« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

飛べ!

昨日の朝刊(武士のサムライ)に
愛ちゃんは太郎の嫁になる歌ったワカメちゃんが
母、ふねに叱られる漫画が掲載してありました。

記事にもあるけど、そういえば、昔、子どもは子どもの歌を歌っていたような記憶があります。

近所にヨーコちゃんという、おたまより小さな子がいて
あんた・・泣いてんのね・・と上手に歌うのを
呆然と立ち尽くして聴いていました。

ちんから峠のおうまはホイ・・なんて歌ってられないわ
と、おたまが思ったかどうかは定かではないけど
周りから、童謡が消えていったのはその頃からかしら

.

「小鳥の歌」             与田準一  作詞
                       
 芥川也寸志 作曲

  ことりはとっても うたがすき
  母さんよぶのも うたで呼ぶ
  ピピピピピ チチチチチ
  ピーチクリピイ

        ことりはとっても うたがすき
        父さんよぶのも うたで呼ぶ
        ピピピピピ チチチチチ
        ピーチクリピイ

         

近所の幼稚園の前を通ると、歌声が聞こえてきます。

おたまは、時々フェンス(金網)にしがみついて叫びます
「出してくれい・・。オラは無実だあ・・」
「入れてくれい・・。オラも歌いたいよ・・」
  

彼等はなぜ、あんなに叫ぶように歌うんだろ
なぜ、お友達の名前を、フルネームで呼ぶんだろ

可愛いったらありゃしない

・・・

我が家の庭の梅が咲いてメジロが来ました。
おたまも「小鳥の歌」を声をださずに歌いました
そして、両手をバタバタさせて踊りました

おたま。アラ還。

明日、ブログの更新が無ければ、
どこかに飛んでいったと思ってください。
.

このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

夜は恋人

こんばんは  森進一です(ウソ)
あなたの心の常備薬おたまです。

今宵はこの曲「夜は恋人」を聴きながら
マルマン・おたま劇場「大人の世界」へご案内いたしましょう

シュポッ(マルマンライターの音)

 

メンドクセーなどと、ダダをこねず。ハイ。スタート。

「早くねなさい!」と叱られながら見ていた「マルマン深夜劇場」
大人っていいなあ。学校に行かなくてもいいし。遅くまでテレビが見られるし・・

歌っているのは、中原美紗緒さんです。
あの、大きな瞳の少女の絵で日本中の乙女を夢中にさせた中原淳一さんの姪御さんに当たられるそうです。

代表曲はこの、「夜は恋人」のほか「河は呼んでる」・・そうそう、人気ドラマ「バス通り裏」のテーマソングも歌っていらっしゃいます。

おたまにとってはシャンソン歌手というより、なんてったって「あんみつ姫」です

これ、月曜日の7時からだったんだ。
大好きでした。

それから、大人になって・・

ゲーム好きの大人になって・・

ドラクエⅢのキャラ決めのとき、
勇者名はもちろん「おたま」
魔法使い。戦士。武闘家。僧侶。商人は、それぞれ
カステラ夫人・小倉ようかん・腰元きなこ・あわの団子・
栗きんとん。にしました。

そうなんです。「あんみつ姫」の登場人物です。

でも、おたまがあまりにもやりすぎるので子・平凡はゲーム機を隠して学校に行ってました。ソコはそれ所詮子どものすること、さっと見つけだします。

だって、おたま。「大人ですもの」

   あれ? あれえ? ありゃりゃ?

本日は、「大人の世界」へご案内するはずだったわよね。
出だしはよかったんだけどね。

どこから、ドラクエになったのでしょ。

これじゃあ、大人になりきれなかったって話ですね。!

おたまにとって夜よりも「朝は恋人」
さっ。お洗濯。お洗濯。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

字義に反して児戯となる

あーあ。なんだか忙しいわ。
あちらへバタバタ。こちらへドタドタ。
ナイスバディで(あっ聞き流してね)走り回っています。

一月はイヌ。二月は去る。三月はトラって言ったっけ?
こんなウケナイ冗談を言ってる間も惜しいくらいだわ

少し前まで、時間は未来永劫に続くと思ってたわ
でも、そのことと、「持分」は違うと解ってきた、
「けふこのごろ」。 

いたくないけど・・・・ かしらねえ・

えっ?聞こえない?   「トシ」 かしらねえ・・

読みたい本もたくさんあるし、俳句にゃ追われるし
それなのに昨日、S子さん がDVDを貸してくれた。

「アクシデントカップル」全16話。 どっひゃ~

手術後、お見舞いに韓流ドラマのDVDをたくさん、プレゼントしてもらったそうだ。「これで癒されてね」ということらしい。

観たあと、なぜかコチラ(おたま)へ廻ってくる。
で、観る。・・・・・・・・おもしろい。

・・・

それはそうと、「癒やし」という言葉、いつごろから流行り言葉のようにつかわれるように、なったんだろ。

おたま。キライなの。

「癒える」とか文語体の「癒ゆ」なら抵抗がないのに
「いやし」「いやされる」「いやす」・・どうも、使えないです。
使いますけどね。

あと、「子育て」という言葉も。
「主人」もね。

それから、無理な当て字。
例えば「娘」と書いて「コ」と読ませる
これは、俳句でも「イケマセン」と教わります。

ウチの句会名を栗の産地だから「句里の会」にしようという案がでたとき、それだけはヤメテと泣いて頼みました。
おたま以外からも「恥ずかしい」という声があり却下されました。

なぜ、キライなのか、使えないのか。
感覚です。・・といっておきます。

また、ちょっと、心が落ち着いた時に述べますわ

     (当て字)→  夜露死苦 !

ま、どうでもイイか、そんなこと。
こんなこと考えているから時間がたりないのね、きっと

バタバタバタ・・・

明日はしっとりと落ち着いた大人のおたまとお会いしましょう。うふっ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

真央ちゃんったら・・

浅田真央ちゃん
がんばりました。よく回りました

(このブログ書いている時点で、SP2位。
   あと、二十数時間でフリー演技が始まります。わくわく)

4年間待ったオリンピックの舞台でどんなに緊張したことでしょう。

フツーの子なら緊張のあまりスケート靴履くのを忘れてリンクの上に立っていたかもしれない(んなアホな)

だって、まだ19歳ですよ。

・・・・・・

自分の19の頃なんてとんと、覚えていないし
(あまりにも、昔すぎて!?ホットケ

だったら。
あなた様は覚えておいでなのでせうか?

