« 捨てちゃえ、捨てちゃえ | トップページ | 彼岸参り »

2010年3月22日 (月)

リハビリは歌に乗せて



あいも変らぬ5040肩に苦しむ日々が続いております。

病む腕折れよと 明け暮れムチとぶ
 悲しや我等は   鎖につながれ・・  
    

く・くらい・・・こんなに暗い歌があるだろうか・・
この歌をおたまは、毎朝8時に歌う

四十肩・アイロン体操をしながら・・・

神よ。
   なぜにかような試練を、
        おたまに与え給うた

(アイロン体操)
片手をテーブルにのせ痛いほうの手にアイロンを持つ。
(ダンベルやペットボトルでもいいらしいが、「アイロン体操」なのに、それはアイロンに対して失礼な話だ。おたまはこう見えても礼節は重んじる)
そして、振り子のようにアイロンを振る。イテテテ

姿勢は前かがみ。床をみつめて、
おたまは、歌う。

ひーとをころーした わーけじゃない
     もーのをぬすんだ  おぼえもなーい

イテテテ

ああ、そうだ。
you tube で探してみよーっと。

お目当てのイブ・モンタンの「囚人の歌」を探し当てられなかった。

しかし、こんなのがありました。

た・・・たのしそう・・
皆さん幸せそうに。「焼き魚定食」のお品書きの元
歌っていらっしゃる・・・

涙ですがる 母を足蹴~に  って。

しかも、アップテンポだ。ご陽気だ。
ハモった者勝ちの高音部。ええ感じや。

新手の宗教儀式のようにも見える
ああ、人間っていいなあ。
中高年。その善なるものよ! おたま、食い入る。


町や酒場に 幸せはない
楽しみばかり 求むるではない
だか若い日は 自由にあこがれ
(つばさ)のぞまず 生きられようか

しかし

こんなに楽しげな歌だったっけ。
アイロン体操のテーマソング、考え直してみよう。


|

« 捨てちゃえ、捨てちゃえ | トップページ | 彼岸参り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リハビリは歌に乗せて:

« 捨てちゃえ、捨てちゃえ | トップページ | 彼岸参り »