« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

ごあいさつ

ブログ、本日をもって、 お休みします

いつも、遊びに来て下さった皆様。

ありがとうございました。

また、お会いすることが、あるかもしれないし

ないかもしれないけど

どうぞ、お元気でね。

                   感謝


| | | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

純情娘が思い込んだら

東京は、歌舞伎座の改修工事に伴い、恒例の五月
團菊祭が大阪・松竹座で初のお目見えとなりました。

おたまが、團菊おそろいの舞台を見るのは、198712月
京都南座の顔見世以来です。実に23年ぶり。

その時の出し物は「三人吉三巴白浪」
菊五郎のお嬢。孝夫のお坊。團十郎の和尚でした。

今回の松竹座は夜の部を見てきました。
四十肩を押さえながらでもトコトコ出かけるのだから、よっぽど好きなのね。

関西では、あまり聞けない、

「とわや~」「た~や」 (音羽屋)

の、大向こうも新鮮でした。

まずは、本朝廿四孝 (ほんちょうにじゅうしこう)
三大「赤姫」と言われる、八重垣姫が登場します

彼女写真を貰っただけのお見合い相手に恋をしてしまうんだけど、その彼氏(武田勝頼)が暗殺されてしまいます。

で、毎日毎日、お見合い写真に向かって念仏三昧。
喪に服している割には、キンキラキンのお振袖。ま、仕方ないわこれ脱いだら誰だかわかんないしね。

そこへ、勝頼のそっくりさん登場。(実は本物)
八重ちゃん、驚いて「あんた、勝ちゃんじゃないの?ねえ、ねえ」
しかし、彼の答えは「NO」

そこで、彼女、腰元の濡衣(ぬれぎぬ)にとんでもないことを言い出す。

ねえ、ねえ、あの人、勝ちゃんでしょ?
えっ?違う・
・しょぼん

ま。いいっか・違っててもいい。あの人がいい・・

あの人と、枕を交わしたい 

なんとか、してえなあ・・・

手に持っていた数珠なんか、投げ捨ててやるうううう

純情可憐な武家のお姫様だと思っていたのに
とんでもない、肉食女子 

さて、姫の願いは叶うのでありましょうか・・

時間が来ましたこれにておしまい。
ここまでで、まだ、團菊は登場していないのよ。

続き は又の機会に。。。

このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

ブログ考

何も知らない、清い身体で 心で
ブログを始めたので、最近になって、色々変えてみたいなあと、思うことがでてきました。

まず、ブログサイトですが、
何でも、100個近くあるのですね。
おたま、この世にcocologしかないと思っていました。

ぺたとか。拍手とか。ブログ気持玉とか。それナニ?

比較検討などもちろんしていない。
なんて純情!いえ、世間知らず。

無料で遊ばせて貰うのだからスポンサーリンクがつくのは承知しているけど、
ウチのやけにでかくない

しかも最近になって、無料でスマートなコースにも出来たのに・・・ってことを知った。ブログ開始から8ヶ月も経ってるのよ!いやになっちゃう。

次にテンプレート。これも既製品がいくらでもあるのですね。
おたま、ばっかみたいでしょ。自分で線引っ張って、色を決めてつくったのよ。
もう・・・ダサダサ。

そしてコメント欄も記事ごとじゃなくて、ダーッと見られるようにしたい。

でもね。色々さわったら、アジャパー(古い)になるのでは・・と怖くて、さわれない

雨に濡れて震える小鳩みたい・・
     どぶに落ちて、もがくカラスみたい・・・

 

 

それから、ブログ村ですが、
いつもアドバイスを下さる匿名希望№1さんが、
ブログ村のおたまのphoto 「蓮の花(プロフィール)

胡散臭いから、○○の社長ブログみたいに「顔」を出せ。
っていいます。
えーっ。顔を出すくらいなら、
お尻を出したほうがまだまし、って思います。

 

でも、東京都青少年健全育成条例で児童ポルノ規制の
動きもあるからね・・無理かしらね。

児童が見るわけないか。
 

風呂好きの源しずかちゃん(ドラえもん)が規制にかかりそうだからひょっとして、おたまも・・・・って。取り越し苦労だわね。

さらに、№1さんは、シニアカテゴリーは爺さん,ばあさんばかり(ゴメンナサイねあたしが言ってるわけじゃないのよ)だから、よそへ移れともいいます。

どうも、この人、おたまと同じ歳らしく、「シニア」と思いたくないらしい。

えーっ。あたくし、押しも押されもせぬ堂々のシニアだし・・
じゃあ、何処へいくの?
「けものみち」とか「暴れん坊」ってカテゴリーあったっけ。

さらに、追い討ちをかけるように、毎回、俳句を入れろとおっしゃいます。
無理。ザザーッ(ドン引きの音)

・・・・

「顔」か「尻」か・・・どっちもどっちね。

なーんも考えていない様だけどそれなりに考えてるのよ

楽屋バナシになっちゃったわね、かんにんどっせ。

 

 


 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

雨の一日

見ず知らずの人の独り言の相手をして睨まれた

スーパーの屋上駐車場から店内に入ろうとして・・
ちょうど出てきた巨大な女の人が、空を見上げて

「あっ。 止んでるのか」

といいました。

親切なおたまは、
「ううん、まだまだ、い~ぱい降ってますよ」といいました

どうも、アレは独り言だったようです。
躯体がLサイズなので、声もでかかった。
あたま、寸でで傘で目を付かれるところだった

あの、リーチの長さじゃ避けようがないわね。

人生何処に落とし穴が仕掛けられているかわからない

可愛そうなおたま。寿命が縮まりました(ウソだよ

みんな、この、雨のせいね。
結局、春は来なくてやってきたのは
バイウジェンシェン梅雨前線 

でもね、雨ってキライじゃないんです。
「雨なら、雨を。風なら風を」楽しむのが俳人の心得ってもんよ。

なので、家に帰ってから、西行を拭くことにしました。
あっ。西行って車の名前です 

雨から戻ったら必ず拭いてやります。
ほとんど、犬と同じ扱い。

タオル、二枚で。きれいにね

「西行号、いつもきれいね」と言ってもらいます。

自慢じゃないけど、洗車もワックスもしたことない。
それ、夫の仕事だったから。

ちょっと、嬉しくなったので、鼻歌を歌うことにしました。
やはりこんな時は、「雨の歌」ね

 あん時ゃ どしゃぶり 雨ん中~ 

ちょっと、古かった? でへっ。

このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

マダムが花開く

奥さまあ~。
ローホーでございますよ

ホーロー鍋じゃなくってよ
(いけない!また、ベタベタのギャグだ)

 

        朗報 です

 

・・・・つ・ついに・・

ついに真実が解明されようとしております。
犯人が突き止められようとしております。

「な~にが~」ってあなた。
そんな呑気に、お弁当に入れ忘れたちくわをつまんで食べてる場合じゃございませんことよ。

 

       「TRPV4」  

 

・・・・ どうよ。意味わかんないでしょ。

・・・・・・・・・・・・・

全人類女性 の三大敵と言えば・・
ハイ。ご唱和下さい

  

「しわ・シミ・くすみ」

 

   

 

/このうち、しわの要因である乾燥肌

(乾燥とはつまり、こゆこと)
乾燥すなはち、皮膚の細胞同士がピッタリくっついてりゃ
いいものを、なぜか離れたがるため、
隙間が出来てソコから水分がどんどん蒸発して、
見るも無残な、ぱっさぱっさ。がっさがっさ。 

ココまで話しはわかったわね。ついてきてね。

「TRPV4」の登場です。

これはたんぱく質の一種で、「細胞同士の結合」そう。「水分の蒸発」を防ぐのに、いっちょかんでるのが解ったのでございます。

ココまで解明されれば、もうしめたものじゃないですか?
TRPV4入り化粧水を顔にしみこませりゃいいのよ。

やったー。やっほー。
これで、しっとりお肌 いらっしゃーい だわね。

商品化?まだまだ先ですよね。

間に合わなかったお姉さま方。
心より、おくやみもうしあげます。

私、なんとか間に合うと思う。

つーか

 

   ソコまで生きる。

 

.