どうせ黄色いくちばしでピヨピヨ言ってたんじゃないの
オシリに青いあざも残ってたんじゃないっすか?

口惜しかったら
トリプルアクセル飛んでみなはれ

おたま、実はオリンピックもフィギュアスケートも、
さしたる興味はなかったのです。
ところがショートプログラムに先立つインタビューを見ていて「なぬっ」と思った。

記者の
「トリプルアクセルはどうやって飛ぶのですか」
という質問に答えて浅田真央はこう言ったのだ。

.

  「はい。ヨイショって飛びます」

.

も・もう・・好きにならずにいられない
浅田真央。そっちのほうもデキル子やったんや。
いや、天然かもしれない
どっちでも、いいや。おたま。感激。

I Can't Stop Loving You

さあ。フリーの演技もがんばってね。応援してるよ
「私が飛ぶと皆が喜んでくれた・・」
うん、うん。喜ぶ。喜ぶ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

まぼろしのモテ系

やはり、もう一缶買っておこうか・・・ビールじゃ無くて
灯油

先週の日曜日。珍しく家に居た子「平凡」に言うと
ウンついでにそのカードガソリン満タンにしてくるわ

おたまの要望と彼の利害が一致し色よい返事だ。

「ついでにユニクロに寄って、お祖母ちゃんの肌着
買ってきてくれないかな」
ちょ・ちょとそれは・・・

ユニクロのシルキードライサラファインは年寄りにやさしい。
ドライ機能があって肌触りがよく、
襟ぐりが大きいので着脱も楽ちんにできる。

結局二人ででかけた。
未亡人の母ヨメの来てが無い(見た目は少年の)30過ぎ

彼はまとめ買いセールのパンツを買った
「いいよ、遺族年金で買ってあげるから」と言ったのに、自分で支払っていた。大きくなったもんだ。

パンツのすそ直しをベンチで待つ。彼が言った。

おたまちゃん、おたまちゃん。あの人なら お父さん って呼んでもいいな。ホラ、あそこでお値打ち」品見てる人

見るとほんに、富裕層・男性ファッション雑誌「LEON」から抜け出したような、というか
「LEON」で頑張って学習しているニッポン男子。というような素敵な方だった。

中高年になっても綺麗な体型を保つていらっしゃる。
それに姿勢が美しい。
うん。連れて歩くにはいい。

「どーよどーよ、おたまちゃん

おたま、沈思黙考。考えに考えた。
そして、きっぱりと言った

  平凡ちゃん。お断りしてきて・・・
        やっぱり、ひっちゃん(夫)がいい」

妄想中の母と子の前を横切って

その、「もてる・チョイ不良系」は後ろからやってきた奥さま(たぶん)と、とっとと帰っておしまいになった。

ハイハイ、うちらも早く帰りましょ

.


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

レースのカーテン越しに

レースのカーテン越しに置いていた君子蘭

去年、株分けをしなければと思いながら入院騒ぎで、
ほとんど放ったらかしだったのに、ちゃんと咲いてくれました。

ありがとう、ごめんね。

Photo_2 君子蘭

花言葉・・貴い。幸せを呼ぶ。

.

 「おかあさんどいてと君子蘭通る」 池田澄子

.

お嬢さんが君子蘭の大きな鉢をあちらからこちらへ移そうとしている。
最短・直線距離で運ばなきゃ、何しろ重い
おなかの上に抱え、やや反身(そりみ)の体勢。
たくさんつけた花房にお嬢さんの顔が隠れてしまう。

どこかで見たぞ。
そうだ。「五大力」さんの奉納餅上げだ。
イエ。新弟子の入門テストだ。

こんな姿、彼氏に見られたらどうしましょう。
(突然ですが「彼氏」というのは徳川無声さんの
                                          造語だそうです・・・おたま一口メモ)

ああ、そんなところにお母さん突っ立っていないで
落っことしたら悲惨なことになるわ
「危ないわよ~どいて、どいて~」
ドシンドシンと足音まで聞こえてくるようだ
大きな鉢に見事に咲いた、君子蘭の感じがよく伝わる。

俳句は時間・空間を越えたダイナミズムも味わえれば
掲句のようななんでもない、日常の一こまも句になる。

池田澄子さんは好きな俳人のお一人です

.

 「君子蘭鉢の正面どこかしら」 おたま

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

服装の乱れって?



今は昔のハナシですが。
次男(明星)が高校に入学するやいなや、
髪を染めたいと言いました

母おたまは心の中で「こんな完璧なモンゴリアン系の顔立ちに茶髪は似合わんやろ」と思いました。

しかし若様はおっしゃっているのだ。染めたいと。
お母ちゃんにまかさんかいっ!

