« 素敵なナンバープレート | トップページ | 東京は恋人 »

2010年2月13日 (土)

蝶のような私の郷愁

baseballbaseball

昨日、「アバター」でヘロヘロにくたびれたとご報告しましたが、あれは、映画の内容に起因するというより、3Dの、為せる技だと周囲が申します。そーかもしれないし、そーで無いかもしれない。
律儀なおたま、一言、申し添えまする。

ハイ。それでは本日のお話ね。

先日「三味線」にまつわる記事を書きました(1/30)
おたまの「芸道一筋」人生。
女の一本道をご理解いただけたであろうか。

事情で公開できない匿名希望さんからコメントがあった
ほんにミステリアスな・・shadowあなたはどなた・・sign02
覆面歌手。?はたまた
多羅尾伴内?・・・いずれにしても「たとえ」が古い

そういえば片岡千恵蔵は子ども時代の大スターだった
今ならどなたに匹敵するのだろ
wave岩に波がザッブーンと砕け散って始まる東映映画。
そして、そして最後は富士山と茶畑を背にこの御大の旅姿で終わる。

千恵蔵さん、現代劇でもカッチョイイ役をこなしておられる
「七つの顔の男だぜ」
ある時は片目の運転手・・又ある時はなぞの易者・・
で、腕を交差させるや否や、ポッケから二丁拳銃を・・・・。

アバターを見てきたところだから「拳銃を構えているのに」
ほのぼのしている。penguin

話を本筋にもどそう

コメントには「三味線を見たことも触ったことも無い貴女はいったいどんな作文を書いたのだ。(このテキトー女め)」とあった。

ハイ。お答えいたします。

おたまが育った街、「博多」(博多と福岡は違います
ソコのところ大事。又今度語ります。

博多といえば「ドンタク」
そしてドンタクまつりの華といえば三味線
商都に染み付いた民衆の文化。
畳屋のおじさんも、ふすま屋のおじさんも、果物屋のおじさんも、どんたくが近づくと三味線の練習に余念がなかった。

町のどこからか聞こえてくる三味の音。

おたまは三味の音色を聴きながら

さなぎから蝶になったのだわ
         

といった、内容だったと、思います。

・・・・・・

「郷愁」

  蝶のような私の郷愁!
  蝶はいくつか籬(まがき)を越え
  午後の街角に海を見る・・・

  私は壁に凭れる
  隣の部屋で二時が打つ

  ー 海よ 
  僕らの使ふ文字ではお前の中に母がゐる
  そして母よ 
  仏蘭西人の言葉ではあなたの中に海がある

                                            三好達治/測量船より

詩人は「海」に郷愁を感じ、美しい言葉を残した。

おたまは「三味線」に郷愁を感じ、テキトーに書いた。

clover

どこからか、現れて、又どこかへ消えていく
蝶を郷愁のようだという感性に胸が震える。

見失った蝶。しかし、それは再び現れる

ふとした、風のそよぎで・・・・

clover

おたまの場合、それが「三味の音」ってことなのかもしれません。

.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


|

« 素敵なナンバープレート | トップページ | 東京は恋人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさんのブログは大変軽妙で楽しいです。

今日のブログも話があっちへ飛んでこっちへ戻って一体何のことやらと1月30日に戻って納得でした。

大阪にも神戸にもましてや博多にも住んだことのない私には興味津々です。

これからも軽く楽しく色々紹介してください。

投稿: スマイル | 2010年2月13日 (土) 10時00分

スマイルさん。失礼しました。
「おばちゃんの話飛ぶ飛ぶ春炬燵」
作者不明なのですが、大いに共鳴した俳句です。
そうですか・・おたまも飛んでいますか。
いっそこのまま、イスタンブールにでも飛んでしまいたい(あっ又ハナシが飛びそう)
博多には12歳まで居ました。今は親戚も誰も居ませんが老後(ったって、すでに老後かしら)は博多に住みたいのです。
でも、街も人も変わっているだろうし。
やはり、ふるさとは遠くから思っているほうがいいのでしょうかね。baseball

投稿: おたま | 2010年2月13日 (土) 17時30分

神戸にも大阪にも住んだことのない私です。

姫路城の大改修が今年の4月12日より始まり5年間全貌が観られなくなると言うので2泊3日で姫路城見物と神戸・大阪の美味しい物を食べに行こうと友人と話がまとまりました。

おたまさんの住んでいる町の良さや楽しさに少しでも触れられることを今から楽しみにしています。

美味しい物のお勧めがありますか、おばさん3人組が喜びそうな所を紹介下さい。

投稿: スマイル | 2010年2月14日 (日) 08時43分

スマイルさん。いいですねえ春の旅。
姫路城は桜がきれいですよ。
時々、花見客が頭にネクタイを巻いてタコ入道になっています。
本物のタコを見たかったら明石(姫路からJRで25分)の魚の棚(うをんたな)へ行ってください。トロ箱から逃げ出したタコが商店街をあるいていますよ。
タコを食べるなら大阪のタコ焼きですね。
明石のたこ焼きは「明石焼き」または「玉子焼き」と言って、大阪のそれとは少しちがいます。
どちらも美味しいので、タコさん(たくさん)食べて帰ってくださいね。baseball

投稿: おたま | 2010年2月14日 (日) 13時40分

おたまさん、情報ありがとうございます。

たこ焼きに明石焼き是非本場で食べ比べたいです。

タイミングがよければ姫路城でお花見が出来るころです。楽しみにしています。

投稿: スマイル | 2010年2月15日 (月) 16時57分

そうそう、スマイルさん。明石のマンホールのふたの絵はタコですよ。
大阪市は大阪城。姫路もきっとお城でしょうね。良い旅をなさって下さいねbaseball

投稿: おたま | 2010年2月15日 (月) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270741/33322098

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶のような私の郷愁:

« 素敵なナンバープレート | トップページ | 東京は恋人 »