« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

伝説作り方教室

都市伝説・・・それは現代の口承
              素朴且つ、普遍な情報伝達

「講釈師見て来たような嘘をいい」バンバンババン
この、「講釈師」のところに「講談師(好男子)」そう
ご自分の名前を入れてくださいね、おとーさん。
あっ、おかーさんも負けないでね。

では、都市伝説の作り方講座。始めましょう

 ハーイ
心はいつも「ウノメタカノメ」で余生を送っていらっしゃる
中高年の皆さま。おはようございます。

まずは腹筋。大きな声でご唱和お願いしますよ

火の無いところに煙が立つよ

忘れずつけよう「話に尾ひれ」

追求されたらボケたふり・・

・・・・・いい感じでっせ。

例題1

都市伝説といえば「妖怪」ものははずせません。
もう、十年近く前のことおたまの住むエリアで妙な
妖怪話が流れました。

「日傘を差して
   帽子をかぶって
      手袋をはめて
         自転車を押して歩く
             全身白ずくめの
               女子高校生がいる

実はおたまも見かけました、背の高い女の子です
顔はのっぺらぼう・・・・。ではなく、今の流行でいえば
「美しすぎる 妖怪少女」

展開1

ハナシに尾ヒレをつけよう

「ちょっと、奥さまご覧になった?見た?遭遇した?」

「布教活動」の人じゃないの?ウンにゃ、違う、その格好で登校してる。
「UVケアの実践中?」「トーメイ人間?」

先行する真実

彼女はモデルコンテストで優勝して東京に行って
爽健美茶のCMに出ました。

そして、ぬあんと。(ナント→ニャント→ヌアント)
この春からは、NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」の主演
視聴率低迷中なの、絶対おもしろくなるから見てね
妖怪少女は妖怪の生みの親「水木しげる」の妻になるのです

彼女の名は「松下奈緒」さん。

おたまが育てました。って、見かけただけですが。ちゃんと、5・6人には
「けったいな女の子がいるでえ」てハナシ大きくしたもん。
おたまたちが口承しなければ女優になれていないはずさ。

発展1

引き続き大きくしようとしているハナシは

駅前の歯科医院は抜歯にミルキーを使う

あかん?、営業妨害?そ。そうよねえ

ま、とにかくですね

若いもんのように2チャンネルでウワッと広がる
そんな都市伝説は邪道です

口から口への地道な活動。千里の道も一歩から。
これぞTHE 都市伝説

おたまが皆様に期待する所以であります

本日の講座はここまでといたしましょう。
ババンバンバンの張り扇と釈台のレンタル料金は
この壺  に入れてお帰りくださいませ。

其処の人。
後足でおたまに砂をかけないで・・・
張り扇で、叩かないで・・・

このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

私の彼

ちらつく小雪。冷たい北風
昨夜はずいぶん冷え込んだようです。

今朝6時の神戸の気温は1.9℃。
屋根も庭も雪で覆われました

おたまのも今朝はちびっと(少し)ちべたい(冷たい)

ショックだわ。しばたはつみさんの訃報
何はともあれ、おたまの好きな曲「私の彼」
一緒に聞いてくださらない?

悪いけど付き合ってね、それが友情ってものよ

昨日登場したW氏がどこで調達してきたものやら
新婚の我々は思いがけなく「うなり声をあげて走るボコボコの中古車」のオーナーになりました
スズキの360か真っ赤なアルトか
どちらが先だか忘れましたが嬉しかったです。
(3年後には子どもの保育所の送り迎えにとても役に立ってくれました)

いつも、カセットテープから音楽が流れていました

「メモリーズオブユー」という、ABCのラジオ番組から、
スタンダードジャズをいっぱい、録音しました。
(子・平凡のゼロ歳児の脳にはベニー・グッドマンの
クラリネットが刷り込まれています。)

そして、夫もおたまも好きだった
しばたはつみもよく聞きました

                          作詞 なかにし礼 
                                作曲 P.Delanoone.M.Fugain
                                編曲 前田憲男    

背の高さも 歩き方も 背広も
わたしの趣味じゃないけど       
愛しているわ           

車も無い お金も 力もない
いい男でもないけど
愛しているわ  
        

 ・・・・・・

このわたしが そばにいて あげないと
とても駄目な人だから
愛してる

特にこの「私の彼」が好きでした                                          

あきまへん。 おたま・・・・・・・。
鬼の目にも 涙やわ
誰が鬼やねん心なしかキレの悪い突っ込み

しばたはつみさん。享年57歳
「OH ! モーレツ」のCMソングも彼女だったと今回初めて知りました。
もし、そちらで出会ったら
パンチの効いたチャーミングなハスキーボイスを
おたまの(夫)に聴かせてやってくれませんか

ご冥福をお祈りします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

けったいな人

おたまは、色んな人に出会ってきて

ホントに楽しい人生でしたあ~~~
(って、まだ終わってへんけど)

ありがとう けったいな人たち

おたまちゃん。あんたも十分けったいやで~~
やで~やで~やで~(山のこだまの嬉しさよ)

そうか、そうか。そうかも知れない

真実けったいなあの人がチョモランマだとしたら
それ以外の人は天保山みたいなものであるが、チョモランマのことは、書けない。

それで、ぎりぎり書ける天保山のWさんをご紹介しよう

天保山
標高4.53m
位置北緯34度39分29.0364秒
東経135度25分57.6369秒
所在地大阪府大阪市港区築港3丁目2番
山系(独立峰)
種類

築山


W氏はおたまの一回り年上。
ということは当時30代前半ということだが20年そこそこしか生きていないおたまからみればものすごいおっちゃんに思えた。

若気の至りのやんちゃが過ぎて「非日常」の社会に身をおいていたことがある。出会った頃は、いわゆる堅気。

とにかく可愛がってもらった。

(W氏語録より)

「親分がカラスは白いと言ったら白じゃけー」

「極道なんかなるもんと違う。鉄砲玉は鉄砲玉じゃ」

「おたまちゃん、わしなあ、指きりができないんや」

パトカーを見ると突進した。
「どかんかい!こらあ!桜組!」

で、あるときは、こうだった。
「おたまちゃん、馬はええなあ。女につぎ込んでも何も返ってこんけど、馬は恩返ししよる」

その半年後には・・
「おたまちゃん。女はええで。長崎空港で雨に濡れながらワシを待ってるんや」
五分刈りを伸ばし始めた。「宝田明みたいやろ」と言ってリーゼントにした。
それって古いし・・・

『おたまちゃんとワシが組んで商売したら「当たる」』
と言って色々提案されたが
「嫁入りマエの娘がすることと違うやろ」という内容だった。
1)おたまが水槽で泳ぐ。すっぽんぽんで。
2)公園で・・・      (書けない)
3)論外

・・・・・・・

結婚を決めかねている時「誰や」と聞かれたので「(ひっちゃん)」というと、一言「あいつは、ええ。」「あいつにしとけ」

よく言うよ

おたまを、寸でのところで、その筋の人と結婚させようとしていたくせに。
(この話はオモシロすぎるので又の機会に)

・・・・・

結婚式にも出てくれた。夫婦ケンカをすると、すっ飛んできて話も聞かずに「○○が悪い。おたまちゃんにあやまれ」といって、てっちり(ふぐ)を食べに連れて行ってくれた。

よく出来た奥さんも、可愛い子もいたのに、
バ○チで、下手をうって、追われて、消えた。

20年位前に一度だけ電話があり、生国の地方都市で麻雀荘を開いたということだった。「嫁に代わるわ」と電話に出たのは、おたまの知っている奥さんではなかった。そのとき、夏みかんか八朔を送ってくれたが住所は書いていなかった。

夫もよく[Wちゃんに逢いたいなあ]と言っていた。

元、「やの字」なのに、甲子園の高校野球の入場行進を見て泣く人だった。

何してんねん。Wちゃん。
おたま、何も恩返ししていない。
あんなに、世話になったのに・・・・

それって、馬以下やんか~~

「ひっちゃん、死んじゃったんだよ」って
知らせたいけど、それもできないよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

一緒に遊ぼう。寄っといで

お子ちゃまのみなさ~ん
外で遊ぼうよ~

春ですよ~

町には立派な公園がいくつもあります。
Photo 誰もいない
何しろ田舎なので土地は広々とあります。
ところが閑散として、たまに男性が一人でいたりすると
ギョっとしてしまう。

めずらしく、公園で子ども達をみかけました
鬼ごっこのようなことをしていました

公園はボール投げ禁止なのです。
だから、ドッジボールも野球もサッカーもできないのです
何のための公園でしょう

「入れてー」と他の子がやってきました。

おたまが子どものころは「仲間に入れて」というのを
「かたしてー」といいました。
「かたらしてー」とも言いました(博多)

大阪では「ましてー」・・・・「増す」
      「よせてー」・・・「寄せて」

そうそう「まぜてー」とも言います。「混ぜて」です。

で、博多弁の「かたして」「かたさん」「かたしちゃらん」
ですが、漢字ではどうかくのでしょう。

ご存知の方教えてください。是非とも

「子どもは、家にばっかあ、おらんと、かど(外)で遊びんしゃい」
「子どもは遊ぶのが仕事や」

と言われておおきくなりました。
親の教えは守らなければ・・

「○○ちゃん。あそぼー」
未だに言い続けているおたまであります。

002
.