で、おたまが染めてやりました。明星は大喜びでした。
でも、赤くなった髪を見て「・・学校・・どうしょう・・」
その辺り、根性なしです。

ダーイジョーブ。「この子は生まれつき金髪です」って先生に手紙書いたげる。

アホやがな・・・親も子も

まもなく
彼は、たぶん。「似合わない」ことに気づいたようです。
一ヶ月もしたら自分で元の髪に染め直していました。

こんな、「校則くそっくらえっ」のおたまが

今回の国母和宏選手の「腰パン騒動」をどう思うか

今朝の朝刊(武士のサムライ)には
国母「ズボンにシャツを入れて帰国」の見出し
 そこかいな。 伝えることは・・・

何なら、シャツを出して帰ってきていただきたかった。

おたまがギョッと思うのは彼のセンスよりこんな「声」


先日の新聞投書欄に

シャツのすそ出しは見苦しい。どうしても納得できない。生理的な違和感をおぼえる

お説ごもっとも。どう思われるのも自由だし当然です。
おたまも、シュミーズ(ばあちゃんはシミーズと言った)姿もどきの肩丸出しの女子アナをみると、「???」と思う。

ソコまではわかる。・・・・「が、しかし」ちょっと待った

・・・・・・

シャツ出しの女教師を指して「こどもに何を教育するのか」
私から見れば奇異な服装を容認している社会に対して不信感が一層増した」となると、へらへらしてはいられない。

奇異の物差し誰がつくるのか、社会?、じゃあ、社会ってなんだろう

社会に生きるとは集団や組織に大なり小なりかかわらざるを得ないことだ。
集団の価値観に添うことは必要だ。

しかし

国母選手にかかわらず自己表現に良い悪いはない。
どう見られるかは自分に返ってくるだけだ

おたまだって、ミニスカートはいていた
みっともないといわれながら・
・・・クスン

それについて「社会的排除」の云々は・・・・・・恐い

でも、おたまが国母選手の身内ならアドバイスしたと思う

  「制服はきちんと着るのが一番美しいよ」ってね

で、パンツを引きずり下げに上げに
                     走っただろうな


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

名を捨て実をとる

「シニア料金」   魅惑的な響きだ    

・・・・・・

数奇屋風の趣の古民家とイギリスの田園風洋館
並べて・・・郷土館。・・・・・・・とりとめが無い。
ま、よかろう。

いずれも大正時代、立派な人(銅像があった)が建てられたものです。
(建てたのは大工さん?そんな突っ込みいらんです
今、古民家のほうで昔のお雛様が展示されています。

俳句の吟行でその、お雛様を見にいきました

入館料は一般300円(65歳以上半額)となっていました
メンバーは、おおいばりで半額料金で入れる方ばかり。
「証明できるものが無ければ生年月日を」とのことで
嬉々として「昭和○年ウマどし」とか「○年パンダどし孫5人」とか言わなくていいことまで申告。

おたまは嘘つきカモメですが。嘘とわかる嘘はつけません。というか、自分にとってマイナスになる嘘はつかない。

「一般、20歳。料金三倍払います」
と言って1000円札を出しました。
それが「嘘」だっちゅうーの。お釣りは700円でした。

肝腎の俳句です。
あたたかい日射しの中でいい、吟行が出来ました。

昼食は豆腐料理がメインのバイキング形式のお店。

店のお姉さんがざっと見渡して
「皆さんシニアでいらっしゃいますね」と言った時点で
「ムッ」としたのだけどイサオちゃんが大きな声で
「ハーイ」といいました。

どうもシニア(60歳以上)は割引料金のようです。

テヤンデー。
いきり立つおたまの上着のすそを「名より実、名より実」
と引っ張るのはS郎ちゃん 

「名を捨て実をとる」(なをすてじつをとる)

 ( 名声をとるよりも実益を選ぶほうが賢明だ)

これが、大人の選択ってやつか。わかったよ。
年寄りの言うことはきいておこう

この期に及んで「ウン」歳の違いが何なんだ

大事なことは   10% OFF

おたまがんばって
痛風や糖尿のみんなの分まで、食べるわね。
まかせておいて

今日も「学び」多き一日だった。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

おかげさまで五ヶ月

おかげさまで、昨日でブログ開始から5ヶ月たちました。
と言っても、ひと月お休みしたから実質4ヶ月です

記事は100本を越えました。まだひよ子です

5年で1000回の更新を達成された方の投稿が新聞に載っていました。
病気がきっかけで始められたそうです。医療関係の貴重な情報が得られ、励ましあえる同病の仲間ができ、今ではブログが生きる支えと書いておられました。

それに引き換えこのおたま、
屁のツッパリにもならん愚にもつかないこと、だらだらと
恥を積み重ねております。

ま。もしも読んでいて下さったらの話ですが
どこかの未亡人のはげみになれば望外の喜びです
でも、だれかを励ますつもりで書いていないので
べつに・・・イイです。

「未亡人」というワードに過剰反応された方が、時おり
「18禁 search」 からお越しになりますが、プンプンと後ろ足で砂を蹴って帰られます。
ご苦労様でした&ばっかじゃないの。
初めの頃はタイトル変更も考えましたが、今ではこの「未亡人」という呼称に明るい市民権を与えてやりたい気分です。
で、「未亡人」という言葉の成立や歴史や使われ方を勉強しています。

このブログのアドレス(URL)にnurebumiという文字を使っています。
これは「濡れ文」すなはち「恋文」のことです。
ちなみに、某所で使っている俳号は「濡○」です
この○に入る文字はなんでしょう。正解の方には、おたまのサイン入りのブロマイドを抽選で一名の方に・・・いらないって?そうですか。

最後に、ランキングサイトのことに触れます。
自分のためのブログであっても、どうせなら多くの方に読んでもらいたい。
そんな気持ちに応えてくれたのがにほんブログ村でした。

同様のサイトは他にも色々ありそうですが、入るときはココしか知らなかったのです。
最初はランキングアップが面白くて「(バナーを)押してね。」何て書き込んでいました。でもしばらく村民でいると見えてくるものがあります。
・・・・差しさわりがあるかもしれないので(気の弱い)おたまは書きませんが、
上位だから必ずしもいいとは限らない。
いいブログと、ランキングとは関係ないということです。
「いい」というのは誤解を招きます。「おたまの好きな」と言い換えます。

とは、いえ上位にあれば「どんなんかなー」と訪問してもらえる機会が多くなるので、バナーを押して下さることにすごく感謝しています。

匿名希望さんが「もっと堂々と”押して”って書いたら・・あれじゃ老眼には分からん」とコメントをくださいました。匿名さん老眼なんだあ。
一度試したけど(2/16)、ちょっと恥ずかしかった。
また、ポイントが下がってきたら使おうかな(笑)
効果のほどは今ひとつ判らないけど。

・・・・・・・

「おもしろかった」    「へ~」
「うんうん、その通り」  「それで?」
「おたまのバ~カ」って思っていただければ嬉しいけど

当然のことながら、皆様次第。

ただ、読んで下さってアリガトウです。
                  
いや。ほんま

 以上五ヶ月目の「ブログ考」でしたっ!