だ~れ?乾いてるほうが棺おけの中でよく燃える
なんて、言ってるの・・・

 

 


 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

そして・・・巡りあいを考える

ども。おたまです。
こんな格好でごめんなさいね。お尻向けちゃって。

今、冷蔵庫にどたま突っ込んで、
「出会い」について考えてたの。

「系」 じゃないわよ

婚活ボヘミアンの子がいるからじゃないわよ。
今、考えていたのは、子の将来じゃなくて・・・

食べ物の「出合い」

そうそう。
(ウチの冷蔵庫、銀次 って名前なんだけどね)

残り少ない銀次の中身の誰と誰どれとどれを出会わせるかってことに全神経を集中させていたの。

ワカメと筍・・・おもむろに入ってはいないわね。
鰤と大根・・・・季節はずれ

ナイスカップルって転がっていないものね。

ほうれん草ちゃん。今、あんたのお相手を見つけてあげるからね。
そのザルの中で待っときや。

酒粕・・・使えん奴や。
きなこ・・・力不足
人参・キウイ・ブロッコリーの新芽・・
あなた達の出る幕じゃないわね

しらす・・・こんなところにいたのね、
んもう・・恥ずかしがりやさんなんだから。

ほうちゃん。めっかったわよ。あなたの伴侶

・・・・・

そもそも。我が家の銀次はいつもスッキリ二枚目。
なーにもないと人の言う。
というかよその家の冷蔵庫から、何か取り出そうという「その人」に問題があるけどね。

この限られた素材と素材のチョイスがベテラン主婦の腕の見せ所。
ぎりぎりの選択を迫られる、おたま。

全日本仲人連盟の会長になった気分ね

冷蔵庫を開けて人生を思う・・・深いハナシや

最初だけ喜ばれて忘れられる瓶入りゆずコショウ
あなた!登用のチャンスはまだあるわよ。
もっとアピールしなくっちゃ。

ひしめく、ドレッシング類
あなた達「決め手」にかけるのよ、突出した何かが無いとライバルには勝てないわ。
そのうち、桃屋の「辛そうで辛くないすこし辛いラー油」に定位置を明け渡すことになるわよ。

干からびた人参のしっぽ・・・・・・・
悪いけど御臨終だわ。

・・・・・・

さっきからうるさいわネエ・・・銀次

 

ピ~ピ~ピ~  って

いけない。扉ずっと、あけて説教してた。

 

 


 

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

言葉は世界をつなぐ


 


日本語を使いたくてたまらない中国人と
中国語を使いたくてたまらない、私が買い物に行きました。

ヤンさん「本日は大変良い天気であります。人々がたくさん歩いております。」
おたま「今天 天気 很好(本日は大変良いお天気であります) 你是我的朋友(あなたは私の友達です)」 

普通、こんな会話しないですよね。
もう、20年近く前のことです。


当時、ポツリポツリと開店し始めた100円ショップへ行きました。

「イーコン イーバイジェン」「アーヤ!タイハオラ」
これ、全部100円でっせおお、やるやないの!)
楽しかったわ。

当時北京大学の国費留学生ワンさんに中国語を習っていました。
中国の歴史や国家や暮らしの話をたくさん聞きました。
中国映画をよく見ました。

人民政府の招待みたいなかたちの旅もしました。
宿泊先は毛沢東の別荘でした。

張り切って中国語を使いました。
「トイレットペーパー」が切れていたので電話でお願いしました。
にこやかにうやうやしく、「スリッパ」を持ってきてくださいました。

わたくし、そのときあきらめました。
しょせん、博多弁と関西弁のバイリンギャルなんだ

・・・・・・・・

中国の「あいさつ」が好きです

四季のある日本国の住人としては
「こんにちは」(良いお天気ですね)と天候を言います

中国の親しい間柄では
「吃了??」(御飯、食べた?)(飯喰ったか?)
と、あいさつします。
「チーラマ?」飯食って生きてるか?

なんて、情があって素敵なあいさつなんでしょ。

母国語以外に何か話せたら楽しいだろうな。

我が友エンジェルが言います。

ブエノスアイレスの空港に降り立ったとき、一言のスペイン語もしゃべれなかったという彼女

「石の上にも三年」よ。

若いってすごい。当時20代前半。

語学の習得は「使う」に尽きる。

最近、日本語さえおぼつかなくなって「あれ」「それ」「あの」と、代名詞の連発。
いつも、聞き役専門のおたまだからね(ウソ)
もっと、おしゃべりしなくっちゃね。

来月、台湾に行くんだけど。

「お姉ちゃん、もうちょっと勉強してぇなあ。
おばちゃん、遠いトコから来てんねんで。

子には、遊んでばっかりやとののしられ、
親にはちょっと有馬温泉に行ってくるわと嘘をつき、
自治会の草抜きはさぼって、

やっとの思いで、たどりついたんや。
このライチワイン、半値でどうや!」

くらいは覚えておこうーっと。

 

 


 


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

同窓会どうしようかい

沖縄返還から38年

「また校長から偏向教育って言われる」と肩をすぼめて

我等は叫ぶオキナワよ
我らのものだオキナワは

「沖縄を返せ」を歌ってくれた先生も鬼籍に入られた

「笑点」が45年目に入った
初期メンバーで残っているのは歌丸さんだけかな。

ジュリーは太った・・・

 

・・・ああ、昭和は遠くなりにけり・・・

 

高校の同窓会総会の案内がきました。
年に一度、会費も払っていないし出席したことも無いのに律義に送ってくる。っていうか、同期の世話人に名を連ねているなんでやねん!)

15・16・17と私の人生楽しかったし、
可笑しかったし、頼りなかったし、切なかったし
生意気だったし、いい加減だった。

でも、面白かった。
何も怖いものがなかった

人は信念と共に若く  疑惑と共に老ゆる
人は自信と共に若く  恐怖と共に老ゆる
希望ある限り若く   失望と共に老い朽ちる

           (サミエル・ウルマン 「青春」より・ 岡田義夫 訳詩)

信念・自信・希望・・・あの頃よりあるぞ。
疑惑・恐怖・失望・・・あの頃のほうがあったぞ。

大人になるとは能天気になること(byおたま)

同窓会ネエ・・・
きっと、行かない。

あの頃の、恥ずかしい自分に会うような気がして
考えただけで疲れる。
その後も恥多き人生なんだけどね

 

マドンナおたまの前に男子の行列が出来ても申しわけない。
(ボカッ)←殴られた音

古い先輩はマメに同窓会を開催されているようだ
旧制中学時代の同窓会たよりとかよく載っています。
連帯感とか仲間意識が半端じゃない。

あの、年齢になったら参加してみようかな。
あっ。みんな死んでるか。

年に一度、遠い国からやって来るボトルシップに入った古い手紙・・・同窓会の案内状・・・・

 

皆様は同窓会に参加されますか?

