« ちょっと失礼おたずねしたい | トップページ | タンタンタンタン誕生日 »

2010年2月 1日 (月)

あだ討ちワンダーランド

今、おたまんちの玄関はエライことになっております。
お正月の「若松・菊・千両etc」がまだまだ元気。
お花やさんの定期便のチューリップ・カスミソウ・
デンファレ・スィトピー・ストック等の生花のほかに越冬のゼラニウムの大鉢×3。これが又花をいっぱい咲かせているのです

花で花で花で「早乙女太一」の楽屋状態(想像です)

玄関が一番涼しい(寒い?)のでどうしてもここに全員集合させてしまいます。

そうそう、楽屋で思い出したわ

今年の初春大歌舞伎(大阪松竹座)は
通し狂言「仮名手本忠臣蔵」でした。

虫も殺せぬ平和主義者のおたまといたしましては
「あだ討ち」などという恐ろしい演目・・・・・・

喜んで見ましたわ。昼・夜ともね。

坂田藤十郎丈のタフなこと、タフなこと。

.

良かったのは「大星力弥」役の中村壱太郎
「いまだ参上・・・(ためて)・・つーかまつりませぬ」
初々しさの中に心情が溢れて、おたま泣いちゃった

そして、夜の部
「遊女おかる」の片岡秀太郎丈の可憐なこと
兄、寺岡平右衛門から夫、勘平の切腹を知らされる
「あにさん・・・・どうしょっっ
この、「どうしょっ」・・がいいのよねえ。
しょうう。じゃなくてしょ!この小さな「っっ」がね

こんなハナシをし出したらきりがおまへん

観劇後3日ほどは余韻に浸るものですから
所作・話し言葉・歌舞伎調になってしまいますわ。

で、愚息からよく言われますの

.

.

おたまちゃん分かったから、早く御飯よそって・・・

そんなトコロで踊ってないで・・

.

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


|

« ちょっと失礼おたずねしたい | トップページ | タンタンタンタン誕生日 »

映画・歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あだ討ちワンダーランド:

« ちょっと失礼おたずねしたい | トップページ | タンタンタンタン誕生日 »