おたま、もうしばらく続けます。 

  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

藤田まことのアンプル剤



藤田まことさんの訃報を車のラジオで聞いた。
藤田さんといえば「てなもんや三度傘」「中村主水」[はぐれ刑事」等で活躍されたが、
おたまにとってはそれより以前に登場された「ベルベ。ちゅちゅちゅ」がなつかしい。
享年76歳だそうだから逆算すれば当時26.7歳か。

子ども達に絶大な人気のあったTV番組。「番頭はんと丁稚どん」の幕前か幕間に(あれは劇場からの中継だったのか)CMをされていた。

裃を着けた藤田さんが「ベルベ」という栄養ドリンク(?)をうやうやしく捧げ持ち舞台中央まで進みでる。そこで栄養ドリンクを飲むのである
アンプルをカットしストローを差しチューっと飲む。まるで敬虔な儀式のような
「そんなこと」を固唾を呑んで見ていた。

そして、お決まりの「どん・どん・どん・効いて来た」の台詞と、そこに流れるトリオこいさんず。のCMソング。

今にして思えば「がまの油売り」の手法に似ている。
グーッと惹き付け、ポカンと感心させる

今、ネットで調べたら大阪の蒲生と京橋と鴫野の間あたりに「ベルベ薬品工業」という会社がある。ここの商品だったのだろうか。わからない。
(後記・この会社は無関係で、アジア製薬という会社の製品だそうです)

パパ・ママ・坊やもベルベって歌にあったから子どもでも飲めたんだな。
でも、飲んだ記憶はない。

藤田まことさん。
ご冥福をおいのりします。

また、ひとつ子ども時代が遠ざかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

ね・姐さん大丈夫でっか?

美容室に行った
なんと、7ヶ月ぶり・・

筑波久子・炎加代子のようなワイルド路線を夢みたが
間違って「シルク姐さん」のような、

「姐さんどないしはったん?大丈夫でっか?」

に、なってはいないだろうか。

姐さん。あなたに芸人魂を教えられる一般人ですが、いつから、そんなキャラになりはったん?風邪ひきまっせ。
宇治原君らのロザンより、もっと大昔から「インテリ」で通っていたのに・・

そういうわけで、美容室に行きました。
あにはからんや=意外にも。全く思いがけないことに

「長いの、よう似合おうてはるやんか」と言われた
しかし、それは営業トークに過ぎなかった。

しかし、どないしはったん?その頭・・」と来たもんだ
大丈夫

「大丈夫じゃないから来たのよ・・」
中身じゃなくてヘアースタイルのことよ

・・・・

実は美容室から遠ざかっていたのにはワケがある
ここは句友S子さんの知り合いのお店
いつも二人一緒に  カットに行っていた。

去年の夏、彼女はとても大きな手術をした。
おたまのモーチョーどころではない。
それで、おたま一人ではココに来ない。絶対に・・・
絶対にS子さんと又来るんだって(勝手に)誓いました。

・・・・

で、7ヵ月後の昨日、念願の美容室行きになりました。
店の人も本当に喜んでくれました
S子さんが祝福を受ける横で店長が言った

「おたまさん、これからは、ちゃんとしていきましょうね。僕がきちんとカットしていたから良かったようなものの、一歩間違えればエライことになっていましたよ」
その「一歩」ってなんだろう・・・

.

やっぱり シルク姐さんやったんや

.

S子さん。長時間だったから
少し疲れたけど綺麗にしてもらってよかったね。

おたまは、金払って、説教されたけど嬉しかったよ

.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

素晴らしい夫婦善哉

なんて素敵な朝でしょう。
小鳥の歌に誘われて・・私もいーつか歌いだす

っとくらあー

ポストに投函してきましたの。何?て「俳句」ですわ。
ありがとうございました。ありがとうーっ。
締め切りに間に合いました。ええ、やりましたとも。
ああ、さわやかな朝ですこと!

Aさんの家に立ち寄りました。ご主人が出てこられて
「いやー、おたまちゃん久し振り。あがって、あがって」
「きれいな奥さまは?」
「うん。真綿に包んで床の間に飾ってある」

お家にあがると、奥さまは本当に真綿に包まれて
ソファーの上にチンとお座りだった。

膝を「やられた~」といって、「ヒアルロン酸・皇潤」を手に夫を遠隔操作していらっしゃった。

ご主人がお茶を運んできて下さった。
「おたまちゃん美味しいお漬物があるねん。切ろうか?」
「とんでもない。よそのご主人さまにそんなこと」

「かめへんねん。この人なんでもやらさなあかんねん」

夫、73歳。妻、68歳。完全に夫の「執事」化に成功
関白太閤殿下→→執事

いや~美しい夫婦愛を見せてもらったわ
と言って、おたまが帰ろうとすると、「ちょっと待って。これ、持って帰って」と彼女が田舎の寒餅やらおせんべいやらを持たせてくれた。

その動きのすばやいこと・・・

「ホンマに膝、痛いの?・・」 「まあな・フフ」

その場に執事は・・もちろん・・居なかった。

匿名希望さんのアドバイスにより本日はこのようにしてみた
このボッチ押して!     
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

梅は咲いたか・・

梅は咲いたか 桜はまだかいな
                  
(ツツツツ ツツテチ ドンデントーン)
 柳ゃなよなよ 風次第  山吹ゃ浮気で色ばっかり
 しょんがいな~
            

江戸の端唄「梅は咲いたか」は軽くはずみながら
本調子で弾きます                ( byたま奴・三味線講座)

Photo

梅だよりによると、和歌山南部梅林は満開だそうです
北野天満宮。大阪城公園・須磨離宮・・・関西にも梅の名所はたくさんありますが。
もっとこじんまりしたところに観梅の穴場があります

最近、桜より梅にこころ惹かれるのはトシのせいかな

・・・・

梅にまつわる思い出です。
多分、小学校4年生だったと思うけど、ある朝、母が「今日は学校を休みなさい」といいました。
それで、天神町の岩田屋(百貨店)の地下でオムスビか何かを買い、西鉄電車に乗って大宰府に行きました。

梅が満開でした。 
母は着物を着ていました。
おたまが写真を撮ってあげました。ファインダーの向こうの母はとてもきれいでした。当時30代半ばだったはずです。

おたまは、嬉しい気持ちが半分でした。「半分」というのは、その時の母が「悲しい気持ち」でいる事を子ども心に知っていたからです。

大人は色々あるんだろうけど、その色々を子どもは感じながら
ちょっと傷つきながら大きくなっていくのですね。



梅を見るとあの日のことを思い出します。

   

                

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

消えたシャボン玉



シャボン玉を飛ばしている・・・

シャボン玉を飛ばしながら考えている・・

 「男なんて、シャボン玉・・・
          人生なんて、うたかたの夢・・」

なあんてポジティブ人間のおたまが考えるわけが無い
残念でした

.