 


 

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

おかげ様で八ヶ月



おかげ様でブログ開始から八ヶ月がたちました。

かような、ブログに遊びに来て下さり有難うございます。
これからも、あなたの心の箸休めとして、不必須・香の物として、不気味な非栄養食品として冷蔵庫の片隅にでも冷やしておいてくださいませ。

ありがとう。さようなら。

 

 

 

 

 

えっ

今日はこんだけ・・・

ちゃいまっせ。今日はおたまブログによく遊びに来てくださる、ドイツはハンブルクに咲く大輪のバラ
 ヘルブラウさん の○回目のお誕生日らしいのです。

おめでとうございます 地球一周達成!(年齢が)
駆け巡る青春。ビューチフルなペアの歌をプレゼントいたしましょう

 

 

私からあなたへ・・送る言葉は「悔いのない青春」

プロレス好きのおたま、リンクに散った白い花を思い出します
散ったら、あきません。ますます頑張って下さい

・・・・・

こんな風にブログを通して交流できるお友達もでき、
たいへんうれしいことでございます。

人って生まれて死ぬまでのあいだに何人の人と出会うのだろう。
ブログを始めなければ出会えなかった、顔も名前も知らない人に、ある時は心を寄せてもらい、励ましてもらい、四十肩を心配してもらう・・

ああ、この世に生まれ めぐり合う奇跡
すべての偶然が あなたへと続く・
・・・・だわ。

あらためて、ありがとうございます。

しかし、気になることもあります。
コメントを非公開にして欲しい「匿名希望」さんが3名になりました。
№1・2・3 さんと呼ばせていただきますが、№1さんなんて、ほとんど親戚・身内みたいで、色々アドバイスして下さいます。これがメチャおもしろい。

思うに№1・2・3さんは
「脱いで笑いを取る芸人を、ちょっとだけ好きだけど、そんなこと世間に知れたらかっこ悪いので匿名希望にしておく」ってことなのかしら・・

おたま、ダサいんだ。きっと。

 

ま、いっか

これからも、張り切って脱いじゃう!
じゃ、なかった。書いちゃう!

ということで、

皆々様。これからもよろしくお願いします。

 


 

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

退屈な夫婦

009_3
おたま家の玄関だよ

   

「何~んか、おもしろいこと無い?」
と、言ってガチャピンがやってきた。

ガチャピンというのは近所の友達。
「べ~つに~」と小ギャル(死語)っぽく返事する。
「あなた、身近に笑えるものがあるじゃないの。ヒロシ(夫)の顔でも見ときなさいよ」

と、言いたいのをぐっとこらえる。

兄弟姉妹がいない(も同然)のおたまにこの二人は
お兄ちゃん、お姉ちゃんみたいなもの。

だいたい、こんな平凡な未亡人に「面白さ」を求めるのが間違ってる。
なのに、ヒロシはいつも言う

「おたまちゃん。こいつ、遊んでやってくれよ」
退屈しきってるんだ。」

妻を退屈させたら、あかんやろ。浮気でもして、びびらせてやれ。
ま、ヒロシにゃ無理だわね。
だって、口癖が
「生きてゆくのがつらい」だよ。

そういいながら上げ膳据え膳。おやつにはチョコレート
蜜柑の筋をとってもらい。靴下はかせてもらって、
可愛いお洋服(van/jun風)着せてもらってる。

ああ、よその夫婦のことはドーデモよろしい。
退屈してるのはヒロシも同様でこのたびやっとパソコンを購入した。
ヒロシ66歳。初めての経験。

ところが「おたまちゃんには言うな」と口止めしているらしい。

 

ど~ゆ~事 

 

取って食わないわよ

困ったときはお互い様じゃないの?
絶対、壊さないから触らせてくれたっていいじゃない。

一応、ガチャピン家の段取りとしては、
ヒロシ独学→ヒロシがガチャピンに伝授
ということになっているらしい。

ところが、いつまでたってもヒロシ君。
「あっ!花火があがった。揚がったあ」ってゲームで遊んでばっかりらしい。

業を煮やしたガチャピンが「クックパッド」「路線検索」だけでも使いたいのと涙ながらに訴えてきた。

おうおう。初(うい)やつじゃ。そうかそうか。
ガチャ子・63歳よ。

と、いうわけで今から殴りこみサポート隊出動します。

このブログのこと?

 

口が裂けても言わないわよん。

 

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

お月様の記憶

昨夜のお月様、ご覧になりましたか?
月齢 3・5  金星がすぐ傍に見えます。

感動的な美しさでした。

三日月お月様からこんなことを思い出しました。


ある、昼下がりのことでした。

小学校2年生になった次男・明星と手をつないで
うな垂れて歩いていました。

歩道の端にしゃがみ彼の肩に手をかけて言いました。

「明星ちゃん。七十万円 やて・・・」

母、おたまの目には今にもこぼれそうに、涙が・・
また、歩き出しました。
「お母ちゃん、バス停こっちやで・・」うん」

この日から、明星は

 指を吸わなくなった。のでございます。

彼は、生後3時間目から指を吸っていました。

保育所でも幼稚園でも時々注意されたけど
無理にやめさせる事はしませんでした。

小学生になって

ある日気になって、
「明星ちゃん、先生の傘って言ってごらん」というと。
「てんていの、かた」と大きな声で言いました。

これは、いけません。

気のせいか下あごも出てきたようだし

それで、こどもの歯医者さんに連れて行きました。

 

先生が、花王石鹸のマークのような絵を描いて
「こんな顔になるよ」
と言って、マスクを取ったら・・
先生もしゃくれていた。

あごのしゃくれたお月様

そして、
そのときの歯列矯正の見積もり額が七十万円

明星ちゃんは本当にいい子だ。

母のあまりの打ちひしがれように、
自分の進むべき道を決めたのです。

それにしても、この花王石鹸のCMソング
 手拭い ブロンコ ブンブクリン ・・・の
「ブロンコ」っていったい何だろう。
ブンブクリンも解らないけど・・・ブロンコって何?

先日、彼が遠い目をしながら言いました。
「おたまちゃんに感謝してることがたった一つある。
 それは、先生の傘って言わされたことだ」

おかげで、七十万円は使わずにすみ。今は指も吸わない。
(だって、おっさんだもん)

もちろん、あごは出ていない。

 

Photo 安部寛は出ててもカッコイイけどさ!

うちの子がこうなるとは、考えにくい。

そのかわり。
無駄に立派な親知らずが4本はえている


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

めし炊く媼の記

「やれやれ」
帰宅、第一声がこれでは、あたしも老いたものだよ。

ああ、やっとたどり着いたって・・
おばあちゃんがよく言ってたな「家がいちばん!」

 

思えば三月からの「四十肩」
(一年前の虫垂炎の手術のときの痛み止めの筋肉注射がきっかけじゃないかと素人は思っている。わかんないけど・・)
その前に、すべって転んで(それも海外で)捻挫
ゲームのし過ぎで腰痛

こうやってだんだん弱っていくのかしら。

 

昨夜、枕元に子を呼び寄せて言った。
「言っておくことがある・・・」

 

子は言った
おたまちゃん、その前に御飯作って!」

 

サイテーな息子よ。

 

こんな時、夫がいてくれたらなあ・・
彼は言うに決まっている
「おたまちゃん、寝とき、寝とき。オレたち、
        一食くらい抜いても平気やから

 

自分達で何とかするという発想は無いのか。
ああ、思い出したら腹が立ってきた。

死んだ人に腹を立てても仕方ない。
生きてる息子だ!

