・・

このブログを読んで下さっている世代の方なら、
ご存知かも知れない「死んだ女の子」

あの、うたごえ運動で広がった曲を、外山雄三作曲。中本信幸訳詩で元ちとせが歌っています。
坂本龍一のプロデュースによる、ヒロシマ原爆ドーム前からの中継をご覧になった方も多いでしょう。

頭を垂れて聴き入ってしまう力がこの歌にはあるとおもいました
今日八月九日。良かったら聴いてみてください。

club

核保有国である米英仏の代表が初めてヒロシマの平和式典に参列しました。核軍縮に向けての大きな流れを感じながら・・・それはもちろん意義深いことだけど、こんな、ニュースも耳にします。

今回の米大使の出席がオバマ大統領のヒロシマ訪問の布石であり、実現されるとするならば、米国内で大きな物議をかもすだろう・・・と。

club

我々(おたま)は戦後民主教育を受けました(そのはずでした)
ヒロシマ・ナガサキは確かに学校で習いました。
しかし、真珠湾攻撃、15年戦争、について、すなはち、ヒロシマ。ナガサキに至った原因については非常に希薄なのです。

我々の受けた(学校教育は)あくまで、被害者としてのスタンスではなかったのか。

8月6日9日はよく教えてもらったが、12月8日を詳しく教わった記憶がないのです。

club

米大統領のヒロシマ訪問は話題にするけど、管首相がパールハーバーへ行くことが一度でも検討されたことがあったでしょうか。

もちろん核の使用は許されざることです。
しかし、誰が仕掛けた戦争であったのか、国際協定を破り奇襲作戦を行ったのはどの国であったのか・・・そのことに対し真摯に反省を表明してきたのか。
米国民にわだかまりとしてあるのはソコのところではないでしょうか。

戦争に誰が良いも悪いもないという人がいます。悪いのは非人道的な核兵器の使用だ・・と。

しかし、結果のまえには原因があります。
歴史を正しく認識するためには、起点に立ち返る必要があります。

club

noteとびらを叩くのはあたし

・・・・・・・・・・

    十年前の夏の朝
    あたしはヒロシマで死んだ
    そのまま六つの女の子
    いつまでたっても
    六つなの         
原詩・ナジム・ヒクメット
                       作詞・飯塚 広

club

反省は自虐史観なのでしょうか。
核被爆国としてのこの国が核軍縮の流れをさらに大きくするためにも。
今まで、曖昧にしてきた「負」の事柄にきちんと対峙することが必要ではないかと思うのです。

国際社会において、非核の先頭に立つべき「被爆国日本」が、国是である非核三原則をないがしろにしてきた「密約問題」。核の傘の下の平和。

国民が声を限りに「非核」を叫んだところで、
誰の胸に届くのでしょう。

club

  008_4

あの日を次の世代に伝えようと、命を振り絞ってこられた方達も、すでにご高齢です。

今日八月九日

多くの命であがなわれた今朝の平和を静かに思う日です。


|

« 急なおさそい | トップページ | 子どものころの夏休み3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>8月6日9日はよく教えてもらったが、12月8日を詳しく教わった記憶がないのです。
仰るとおりです。軍部の暴走を許し戦争を主導した政治責任の総括なしに被害者意識
ばかりを言い募る日本を情けなく思います。国民は政治家の結果責任を追及すべきと考えます。

投稿: まさやん | 2010年8月 9日 (月) 07時45分

baseballまさやんさん。
やっぱりそげですね。(ゲゲゲのまね)。大人になって、知ったことが多すぎる。


投稿: おたま | 2010年8月10日 (火) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/36057041

この記事へのトラックバック一覧です: 死んだ女の子:

« 急なおさそい | トップページ | 子どものころの夏休み3 »