おたまはもっと、「マクロ」な視点に立っているのだ
わが国ニッポンの未来を考えている
このせりふ・・・坂本龍馬になった気分。
            

たかがシャボン玉。されどシャボン玉。
駅前の百円均一の殿堂「ダイソー」で買った。

日本経済がデフレスパイラルの底流から浮かび上がれない現状のなかで,
この経済のサイクルをどげんかせんとイカンことは国民おたま、よくわかっている。
しかし、今(たとえ、それが有効手段であっても)国にナンデン・カンデン物価統制されたら
イの一番にソロバン片手に国会へ押しかけるだろう。
なんといっても、おたま珠算検定4級だ(それ今関係ないです)

じゃあ、どうするのか、
百均に行くのをやめるか・・・いやだ
ユニクロはお嫌いですか?・・・お好きです




おたまさえ、おたまさえ良ければ日本経済なんかどうなってもいいや。
安い物を求めてさすらってやる・・・・。


フフフ。ついに尻尾をだしたな。
この、綺麗なだけの未亡人め・・・

.

 

おーっと。いけない。
欲望と妄想のスパイラルに巻き込まれるところだった

よーく、考えてみよう。 
              「なぜ、シャボン玉を飛ばしているのか」

.

そうだった!俳句!

今月の兼題は「石鹸(しゃぼん)玉」(春)

ぎゃっ!出来ていないよ!


.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

東京は恋人



今朝の朝刊「武士のサムライ」に嬉しい記事。
東京の上野動物園にジャイアントパンダのカップル
やって来るのですって。

神戸でも和歌山でもパンダに会えるのだけど

「秋刀魚は目黒」。「パンダは上野」に限るわね。

13dbb6e958b6c79e
嬉しすぎて、山田パンダの画像を貼り付けちゃった

「ひばり」も個性的な名前だけど、
自分に「パンダ」と名づけるその・・なんちゅうか・・度胸。    

・・・・

初めての東京行きは、おたま、中学生のとき。
修学旅行専用列車「希望号」に乗っていきました。
米持参でした。(恐ろしく昔っぽいわね)

次に東京へ行ったのは20歳位の頃。
お泊りは帝国ホテル・お食事は赤坂の「辻留」。
故辻嘉一さんがNHKの「きょうの料理」と同じ姿であいさつに出てみえました。
20歳の小娘には「贅沢」だったわね。
何しろ前回は米持参ですもの。
わが人生のピークだわ(ソコから転げ落ちていったのさ

でも一流のホテルも食事も「うわのそら」
気持ちは明日の「上野動物園」へ一直線

前年の秋に中国からカンカン・ランランがやってきていました。

・・・

あれからどれくらい経ったのかしら。

東京へはもう何度も行きましたね・・・でも

人とのお別れだったり。人生の分かれ目だったり。
子を手放す寂しさだったり。そうそう、会社の出張もあった

あまりいい思い出はないの。クスン

.

が。 おたま。 東京さ行ぐだ

だって、パンダがやって来るのだもの。

.

年間レンタル料。8500万円 
赤字負担は東京都民の税金に頼ることになる

申し訳なくて・申し訳なくて・消えてしまいそう・・・・だ

.

.


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

蝶のような私の郷愁

昨日、「アバター」でヘロヘロにくたびれたとご報告しましたが、あれは、映画の内容に起因するというより、3Dの、為せる技だと周囲が申します。そーかもしれないし、そーで無いかもしれない。
律儀なおたま、一言、申し添えまする。

ハイ。それでは本日のお話ね。

先日「三味線」にまつわる記事を書きました(1/30)
おたまの「芸道一筋」人生。
女の一本道をご理解いただけたであろうか。

事情で公開できない匿名希望さんからコメントがあった
ほんにミステリアスな・・あなたはどなた・・
覆面歌手。?はたまた
多羅尾伴内?・・・いずれにしても「たとえ」が古い

そういえば片岡千恵蔵は子ども時代の大スターだった
今ならどなたに匹敵するのだろ
岩に波がザッブーンと砕け散って始まる東映映画。
そして、そして最後は富士山と茶畑を背にこの御大の旅姿で終わる。

千恵蔵さん、現代劇でもカッチョイイ役をこなしておられる
「七つの顔の男だぜ」
ある時は片目の運転手・・又ある時はなぞの易者・・
で、腕を交差させるや否や、ポッケから二丁拳銃を・・・・。

アバターを見てきたところだから「拳銃を構えているのに」
ほのぼのしている。

話を本筋にもどそう

コメントには「三味線を見たことも触ったことも無い貴女はいったいどんな作文を書いたのだ。(このテキトー女め)」とあった。

ハイ。お答えいたします。

おたまが育った街、「博多」(博多と福岡は違います
ソコのところ大事。又今度語ります。

博多といえば「ドンタク」
そしてドンタクまつりの華といえば三味線
商都に染み付いた民衆の文化。
畳屋のおじさんも、ふすま屋のおじさんも、果物屋のおじさんも、どんたくが近づくと三味線の練習に余念がなかった。

