« 字義に反して児戯となる | トップページ | 飛べ! »

2010年2月27日 (土)

夜は恋人

こんばんは  森進一です(ウソ)
あなたの心の常備薬おたまです。

今宵はこの曲「夜は恋人」を聴きながら
マルマン・おたま劇場「大人の世界」へご案内いたしましょう

シュポッ(マルマンライターの音)

 

メンドクセーなどと、ダダをこねず。ハイ。スタート。

 

「早くねなさい!」と叱られながら見ていた「マルマン深夜劇場」
大人っていいなあ。学校に行かなくてもいいし。遅くまでテレビが見られるし・・

歌っているのは、中原美紗緒さんです。
あの、大きな瞳の少女の絵で日本中の乙女を夢中にさせた中原淳一さんの姪御さんに当たられるそうです。

「夜よ~夜よ~夜は~素敵~」

代表曲はこの、「夜は恋人」のほか「河は呼んでる」・・そうそう、人気ドラマ「バス通り裏」のテーマソングも歌っていらっしゃいます。

あたくしにとってはシャンソン歌手というより、なんてったって「あんみつ姫」です

これ、月曜日の7時からだったんだ。
大好きでした。

それから、大人になって・・

ゲーム好きの大人になって・・

ドラクエⅢのキャラ決めのとき、
勇者名はもちろん「おたま」
魔法使い。戦士。武闘家。僧侶。商人は、それぞれ
カステラ夫人・小倉ようかん・腰元きなこ・あわの団子・
栗きんとん。にしました。

そうなんです。「あんみつ姫」の登場人物です。

でも、母(あたくし)があまりにもやりすぎるので子・平凡はゲーム機を隠して学校に行ってました。ソコはそれ所詮子どものすること、さっと見つけだします。

だって、あたくし。「大人ですもの」

   あれ? あれえ? ありゃりゃ?

本日は、「大人の世界」へご案内するはずだったわよね。
出だしはよかったんだけどね。

どこから、ドラクエになったのでしょ。

これじゃあ、大人になりきれなかったって話ですね。!

いまとなれば・・夜よりも「朝は恋人」
さっ。お洗濯。お洗濯。

 


 

| |

« 字義に反して児戯となる | トップページ | 飛べ! »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

中原美沙緒~わ~懐かしい名前だわ。
うばゆりはそれ程でもなかったのだけど、母がファンでした。色々思い出しました。

シットリとした「夜は恋人」を聞きながら、
おたまさんのドラクエの話しを読みますと、これはどういう無関係の関係かと頭がおかしくなりました。
ハッキリ言わせて貰います。シャンソンにうっとりしていたのに頭が爆裂しました。

投稿: うばゆり | 2010年2月27日 (土) 22時38分

ハーイ。こっち、こっち。
こちらですよ~。ついてきて下さいねえ。
センセにくっついていないと、お家にかえれませんよ~。
花粉の飛散に負けじと、おたまのハナシも飛んでいますねえ。
中原美紗緒→あんみつ姫から、かつて、あんみつ姫気取りで家来を引き連れて戦ったドラクエ3を思い出しちゃって。つい、コーフンしてしまいました。
大変失礼をばいたしました。
しかし、あの時、カステラ夫人は役立たずだったわ。

投稿: おたま | 2010年2月27日 (土) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜は恋人:

« 字義に反して児戯となる | トップページ | 飛べ! »