.

誰もいない                                 

でもね

公園の周辺が桜に囲まれるのも、もうすぐです
むふふふふふふふふふふふ~~^~

.

お・おたまちゃん。だ・だいじょうぶですか?


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

どうせ私をだますなら・・・



昨日は句会でした。
部屋へ入ると、いつもと少し雰囲気が違います。

恐る恐る(実はわくわく)
「何かあったのですか?」とたずねてみました。

どうも変な電話があちこちに掛かってきているらしいの。
「むっ!おたま、そんな電話もらってないわ

  Photo_7     Photo_6

胡散臭い→引っ掛け→伝説の詐欺師→名画スティング

胡散臭いと言えば、この映画「スティング」

で、どっち?電話してきたのは?
ポールニューマン?ロバート・レッドフォード?

どうせ私をだますなら・・・そうねえ・・
どちらでも、良くってよ!かかっていらっしゃい!

いえいえ、掛けてきたのはJapaneseのおっちゃん。

「あなたの俳句をS新聞に載せたい・・中略・・・・
ついては24万円を振り込んでいただきたい」

話の最初と最後だけを聞けば「ばっかじゃないの」と
小学生でもわかるけど、
その・・中略・・の部分が泣かせるそうです。

曰く、
あなたの俳句に感動しました。ふるさとを思い出しました。たくさんの人に知ってもらわないともったいない

人の良い、M子さん。つい、ふらふら~と
あかん、あかん、あきまへんで===

それにしても、なんで、おたまに掛かってこないの?
びみょーに さみしい。

はいはい、どうせロクな俳句は作ってませんよ。
逆に24万円巻き上げられると思われているのかしら

残念だわ
ポールかロバートならだまされてあげてもいいのに。


んな・・・・わけないわ 

こんな人の脳内は「悪」がぎっしりなんだ。

2_8 どたま
 かちわって

脳みそ
 ストローで

チューチュー
 吸うたろか!!

    (by 藤田まこと)

って言ってやる。

おたま、いたって、おとなしい人間だけど。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

言葉のウラを読む

おたま、今日だけは「自分で自分のことをほめます」が

ばーか。いつもベタほめしているくせに・・・
「フランス人形みたい」とか「30歳にしか見えない」とか。

い~え。それは世間様の評価であって、
決しておたまみずからが申しているわけでは・・・

じゃかーしー 

ジャカーシー(訳・やかましい)・・・なんてお下劣な言葉。

やっぱり。世間の風って冷たいわね
一言だけでこの仕打ち。

but・しかし
愛する夫はよく言ってくれましたわ。
おたまちゃんには、ウラ・おもてが無い」って。

それって、ウラか表かわからん。
という意味だったのかしら。
低い鼻のついているほうが「おもて」なのに・・・。

・・・・・・

ホンネ文化と言われる関西弁にも「ウラの使い方」があります。

その1・・ かいらし (可愛らしい)
     例) この松茸、かいらしなあ

ひゃあ、こんなんで、よう、松茸の土瓶蒸しってゆうわ。
三つ葉の影に隠れて見逃すところや。

小指の先ほどもないやないの。それに何?この薄さ。
リトマス試験紙かと思うたわ。よういわんわ。

その2・・ 上手(じょうず)
      例) 上手におお(大)きいしてはるねえ

「おかあさん。お菓子お菓子っていう子はあほやなあ。
お菓子ばっかり買うてたら、
お米が買われへんねんなあ。
お米が買われへんかったら、お腹すいたよう、お腹すいたようって死ぬねんなあ。
ボク、お菓子なんかいらんで
ああ、そうや、レジに並んどくから、卵、とってきたらエエわ。今日1パック88円、お一人様、ワンパック限りやろ。今日は並ぶの二回でエエか?」

こんな所帯じみた五歳児に
              いったい誰がしたのだろう


上手に都合よく大きくしたのは・・・おたま誰なのだ

 

このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

魂の営業活動

あれは、バブルのど真ん中
おたま、某情報出版社でアルバイトをしておりました。

時代もイケイケドンドンなら、
その会社も超右肩上がり
「ピンヒールにシャンパン注いで一気飲み」
の現場を見たわけではありませんが
・・・・・・・まあ、日本国中が浮かれていました。

ある時、短期のプロジェクトチームが結成され、
編集部の片隅でうごめいていたおたまに、
あろうことか「テレホン・アポインターのトレーナー」の要請がありました。

(おたまさんおたまさん。3番テーブル、ご指名です)

「三ヶ月だけだから・・・・・」

当時、おたまの座右の銘は「いっとこ!」
恐いものなしの時代の波に漂っておりました

で、はったりと勢いで

もろもろ、
ノウハウを純情なお嬢さんたちに教えました。

そんなわけで、昨日の下着屋さん。
玄人おたまに手を出したのは、うかつだったわね

思えば、この、上腕二頭筋の「四十肩」。
きっと、きっと、テキトー女への
神のお仕置き。甘んじて受けますわ。イテテテエ

・・・・・・・・・・  

ケータイも無く。PCも白黒。
今は、色々便利なものが登場し隔世の感があります。

  

そういえば
ファクシミリというものも我が家に無かったある日のこと

電話に出た長男が受話器を押さえていいました。
「いたずら電話や・・・」「誰か笛ふいてる・・」

多分、間違ってファックス通信が掛かってきたのです
言うやいなや自分のたて笛をもってきて受話器に向かい

ぴ~~~ ぴ~~~

「・・・・これで、どうや!」

その後しばらく、営業の電話には「笛で応戦」する
お馬鹿な、我が家でございました。

この頃の少年少女も今や立派な社会人
願わくば、失礼千万な電話営業などなさらず
地べたを這いつくばって、大阪あきんどの根性を見せていただきたい。

てなことをテキトーに思う、おたまであります

このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

ワケがワカランのはどっちだ

おたま、草抜きをしておりました。
「この草は引き抜きにくい草だ」とつぶやきながら・・

其処へ電話。  りりりんりん

大急ぎで泥んこの手をパタパタと払い
立ち上がろうとしたら、膝に痛みが走り

それにもめげず、エプロンの端っこで手を拭い、
突っかけていたサンダルを蹴飛ばし

部屋に入ろうとしたとき,掃きだし口でイヤというほど
むこうずねを打ちつけ、
涙目になりながら・・・・・・・・それでも電話に突進

もしかして、ぺ・ヨンジュン氏かも知れない
たしかに、冬ソナ撮影現場見学会で負傷してはいない。
いない・・・が、ヨン様のことだ、「家族の皆様」の一員であるおたまを心配しないわけがない。

