« 「死」について ② | トップページ | 今夜は新人ピッピさんです »

2010年4月13日 (火)

美女の一刺し



山崎直子宇宙飛行士もこんな気分だったのだろうか
未知への旅立ち  

つーか。

アタクシの、今の心境。どちらかといえば

 

赤穂藩藩主・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)に
近いかもしれない。

朝の湯船につかりながら思う。
もう、好きにしてくれ。覚悟は決めた

 「風さそう花よりもなお・・・」

呑気に辞世の句を詠んでいる場合ではない、

 

・・・

 

身は清めた。
次は白装束だな。え~と、パンツパンツ。
この、イチゴ柄にしておこう。どうせだ。何が?
ああ少し、高揚している
琵琶湖温泉コウヨウパラダイスだ

アタクシ未亡人おたま、本日、初めての鍼治療に行って参りました。

初めては一回こっきりに決まってる。
怖くない怖くない

一から自分の体を作り上げるんだ。
次のオリンピックまでに・・・
自分が日の丸つけて戦う姿を思い描くんだあ・・・

おたまさん。もしもし・・そんな話ではないでしょ。

ただの「四十肩」の治療でしょ。 

あっそっか! ぽりぽり(頭を掻く音)

 

一人大騒ぎをした挙句。到着。
紹介者ムーチョの話どおりやさしく美人の鍼灸師さん
お顔を拝見しただけで治った気分。

よかった。ほっ
これが仕掛人・藤枝梅安みたいなおっちゃんなら
絶対行ってないわ。

きれいな、お方・・・

ちょ、ちょっと待ってよ「1Q84」のソラマメとかえんどう豆とかいった主人公も美女だったっけ・・彼女、スポーツインストラクターやりながら、鍼いっぽんで人を殺してた・・・

ぎゃ~  

時すでに遅し・・・
ニコニコしながら美女が近づいてくる・・・

 

 


 

| |

« 「死」について ② | トップページ | 今夜は新人ピッピさんです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あはは... (失礼)

ごんべ鍼灸だいすきですよ。
あつ、あつ、あっつい...て瞬間に消えるあれって、
クセになります。

投稿: ごんべ | 2010年4月13日 (火) 10時56分

おたまさ~ん
私も読みながら,ヒゲの爺さんが出てくると思ったよ。そうなの?美人の鍼士なのね。そのほうがいいね。
おじいさんの、先生だと
おたまちゃんの美貌にみとれて、手元が狂っちゃうからね。
罪なお方!おたまちゃんって。

投稿: いっこにこ | 2010年4月13日 (火) 20時58分

ごんべさん。鍼灸って効きますか?何回か通うつもりなのですが・・
効いているのかどうか良くわかりません。
なんだか、自分が昆虫採集のトンボの標本のような気がします。

投稿: おたま | 2010年4月14日 (水) 07時29分

いっこにこちゃん。怖いのよ・・どこからか、「必殺仕事人」のテーマ曲が聞こえる気がします。
おたま、一巻の終わりか!
でね、「甘いものとり過ぎ」って言われるんだけど、そんなのがわかるのかしら。
確かに最近、お鍋いっぱいの白玉ぜんざいは食っちゃったけどね。

投稿: おたま | 2010年4月14日 (水) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美女の一刺し:

« 「死」について ② | トップページ | 今夜は新人ピッピさんです »