町のどこからか聞こえてくる三味の音。

おたまは三味の音色を聴きながら

さなぎから蝶になったのだわ
         

といった、内容だったと、思います。

・・・・・・

「郷愁」

  蝶のような私の郷愁!
  蝶はいくつか籬(まがき)を越え
  午後の街角に海を見る・・・

  私は壁に凭れる
  隣の部屋で二時が打つ

  ー 海よ 
  僕らの使ふ文字ではお前の中に母がゐる
  そして母よ 
  仏蘭西人の言葉ではあなたの中に海がある

                                            三好達治/測量船より

詩人は「海」に郷愁を感じ、美しい言葉を残した。

おたまは「三味線」に郷愁を感じ、テキトーに書いた。

どこからか、現れて、又どこかへ消えていく
蝶を郷愁のようだという感性に胸が震える。

見失った蝶。しかし、それは再び現れる

ふとした、風のそよぎで・・・・

おたまの場合、それが「三味の音」ってことなのかもしれません。

.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

素敵なナンバープレート

パチパチパチ(いまどきソロバンをはじく音)
おたま、珠算検定は中途半端な4級です

来月は愛車「西行号」の車検・・物いりだわ・・パチパチ

「シンイチロー」(前の車)が幹線道路の真ん中で
プスッ」っとつぶやいてビクともしなくなってから、
もう三年も経つのね。

あんな別れの告げ方があるかしら、
つぶやくなら140字以内でお願いしたかったわ。

・・・

そうそう、ナンバープレートの話をしようと思っていたんだ

おたまんちは兵庫県の端っこにあり、田舎です。
大きな一歩で大阪府です。
神戸(三宮)へ行くより大阪(梅田)へ出るほうが便利。


小学校では田植えと稲刈りの体験学習があります。
近隣農家が供出してくださる松茸が給食に出ます。
教頭先生の家はご自慢の茅葺き。

ペットショップでイノシシが売られています(ウソやで)

そんなローカルエリアですが 

        車は「神戸ナンバー」

そ。おしゃれな「神戸

.

今、若者の車離れがすすんでいるそうですね。

その昔、車は男子のあこがれであり夢であり
女の子にモテるための必須アイテムだったわ 

若き日、周りの大阪府民男子のあいだでは
こんな都市伝説がささやかれていた

神戸ナンバーさえつければ

ホンダゼットフェアレディZにみえる

              

お洒落で、エキゾチックで、都会的で・・・
老若男女。善男善女。あこがれの的だったわ。

そーんな「神戸ナンバー」をおたま、つけていますのよ
おーホホホ。

.

で、あぜ道を走っていますの

.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

映画「アバター」

昨日は中尾彬にコーフンして更新を忘れました
(場外乱闘あり。)詳しくは2/9のコメント欄を 

今日はブログ開始以来100本目の記事です
(一本間違って削除しちゃったからホントは101本目です)

映画「アバター」を観てきました
誘ってもらったので「いっとこ気分で。

映画館で、入場チケットとメガネをもらいました
へ~これ掛けて観るんや・・・楽しそう・・。
館内全席「とんち教室」状態。(石黒敬七をご存知無い若い方聞き流して下さい)

で、話は・・おっと映画まだの方のために詳しいお話はできないわね

おたまの疑問と突っ込みどころ

まず、惑星の名前が「パンドラ」
           ・・・そりゃ危険だわ
絶対的ピンチでカバに助けられるとは思わなんだ
                   ・・・・あれはカバではありません
あの女の人ずっと特殊メイクで最後まで誰かわからない
                    ・・・知ってる人は知ってるの
で、身長が3メートルもあるの?
                  ・・・(沈黙)CGやし・・・

もう、二度とこの人(30代)に映画は誘ってもらえない気がする。

長生きはするもんだ。
色眼鏡かけて映画をみるとは・・
3Dって言うのですよ。

でも、戦闘シーンはもうエエ。
そんなの見切るパワーが無い

草食系おたま打たれ弱い
美しくてしみじみほのぼのする映画がいい
人間の出ている映画がいい。

ただただ郵便配達している(山の郵便配達)や
ただただ散髪している(胡同の理髪師)や
ただただ家を探す(友達のうちはどこ)がいい。

綺麗な女優さんの出る古いフランス映画がいい。
人間っていいなあ、生きるっていいなあと思える映画がいい

ペネロペ・クルス主演/ボルベール<帰郷>
  
 「をんなみな強き映画よ春隣」 おたま



「アバター」はスゴイ
スゴイけど、クタクタになって帰ってきました。

.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

命あっての物種

FMラジオから松任谷由実の「春よ来い」が流れている

 
   ・・・・・・・・
    春よ 遠き春よ   まぶた閉じればそこに
    愛をくれし君の   なつかしき声がする    

いい、曲ね。

・・・


風呂場の電球が切れた

台所の踏み台に乗っかったが届かない
庭から脚立を持ってくるの・・・・メンドクセー
子が帰る夜を待つことにしよう

ふと、思った。
子が嫁でももらって家を出たらどうなるんだろ。

そういえば、以前、ビンのふたが開けられなくって困ったことがあった。

ひっちゃん(夫)・・・悲しいよ
あなたが居ないと       

                不便だ ! 

   「如月の固くて開かぬジャムの蓋」  おたま

夫と仲の悪いスミちゃんに言わせれば
「そんなもの、じきにヨボヨボで使えなくなるんだから、居ても居なくても一緒よ」って言うんだけど。

そこらへんのところは、おたまにはよく判らないけど
来るべき「おひとりさま」の暮らしにそなえ基礎体力の増強をはかることにした。

ストレッチ各30秒=足首・ヒップ・ウェスト・ショルダー・股関節
トレーニング各1分=腹筋・背筋・胸筋・右わき腹・左わき腹・上腕オモテ・上腕・ウラ
スクワット 30回

 ハーハーハー・・・・
 ゼーゼーゼー・・・・  体力が増強される前に・・・

                      

              

                死ぬ  ! 