親指と人差し指で受話器をつまみ、何事も無かったかのようにメチャンコ可愛い声を出した。

「はい。おたまの家でございます・・」

・・・・・

「あっ。奥様でいらっしゃいますか?」(なーんだ。女性)
「タイケーで何かお悩みはございませんか」

タイケーって何ざんしょ?
それに知り合って20秒しか経っていない人に、悩みを打ち明けるほど大きな器でもない。申し訳ない。

「ぽっこりお腹をすっきりシェイプ。気になるお肉をしっかりキャッチ。今よみがえるウェストのくびれ、しかもらくちん付け心地」

そんな甘言に惑わされる、純情も持ち合わせていない

・・・・  ・・・・ ・・・・

ここで、会ったが100年目。先ほどのすべって転んでの恨み晴らしましょう。

今日はひまや 「あんた、逃がさへんで!」

・・・・会話・・・中略・・商品説明&ご提案

「それでですね、奥さま。広がりがちな胸をしっかり支えて美しく、ふわっと盛り上げボリュームアップ・・」

・・・・会話・・中略・・たっぷり説明続く・・

機は熟した。

「じゃあ、母が戻りましたら伝えておきます。わたくし、高校生ですので、お話がよくわからなくてごめんなさい。・・・もしもし・・」

切りやがった。 お切りになった。

コラ!マテ~

このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

彼岸参り

我が家は「長男」なので、お仏壇も墓もあります。
おたま、「長男のヨメ」なんです

舅が亡くなり、姑が我が家に同居するに当たり大阪にあった墓を舅の弟に譲り、コチラへ分骨移転をしました。

おばあちゃん(姑)の覚悟の程が伺えます。当時60歳。
18年間一緒に暮らしました。

墓から我が家が見えます。
逆に言えば一つの谷を隔てて反対の山の斜面に墓がみえるのです。

天体望遠鏡で墓の文字が読み取れました。
今は建物が増えて見えなくなりました。

車で15分です。よくぞここに移転してくれたものです。

・・・

お彼岸にはよく
おばあちゃんがぼた餅を作ってくれました。

「半殺しにしようか?皆殺しにしようか?」

おたまは、「半殺し」が好きです。

半殺しは粒あん。皆殺しはこしあんです。

Photo

俳句では春は「彼岸」。秋は「」と分けます。
牡丹の頃で、「ボタもち」。萩の頃で「おはぎ
楽しいですね。

・・・

時々、誰かがお参りしてくれているようです。
墓前にタバコのフィルターだけが残っています

夫の友人は皆、お線香じゃなくて煙草なのです。
しあわせな人だとつくづく思います。

.

 「墓石と小さく乾杯入り彼岸」 おたま

.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

リハビリは歌に乗せて



あいも変らぬ5040肩に苦しむ日々が続いております。

病む腕折れよと 明け暮れムチとぶ
 悲しや我等は   鎖につながれ・・  
    

く・くらい・・・こんなに暗い歌があるだろうか・・
この歌をおたまは、毎朝8時に歌う

四十肩・アイロン体操をしながら・・・

神よ。
   なぜにかような試練を、
        おたまに与え給うた

(アイロン体操)
片手をテーブルにのせ痛いほうの手にアイロンを持つ。
(ダンベルやペットボトルでもいいらしいが、「アイロン体操」なのに、それはアイロンに対して失礼な話だ。おたまはこう見えても礼節は重んじる)
そして、振り子のようにアイロンを振る。イテテテ

姿勢は前かがみ。床をみつめて、
おたまは、歌う。

ひーとをころーした わーけじゃない
     もーのをぬすんだ  おぼえもなーい

イテテテ

ああ、そうだ。
you tube で探してみよーっと。

お目当てのイブ・モンタンの「囚人の歌」を探し当てられなかった。

しかし、こんなのがありました。

た・・・たのしそう・・
皆さん幸せそうに。「焼き魚定食」のお品書きの元
歌っていらっしゃる・・・

涙ですがる 母を足蹴~に  って。

しかも、アップテンポだ。ご陽気だ。
ハモった者勝ちの高音部。ええ感じや。

新手の宗教儀式のようにも見える
ああ、人間っていいなあ。
中高年。その善なるものよ! おたま、食い入る。


町や酒場に 幸せはない
楽しみばかり 求むるではない
だか若い日は 自由にあこがれ
(つばさ)のぞまず 生きられようか

しかし

こんなに楽しげな歌だったっけ。
アイロン体操のテーマソング、考え直してみよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

捨てちゃえ、捨てちゃえ



人からみれば何の価値もないが、
自分にとっては大切なものがある。
ひよこっとしたら。イヤ、ひょっとしたら、時の流れを経て歴史的・文化的な意味を持つことがあるかもしれない

しかし、どう考えても、&一万歩譲っても

「そら、ないわ。奥さん」

というモロモロを、溜め込んでいるところの、ココで言う
「奥さん」
は誰あろう、このおたまです

だれかの葬式に参列するたびに「整理・処分」と思うけど、そう思うのは2.3日だけ。

・・・・・

「おたまちゃんち、いつもスッキリ片付いてるやん」
と言ってもらうが、そりゃ違う

「いつもスッキリ片寄せている」のが正解です

それでは、財宝の一部をご紹介いたしましょう
ご案内は故宮博物館専属学芸員ステラ・レーンさんです

一円札

小学校2年の時、教会の神父様にもらったロザリオ

次男。初めての散髪の「髪の毛」

ふくちゃん(故。愛犬)の首輪

カワイイお母さんという題のついたいびつな丸の絵

「今後、して良いことと悪いことを良く考えて行動します」という反省文3枚

   
「父母より」と書いてある祝儀袋


出てくる出てくる・・  要、処分品。

あんたにゃ、楽しませてもらったよ。明星君。

新婚旅行から帰ってきたら、義父母が新居の留守番をしてくれていた。
小さなお流しの下に、米・味噌・調味料一式がそろえてあった。
大好きな、おじいちゃん(義父)が「がんばりや」と言って
渡してくれた。

ああ。やっぱり・・捨てられんわ トホホ   


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

おかげさまで六ヶ月



おかげさまで、ブログ開始から6ヶ月がたちました。

こころざし無く、主張なく、お役に立てる情報も無い
こんな、おたまのブログに

足しげく通ってくださる どこかのあなた
そんなつもりじゃなかったのに hit してしまったあなた
「未亡人」というだけでノコノコやってきたあなた

皆様 どうも ありがとうございます

.

.

おたま、なんとか、続けております。
つーか。この一ヶ月は「毎日更新」をめざし・・
偉業を達成させていただきました。イェイ

.

僕には、言い訳などない!! 

かの、吉田松陰先生も言っておられます。
おたま、マエへススムのみでございます。

そんな、舌の根も乾かぬうちではございますが

これから、しばらく、とびとびに休みながらの更新といたしませう。
だって・・・  ←さっそく、言い訳。

春がきたのですもの・・奈良の若草山が
              城崎温泉が有馬温泉が
              能勢妙見山ケーブルカーが

こう言いながら、おたまを待っています。

.

「ぷれじでんとっちう人にも
        会うてみたいぜよ!」

ハイハイ、よろしくってよ

誰が大灯籠やねん

と、いうことで、おたまブログ、六ヶ月。
皆様の「毒にも薬にもならぬ常備薬」として、望むべくも無いクオリティの向上をめざし邁進してまいります。
今後ともよろしくお引き立てくださいますようおねだり 
おねがい申しあげます。なーんてね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

まあまあ、押さえて押さえて

実家へ行ったついでに、というかそれが主目的だった
地元の友達べべちゃんと、お昼御飯を食べました。
農家レストラン(へ~!)に予約をしてくれていました。


彼女の車でレッツラゴー(死語辞典389ページ)
未だに、マニュアル車でごさいます。
3年前にやっと、オートマ車に切り替わったおたま、
それがいかに、ラクチンで簡単かを力説するあまり
「手放し運転できるんやで」と口走りました。
あかんがな。

彼女は18歳で免許を取り、グリーンのホンダN360に乗っていました。
まだ女の子のドライバーが珍しかった頃で、よく、 若い男子が車を煽ってきました。気の短い彼女は車をキーッと停め、降りていって窓ガラスをノックし

「兄ちゃん、話があるんなら、聞くで」

.

皆さん退散なさいました
気の弱い、おとなしい、可愛いだけのおたまは助手席で
震えていましたの(いや。ほんま)

アレから、ウン十年。
誰にも相手にされず 妨害を受けず無事目的地に到着。

004_convert_20100318125538     005_convert_20100318130550 
あのう・・これ土筆ですよね。何の変哲も無いところの。
コ。コレをどうしろと?
袴を自分で取って天麩羅コーナーで揚げて貰うのさ

・・・・・・・・(面倒くさい)

コ・コノ桜。食べられますの?
いえ、よろしかったら、お持ち帰り下さい。

・・・・・・・(食えないんや)

私達とことん野趣とか風流が味わえない人種らしい

.

