« 引窓・その三 | トップページ | 宝塚吟行・2 »

2010年7月16日 (金)

宝塚吟行・1

年に一度は一泊鍛錬会をしようね。
ということで宝塚へ行きました。

宝塚はおたまんちから目と鼻の先にあり「おとまり」する距離ではないのですが、今回はメンバーであるクリスチャンのY御夫妻のお世話で教会の施設を使わせていただけることになりました。

駅から2・3分のところなのに信じられないくらい大きな森があります。
森の中にあるその施設はマザーテレサも宿泊されたことがあり、誰がその部屋を割り当てられるか、行く前からワクワクしていました。
全部で36室もあるのですよ。

静かに黙想をしたり、睡眠をとるための部屋です。

2010_017 2010_020

四畳半くらいの個室には簡素なベッドと机と作りつけの小さな棚。
壁にはマリア様の御絵と十字架。

マザーテレサが宿泊された部屋には自筆のメッセージが残されていました。

この部屋が当たった(?)のはS子さんでした。

今年はマザーテレサ生誕100年ということで、この吟行に先立ち10日ほど前に近くの教会で上映された彼女のドキュメンタリー映画(米・制作)をみてきました。

映画によれば、きわめて平凡な修道女であった彼女を大きく変えたのは、カルカッタの現実をその目で見たからだといわれているが、そうではなくて、ある日(列車に乗っているとき)神の啓示(英語でどう言っているか忘れた)を受けたから・・・ということでした。

彼女の思想・行動は非常にシンプル。
神の御心のままに・・・それだけなのです。

・・・・・・

二ヶ月ほど前、ある街を歩いていて真っ白のまるでお城か要塞かという風なお家を見つけました。何処からどこまでがこの人の家なんだろ。塀の端っこがかすんで見えないくらいです。

おたまは、ため息まじりに「どうして世の中にはお金持ちとそうでない人がいるんだろう」と大きな独り言をいいました。

同行していたYさんがマザーテレサの言葉として教えてくれました。
「分かち合わないからよ」

明快です。

・・・・・・

2010_011_4

隣接の女子修道院です

こちらにも宿泊施設があります。

祈りたい時、休みたい時、学びたい時・・
信者さんでなくても利用できますよ、との事でした。

夜は85歳の神父様を囲み楽しい時間を過ごしました
シカゴから13日間の船旅で来日して54年だそうです。

 「殉教史の金の背表紙梅雨夕焼」 おたま

 「教会の書架に歎異抄あり涼し」  おたま


|

« 引窓・その三 | トップページ | 宝塚吟行・2 »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚吟行・1:

« 引窓・その三 | トップページ | 宝塚吟行・2 »