 

 

毎日毎日毎日毎日、エッブリデイ。ごはんを作る
遊んで遅くなる時でも、冬はおでん。夏はカレーを作っておく。
(他に思いつかないから)

自分が食いしん坊だから、料理はまあまあ好き。

でも、人生のほとんどを「飯の支度」というのは、いかがなものか。
歌を歌えるわけじゃない。道を作られるわけでもない。
だからなのか・・・だから飯作ってんのか、おたま。

 

夫は褒め上手だった。
カレーを作れば「おたまちゃん、カレー屋さんができる」
丼を作れば「おたまちゃん、どんぶり屋さんができるな」
と、言った。

ウチの息子はやさしい子だ。いつも、聞いてくれる。

 

おたまちゃん、肩大丈夫?痛くない?
  ごはん、作れる ?」

 

 

花の金曜日、ケータイメールが鳴った
「すみません。今夜は帰りません。戸締りしてください」

ィヤッホー、返事を返す
「ありがとう

ナニが「ありがとう」なんだか。
うれしすぎてホンネが出てしまった。

ささっ。今から、ゲームや。ゲームや。

 

お出掛けの疲れも吹っ飛んじゃった。
美味しいもの「一人前」作って食べようっと。

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

我が家の伝統

四十肩が痛いのに、また、お出掛けしました。
義理と人情のはざまで・・・
100%好んで出かけているわけでもないのですが
「でべそ」って言われます。

「でべそ」とは、我が家だけがそう言ってるのかしら、
「おでかけ好き」のことです。

 

Photo_3

 

ちなみに子をののしる いさめる時は「サボテン」といいます
我が家では最上級の屈辱的な言葉です。
「チキン野郎」と言われるより、大きく打ちのめされ2・3日は立ち上がれないほどです。

校長室に呼び出された、夫が息子明星に向かって
「この、サボテンが!」と言い、あたくしは隣で吹き出し、
かえって居並ぶ先生方の心証を害したという、暗い過去をもつ言葉です。

Photo_2 

おばあちゃん(姑)も不出来な息子のために、校長室通いをしたらしいので
サボテンの子はサボテンということですね。

 

そうそう、急な発熱の時は「たぬきが通った」といいます。
どうして?と聞かれてもわかりません。
とにかくそういいます

Imagescawnd7pg

用例) 「おばあちゃん。明星にたぬきが通りました」
     「どがい?よんべかいや?」
     (どうしたの?昨夜のこと?)
     「はい。よんべです。」
     「カンチョーじゃ。おたまちゃん、そりゃあ、
         お狸さんが通ったんじゃあ。
     たぬきに・かんちょー

      カンチョー(浣腸)しときゃ、楽じゃいや」
          

嫁してウン十年。わけのわからないままに、この家風になじみ
なじみきって、かような言の葉を使用して参りました。

えらいぞ、長男のヨメ。
この重責を次世代に伝えたい

一日も早く。

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

名人の禁じ手

今朝の朝刊(武士のサムライ)によりますと
将棋の元名人、加藤一二三さん(70)が、東京地裁立川支部に、野良猫へのえさ遣り中止と、慰謝料204万円の支払いを命じられたそうです。

地域住民が「迷惑」と訴えた裁判。

ああ、なんだか、重い気持ちになっちゃったわ。

・・・・・

昔は、犬や猫って勝手にご町内を散歩していました。
道でばったり、知り合いの犬や猫に出合って、よく立ち話をしたものだったわ。

今はなかなか飼うのが難しいのかな

猫ブログが大人気で本にまでなっています。
猫好きの人は多いけど、キライな人はとことんダメなようですね。

我が家に「みー子」がいた頃、
「猫ダメ娘」Mポンが来た日にゃ、大騒ぎでした。
彼女、キライというかコワイというか、全くダメで、

みー子の姿を見たとたん顔面蒼白、あぶら汗たらり。
活字を飯の種にしているくせに「猫」という文字を見ただけで卒倒するほどネコがだめ。

そのわりに、よく泊まって帰ったわね

みめ麗しく情けあり、仕事もデキル。家事万端大得意。
金持ちに ヨメにもいきたい。そんなMポン。

「Mポンちゃん。あんたがヨメに行けないのは、お猫様のたたりじゃ~」
教育の甲斐あり、2メートルくらいまでなら近づけていたのに、
ウチのみー子の寿命がつきて、特訓は終了。

犬派。猫派。

自分のことをどちらも好きと思っていたけど、最近そうではないことに気づきました。

好きだったのは、ウチの「みー子」と「ふくちゃん」だけだったの。

我が家の庭を荒らしまわるご近所猫に
「あほ~!」「家に帰れ~」と叫ぶ、アタクシ。

散々、みー子も迷惑をかけただろうに。

ああ、世知辛い世の中ね。
野良犬も野良猫も野良人間も仲良く暮らせないかしら。

あっ、そうだ。今度の休み(って毎日サンデーだっけ)
清荒神の地域猫に会いに行ってこようっと。

動物愛護教会の提案により現在15.6匹の猫が地域の人に飼われている。こんなケースは本当に珍しいだろうな。

大都会で世間に肩身のせまい思いの愛猫家
野良猫に餌を遣らずには居れない気持ち
猫害で困る人。虐待される猫。

いろんなこと、考えて昼寝したので眠れないわ・・・

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

女性の敵に立ち向かう



日射しは容赦なく全女性にふりそそぐ。

今更ながらに
「女優でなくて良かった」と思ふ今日この頃。

ま、女優になりたいと思ったことも
なろうとした事もないですけどね・・・・

「なれるわけない」 ですって

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・無視

どうでしょ、この日射し。油断大敵ですわよ。

女優・十朱幸代さんはタクシーの中でも日傘を差していらっしゃるそうです。
ただの、ばあさんがそんなことしたら「叱られる」

それに比べりゃ、このおたま、
半日でも、一日でも外にしゃがみ込んで、
蟻の行列見て暮らせる

違った意味で通報されるかもね(だいじょーぶ?)

ハイハイ、そうですとも、日焼け。上等!

赤銅色 バンザイ ですとも。

ココまで来たらもう、怖いものなんかあらしまへん。
ありゃ~せん。おへんどす。

 

とはいうものの

最近トシかしらねえ。
幻聴が・・・・
 

・・・・あの町この町
日が暮れる 日が暮れる
今きたこの道
かえりゃんせ かえりゃんせ

 

     ・・・おシミがつぎつぎ
                増えてくる 増えてくる
                今きたこの道
                かえりゃんせ かえりゃんせ

 

野口雨情さん。
幼い子どもに歌わせるには、
不景気 物悲しい歌詞ではありませぬか。

いえ、シミじゃなくて、日が暮れるほうですが・・・

私ね、女優ではないけど
         (そうです。「なれない」けれど)

 

女性の敵「メラニン」とは戦う。
遅きに失したか・・・いや、あきらめるな、自分

で、今「シミ抑制のメカニズム」を研究しているところだ
いや、そんなところから始めている場合ではない。

手っ取り早く、マツモトキヨシかセガミ薬局に行って、「スキンケア・アドバイス」を受けてこよう。
美白エッセンスなんかも買っちゃうぞ。

ああ・・・またまた。幻聴が

 おシミが だんだん 濃くなるよ 濃くなるよ

 