それにしても「農家レストラン」
牛はモーモー やぎはメーメー うるさいっ

.

べべちゃんが言った
「あんた達、話があるんなら、聞くで」

久しぶりやわ、そのセリフ。
男子が牛に変ってるけど・・・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

母をたずねて・・・

あたしって、そんなにイケナイ子かしら・・
「あんたの車にゃ殺されかけたよ」っておばさんには泣かれるし
ただ、お寿司が好きなだけなのに
「クロマグロをごっそり巻き網漁法で持っていく、この欲張りめ!」
ってののしられるし。

この前なんか、シーだかシェパードだかって人に
ひどい目にあわされたのよ。

スリッパの裏で叩かれるゴキブリのような気分だったわ。

お母ちゃんに聞いてくるわ・・・
あたしって・・そんなにイケナイ子か。

てなわけで。

  

車で2時間の実家へ行ってきました
孝行娘、孝行息子さんは考えられないと思うけど、
おたま、3ヶ月に一度くらいしか行かない。
「あの人、達者だから・・・」

とはいうものの

84歳、一人暮らしだからねえ・・も少し頻繁に行こうかと
不肖の娘は殊勝に考えてはいるのです。

で、お土産は、食料品モロモロと漢字ドリルとリリアン

リリアンと言っても
京橋はエエとこだっせ・・いや~かなわんわ
リリアンとちがいまっせ(地域限定ネタでした)

Imagescaivhx0y 懐かしのリリアン

昔は木製でしたね。お母ちゃん,喰いつきました。

3時に入浴。5時半に夕食。8時に就寝。
というのが母のシーズンオフのリズムです。

プロ野球が始まると月曜日(移動日)以外はこうも行かず。
就寝時間のずれは仕方ないとしても、血圧の安定は
阪神タイガースの甲斐性いかんにかかっています。
たのんまっせ。真弓はん。

長生きをするということは、多くの人を見送ることです。母も知らぬ間にご町内の長老ベスト5くらいになっちゃいました。

偶然、ベスト4のおばさんに出会いました。お元気そうでニコニコおしゃべりをしたあと、「M子ちゃん(母のこと)。この方どなた?」とのたまひける。

母が「おたまですがな・・」というと、
「ああ、おたまちゃん、おたまちゃん。あんたに会いたいなあって思ってたんやで」
・・・・ホンマカイナさっきから、会うてるがな。

でも、オバサン。嬉しいことをいってくれる。

会いたいなあって思っていた・・なんてね。言葉は人の心をあたたかくしてくれるのね。おたまも見習わなければと思いました。

で、あたいが、イケナイ子かどうかという答えはまだでていません。

高級車プリウスにも最高級トロにも、ご縁がないのに
悩むこたあ、無いわな・・・

このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

ニククッテ言うのじゃないが



久しぶりに匿名希望さんからコメントをもらった。
ブログを読んでいて、あまりのあほらしさに噴飯し
食べていた肉まんを喉に詰め、死にかけたとのこと。

ちっ!もう少しで完全犯罪が成功するところ 
あわや殺人鬼になるところだった。胸をなでおろした。

この方どうも関東の方のようだ。
だって、こちらは肉まんじゃなくて「豚まん」って言うもの。
後、判明しているのは「老眼」ってこと。

おたまブログ開設直後
「傷のつかない100均のおたま」という検索ワードで
熱心に遊びにこられる方があった。それがこの匿名さんではないかと密かに思っているが・・・わからない。

こういう風にブログって見知らぬ人と、いつしかつながる
で、100均おたまを欲しかった人がこんなところにhitして
死にかけた    もうしわけない。

 そして、先ほどの「肉まん」であるが

関西では「肉」といえば「牛肉」のことを指す
豚肉は「肉」とは言わない。「ブタ」というそのまんまや

「よしこちゃん、お肉買うてきて・・」といえば
(今日はおとーさんの給料日やさかい、すき焼きにしよか、うん、400でええわ。赤みのキレイなとこな。ああ、竹○の肉屋はあかんで、あそこ代替わりしはってから、えらい肉が悪うなったわ。あのシンゴ(信号)の先に出来てるやろ
内藤の肉屋。あそこがエエわ。大将えらい男前やし。ないとう肉屋のナイトってか、アハハ。うまいこと言うやろ。おかあちゃん)

という、意味を含む。
ちなみに、400というのは400グラムのこと。400円ではない。

ガチャピン(近所のともだち)は東京人を装った広島県人だが「肉じゃが」に豚肉をつかう。
おたまが「それって、肉じゃがとちがうやん。ブタじゃがやんか」と食ってかかるのだが、意に返さない。
「今日は肉じゃがにしようかしら・・・」なんて平気で言う

.

何度言っても言うことを聞かないので、
「頑固な人はボケやすいんやで」といってやった。
ニコニコしながら「そうそう」とうなずいている。
おたまが自分のことを言っていると思っているらしい。

話にならん!

.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

云われれば、そうだな。

俳句に比喩や擬人法を使うのは難しいといわれます。
とくに「写生」を指導されている初心者おたまには、とうてい使いこなすことはできません。

摩天楼より新緑がパセリほど」 鷹羽狩行

鷹羽狩行(たかはしゅぎょう)といえば先ずこの句が挙げられるという名句です。エンパイアステートビルからセントラルパークを見下ろしたのでしょうか。

   Imagescaxxcf4w パセリ

あっ。場所は何処でもいいのです。読む人が勝手に想像していいんです。

マンハッタンと、おたまは思っている
モダンでっしゃろ。

(俳句といえば、社寺仏閣や蛙の飛び込む池ばかりで作られるわけではありません。)

この句のすごさは、無機と有機、すなはち、人工(ビル)と自然(樹木)。垂直(ビル)と水平(公園)の組み合わせ等といわれますが。それも勝手に思っていいのです。

「高いところから下をぞいたら公園の木がまるでパセリのようだった」作者はそれだけを言っているに過ぎません。

後は読む人が目のくらむような高さや、
           広大な公園の広がりや、
      小さな点のような木や、
         宝石のように光る緑や、
           風や音や温度や湿気や
 匂い(
もしかしたら部屋にコーヒーの香りが漂っていたかもしれません
を勝手に感じればよいとおもうのです。

灰色の空、灰色のビルディング。
モノクロのずっとずっと先にある新緑の「点」
見下ろしていたと思っていたけど、もしかしたら見上げていたのかしら。私は空中に浮かんで・・・

・・・・

たった十七文字の中で、五感全てを感じられる
読む人が好きなように読める・・俳句は妄想癖のおたまに合った文芸です。

読むのはいいのだけど
となると・・・詩的センスの欠如はいかんともしがたく・・・苦しんでおります。

・・・

パセリかあ・・・ポエムやなあ。

そういえば、ウチの偉大なる長兄・ミスター平凡氏も詩心のある子どもでした。まだ、3歳にもなっていなかったと思うある日、保育所の帰りにスーパーで買い物をしていたときのことです。

彼はナスビの前で立ち止まり、後ずさりをし、叫びました。

.

かーちゃん。オットセイや !!」

Imagescangwciq


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

全国ツアー



実は「世界ビックリショー」に出演できるくらいなのに
自分にとってはフツーのことなので、あえて世間に公表していない

ってな、特技や技能の持ち主は多いはずだ。

おたまは、そんな埋もれた人材を発掘しチームをつくり
キャラバン隊を編成して全国を廻るのが夢だ。

興行が成功し、おたま、ひだりうちわ・・いや,横になって、ひじ枕で、長いキセルで刻みをふかす
これじゃ、ちょっと、石川五右衛門みたいだな。せめて、マタハリくらいには見られたいもんだな。

しかし、ひじ枕はいいな。
首には札びらでこさえたレイをかけるゾ。

なんて、素敵な話だ

昔、小学校に、ときどき人形劇団がやってきた。
そして、トラックで帰って行った。
嬉しくて、悲しかった。         あの楽しげな
お兄さんやお姉さんは何処に行っちゃったのだろう。

話をもどす。

もちろん興行主、マネージャーはおたま。

おたまとて、芸の出し惜しみはしない。
背中で合掌できる。(今は四十肩だから休ませて欲しい)
そのかわり、炭鉱節をさかさまから歌える

子、平凡は足指の関節をボキボキ鳴らせる

ああ、こんな時(夫)が居てくれたらなあ・・
彼は乳首舐め ができた。

誰のものでもない、自分の乳首をぺろりと舐めるのだ

惜しい

ところがナントこの技。「ボクできるで
子、明星がいとも簡単にやってのけたのだ・・・・どうだ!

