« 女性の敵に立ち向かう | トップページ | 我が家の伝統 »

2010年5月15日 (土)

名人の禁じ手

baseballbaseball

今朝の朝刊(武士のサムライ)によりますと
将棋の元名人、加藤一二三さん(70)が、東京地裁立川支部に、野良猫へのえさ遣り中止と、慰謝料204万円の支払いを命じられたそうです。

地域住民が「迷惑」と訴えた裁判。

ああ、なんだか、重い気持ちになっちゃったわ。

・・・・・

昔は、犬や猫って勝手にご町内を散歩していました。
道でばったり、知り合いの犬や猫に出合って、よく立ち話をしたものだったわ。

今はなかなか飼うのが難しいのかな

猫ブログが大人気で本にまでなっています。
猫好きの人は多いけど、キライな人はとことんダメなようですね。

cat

おたまの家に「みー子」がいた頃、
「猫ダメ娘」Mポンが来た日にゃ、大騒ぎでした。
彼女、キライというかコワイというか、全くダメで、

みー子の姿を見たとたん顔面蒼白、あぶら汗たらり。
活字を飯の種にしているくせに「猫」という文字を見ただけで卒倒するほどネコがだめ。

そのわりに、よく泊まって帰ったわねnight

みめ麗しく情けあり、仕事もデキル。家事万端大得意。
金持ちに ヨメにもいきたい。そんなMポン。

「Mポンちゃん。あんたがヨメに行けないのは、お猫様のたたりじゃ~」
教育の甲斐あり、2メートルくらいまでなら近づけていたのに、
ウチのみー子の寿命がつきて、特訓は終了。

dogcat

犬派。猫派。

自分のことをどちらも好きと思っていたけど、最近そうではないことに気づきました。

好きだったのは、ウチの「みー子」と「ふくちゃん」だけだったの。

我が家の庭を荒らしまわるご近所猫に
「あほ~!」「家に帰れ~」と叫ぶ、おたま。

散々、みー子も迷惑をかけただろうに。

ああ、世知辛い世の中ね。
野良犬も野良猫も野良人間も仲良く暮らせないかしら。

あっ、そうだ。今度の休み(って毎日サンデーだっけ)
清荒神の地域猫に会いに行ってこようっと。

動物愛護教会の提案により現在15.6匹の猫が地域の人に飼われている。こんなケースは本当に珍しいだろうな。

大都会で世間に肩身のせまい思いの愛猫家
野良猫に餌を遣らずには居れない気持ち
猫害で困る人。虐待される猫。

いろんなこと、考えて昼寝したので眠れないわ・・・

happy01


|

« 女性の敵に立ち向かう | トップページ | 我が家の伝統 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

犬嫌いもネコ嫌いも、本人にとっては毛が逆立つほど恐いらしいのですが、横で見ていると可笑しくて~

子供の頃から猫や犬を飼っていたので恐いとは思わないのですが、実は猫が嫌いです。
神奈川の家でのことですが、ご近所に野良猫にエサをやる人が二人もいて、増える増える、、野良猫が何十匹にもなったのです。当時犬も猫も飼って無くて、留守がちの家はうばゆりだけでした。そのネコ達の公衆トイレ兼休息所に我が庭はなりました。たまに帰って草取りをすると糞だらけで臭いのなんの!
それにある時、庭の隅の方から異様な匂いがしてきたのです。お隣さんからも「臭いわよ」と注意を受け探したら、使ってない犬小屋からネコの腐乱死体が~、
その後濡れ縁の下からも腐乱死体、
最後のとどめは駐車場にいた野良猫を、うばゆりがひき殺してしまいました。
腐乱死体の始末を想像してくださいませ。今でもうなされます。
野良猫にエサをやるのは絶対反対、無責任すぎます。
うばゆりは気が小さいので、それでも餌やりの人に苦情が言えなかったのです。

投稿: うばゆり | 2010年5月15日 (土) 21時37分

baseballうばゆりさん
サルの前に猫・・・・そんな辛い過去があったのですね。
サルなら正々堂々と合戦できますけどね

我が家の庭の隅では、真冬で気がつかなかったのですが身元不明のニャンコが鳥葬の憂き目に。
役場の人が来てくれましたが、個人の敷地内は原則引き取れず・・しかし、行き倒れ猫ということで処理してくれました。

家屋の構造がむかしと違い縁の下へもぐれなくなっているので、こんなケースは多いそうです。ナムマイダブツ。

投稿: おたま | 2010年5月16日 (日) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/34689883

この記事へのトラックバック一覧です: 名人の禁じ手:

« 女性の敵に立ち向かう | トップページ | 我が家の伝統 »