急がなきゃ

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

恋文・love letter

 

文字の乱れは線路のきしみ・・・・
愛の迷いなんかじゃないわ~~~
夜汽車の中で膝を立てながら書いたから・・・

誰も知らない素顔の 八代亜紀が歌ってたわね

そんなところで恋文を書いたら誰かに覗かれるよ。
あっ。夜汽車だから、みんな鼻ちょうちんで寝てるかな。

一昨日の芦屋吟行。「恋文」というテーマで谷崎潤一郎と佐藤春夫の恋文の合同展示をしていました。

Kinenkan 芦屋市谷崎潤一郎記念館

 

ハイ。ここで、おたまの付け焼刃一口メモです

谷崎(以下)は、おとなしいヨメ千代さんが気に入らなかったの。
実は彼、千代の妹である、じゃじゃ馬娘と一緒になりたかったので、
文壇デビューで恩を売ってた佐藤(以下)に千代を引き取ってくれるように頼むの。
いつもいつも、に虐げられる千代に同情していたはもちろんO・Kよ
でも、にも妻がいたのよこの時。
どうなってるの!
しかし、話しはその後、急旋回、は、じゃじゃ馬に蹴られた(振られた)もので「あのハナシ、やっぱりヤーメタっていうの。
時すでに遅し、と千代さんはラブラブとなっていました。
の力ってすごいのね、やりたい放題!
二人は引き離されます。

その後千代さんは8歳年下の青年と恋におち、このときもはその青年に妻の引き取りを頼みます。
またまた「ヤーメタ」と言ったかどうかわかんないけど二人は破綻します。

この間、千代は元カレに悩みを打ち明け、の妻は千代に手紙を書こうとしに千代の新たな恋の告白をしています。

さて、と千代の運命やいかに。

ワケがわからない上に話しが長くなる
もう、皆さん勝手に調べて!

 

丸投げ & お手上げ 

・・・・・・・・

 

恋文 by 佐藤春夫  Photo_4

展示を見て、おもわず「うぉっ!」と声を挙げました。
原稿用紙20枚。(ウラにまで)びっしり・・・
ほとばしる愛でそこらじゅう。大嵐

変やで!Sさん。(主観ですので)

・・・・・・・・・・

 

恋文 by 谷崎潤一郎 Photo_3

「あなた様に死ぬまで仕え支配されたい」
どの女性にも、こんな風に書いているのよ。

変やで!Tさん。(主観ですので)

自己の芸術を構築するための「虚」であったのか「実」であったのか・・
若輩、おたまにはわからない。

 「我といふ人の心はただひとり
         我より外に知る人はなし」
 谷崎潤一郎

 

   タ・シ・カ・ニ。

 

あふれる激情を美しい詩に昇華してゆく佐藤春夫
 倒錯的な愛と性にこだわり続けた谷崎潤一郎

 あたくしねえ、どっちから、恋文を貰いたいかですって?
 ・・・・

 
 同じ「甘いもの」なら 食べられるものがいい

 

 

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

成熟の街・芦屋を歩く

昨日は、俳句の吟行で芦屋へ行きました。

大正期から昭和のはじめにかけ、大阪の実業家が次々に豪邸を建てていった芦屋は関西屈指の高級住宅地として名高く、成熟した文化と阪神間の明るさとに包まれた大人の街です。

阪急芦屋川から、川に沿って南下。
葉桜が小雨に濡れて緑をいっそう濃くしています。

在原業平もこの芦屋に縁が深く、町や橋にその名をとどめています。
歌碑がありました。

 「よのなかに たえてさくらのなかりせば
         はるのこころは のどけからまし」

「伊勢物語」八十二段に登場するこの歌は、水無瀬より川向へわたり、桜の渚の院で詠まれたもので、実はこの辺り、私にとって非常に縁の深い地なのです。

平安時代のプレイボーイ。
とにかく、情を交わした女性が3733人だそうですし、しかも禁忌に果敢にアタックなさるチャレンジャー業平くんだもの、この「さくら」は「女性」のことよね。
「よく言うよ」と、「一人でぶつくさ」申しました。

なにしろ、ウチの(俳句)メンバー。いい人ぞろいで
「おたまちゃん、それは深読みよ、桜のことを詠ってるのよ」というに決まっているのです。

 

この後、谷崎潤一郎記念館へ行き「細君譲渡事件」の資料をみて、このおとなしい、温和な、おたまさまの怒りが爆発することになるのですが、その遠因は、この業平の句碑にあったかも知れません。
(谷崎記念館のことは明日の記事をご覧ください)

話しは変りますが・・

芦屋のお嬢様は「ボイン」ちゃんが多いと聞きました。
誰に?って。
ワコールの商品開発に携わっていた方にです。

ワコール(ワコールHD)って会社ご存知でしょう、
日本女性に初めてブラジャーをもたらした下着メーカーです。パイオニアの苦労話は非常におもしろいです。とにかく女性の胸の辺りに視線を這わせるのが仕事なのですから・・・

で、その方の話によると、さすがお金持ちのお嬢様は幼い頃からきちんとした下着を身につけられますので
バストも美しくかたちづけられます。
開発当時のブラジャーは超高価だったそうです。
今でも高級なものは結構なお値段ですものね。

「美」ってお金で買えるのね。

芦屋に俳句を作りに来て、
そんなことをしみじみ思うのでありました。

 

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

俳句は日記・川原にて



 「桐咲いて四国三郎豊かなる」 おたま

.

どういうわけだか、忘れてしまったけど、
徳島は吉野川を眺めていました。

広い川原に車を停めて

きらきら光る、水面を眺めていました。
二人の子も一緒でした。

夫が亡くなった翌年のこと
桐が咲いていたので、ちょうど今頃だったのでしょう

自分のことばかり考えていて、
父親を失くした子どもの気持ちにまで思いが至りませんでした。

/

「石投げて水切る遊び桐の花」 おたま

.

男の子は口数が少ないので詳しくは知りませんが
上の子は仕事のことを、下は学校や進路のことを、
それぞれに抱えていた頃です。

三人になった家族が静かに、川を眺めていました。

午後の光がまぶしく川面に反射し
穏やかなひとときでした。やさしい風が吹いていました。

「きれいやなあ」・・・
「水っていいなあ」・・・   こんな会話を交わしました

・・・・

俳句は「日記」。自分のみほとりを詠みなさい。
と、教えられます。

下手な句であっても、自分の一句で、
あの日、あの時の景色、心情に一瞬にして立ち返ることができます。
やさしい川音。心地よく吹き渡る風。

そうそう、思い出したわ。


悪魔のように子2名がささやいた。
「おたまちゃん。(三途の川)渡るなら今やで」
「今ならお父さんに追いつけるで」
「あんまり年取って行ったら、誰だかわかってもらえないで」

「こんなきれいな川なら渡ってみようかなあ」

おっとっと。踏みとどまった、おたまでした。

もう~。思わず渡りそうになったじゃない。

ま、そんなことも思い出したりなんかしてね。

.