さすが、忘れ形見。

もう、我が家だけでも役者が三人揃っている。

・・・

右の黒目を真ん中に移動させ、次に左の黒目を真ん中から左に移動させる、森○さん。

口の中でさくらんぼのひも結びをする、しげちゃん。

あごがはずせる、トメちゃん。

居るだけでおかしい、Sさん。

.

みーんな誘おう  

「おたま劇団」があなたの町へ行くかもしれない。
今からビビらせるわけではないが・・・すごいよ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

君のひとみは・・・



ほら、ほら・・アレ何だったっけ。アレよ・・アレ
代名詞を多用するようになると、世も人も末ね。

え~と

ヘンゼルはグレーテルの兄ちゃんで・・・
ヘーゲルは哲学者・・
エンゼルは・・・森永ミルクキャラメルで・・
エンゲル係数は・・・高けりゃつらい・・
                                      もうっわからん

ああ、思い出したメンデルだったわ

皆様も中学校でさぞや、しっかりお勉強なさったことでせう。
えんどう豆の種子のまん丸としわくちゃが結婚したら、
どーなるこーなるという遺伝の法則

今、そのことについて深く思索しております。

と、申しますのも、店先にザルに一盛、350円で出ていたからからでございます。鹿児島産のえんどう豆。もう、春なのだわ・・

実はおたまは、とても可愛い&ラブリー
二重まぶたです
例えていうならフランス人形のような?
というか宮沢りえちゃんにそっくり?というか・・・・
(言ってるのは、おたま自身ですけど。なにか文句ある?)

その上つぶらな瞳の中にお星様がとんでいます。
(頭の中にも飛んでる?大きなお世話だよ!)

夫は一重まぶたで、子×はくっきりした「ひとえ」です

すなはち、おたまの(自称)「カワイイ系」は誰も引き継がなかったのです。
メンデルさん。これ、どーゆー事?

・・・・・

まだ、結婚を決める前でした。
(その後夫になる)のがおたまに言いました

「おたまちゃん。ゆっくり、目を閉じてみて・・・」

・・・・・・

すわっ!乙女のピンチかしら!
むふふ。よいではないか」
「あれ~何をなさいますお代官様」・・・
                             以上、妄想

うふっ。

で、根が素直なおたま、目をつぶりましたの。
(唇をタコのように突き出して

予想は見事にはずれ彼は言った。
「目、開けてみて・・・」  「ん?」

さらに、言った。
「閉じてみて・・・」  「ん???」

そして、言った。
「開けてみて・・・」  「な。何ですの。いったい」

彼は深くうなづき、こう言った。

.

「二重まぶたって、
      ニワトリみたいやな。」

.

そしてニワトリを嫁にしたのであります。

シ・失敬な !


.


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

吉野の桜

先日、句会の席に手の中に入るほど小さくて四角い缶が廻ってきた。
美しい絵柄の上に「チャリン募金」という紙が貼ってある

これは、近年とみに元気をなくし危機的状態にある「吉野の桜」を守ろうという俳人仲間の活動の一環である

俳句を作る人にとって「桜」ほど魅力的な材料はない。
「初花(初桜)」に始まり「桜蘂(さくらしべ)降る」までの間にどれだけの美しく豊かな季語があるだろう。

朝桜・夕桜・桜月夜・花明かり・花の陰・遅桜・花吹雪
花曇・花屑・花埃・花筏・残花・・・・

人は桜に人生を重ねる。
生を讃え死を思い、酒を酌みかわす。

オヤジ酔っぱらい、小皿叩いてちゃんちきおけさ・・・
課長さん。ネクタイはちまき、タコ踊り。
それもよかろう。生きてる証拠や。

もう、何年も前、俳句の吟行で吉野へ行った。
行き当たりばったりで貸してもらった民宿の裏庭が思いも寄らぬ絶景のポイントだった。
谷からふきあげる花吹雪。
花の錦の遠景。
頭上に咲き満ちる花の下にござ(花莚・はなむしろ)を敷いてもらい句会をした。

吉野吉野とたずねてみればヨー 
        吉野千本サー花盛りヨー
(吉野木挽唄)

都会の公園や大通り。街路樹として「これでもか!」と咲く桜には魅力を感じない。

もう、あんた、おなか一杯やねん。キムタク)って感じ
確かに19歳の彼は美しかった。でも、おなかポンポンや。美しすぎるんだよこれ見よがしに。
(キムタク・オレ様。おたま何様?)

で、わざわざ、自然の中に桜を探しに行く
エドヒガンの可憐さ。山桜の淡淡しさ・・・・

「これはこれはとばかり花の吉野山」 貞室

花=桜ではありません。
この事は、おたま、このナイスバディー(ハイハイそうですね)に賭して申し上げる
植物としての「桜」では表現しきれないもの、例えば「華やかさ」。「花」としか言いようの無いものに対して「花」というのです。

このことを知らずして「花っちゅうたら桜やで」ってなことをおっしゃったら、バケツを持って廊下に立ってもらうよ。
ええいっそれでは足りぬ。運動場三周や

熱くなり失礼しました(センセの受け売りなのに)
                                    ペコリ

吉野の山は未来へ引き継ぐべき遺産です。                                

吉野にお返ししなくっちゃ。
ちゃりん とワンコインを入れました。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

決まり切った話



昨日は切羽詰って、宝塚にある中山寺へ行きました。

切羽詰ったのは、(毎度おなじみ)俳句です。
この、お寺の梅林を見にいきました。

確かなてごたえを握り締め観音様アリガトさんとお礼を申し上げて帰ってまいりました。

やれば出来るゾ。
十万馬力だ。
イェイ

中山寺のご本尊は十一面観音菩薩、西国33箇所札所でもあります。

安産祈願のお寺として名高く、全国から「腹帯」をいただきに来られます。又、お礼参りには新品の腹帯を納めます。

・・・・・

おたまも大昔、腹帯を授けてもらいました。
おじいちゃん。おばあちゃん(義父母)。夫と一緒に。

みんなの嬉しそうな顔が忘れられません
輝ける期待の星として生まれたのがアレカレです。

産気づいた時に飲む、御守りの丸薬をもらいましたが
いざっ!というとき
コーフンした(夫)が飲んでしまいました。

産むのはワテや。

でも安産だったので効き目はあったようです。ナンデヤネン

次男の時も同じように帯とお薬をいただきました。
この時は間違えずにおたまが飲みました。安産でした
犬のようなお産だと・・・ハイ。喜ばしい限りです。

・・・

その後、中山寺には何回も夫と梅を見に行きました。

「梅とおたまとどっちが綺麗?」と聞くと「そんなの。決まってる」といいました。

「この地球上に、沢口靖子とおたましか女性が居ないとしたらどっちを選ぶ?」と聞いたら「そんなの。決まってる」といいました

Images   VS    Otama

空耳か「沢口靖子・・・」と聞こえました。

未だに納得がいかないので、アレカレ(平凡)に言うと

.