    

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

最後の晩餐

大阪は西梅田、阪神の地下通路の壁に忍者のように張り付いた店舗が並ぶ。
幅は二間はあると思うが奥行きナント数十センチ程
ショップ店員は例外なくむかしのお嬢さんだ。
懐かしき昭和の香り漂うエリアである。

人呼んでココを「アリバイ横丁」という
もう、そんな風に呼ぶ人もいないわね。

正式には「ふるさと名産」街といい、全国都道府県の物産が並んでいる
昔の賑わい今いずこ
現在は、長崎・熊本・宮崎・佐賀・香川・鳥取・島根・和歌山・愛知・長野・東京の11都県のみになってしまった。

おたまにとって他県はべつにいい。
ロマンシングサガそりゃ、ゲームボーイじゃ佐賀県だけは
永遠に不滅であってほしい

正確に言うと佐賀県が世界に誇る珍味

P_m_kan






松浦漬
(鯨の軟骨の酒粕漬け)

この、松浦漬を売る店だけは残してほしい。

子どものころを福岡で過ごしたおたまにとって松浦漬は市場の漬物屋さんのお味噌の樽と並んでフツーに量り売りをしていた。

いまや、高級珍味である。

最後の晩餐には「白いごはん」をという方が多いそうですね。お米って毎日食べても飽きないし。炊き立ての御飯をお塩でギュッギュッと結んだだけで、一升くらい食えそうだわ。まあ、今わの際にそれだけ食えるんなら死ぬのが不思議ってことですがね

おたまなら
最後の晩餐に何を所望かと聞かれたら・・べんべん

「松浦漬」。世露死苦。

当節インターネットでの購入は可能だが、捕鯨規制の現状や松浦漬の展望を昭和のショップ店員と熱く語り合わねばいかんのです。

達へ・・・(このブログ見ていないけど)


松浦漬を棺おけに入れてくれても
おたまはちーっとも嬉しかないよ。
生きてるうちに買っておくれ

今は亡きおばあちゃん(姑)が、大阪に出たらよく買ってきてくれた

おたまちゃん、一人で食べや
H(おたまの夫)は、味がわからないんだから」と言って。

可愛がってもらったなあ・・しんみり。

.

/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

理想の男性

春立つの知らせは聞けど・・・ぶるるっ
きのうは風花が舞っていました
今朝はうっすら雪化粧のわが町です

去年の今頃、おたまは切腹しました。「ハラキリ」ざんす
腹の中は案の定・・・・・・・・真っ黒  でした。
んなわけないわよ

モーチョーで11日間入院しましたの
隣のベッドの若い娘は3日で退院したのに。
このときの面白い話が山ほどあるのですが、ハハハ
又いつかupします。

CO-OP共済から入院費が下りてきました。使ったお金を差し引いても残りました。余裕のよっちゃんです。
そのお金を自分への「お見舞い」に使うことにしました
お花(生花)の定期便。\750×月二回。
計算では3年くらい楽しめます。

内容からすると申し訳ないくらいお安く
仕入れた状態の長いままで、とても新鮮です

今日は ポピー20本、レースフラワー3本、花麦5本

花言葉のメモが入っていました
ポピー・七色の恋 レースフラワー・可憐な心花麦・希望


花言葉の唄 昭和11年

それにしてもこの「岡本敦郎さん」

おたま、小さい頃は子どもだったので(当然ね)
気がつかなかったけど

なんて素敵な方なんでしょ
いい人オーラで、ま・まぶしすぎる 

この姿勢この声。
何よりも伏見信子さんへのさりげない気遣い・・
特に久々のステージである彼女の「歌いだし」部分。
温かさに溢れていて何度でも見てしまうわ。

ひっちゃん(夫)とタイプは全く違うけど・・
おたま、こんなヒトが理想だったんだ。きっと・・

ブログを書くに当たって調べてみたら大正13年のお生まれです。おたまの母より一つ上。

驚いたのは、あの名曲「高校三年生」は岡本敦郎さんの吹き込みを想定して作られたそうです。実現していたら、永遠の青春スター「舟木一夫」は存在していなかったかも知れませんね、

ま。学生服の詰襟は舟木さんに着て頂いて「正解」だったとは思うけどね。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

一人なら弱き者ゆゑ支へ合ふ



全国の奥様に告ぐ

縁ありて結ばれしキツネとタヌキではありませんか
悪いこと言わないから今のところは仲良くなさって。

と、申しますのは、

あるアンケートによると女性の四割が

 「夫婦一緒にいると体感温度が下がる」
と回答しているからでございます。

お連れ合いのそばにいて・・
悪寒が走る方、ここは、ひとつ辛抱召されよ。


ただ今「おたま未亡人倶楽部」新規会員受付中です。

.

ここに、ひとつのケースがあります。

以下、モザイク処理および音声を変えお届けします

我が家系も周囲も夫婦の絆は固いのです
ハイ。もちろんワタクシも一生添い遂げるつもりでした
・・・・・三年目からだんなのDVが始まり・・・・
関係が冷え切ってしまったのです。

周囲が心配して再婚相手を勧めたり
お膳立てをしてくれるのですが
何しろ、個体が少ないものですから顔見知りばかりで
カップリングが果たせません
ワタクシといたしましても絶滅は本意ではございません
野生希少種としての自覚は十分持っております

今しばらく今しばらく・・お待ち下さいませ。(by トキ子)

いっけない。名前出しちゃったわね。

先日の朝刊(武士のサムライ)でトキの親鳥の繁殖活動が芳しくないって記事を読みました。

自然(トキ)は人に色んなことを教えてくれます。

おたまがお米を送ってもらっている方(新潟)の田んぼに、去年トキが遊びに来たのですよ。残念ながら本州へ渡ったのはオスばかりだったそうです。

トキ子さん。一日も早く心身の傷が癒えます様に

.

