« と・飛べない! | トップページ | 救世主が現れる »

2010年3月 2日 (火)

歴史を紡ぐということ



トリノオリンピックが閉幕した

スポーツ選手の真摯な姿が美しかった。

だが・・・、目に入る景色に心がつまづく。

 

   「秋近し旗の余白に字を書くな」 池田澄子

何も解っちゃいないなかった。
だから・・社会を変えられると信じていた。
反戦が時代の空気だった。

時代の空気を自分の「考え」と思ったのは
錯覚だったのか思い込みだったのか
何しろ何んにも解っちゃいなかっったので・・

ただ、自分の中のyesとnoだけが
変らずにある。

月日が流れ
トシだけはいっちょ前にとり
なりたくも無い大人になった頃

声高にそれを語るにはばかられる何かがあり
   (それは、自分の中のヒキョーかもしれないし
              いい加減さかも知れないけど)

そして、誰も
何も言わなくなった

もう・・何も思わなくなった

・・・

旗を振って兵隊さんを送り出した人がいた
旗に振られて見送られた人がいた

.

焼き尽くし奪い尽くした地に旗をたてた

・・・・

われわれは
戦争を知らない世代だが
われわれには戦争を知っている大人がいた

そんな、大人の下で大きくなった。

自分が大人になった今、次世代に伝えるものを何も持っていないことに愕然とする。

「立てる旗が無かったので、シャツを脱ぎ、転がっていた○○(中国人の蔑称)の腕でぐりぐりと、真ん中に丸を書きました」
近所のおじさんから直接聞いた話だ。

(ドイツが戦後、真っ先にしたこと。それは旗を変えることであった)

.

くったくなく、旗の余白に檄文を書き込む
「あり」なのかな。それって。

胸に沈殿するドロリとしたものをなだめながら
つぶやく。「あり」なのかな。それって。

・・・

難しいイデオロギーはわからない。

観念ではなく、感覚として、掲句に共鳴する。

 

   「前ヘススメ前ヘススミテ還ラザル」 池田澄子

 

池田澄子 1936年生まれ
父上は中国で戦病死

 


 

| |

« と・飛べない! | トップページ | 救世主が現れる »

俳句」カテゴリの記事

コメント

おたま様!
今日からおたま様と呼ばせていただきます。

今までのブログ記事も大好きでした。
いつも感心ばかりしていました。
でも今回のはそれと別種の感動を呼びました。
うばゆりが常々思っていること。ただ、まとまらず漠然と。
それを端的にとても上手に書かれていたのです。
俳句は分からないと思っていましたが、池田澄子さん(初めて聞く名前です)の俳句には大きく頷きました。短い言葉の中に大きな事が言い表せるのですね。

今日の文に感謝します。

投稿: うばゆり | 2010年3月 2日 (火) 09時54分

おたま様
毎日何度もおじゃましています。
おチャラケた人生を送っている私ですが、今回の記事にとてもとても感動しました。
日本から離れて生活していますと、日本のことがとても気になり、変な国だ!と痛感することが多々あります。でも、どうにもならない。
さしあたって、死ぬまで元気に過ごしたいものです。

投稿: いっこにこ | 2010年3月 2日 (火) 20時04分

うばゆり様(様です)
こちらこそ、読んで下さってありがとうございました。

長い時間、お客商売されていた、90歳の友人が「店での話題にタブーが二つある。それは、政治と宗教だ」と教えてくれました。
この二つは話題にするにはデリケートすぎるのかもしれません。

でも。でも。
おたま、銀座のママじゃないし・・
書きたいこと書くもん。
色々な考えの方がおられるし、色々な考えがあって当然ですもの。色んな考えもお聞きしたいです。
暴走したら、うばゆりさん、体当たりで止めてくださいませね


投稿: おたま | 2010年3月 2日 (火) 20時25分

いっこにこさま 始めまして。コメントありがとうございます。
外国にお住まいなのですね。

おたまは最近、半径100メートル以内で生きているので、とても、不思議な気がします。

記事読んで下さってアリガトウございます。達者でながいき。できるなら心おだやかに。と思うのでありますが、
そうは、問屋のだいこんおろし。

TVを蹴飛ばし、新聞紙を丸めたくなる出来事も多いです。
いたって穏やかな人間なのですが。誰がおたまを、こんな女にしたのでしょう。口惜しゅうございます

投稿: おたま | 2010年3月 2日 (火) 20時44分

おたまさんはボランティア活動もされているのですか、三味線や俳句とお忙しくされているのに偉いです。

私も7年前に福祉のnpo法人を立ち上げ頑張ってきましたがこの4月より任意団体に変更し、新体制で活動を始めようと考えています。

おたまさんの所のTさんを貸して欲しいです。穏やかにそして言うべき時に意見を述べることが出来る人がわがグループにも欲しいです。

投稿: スマイル | 2010年3月 5日 (金) 08時35分

ボランティアというのがおこがましいほどのことですが、できるだけ細く長く続けたいと思っています。
スマイルさんのように運営に携わっていればおたまのように、楽しみながらお気楽にとばかりは参りませんね。
大変でしょうが頑張ってくださいね。
物事はシンプルに何が大事かを考えればいいだけだと思うのですが、難しいことも多いですね。

投稿: おたま | 2010年3月 5日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を紡ぐということ:

« と・飛べない! | トップページ | 救世主が現れる »