「おたまちゃん、もうエエやんか。お父さんは沢口靖子とは結婚しなかったんやから・・・。
   結局、おたまちゃんの勝ちや
 

「ヤッターッ!」 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

悲惨な出来事



人生、どこに大きな落とし穴が待ち受けているか
わかりゃしない。

「油断大敵」

ぼーっとしてたらエライ目にあいまっせ

と別におたまがえらそうに言っているわけじゃない。

出典は「大般涅槃経」。そ。大乗仏教の教えです
お釈迦サマのおっしゃることは、
聞いておいたほうがよさそうです。

その ひ○みちゃんの場合

電車で化粧なんて私の美学からすると銀河系の彼方だわ。
10分早く起きればすむことじゃん。
う~ん。今日もナチュラルメイクの厚化粧がばっちりきまったわ。
お気に入りのブーツをはいて、コートは「白」で、決めちゃったりして。  
 お母さん。行ってまいりまーす。

職場に到着。 ・・・・・・ロッカールームで気がついた

      ス・スカート  はいてない  

彼女のオフィスは制服がない。
かしこい、ひ○みちゃんのことだから「なんとか」したとは思うけどね。

その 松○さんの奥さまの場合

これも、妻のツトメってやつね。
面倒臭いったらありゃしない。
でも、まっ、家に居られるよりましか・・定年後もこうやって仕事に行ってくれるのだから・・・
駅までの送迎くらいで、文句は言ってらんないわね。
あなたあ。時間ですよお。先にエンジンかけておきますよ。
(ホントに年々、モタモタしてきたわね、あの人も)


夫を駅に配達 送り届けた帰り道
ハーイ。そこの赤い車、止まりなさーい。
きぇ~。なんで、こんな早朝にスピードの取り締まりやる?

みると、よその奥さま方も軒並みに、お捕まり遊ばしている
パイプ椅子に座り、テーブルに向かって書類作成中だ。

「はい、車から降りて・・」・・・そのとき気がついた。

       パジャマにカーディガン姿 

.

松○さんの奥さまの話だとパジャマのかた他にもいらっしゃったとか
油断なさっていたのね

もう、お気の毒で・・・お気の毒で・・・
なぐさめの言葉もでない。

ケース話は、まだまだあるけど・・・・・・

もう、ええか?


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

先人に学ぶ



おたまは見た目28歳だけど実は結構トシを喰ってる。

知ってる あっそう。

だから、たくさんの人と出会ってきた。
それもけったいな人たちと・・・。
(向うもコチラをそう思っていた)

ま、それは置いといて

今日は達者で長生きをもくろむ皆様のために
お三味線の姐弟子であるTさんをご紹介します。
オントシ90歳でーす。パチパチ

感心するのは、食事の支度を自分でされることです。
あれが食べたいって思ったら、すぐにお買い物に(バスに乗って)行くの」

朝は、コーヒーとトーストと卵
昼は、フルーツのみ
夜は、最低5品(手作り)のお菜とグラス一杯のおビールと御飯は少し。
好物はステーキ、ポークチャップ、うなぎ。
肉食女子であります。

テーブルの上に綺麗なマットを敷いて、箸置もちゃんと出してセッティング。
ゆっくり時間をかけて召し上がるそうです。

やはり元気の源は「食事」 なのですね。

次に、「闘争心」・・コレ大事。

二世帯住宅、玄関・風呂・台所全て別。
嫁は天敵。

死んだら化けてでる」と公言なさっています。
頼もしい限りです。

Tさんは元映画女優。
同業者と結婚し一子をもうけるも離婚。親の協力を得、お水の花道で生計を立て子を育て上げる。60歳でクラブのママを勇退。

女優になる前は上海で「不良少女」でした(ご本人の弁)
だから、ハイカラで、台所を「ケチン」kitchen。お寝間を直す事を「ベッメイキン」bed making。と。おっしゃいます。

華やかな映画や夜の世界の話を伺うのはおもしろい。
出世するホステスさんの見分け方、採用基準。
山本富士子VS京マチ子の映画「夜の蝶」の世界とか。

え~と。「食事」。「闘争心」までお話しましたね。
最後は「色気」です。

「あたしもねえ。そりゃあ、いたずらしてきたわよ」

この場合の「いたずらは」おたまのする「いたずら」とは訳がちがう。
こうおっしゃる時のTさん。ほんとにナカナカです。

今から病院なのあそこのセンセ。ちょいといい男よ」
おんとし90歳。参りました。

おたまもTさんを見習って、まずは「食事」
テーブルセッティングだな。そうだ、キャンドルを灯そう

キャンドル。キャンドル・・・無い

仏壇のローソクで
    間に合わせておくかっ!

        


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

この大空に翼ひろげ



ひょっとして・・

と書き出して・・この「ひょっと」って何だろうと気になった
こんな時は愚愚弄
最近。春駒(パソコン)は働き者だ

同じような疑問を持つヒマな人がいて。
それに、これまた回答する人がいる。

ああ、この世はなんと善意に満ち溢れているのだろう

軽いめまいを覚える

で、回答:ひょっとの「ひょ」は・・・・・

ぴよこひょこひょこの「ひょ」と同じではないだろうか・・・

ドタッ!

立ち上がるんだおたま!

・・・・

・・・・・・・

つまらん前置きが長くなった。
といって、これからつまる話をするわけでもない。
どうぞ足を崩してお楽になさって下さい。

ひょっとして、前から読んで下さっている方は覚えていらっしゃるだろうか。

(覚えてるわけないか。昨日の晩ご飯でさえ忘れているのに)

あの、路上・大の字坊や だ。

(おたま「動画の貼り付け」に成功した、記念すべきページである)

彼が、またしても、「大の字」になっていた。
きみは暖かくなって出てきた土筆(つくし)かい?

どうも、お姉ちゃんを、幼稚園バスの乗り場まで見送りに来ては、乗ることの出来ないわが身の不遇さに
身もだえしているらしい。

おお、よしよし。天狗のおじさん、いや、この、
おたまおばちゃんが君を負ぶって幼稚園バスの後を走ってあげよう。羽根の具合も良くなってきたので、飛んでしまうかも知れないが
ふたりだけの「秘密」だぞ

背中に乗りな! 竜宮城へ行こう (それ、海でっせ)

おたまの妄想はふくらむ。
よし、明日は実行だ。・・・・

・・・・

この大空へ翼を広げ飛んでゆきたいよ

ほんまに とんだら どないしょう 心配

(フォーグループ・赤い鳥の「翼を下さい」は子ども達が合唱や卒業式で歌っていて驚きました。おたま20歳の頃誰かに連れられてコンサートへ行きました。いい曲は歌い継がれるのですね)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

結婚記念日



昨日3月7日は結婚記念日でした。
もう、30何年になるのかなあ・・忘れちゃった。

おたまは、結婚式なんて恥ずかしいことしたくなかった
それで、夫になるひっちゃんにそう言うと、

結婚式をしないんだったら結婚しない」と言われた。

彼は東映任侠映画の大ファンで
黒紋付の羽織袴姿にあこがれていた。
人生でこれを着るチャンスは今しかないと思ったのでしょう。

ずっと、後々になっても友人から、よく
あの時、ひっちゃん本当に嬉しそうだったね。おたまちゃんと結婚できて、よっぽど嬉しかったんやね」といわれたけど

おたまはそうではないと思っている。

式は大阪市内のとある場所で挙げました。
神式だった。住吉大社から神主さんが出張してきた

祝詞をあげ、お祓いをしてもらうとき、あの御幣(ごへい)と言うのかしら、白い紙のついた棒をシャッ・シャッと振った瞬間。その紙がすぽ~ん と抜けてどこかへ飛んでいった。

神主さんが慌てて探すが衣装が邪魔でみつからない。
ひっちゃんがソコです。ソコです。と指差した。

花嫁衣装は、金持ちの娘S子が19歳で嫁ぐとき,親に作ってもらった打掛を貸してもらった。(ちなみに友人4人がこれを借りている)
お色直しは半月前に結婚した先輩のピンクのドレスを借りた

ひっちゃんは、お気に入りの黒に近い濃紺のスーツを着ていた。彼はけっこう服にこだわりを持っていた。
おたまのリクエストのスィトピーのブーケを作ってくれた友人が、一輪を彼の襟元に差した。
くんくん匂って笑っていた。

まあ、みんな(色んな意味で)喜んでくれたから良かった

・・・・

記念日の頃に咲くからといって
結婚から15年目に庭にピンクのしだれ梅を植えた。

いま、この部屋から梅が咲いているのが見えている。

次は30年記念に、白のしだれ梅を植えようといってたが、おばあちゃんの病気やなんかでバタバタして、忘れてしまい、植えずじまいになってしまった。

そうそう。
結婚式は3月7日にあげたのに、ひっちゃんは婚姻届をなかなか出してくれなかった。「苦手」だといって。
おたまがプリプリして「今日こそは出してきて頂戴!」と言ったのでしぶしぶ役所へ行った。(今思えば二人で行けばよかったのね)

「ちゃんと、出してきてくれた?」と聞くと
何度も書き間違えるので、係りの人が「もう、私が書きますわ」と言って書いてくれたといっていた。

4月に入っていたと思う。

彼に多くのことを教わった。
彼のおかげでなかなか楽しい人生を送れた(っておたま、まだこれからやけど)

結婚式の日は素晴らしい晴天だった

昨日は一日中やわらかな雨で外がけぶっていた。
この雨で自然は緑を取り返し、あふれる命の季節がやってくる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

少女雑誌その2

昨日、少女雑誌のことを書いたら、色々思い出したわ
そういえばバレリーナは、おたまのあこがれでした。
見たことも触ったことも匂いをかいだことも無かったけど
なりたい職業ではなく(身の程は知ってるつもり)。

もっと夢みたいなあこがれ。

最近の小学生女子の「なりたい職業ナンバーワン」は
パティシエだそうです。
パティシエってお分かりですか?中高年の諸兄諸姉!

