« 悲喜こもごも | トップページ | 俳句は日記・川原にて »

2010年5月10日 (月)

ファンレター


baseballbaseball


結婚って(家庭を持つ事って)

出会いは、たいして問題じゃないかもしれないわね
大事なのは二人でどんな人生を作り上げるかですよね

tv

NHK朝の連続テレビドラマ「ゲゲゲの女房」見て下さってるかしら。
おたま。全戸チラシ配布でご町内に宣伝したけど、視聴率は17パーセント台ですの。

松下奈緒ちゃん、身長が高いのを気にする娘さんって言う設定だけど、本当に鴨居に頭ぶっつけないかと心配しながら見ています。

お互いあまり知らないのに結婚して、結婚したからには、がんばるって・・・
そんな、時代だったのでしょうか。

sign05

バカ息子に見せたいわ

婚活に命を懸けてるって」


本人は言ってるけど、
あなた、選り好み出来るほどのナニじゃないよ。
はずみでいいのよ結婚なんて。大事なのはソコからよ。

おたま、

夫でもない人のパンツ洗うの飽きたわ。

ああ、朝からぶつくさごめんやしておくれやす。

・・・・

奈緒ちゃんは「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるの女房なのですが、人気作家への道のりは大変なようです。

今後の展開が見逃せませんよ。

loveletter

・・・・・・・

おたまね、ファンレター出したことがあるの。mailto
子どものころ。エンピツで書いて・・・・
水木しげるじゃないわよ。石原裕次郎でもなく、長嶋茂雄でもなく、ある、漫画家に。

だって、「週刊マーガレット」のページの端っこに
「○○先生に励ましのお手紙を出そう」って、いつもいつも載ってるんだもの。
「励まさなきゃ!」って思った。12歳のおたま。

そうしたらね・・・・・返事が来ましたheart04

いつも東京っ子を読んで下さってありがとう
 あなたのご意見とても参考になりました。
 今は○○や単行本を描いています。
 これからも、応援してください
」 という内容だった。

自画像の漫画も描いてあり、メガネをかけてベレー帽をかぶって・・・「漫画家」っていうふうだった。

当時確か20代半ばだった、この方は後に
「サインはV!」「ゆうひが丘の総理大臣」などで超売れっ子作家になられた
望月あきらさんです

Photo   Photo_3

おたま、こんな人に「意見」してたんだ。ゲゲッ

昔っから、「大きなお世話」 焼きだたのね
あの、手紙、どこにいったかしら・・

お返事貰ってとってもうれしかったのに・・・
実家に帰って探そうっと。

ひょっとしたら高値がつくかも知れんぞ

ああ、すっかり 汚れてしまった・・・・おたまdown
戻れないのね、清らかな少女時代には・・・

ゲゲゲの女房から、色んなこと思い出しました

happy01

     


|

« 悲喜こもごも | トップページ | 俳句は日記・川原にて »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

おたまさん
もう おたまさんてば、おもしろい!!
私昔のことあまり思い出さない人だったのに、おたまさんのおかげで、思い出しちゃったわよ。
昔、ファンレター出しました。作家の、北杜夫さん。目立つように記念切手はって。
返事がきました。こんなものばかり読んでないで、勉強しなさいって書いてありました。友達に、2行づつ分けてあげました。
その後どうなったかしら、あの2行ずつの、便せんのかけら。
ああ、いまはむかし。

投稿: いっこにこ | 2010年5月10日 (月) 11時20分

あぁ~、しそこなったことはファンレターをだしたことなかったことやわぁ~
憧れの君はいろんな分野で仰山いたのにぃー・・・

わての愚弟は彼が20代の頃、吉行淳之介(当時40代後半かしら)に手紙をもらったことがあるんですよ!
あぁ~それなのにその手紙あのばかたれ「どこかにいってしもうたー」っていいよりますねん・・・失望のアサマシイ姉(汗)

今からファンレターを誰彼となく書いてみようかなぁ~・・・なぬっ、「もう恥かかんときや~!」やて~

投稿: ヘルブラウ | 2010年5月10日 (月) 16時57分

baseballおたま、自分で自分のお馬鹿は十分承知しています。
でも、今回は、いっこにこちゃんに負けたわ。完敗です。
二行ずつ切ってどうするのよ。
日本銀行に持っていってもお札と交換してくれないよ。

北杜夫のファンだったのですね。おたまも、好きな人が「白きたおやかな峰」を読んでいたのであわてて読みました。
「幽霊」も最初の文章が好きで繰りかえしよみました。

投稿: おたま | 2010年5月10日 (月) 21時05分

baseballヘルさん。
へえ~。結構、著名人が、手紙くれるのですね。
吉行淳之介・命のおたまの先輩がきいたら、泣いてくやしがると思います。
おたまも勇気を出してキラーカーンに手紙出してみようかな。

投稿: おたま | 2010年5月10日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/34590258

この記事へのトラックバック一覧です: ファンレター:

« 悲喜こもごも | トップページ | 俳句は日記・川原にて »