  「夫の忌の近し柘榴の花咲いて」 おたま
 (ツマノキノチカシザクロノハナサイテ

あの日から、ずいぶん時間も経ったけど、
周りの人によくしてもらって、幸せに楽しくやってる。
川を渡るのは、もう少し先にする。

.


| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

ファンレター



結婚って(家庭を持つ事って)

出会いは、たいして問題じゃないかもしれないわね
大事なのは二人でどんな人生を作り上げるかですよね

NHK朝の連続テレビドラマ「ゲゲゲの女房」見て下さってるかしら。
あたくし。全戸チラシ配布でご町内に宣伝したけど、視聴率は17パーセント台ですの。

松下奈緒ちゃん、身長が高いのを気にする娘さんって言う設定だけど、本当に鴨居に頭ぶっつけないかと心配しながら見ています。

お互いあまり知らないのに結婚して、結婚したからには、がんばるって・・・
そんな、時代だったのでしょうか。

バカ息子に見せたいわ

婚活に命を懸けてるって」

本人は言ってるけど、
あなた、選り好み出来るほどのナニじゃないよ。
はずみでいいのよ結婚なんて。大事なのはソコからよ。

おたま、

夫でもない人のパンツ洗うの飽きたわ。

ああ、朝からぶつくさごめんやしておくれやす。

・・・・

 

奈緒ちゃんは「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるの女房なのですが、人気作家への道のりは大変なようです。

今後の展開が見逃せませんよ。

 

・・・・・・・

ファンレター出したことがあるの。
子どものころ。エンピツで書いて・・・・
水木しげるじゃないわよ。石原裕次郎でもなく、長嶋茂雄でもなく、ある、漫画家に。

「週刊マーガレット」のページの端っこに
「○○先生に励ましのお手紙を出そう」って、いつもいつも載ってるんだもの。
「励まさなきゃ!」って思った。12歳のおたま。

そうしたらね・・・・・返事が来ました

いつも東京っ子を読んで下さってありがとう
 あなたのご意見とても参考になりました。
 今は○○や単行本を描いています。
 これからも、応援してください
 という内容だった。

自画像の漫画も描いてあり、メガネをかけてベレー帽をかぶって・・・「漫画家」っていうふうだった。

当時確か20代半ばだった、この方は後に
「サインはV!」「ゆうひが丘の総理大臣」などで超売れっ子作家になられた
望月あきらさんです

 

Photo   Photo_3

 

こんな人に「意見」してたんだ。ゲゲッ

昔っから、「大きなお世話」 焼き。
あの、手紙、どこにいったかしら・・

お返事貰ってとってもうれしかったのに・・・
実家に帰って探そうっと。

 

ひょっとしたら高値がつくかも知れんぞ

ああ、すっかり 汚れてしまった・・・・あたくし
戻れないのね、清らかな少女時代には・・・

 

ゲゲゲの女房から、色んなこと思い出しました

 


 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

悲喜こもごも



母を検査で病院に連れて行くため、実家へ帰りました
84歳が一人で暮らしています。

娘・おたまの顔をみるやいなや、こういいました。

「ひっちゃん(おたまの夫)すっごく元気そうだったよ」

あかん お母ちゃん、いよいよやわ。
しっかりしていると思っていたけど・・・

「元気に死んでたわ。

ますます、おかしい。恐る恐る聞いてみた。

夢を見たとのこと。
それを、先に言わんかいな。難儀なお人やで。

「ガスの元栓、しっかり閉めて、火の用心と戸締り用心。気をつけや」って言ってた。とのこと。

ちゃんとパトロールしてくれてるんだ

・・・・

・・・・・・・・・・

連休で舞い上がった埃を鎮めるように、一日雨が降りました。
母を京都の病院へ連れて行きました。

母は80歳のときペースメーカーを入れました。
この日は年に一度の検診日です。

昔、知り合いの人に見せてもらったペースメーカーは小型お弁当箱みたいだったけど、母のは500円玉より少し大きいくらいのものです。
医学は日進月歩です。世のため人の為に役立つことをしている人がいっぱいいるのね。

母がなんだかゼンマイ仕掛け人形みたいでなんだか悲しくなりました。

いや、嬉しくなりました。そのおかげで元気になったのですから。

いや、やっぱり悲しい・・・何言ってるんだか。

主語は何だ。

「悲喜こもごも」の「こもごも」は「交々」と書くそうです。
これは、一人の人の心の中にうれしい気持ちと悲しい気持ちが起きたときに使う言葉です。
だから、あっちの人が喜んで、こっちの人が悲しんでいることを、「悲喜交々」と使ってはいけません。(以上。金田一京助編纂・国語辞典より)

だから、

鳩山首相は、あっちの人も、こっちの人も喜ぶように考えてください。

それにしても・・・

さっき、「鳩山首相」と打ったはずなのに

鳩や抹消 とか 

鳩山失笑 とか 

に変換される。

悲しい


| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

みんな夢の中



首相の名前、まちがっちった。
気づいた人、ごめんなさい。
気づかなかった人、そのハナシ忘れて。
つーか、

 

もっとしっかり読むようにね
気づいていたけど笑って許してくれた人。ありがとう。

昨日はね、道を訊かれたんだ。
人には親切に、がおたまのモットーさ。
その信号を右に曲がって・・といいながら

左を指差していた。

なーんかもう、間違ってばっかり

ぼ~っと夢見て寝ぼけてるんじゃないよ

・・・・・・

 

で、今日のお話です。

松田美緒が「みんな夢の中」を歌ってた。びっくり。

 

お解りにならないわよね。マイナーな話だもんね。
あたくしね、よく乱暴だって言われます。話のことよ。

 

↓この人と同じ・・・・・・・・・・・・

Rann3_2 じゃないわよ。

ハナシの前後を省略しちゃうのよね。

俳句でもよく「丁寧に」って指導されます。
自分だけが解っていて人に伝わらない。致命的ね

・・・・

松田美緒はポルトガルのファドを歌う若い歌手です
彼女が浜口庫之助の「みんな夢の中」を歌っていました。

恋は短い夢のようなものだけど
  ・・・・・・・・
 身も心もあげてしまったけど 
 何で、惜しかろ どうせ夢だもの

 

うわあ。昭和の香りで卒倒しそうだわ (ポテチン

 

       何?

 

「あげてしまった」?

 

ジェンダーフリー・四十肩は、怒っちゃうよ。
「あげた」も「もらった」も無いでしょう
もちろん性差と役割は当然あるわよ。
でも愛においては人は平等よ

 

この歌が差別的支配構造を生んだのね。
出ていらっしゃい。浜口庫之助!

 

・・・・なんてね。

・・・・・・・・

べつに深く思ってもいないのに張り切っちゃった。

 

それで松田美緒の「これ」はあまり良いと思わない。
もっと、淡々と歌ってもらいたいわ。
いい曲なんだから。
(なんだかんだ言って好きなんだ浜口庫之助)
てへっ。

 

泣かないで、嘆かないで
 消えていった面影も みんな夢の中

   ってか。くーっ・・・・・泣かせるネエ

昨日、今日と動画貼り付けてばっかりで、記事の手を抜いてるんじゃないの。ですって?
そんなの、チャウチャウ(違う違う)そんなわけにゃー
おたま、いついかなる時も、一記事入魂
一意専心・全身火の玉。なのよ。
時々、夢の中だけど。

 

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

夜明けは近い



お天気続きのGWでよかったですね

ありがたいわ。おてんと様。
主婦おたまは大忙しでした。

30000坪の庭の手入れもしなくっちゃ。
ゼラニウムの鉢を植え替えてっと・・・・

 

あれ?   体がよく動くわ

 

やはり鍼治療のおかげかしら・・・
先日は4回目の治療日でした。

「来週は、荒療治で~す」の予告どおり、
メチャンコ。むっちゃ。めっさ。ごっつう  痛かった

「イテテテー」浜村美智子のバナナボートが鳴り出す

「耐えて下さい」 ぴしゃり!

美人鍼灸師は低い声ですごむ。

これは、天罰か
来し方の、己が非道を省みる
確かに危ない橋も渡ってきたぜ。
しかし、おたま、女と子どもには手を出さなかった・・
おてんとさん、あんたに恥ずかしい生き方はしてこなかったはずだぜ。

なーんてことを、薄れゆく意識の中でつぶやく

ええ、耐えて見せますとも
あたし、こう見えて      経産婦だ

本人は大変だった。あれでも。
産む間際に親が
お産は女の勤めです。騒いではいけません
と言ったので、おたま、一声も洩らさなかった。
そして、武家の妻としての役目を果たしたのだった。

夫はおさむらいではない。念のため

それなのに、よってたかって、楽だった楽だったって。
「こんなお産なら、すぐにでも、7・8人は産めるでしょう」と言われた。

5分前に産んだばっかりやっちゅうねん

あれ?何の話だった?

肩・肩・・・四十肩ね。

ひょいと、トイレットペーパーを棚に上げようとして
いてててえ。・・・・・と飛び上がることはあるけど

 

夜明けは近い   と思っている
その暁には 友よ 喜びを分かち合って下さい

友よ この闇の向うには
友よ 輝く明日がある

お急ぎで無い方は聴いて帰ってくださいね
忙しいわねGW明けだもんね・・・失礼しました。

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

鳩は平和のお使いか?

ゆきおちゃん、ゆきおちゃん。
どうするの?みんな心配してるよ。

ううん、大丈夫。
バラク君には

「ウチの人みんな嫌がってるから無理!」

って、言うんだ。で、帰ってもらうの。

えーっ。ゆきおちゃんにそんな勇気があったんだ。
そっかあ。昔から
「常駐なき安保」って言ってたものね
米軍退去の大チャンスを待ってたんだ。
なのに、お坊ちゃんのお人よしなんて、言ったりして・・
ごめんね。

人が良けりゃ首相にはなれないよ。
みんなは「迷走」って思っているけど、こう見えて「策士」なんだよ。
でもね、常駐無き安保の話は封印したことになってるんだから、
ないしょだよ。

それで、JAPANは大丈夫なの?

核不拡散条約のハナシで世界は盛り上がってるのに、
核の傘の下に平和を求めるって、おかしな話だろ?
バラク君だってプラハで非核の演説しただけでノーベル平和賞貰ったわけじゃないって信じてるんだ。

わーい。机上の空論 ばんざーい。
おぼっちゃま、ばんざーい。

イテテテテ。万歳の手が挙がらないよ。
四十肩が痛いよ。

というところで目が覚めた。
季節はずれの綿入れのちゃんちゃんこの上から、かゆいところを掻いているといった、感覚だ。

おたまは、いつも申し上げてる
(聞いてくれる人がいないので独り言だけど)

理念は高く掲げるべきだ。それに向かうのが政治だ。

でも、いたずらにジャンプしたって届かない
石段積み上げて、はしご掛けて・・具体化していかなきゃ。

アレだけの期待を集めて政権交代を果たしたのだもの

しっかり、旗ふってよ。
だんだん、あなたが小さく見えてくる。
鳩じゃなくて、スズメみたいよ。

おたまも、「20歳以上って思われたっていいや」って決死の覚悟で投票場に行ったんだよ。

そこんとこ、よく考えてね。


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

なつかしの博多どんたく

ぼんち お可愛い ねんねしな
 品川女郎衆の 十匁
 十匁の 鉄砲玉 玉屋はおかわり すっぽんぽん

 もうし そこの 床屋さん
 頭を ハイカラさんに 摘んでおくれ
 後ろは短こうて 前長ごうて
 ちょっとでも ベッピンさんが 好くように

今頃、博多どんたくだな・・
おたまの、子どものころと様変わりしているのかなあ

・・・・春はどんたく
学年がひとつあがって少しお姉さんになった嬉しさと
どんたくが結びつく。

 

・・・・夏は山笠
飾り山が町のあちこちに立ち始めたら、夏休みだ。
曳き山は見たことがない。子どもだったからね
 「博多んもんは横道もん。青竹割ってへこばかく」

「へこ」って男性用下着(ふんどし)のことよ。
きゃっ 男らしいわ 

 

・・・・秋は「ほうじょうえ」
楽しかった夏休みが終って、ああーあ。又学校か。
悲しい気分の「箱崎の放生会」

と、いうふうに
子どもにとって移る季節はお祭りと共にあった。

・・・・

どんたくに戻るけど、どんたくの少し前になると町内のあちこちから三味線の音がきこえてきました。畳屋のおじちゃんも、果物屋のおじちゃんも、散髪やのおじちゃんも、どんたくに向けて練習に余念がありません。

どんたくの日は町内の辻つじからこれらのおじちゃんが出てきて自然発生的に連(れん)ができます。子ども達はおしゃもじを打ちながらどこまでも連にくっついて歩きます。

「小さい子は遠くまで行ったら迷子になるよ」と、よく叱られたものです。

博多の町衆は芸事好きの粋もんばっかり。

・・・・

今もこんなどんたくでしょうか。
行政主導の、観光協会お手盛りの、○○カーニバルみたいになっていないでしょうか。心配です。

 

「年々に空地へりゆく祭かな」 久保田万太郎

 

.そうそう、花電車はどうなった?
千代町の専売公社の前の電停で見た、夢のような花電車。
市電はもう、走っとらんっちゃなかろうかね。
どぎゃん、なったっちゃろう・・・

 

ノスタルジーの波に溺れかけているおたまに
ご一報を・・・・

 

 


 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

昭和の日・みどりの日

四十肩やGWに気をとられて
自分が詩人であることをすっかり忘れていたわ。

あたしの好きな本(たくさんの日々・小長谷清実著)の中で
女の子が詩人に尋ねます
「詩人は、詩人は、いつ詩を作るんでしょうか?」

「ほんとうは、詩人はいつも詩を作っているんです」
「そう、いつもです。詩人にとっては、生きていくことがそのまま詩を作ることに通じているんです。だから、たまに紙にとどめるのはいつだってかまわないのです」

あちゃあ~。

生きていくことが詩かあ・・・
締め切り間際にやっつけ仕事をしている自分。

無茶苦茶でござりまするがな
わやくちゃでござりまするがな
花菱アチャコでござりまするがな・・・

今更ながらに反省

俳句は世界で最も短い「詩」といわれます。

古臭いイメージがあるかもしれませんが、そんなことは、にゃいのです。

新しい季語もどんどん生まれています。

例えば「みどりの日」

「きつつきの木をつつく音みどりの日」 

 

Kの音を意識して声に出していただきたいわ。
森の中にいるみたいでしょ(自分で言うか)
森ガール・おたまのこの名句も、国家権力により闇に葬られるのかと心配したよ。法律には勝てない。
でも、「みどりの日」が残ってよかった。

天皇誕生日→昭和の日になったので

「みどりの日」が隙間ふさぎの梱包材料状態。
プチプチ押したら気持ちいい、パッキングの中身みたいなポジションですが残りました。

それで、「昭和の日」という季語も生まれました

 「牛乳瓶触れあう音や昭和の日」 

 

懐かしいもの持ってきて、「昭和の日」とすりゃ、
できるじゃん。
調子こいて作りました。

 

それは、危険思想です

安易な考えに陥ってはなりません Images   

 