ケーキ職人のことですよっ。

だったら最初からケーキ屋さんっていえば可愛いものを、最近のガキお子様ったら年寄りを煙に巻くつもりね。
向うがソノ気なら言い返すけど、パティシエというのはフランス語の男性形の名詞です。

全国の小学生女子よ。「ケーキ屋さん」って言わないのだったら、ちゃんと「私はパティシェールになりたいですう」と言うのだよ(byパリジェンヌおたま)

バレリーナの話をするつもりで話が逸れている。
しかし、続ける。

いつから、甘いお菓子のことを「スィーツ」って言うようになった?
いつから、アベックを「カップル」といい
いつから、ランデブーを「デート」といい

いつからワケのワカラン歌い手をアーティストと言うようになったのだあ・・・

ハーハーハー・・・・言うたった

・・・・・・・

おまっとうさん。バレリーナっだったわね。
おたま、正気にもどったからもう、大丈夫よ。

Mrg196305193
左は大原永子(のりこ)さん。そして右はバレー界の
至宝、森下洋子さんです。
なぜ、菜の花畑に海なのか意味が解りませんが、おたま、この本持っていました。(カラー劇場というのが時代を感じさせます)
おたまの計算によると、森下洋子さん15歳くらいです。

この、週刊マーガレットに「三人の天才ようこ」という特集がありました
もうおひとりは

Photo 佐藤陽子

天才少女バイオリニストとして,当時ソ連へ留学中。
大人になってからは、池田満寿夫氏のパートナーとしてTVにもよく出ていらっしゃいました。

・・・

そして、残るもうひとり・・・
もちろん名前は「ようこさん」です。小説を書く少女だったと記憶しています。
とても賢そうな女の子でした。この方、今どうなさっているのでしょう。

ご存知の方は。「あの人は今」おたま係りまでご連絡お待ちしています

あーあ。昨日・今日と懐かしい少女時代を思い出して楽しかったわ。

あこがれ知る者でなくて 
どうして私の悩みがわかろう・
・・ゲーテ

最近、あこがれ・夢見ることがないわねえ。
寝惚けることはあっても


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

少女雑誌



先月、JR京都駅伊勢丹の美術館「えき」KYOTOで
「高橋真琴の夢とロマン展」が開催されていた。

タワシのような大きな瞳の中にお星様きらきらの
少女マンガの作家だそうだ。
「だそうだ」・・うん。おたま存じ上げませんの。

時代から見て、名前は知らなくても作品はたくさん読んだのは間違いない。
だって、三歳の御みぎりに
貸し本屋の立ち読みで字を覚えた女よ

漫画の単行本がずらりと並ぶ夢の殿堂だったわ。
学校に上がってからは少女雑誌を買ってもらいました。

おたまが好きなのはなんと言っても「牧美也子」だった。
病弱なお母様と二人暮らしの主人公がお金持ちで意地悪な女の子とバレー(ったって東洋の魔女じゃないほうの)対決をするの。
貧乏なのにバレーが習える不可解には目をつぶり、夢中で読みました。

Maki
そのうち牧美也子の漫画に変な絵が乱入してきた。
彼女は松本(あきら)零士と結婚しMMプロとして活動を始めたのだ。
松本零士はのちに「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」でSF漫画作家の位置を不動のものにされるが、おたまは、牧美也子の絵の中に松本零士の絵が入るのがすごくイヤだった。

同じ思いの女の子はこの日本中にたくさんいたと思う。もし、いらっしゃったら、ご一報願いたい。50年前を思い返して憤慨しませんか今更だけど。

毎月、「なかよし」か「りぼん」。付録のいいほうを買って、お友達と交換して読んだ。
付録に内藤ルネの小物(ブローチとか)が入っていると嬉しかった。

おたまの記憶では(間違ってるかもしれない・たぶん)

少女クラブ/渡辺典子。 少女ブック/刈谷ヒデ子。少女/松島トモ子。  なかよし/小鳩くるみ。りぼん/松島トモ子→浅野寿々子→内藤洋子。ひとみ/ 仁木てるみ    が表紙だった

Tomoko Ribonn2

渡辺まさえ(?)。安田祥子。安田章子。古賀さと子。近藤圭子。鰐淵晴子。
少女スターがいっぱい。・・・そうそう。「夜明けのスキャット」で由紀さおりさんを初めてTVで見たとき驚いた。
「やすだあきこちゃんだあ・・」

この後、週刊少女フレンド、や週刊マーガレットに移るが初期はけっこう社会的な読み物もたくさん掲載されていたように思う。何かいっぱい為になる話が載っていた印象がある。

姉さんのいるお友達の家には「女学生の友」があった
早く読めるようになりたいと思っていた。

吉永小百合。松原千恵子。本間千代子。山本リンダ。西尾三枝子等が表紙だった。

そのあと、おたまは突然「おばさん化」して「婦人公論」を読んだ
金子国義の表紙に渋沢龍彦の連載もの。瀬戸内晴美の評伝もの。楽しみだった。
最近、本屋で「婦人公論」を手にしたが、おたまが変ったのか、あちらが変ったのか・・・。何かフツーの本になっていた。

こうやって振り返れば、少女雑誌の衰退と自分の少女時代が交差しているみたいだな。

本作りのギョーカイのみなさん。夢見る少女のために頑張っていただきたい。
  

   衰退の道まっしぐらの、元少女より


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

いや~ん馬鹿

テレビをつけたら大臣があやまっていた。
珍しい光景ではない。
しかし次々に人もだ。
しかも理由は同じ「遅刻しましたテヘッ」(しばくぞ

前原国土交通相。仙谷国家戦略担当相。原口総務相。

オタクら中学生ですか?廊下に出て立っとりなさい!

ほんまに、たるんどる。お上は・・

お上といえば、わが町の行政もたるんどる。

おたまは、ボランティアの真似事を月に数回やっているのですが、年度末ということで、色々変るみたいでバタバタざわざわしています。

おかしいと思うのは、利用者のニーズがあり、ボランティアのヤル気があるのに。お役所の役割分担だか、ヤクザヤクショの部署間の縄張りとかで、やるべきことがおろそかになっていること。

昨日もそんなわけで職員から言い訳のような説明がありました。

この、おとなしい、おたまが暴れだす前に
いつも、物静かに、ニコニコしていらっしゃるボランティア仲間のT氏が大きな声で

「君達はバカか!」と一喝なさった。

ウオッ初めて聞いたTさんのデカイ声。
おたま達も「そうだ、そうだ」とこぶしを突き上げた(イテテ)

結局その件は「上司に相談」と相成った。

後で、聞くところによると、T氏は元教師だそうだ。
(長い付き合いでも知らないものだね)
どうりで叱り方にちょっと「」があった。

ああやって遅刻の生徒を叱っておられたのかな。

それにしても、お役所しごとってどうしてこんなに現場とかけ離れるのだろ。

机上の論理・・・この難しい言葉をかっこよく使っちゃろ。
と書きかけたところで

電話が鳴った。

昨日の「薬はやっていません」スミちゃん某女からだ

「チャン・ドンゴンが結婚するんやて・・・どないしょう」

どうでも、エエがな。どうなるものでもなし。
おたまはスミちゃん某女が好きだ。しかし・・・
おたまに何ができる?