そしてヒト科の。そ。四割に入っている奥様も、

「仲良きことは美しき哉」って
武者小路実篤先生もおっしゃってる。

どうぞ、
「体感温度の上昇」に努力なさいます様、僭越ながら
一言申し上げる次第でごじゃりまする。

ウチはloveloveですって
失礼しましたっ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

童子

四国八十八箇所。第三十六番札所青龍寺
本堂までの石段のきつさが印象に残る。

この寺のふもとに明徳義塾高等学校がある

高校在学中、
少年はこの石段を「うさぎ跳び」で登ったそうだ
200段はあったと思う。
一段一段の高さが半端なく高い

少年は角界へと進む。

この寺の石段を登った時、
朝青龍の強さの秘密に触れたような気がした。

桁外れに強い横綱が、強いまま土俵を去った

四股名はこの青龍寺に由来する。
本尊は波切不動明王。
お不動様は今回の事件をどう思っておられるだろうか

そういえば朝青龍。
お不動様のお使いの二人の童子に似ている
矜羯羅(こんがら)にも制多迦(せいたか)にも似ている

品格品格というが、俺は俺。土俵に上れば鬼になる」以前からそう言ってはばからなかった。ある意味彼にブレはない。

ひるがえって、日本相撲協会。このたびの理事選挙では旧態を固持し、利害争奪に終始する品を欠く姿を露呈してしまった。

重なる不祥事に甘い対応を重ねてきた相撲協会
花形を名横綱に育て切れなかったあなたに「品格」は言ってほしくない

朝青龍明徳

「やんちゃな困ったさん」だが愛された。惜しい。

.

.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

京都の節分会

ハーイ   今日から 
背中にはホッカイロ・・でも、でーす。

春立つ
旧暦では今日から一年が始まるのです。
ですから昨日は節が分かれる「節分」でした

 「 鬼は外お隣もいま雨戸開け」 おたま

子どもが成長し
夫と二人暮らしになっても、夫が鬼の面をつけ
玄関で「うぉ~」庭に廻って「うぉ~」
大騒ぎのおたま家でした。

昨日は、京都へお出掛けしました
この日、京都の街は「節分」一色に染まります
とっても華やかで、活気にあふれます。

(興味のある方は「京都の節分」でググって見てください
にぎやかな街の様子が判っていただけると思います)

まず、四条通りの東端

八坂神社で祇園の舞妓さんの奉納舞を見物しました。
豆まき(舞妓さんVS豆拾い(おたま舞妓は~んかかっておいで

雪がチラチラ降ってきました。
「風花」って綺麗な言葉ですね。
とんびがたくさん輪を作って舞っていました。

八坂さんを出て、花見小路の料理屋さんでぜんざいのお接待をしてもらいました(無料)

そのあと六波羅蜜寺の節分会に行ってきました
こちらも舞妓さんが豆まきしやはるんどすえ。

Photo 空也上人立像(重要文化財)

世界ビックリショーじゃないわよ
だから、ファイヤーショーじゃないってば
口から飛び出しているのは六体の阿弥陀様。
阿弥陀様×6。有難いでしょ
(この日は拝観できませんでした)

おたまはこの方とってもエライと思っています
見てください。この、お身なり。
金太りからは程遠い・・

ここでは鬼ならぬ土蜘蛛が退治されます

ぴゃ~っと蜘蛛の糸を吐くのだけど
豆をぶつけられ、六斎念仏により調伏されるのです。




お豆さん
たくさん拾いました。年の数はゲットしたわ
ま、さしたる数じゃないわね。

句材拾いのはずが豆ばかり拾い、俳句ができない
頭痛い、おたま。
豆もぶつけられたし・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

タンタンタンタン誕生日

先週は東京の友人エンジェルの誕生日でした

離れて住むのを幸いに「おめでとう」のひとことで済ませておいたゾ
彼女とおたまは誕生日が20日違う。
20日間でも年上っていやだわ。

びみょーね。乙女心って
すこしでも若くいたいのかな、
そういうわけでもないのだけどね
でも、昔からよくトシをごまかしているもので、ごまかしすぎて最近では指折り数えないと分からなくなってきました。

誕生日なんてキライだ・・・
だいっきらいだ。白い雲なんて・・・

年を重ねることに価値を見出せないのは
           立派な生き方をしてないから」


そ。そうね。 きっと・・・

日本女性の今や4人に一人が65歳以上です。

石を投げればバーサンに当たる

そのてんウチラ、50代だものねえ、エンジェル。

この期に及んでまだ言うかい

いずれにせよ、アラカンなんだから・・

イヤこだわる

自己矛盾にさいなまれるおたま

でもね。この世は矛盾に満ちている。

「タバコを吸いながら禁煙を考えるオトーサン」
「太った栄養管理士」

・・・・・・・・・・・ 矛盾だらけでいいのだよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「わが齢わが愛しくて冬菫」 富安風生 

冬枯れのなかに見つける奇跡。

命の肯定。

この風格への道は遠いなあ・・

明日から春。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

あだ討ちワンダーランド

今、おたまんちの玄関はエライことになっております。
お正月の「若松・菊・千両etc」がまだまだ元気。
お花やさんの定期便のチューリップ・カスミソウ・
デンファレ・スィトピー・ストック等の生花のほかに越冬のゼラニウムの大鉢×3。これが又花をいっぱい咲かせているのです

花で花で花で「早乙女太一」の楽屋状態(想像です)

玄関が一番涼しい(寒い?)のでどうしてもここに全員集合させてしまいます。

そうそう、楽屋で思い出したわ

今年の初春大歌舞伎(大阪松竹座)は
通し狂言「仮名手本忠臣蔵」でした。

虫も殺せぬ平和主義者のおたまといたしましては
「あだ討ち」などという恐ろしい演目・・・・・・

喜んで見ましたわ。昼・夜ともね。

坂田藤十郎丈のタフなこと、タフなこと。

.

良かったのは「大星力弥」役の中村壱太郎
「いまだ参上・・・(ためて)・・つーかまつりませぬ」
初々しさの中に心情が溢れて、おたま泣いちゃった

そして、夜の部
「遊女おかる」の片岡秀太郎丈の可憐なこと
兄、寺岡平右衛門から夫、勘平の切腹を知らされる
「あにさん・・・・どうしょっっ
この、「どうしょっ」・・がいいのよねえ。
しょうう。じゃなくてしょ!この小さな「っっ」がね

こんなハナシをし出したらきりがおまへん

観劇後3日ほどは余韻に浸るものですから
所作・話し言葉・歌舞伎調になってしまいますわ。

で、愚息からよく言われますの

.

.

おたまちゃん分かったから、早く御飯よそって・・・

そんなトコロで踊ってないで・・

.

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »