« 一緒に遊ぼう。寄っといで | トップページ | 私の彼 »

2010年3月29日 (月)

けったいな人

色んな人に出会ってきて

ホントに楽しい人生でしたあ~~~
(って、まだ終わってへんけど)

 

ありがとう けったいな人たち

 

おたまちゃん。あんたも十分けったいやで~~
やで~やで~やで~(山のこだまの嬉しさよ)

 

そうか、そうか。そうかも知れない

真実けったいなあの人がチョモランマだとしたら
それ以外の人は天保山みたいなものであるが、チョモランマのことは、書けない。

それで、ぎりぎり書ける天保山のWさんをご紹介しよう

 

天保山
標高 4.53m
位置 北緯34度39分29.0364秒
東経135度25分57.6369秒
所在地 大阪府大阪市港区築港3丁目2番
山系 (独立峰)
種類

築山

 


W氏は私の一回り年上。
ということは当時30代前半ということだが20年そこそこしか生きていない自分からみればものすごいおっちゃんに思えた。

若気の至りのやんちゃが過ぎて「非日常」の社会に身をおいていたことがある。出会った頃は、いわゆる堅気。

とにかく可愛がってもらった。

 

(W氏語録より)

「親分がカラスは白いと言ったら白じゃけー」

「極道なんかなるもんと違う。鉄砲玉は鉄砲玉じゃ」

「おたまちゃん、わしなあ、指きりができないんや」

パトカーを見ると突進した。
「どかんかい!こらあ!桜組!」

で、あるときは、こうだった。
「おたまちゃん、馬はええなあ。女につぎ込んでも何も返ってこんけど、馬は恩返ししよる」

その半年後には・・
「おたまちゃん。女はええで。長崎空港で雨に濡れながらワシを待ってるんや」
五分刈りを伸ばし始めた「宝田明みたいやろ」と言ってリーゼントにした。
それって古いし・・・

『おたまちゃんとワシが組んで商売したら「当たる」』
と言って色々提案されたが
「嫁入りマエの娘がすることと違うやろ」という内容だった。
1)おたまが水槽で泳ぐ。すっぽんぽんで。
2)公園で・・・      (書けない)
3)論外

・・・・・・・

結婚を決めかねている時「誰や」と聞かれたので「(ひっちゃん)」というと、一言「あいつは、ええ。」「あいつにしとけ」

 

よく言うよ

 

この、アタクシを、寸でのところで、その筋の人と結婚させようとしていたくせに。
(この話はオモシロすぎるので又の機会に)

・・・・・

結婚式にも出てくれた。夫婦ケンカをすると、すっ飛んできて話も聞かずに「○○が悪い。おたまちゃんにあやまれ」といって、てっちり(ふぐ)を食べに連れて行ってくれた。

よく出来た奥さんも、可愛い子もいたのに、
バ○チで、下手をうって、追われて、消えた。

20年位前に一度だけ電話があり、生国の地方都市で麻雀荘を開いたということだった「嫁に代わるわ」と電話に出たのは、わたしの知っている奥さんではなかった。そのとき、夏みかんか八朔を送ってくれたが住所は書いていなかった。

夫もよく[Wちゃんに逢いたいなあ]と言っていた。

元、「やの字」なのに、甲子園の高校野球の入場行進を見て泣く人だった。

何してんねん。Wちゃん。
おたま、何も恩返ししていない。
あんなに、世話になったのに・・・・

それって、馬以下やんか~~

 

「ひっちゃん、死んじゃったんだよ」って
知らせたいけど、それもできないよ。

 


 

| |

« 一緒に遊ぼう。寄っといで | トップページ | 私の彼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けったいな人:

« 一緒に遊ぼう。寄っといで | トップページ | 私の彼 »