GWも、後半。
春が来たのかどうかわかんないうちに、もうすぐ夏

ちょっと、腰をすえて俳句頑張ってみようかな・・・

 

 「指で髪梳いて八十八夜かな」 

 

なんてね、思っています

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

お買いもの漫遊記

GWったって、未亡人のおたまにゃ関係ないもん。
へそで茶でも沸かしておくよ・・

と、いじけていたら
子・2名が神戸プレミアムアウトレットショッピングモール
連れて行ってくれるという。キャッホ(
(そうそう、第2子・明星が帰ってきた)

全米40ヶ所に展開するプレミアムアウトレットの日本上陸は、今から10年前。
現在、全国8ヶ所にあるそうです。
世界の人気ブランドの商品が25%~65%オフで買えるとあって
そりゃもうあなた
あっちこっちから来ておいでやったです。

駐車場には、山口・岡山・四国各県・愛知・岐阜・・・遠くは札幌・釧路のナンバープレートをつけた車でいっぱい。
うちら、神戸ナンバーのほうが少ない。

ここは、
ロサンゼルス市郊外の高級住宅地「バサディナ」をイメージした建物と言うのですが、そんなトコ行ったこともないので、はあそうですか。としか返事の仕様がない。
申し訳ないことです。

ささ、お買い物、お買い物。

母の日だからと連れて来てもらったわけだから大いに期待してよろしいのね

と、申しましても、高級ブランドってよく知らないのです。

でも、COACH は知ってるよ
平凡ちゃん。明星ちゃん。コーチはこっち やでえ。

 

Photo_2 Photo_6   

 

あたしにとってはあいにく、彼らにとっては幸いにも
COACH(コーチ)は入場整理券持って長蛇の列

 

コシノヒロコの店をのぞいたら、可愛いジャンパ-スカートがあった。
「それ、おたまちゃんが着たら、寝袋に入ってるみたいやで」と却下される。

世界に通用する服があたくしに通用しない。
WHY ?  なぜなの 教えて!

モタモタしてたらプレゼントにありつけないよ
で、入った靴屋さんで「これ。これ。これが欲しい」とかわゆい靴を買ってもらいました。

お昼は神戸元町からの出店とか言うドリアの店へ
何処も満員だからお店を選んでいられない。
生ハムのサラダとドイツビール
お会計は母持ちと言ったとたん彼らは何やかやと頼んでいました。

又、コシノヒロコの店をのぞいて(のぞいただけ)
唯一、お気に入りブランドの店でシャツブラウスとベルトをを買いました。

子達は二人であちこち廻っていました。
五歳ちょっとの年齢差は相もかわらず・・・
そういえば、明星は「平凡君のおまけ」と言われながら、どこにでもくっついて遊びにいってたなあ。

兄は明日、友人の結婚式の二次会へ穿いてゆくズボンを探してた
人の結婚式ばっかり出席してはる。

あたくし、この日、すけさん・かくさんを連れた黄門様の気分でした。

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

けったいなM兄ちゃん2


(昨日のつづき)

顔しかとりえの無い、M兄ちゃんだけど
可愛がってもらった。
生まれて初めてペプシコーラをご馳走してもらった。

中学の校門にトラックを横付けして、家まで送ってくれた
(当時ワケアリで京都から大阪へ越境通学をしていた)

エスカレーターの嫁も、よく京都の家へ来ていた。
家庭はうまくいっていたはずなのに・・・

よちよち歩きをしだした赤ん坊をつれて、嫁が逃げた
これで、2回目や。
仕事から帰ると家財道具も嫁も子も消えていた。

M兄ちゃんは追う
兄姉による私設探偵団が結成された(2回目)

嫁は新聞拡張員と逃げていた。やる~
大人の話し合いが持たれ協議離婚。
M兄ちゃん、21歳のことでした。

きす(酒)ひけ きすひけ きす暮れりゃ・・・ちっとは
哀愁があって良いのに、飲めない

で、ふらふらしてたら、女性が集まってくる。
(この辺り詳細にかけないのが辛い)

武器は 見た目だけが取り柄だもん。

それからはMMK(モテテもてて困る)
再婚はしたもののMMK。子どもは出来たがMMK

一度、心斎橋ですれ違った
M兄ちゃんは40代半ばだった。遠くからでも目立った。相変わらず見かけは良いM兄ちゃんだった。連れていた女性はグラマラスで一度目のエスカレーターの嫁に似ていた。ああいうタイプがすきなんだ。

おうっ!おたま!」って言ったけど、あっかんべーをしてやった。

いつまでそんなことしてんねん。

・・・・・・・

とっても不思議なのですが
二度目の奥さんも、子もM兄ちゃんが大好きなのです。あんな無茶な夫や父親許せんと思うのだけど
理解できん。

幾多の女性に、さして恨まれる訳でもなく(本人の弁)
(公認している)孫に囲まれ、
酒は飲めないのに相変わらず周囲に女性、あまた。

  もう飛ぶまいぞ この 蝶々
  昼も夜も休まず 花の心悩ます

  罪作りな 蝶々

清廉や剛直の対極に生きてきた
ただの女たらしのM兄ちゃん。
男子の本懐とは無縁のM兄ちゃん。

ミスター・お気楽とんぼ

しかし、今、彼は昔と違った意味での「いい顔」をしている
なんなんだ。それって・・
あたしの大好きなM兄ちゃん。

 

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

けったいな・M兄ちゃん

けったいな人には事(人)欠かないけど
諸般の事情で書きづらい
素材が優れているだけに惜しい・・

今日はさしさわりの無い、身内話にしておく。

M兄ちゃんは母の末弟。母とは17歳の年齢差がある。
昭和18年生まれの宿命で戦争勝利を祈念した名前を付けられた。
お気の毒様。

又、末っ子のこれも宿命か長兄・次兄が商売を嫌ってサラリーマンになったので
家業を継ぐという、お鉢が廻ってきた。
お気の毒様。

大阪弁で末っ子のことを「おとんぼ」という。
おとんぼのアマエタ(甘えん坊)さんである。
そして気性も極楽トンボである。

ヒツジどしの男は八方美人のお人よし。女難に気をつけなはれ。

M兄ちゃんの唯一の長所は男前。スタイルも良い。
男を見る目の無い女がほれるタイプだ

M兄ちゃん、このニヤケ面と、とことん優しい性格で、おもろい人生を歩むのであります。

採用条件に「容姿端麗」と堂々の掲載をしていた時代
某百貨店・正面入り口、エスカレーター脇に立てるのは「容姿端麗」と決まっていた。

M兄ちゃん、甘いマスクでエスカレーター美女をゲット。
19歳同士でありました。

しかし、都会娘が過酷な商売になじむはずもなく、
出来立てほやほやの赤ん坊連れて逃げた

M兄ちゃん、追いかける。
商売上がったり、
オヤジ(あたしのおじいちゃん)寝込む

兄姉たちで私設探偵団を結成

見つけ出した時は小さなアパートで一家三人が仲良く暮らしていた。

それで、いいじゃないの幸せならば・・・

営々と築き上げてきた商売はあきらめた。
もったいないけど、誰も文句はいえない。

1963年・昭和38年のことでした。

人は人生の岐路を、結局は自分自身で選択して歩んでゆくのであるが、M兄ちゃんに限っては、常に女性に手を取られへらへらと、お気楽についていったようにしか思えない、しっかりものの姪っ子、おたまである。

話はこれから盛り上がりますが、本日はこれにて
べんべん   明日につづく

 

 

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »