« 京都の節分会 | トップページ | 一人なら弱き者ゆゑ支へ合ふ »

2010年2月 5日 (金)

童子

baseballbaseball

四国八十八箇所。第三十六番札所青龍寺
本堂までの石段のきつさが印象に残る。

この寺のふもとに明徳義塾高等学校がある

高校在学中、
少年はこの石段を「うさぎ跳び」で登ったそうだ
200段はあったと思う。
一段一段の高さが半端なく高い

少年は角界へと進む。

この寺の石段を登った時、
朝青龍の強さの秘密に触れたような気がした。

桁外れに強い横綱が、強いまま土俵を去った

四股名はこの青龍寺に由来する。
本尊は波切不動明王。
お不動様は今回の事件をどう思っておられるだろうか

そういえば朝青龍。
お不動様のお使いの二人の童子に似ている
矜羯羅(こんがら)にも制多迦(せいたか)にも似ている

品格品格というが、俺は俺。土俵に上れば鬼になる」以前からそう言ってはばからなかった。ある意味彼にブレはない。

ひるがえって、日本相撲協会。このたびの理事選挙では旧態を固持し、利害争奪に終始する品を欠く姿を露呈してしまった。

重なる不祥事に甘い対応を重ねてきた相撲協会
花形を名横綱に育て切れなかったあなたに「品格」は言ってほしくない

朝青龍明徳

「やんちゃな困ったさん」だが愛された。惜しい。

.

.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


|

« 京都の節分会 | トップページ | 一人なら弱き者ゆゑ支へ合ふ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/33253057

この記事へのトラックバック一覧です: 童子:

« 京都の節分会 | トップページ | 一人なら弱き者ゆゑ支へ合ふ »