「チャンドンゴンのバカ!」

って。一緒に泣くことくらいしか・・・バカ・バカ・バカ
うぇ~ん。

このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

墓まで持ってゆく話



おばさんVSおばさんの間に会話のキャッチボールというものは成立しない。
こういい切ってもお咎めはないでしょう。

. 「おばちゃんの話飛ぶ飛ぶ春ごたつ」 黒田さつき

まるで、.飛んだっきり戻ってこない
ゴルフボールのようでございます。 ファ~~~

俺の俺の俺の話を聞け 2分だけでもいい
お前だけに本当の ことを話すから
(by クレイジーケンバンド)

こんなに申しあげているのに

「それから?」という相槌は・・・・・・・・・・・・・・皆無
「それはそうと・・・」と話をわが身に・・・引き寄せる

しかしながら「会話」「おしゃべり」・・・その違いを心得ていればそれはそれで楽しい時間です。
おたまは、おかげ様でどちらも楽しめる人たちに恵まれているのでございます

.・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

某女が「これは墓まで持っていくつもりだったけど」
打ち明け話をしてくれた

.

人は見かけによらないなあ。
この人にも
「黒い過去」があったんや。

おたま、ワクワクして話を待った

墓まで持っていく  →→ うしろめたい ヒ・ミ・ツ
            →→ 誰かをかばう 自己犠牲
            →→ とんでもない 過失

ああ、犯罪の匂いもする・・・なんだろ・なんだろ

・・・・・・

.

「わたしね、実は・・・」 「うんうん」(身を乗り出すおたま

.

バナナにもりんごにもゆで卵にも 
     黒酢にも、あげくのはてに
        コンニャクにも手を出していたのよ」

.

ダイエットの話かいっ 

.
彼女が苦しみと後悔と謝罪の人生を歩んでいるわけではないと判り、おたま、本当に、本当に、嬉しい。

             

ドラッグじゃなくて コンニャクか
あまりに期待はずれで腹が立ったのでブログに書くゾ!
そして、その黒い過去。地の果てへ飛ばすことにする!

                    ファ~~~~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

救世主が現れる



病(五十肩・四十肩)に倒れ、3日。

流されるだけの人生に別れを告げ
おたまは立ち上がった

治してみせる。
メシアの授け給いし驚異のスピリチュアルパワーで。

まず・・・
そうだ。こんな時こそググろう。(自力じゃないんだ・・)
愚愚弄と変換されたって、負けるものか。

だいたいやね、春駒(パソコン)はゲームの為に存在するのではない。
働け春駒よ。

あるあるあるある大百科・・・さすがだ。

そうか。まず「ツボ」か。よ~し、よしよし。
胡散臭いオヤジの顔が出てきた。「マッサージは専門家にお任せ下さい」と言っている。
ヤダ。こんな、おっちゃんに押されるのは。

直立して自然に下ろした手のひら辺りに「大転子」というツボがある。
「ソコを押しなさい」とおっちゃんのご宣託。
おたまの場合は左の腕が痛いので右側の大転子を押す。

ツボは何処じゃろ。と探していたら

ぎぃえ~!!  痛い一点がある。

おうおう、ココじゃココじゃココに違いない
ココにしておこう。(口調がおっちゃんになっている)

待つこと5分

ちょっと。奥さま。お父様。・・・

腕が上がりますのよ。完全ではありませんけど
何なの。このツボ押しBeforeAfter

・・・・

大急ぎで救急箱(そうか。急ぐから救急箱って言うのか。またひとつ、大きなことを学んだ)を開け、おばあちゃんの形見を取り出す

Photo

ロイヒつぼ膏

7年前のだけど、大丈夫
これを「大転子」へペタリ、も一つおまけにペタリ
もっと、貼りたいわ。

色々、押していたら左鎖骨の下がぎぃえ~!
うん。ココにも貼っておこう

ん?  なんだ? 

シールをはがすたび下からおっちゃんの顔が出てくる

「ロイヒ博士」だ。こ・こわい。
なんやねん、この人。

気になったので愚愚った。(働け!春駒!)

なんと、商品イメージに合わせた「架空の人物」らしい
ヤヤコシイ話でっせ。ニチバン株式会社はん。

・・・

かくして、本日の治療は終わった。

(この療法は、おたまの独断によるものであり、小さなお子チャマや弱ったお年寄りは決してマネをしないで下さい)

後は、やおよろずの神々に祈りを捧げるだけだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

歴史を紡ぐということ



トリノオリンピックが閉幕した

スポーツ選手の真摯な姿が美しかった。

だが・・・、目に入る景色に心がつまづく。

.

   「秋近し旗の余白に字を書くな」 池田澄子

何も解っちゃいないなかった。
だから・・社会を変えられると信じていた。
反戦が時代の空気だった。

時代の空気を自分の「考え」と思ったのは
錯覚だったのか思い込みだったのか
何しろ何んにも解っちゃいなかっったので・・

ただ、自分の中のyesとnoだけが
変らずにある。

月日が流れ
トシだけはいっちょ前にとり
なりたくも無い大人になった頃

声高にそれを語るにはばかられる何かがあり
   (それは、自分の中のヒキョーかもしれないし
              いい加減さかも知れないけど)

そして、誰も
何も言わなくなった

もう・・何も思わなくなった

・・・

旗を振って兵隊さんを送り出した人がいた
旗に振られて見送られた人がいた

.

焼き尽くし奪い尽くした地に旗をたてた

・・・・

われわれは
戦争を知らない世代だが
われわれには戦争を知っている大人がいた

そんな、大人の下で大きくなった。

自分が大人になった今、次世代に伝えるものを何も持っていないことに愕然とする。

「立てる旗が無かったので、シャツを脱ぎ、転がっていた○○(中国人の蔑称)の腕でぐりぐりと、真ん中に丸を書きました」
近所のおじさんから直接聞いた話だ。

(ドイツが戦後、真っ先にしたこと。それは旗を変えることであった)

.

くったくなく、旗の余白に檄文を書き込む
「あり」なのかな。それって。

胸に沈殿するドロリとしたものをなだめながら
つぶやく。「あり」なのかな。それって。

・・・

難しいイデオロギーはわからない。

観念ではなく、感覚として、掲句に共鳴する。

 

   「前ヘススメ前ヘススミテ還ラザル」 池田澄子

池田澄子 1936年生まれ
父上は中国で戦病死

.


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

と・飛べない!



羽根(肩)の不具合で飛べなかったおたまです

膝痛でヒアルロン酸皇潤のお世話になっているA夫人に心を痛めていたら

おたまが「五十肩」になった。
「四十肩」とも言うらしいので
個人的な好みで今後死ぬまで「四十肩」と言わせてもらう

朝起きたら、左の腕(上腕二頭筋)に違和感があった
おや~ 一年前の筋肉注射の弊害が今頃出てきたわ。
訴訟手続きはどのように・・?でも、いいドクターだったしなあ・・おたまさえ泣き寝入りすれば済むハナシだし。
・・・いろんなことに思いを巡らせた

念のため、ひょっとしてと思い経験者である親友・エミリーに尋ねてみた。

「それ、五十 四十肩だわ
「でも、二の腕が痛いのよ」

「それ、五十 四十肩だわ
「肩関節はグルングルン廻るのよ」
「それ、五十 四十肩だわ

彼女は完治まで一年ほどかかったそうだ
「できるだけ動かして運動したほうがいいよ」

エミリーは根性の人だ
一年間、朝夕の走り込み&ストレッチで
「痩せて」
「美しくなり」
今のご主人を「ゲット」した。

そんな根性。無いっすよ・・
「果報を寝て待つ間に、熟睡してしまう」おたまには・・

そんな、痛いところを動かすなんて・・・イテテテ
腕をうしろに回したり、挙げたりするのが辛い。

美人・温泉旅館のおかみじゃないんだから、帯は結ばなくていいわけだし。
春闘でこぶしを突き上げるわけでもないし・・
ま、いいか。

ああ、ダメ・ダメ。「過保護」はダメ。
がんばらなくっちゃ。

きんさん・ぎんさんが筋力トレーニングを始めたのは
100歳になってからだそうです。

70歳も若い!あたち。

おたまも見習ならわなくっちゃね。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »