« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

ちょっと失礼おたずねしたい

おせんべいをかじりながら
日向ぼっこをしながら
ゲームをしながら

ラジオで鳩山首相の施政方針演説を聴いていた

こんな姿、イ。ビョンホンさまに
見られたくないわ

耳に飛び込んできたのは 「一丁目一番地」という
フレーズ。
地域主権の実現は鳩山内閣確立の一丁目一番地だ

出たあ。「一丁目一番地」

最近やたらめったらこの言葉が使われている
特に政治家周辺で。

何がいいたい胃が痛い・・やわ

国民新党も「郵政民営化の見直しは我が党の
一丁目一番地だ」と言っていました。

いかがでしょう、この用法。

わけワカメ。意味トロロ・・やわ

「原点」とか「基準点」という風に受け止めればよいのでございましょうか(byおたま)

このフレーズ耳に残る。印象に残ってしまった自分が 若干くやしいわ

雨の降る日も風の日も ニコニコ笑って明け暮れる
ここは一丁目一丁目一番地

懐かしい。ラジオドラマのテーマソングね

そんな政治を目指そうではありませんか
「いのちを守りたい」
そうだそれが政治の役割だ。
それこそ一丁目一番地だ。

風呂やの釜はゆう(湯)ばかり

かけごえだけなら菜っ葉のこやし

下手なしゃれはやめなしゃれ・・(此の位にしておくわ)

ニコニコ笑って明け暮れる、世の中になるよう
国民おたま心よりお願い申し上げます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

三味線と私



ようこそ、おいでくださいました。ささ。お茶でもどうぞ
で、一昨日の続きでございます

あっ。その前に三味線弾き聞いて

おたまってーのは未亡人とは仮の姿で、実は『必殺・裏家業人』じゃねーのかい」と思われた方・・・・

い・いらっしゃらないわね。ホッ

それは、この方よ
             

Photo

.

三味線屋・勇次    
職業・仕置き人

特技・三の糸飛ばし

.

おたまは「仕事人」中条きよし様とも、「仕分け人」蓮舫様とも、お付き合いはございません。

・・・・・

なぜ三味線を弾く羽目になったかと申しますと

かれこれ20年前。新聞で関東の某三味線メーカーが創業○周年記念事業として「三味線にまつわる作文」を全国募集という記事をみつけました。

魔が差したと申しましょうか、応募しましたら
忘れた頃に電話をいただきました。

あなたの作文が最優秀賞ですヒエーッなんてこったい

で、賞品の「三味線」が送られてきたのです。


.

それまでの人生で三味線を弾くことはもちろん、見たことも触ったことも無かったし、欲しくも無かった。(ごめんなさい)
じゃあ、作文には何を書いたの?ってことですよね。
確か題は「三味線とわたし」・・・。
申し訳ございませんでした

三味線メーカーからはお褒めの言葉と「しっかりお稽古なさってくださいね」との丁寧な手紙が添えられていた。とほほ。

.

それから7.8年押入れの天袋でクマ吉(三味線の名前)は眠っていた。

ある日、Hさん(この前登場した)から電話があり
「おたまちゃん、今すぐ三味線を持ってウチへいらっしゃい」

其処にいたのはHさんの知人の友人で後におたまの三味線の師匠になるお方。あれよあれよといううちに「じゃあ、来週からいらっしゃい」という話にまとめられたっつーか丸められたっつーか。

おたま、見えない糸(たぶん三味線の)に絡み取られた

で、師匠の家に行くと「じゃ。これね」と渡されたのが

「黒田節」「大漁節」の楽譜

え~っ おたま民謡三味線を習うとですかあっ・・・
そげなこつ。聞いとりまっせんばい。


.

あれから・・・十年は経ったわね。

エンヤートット エンヤートット

全くヤル気のない掛け声をかけながら・・・
自分のやっていることが腑に落ちないまま・・・

相も変らず  エンヤートット エンヤートット

しかし、器用貧乏の悲しさ。モノにはならんけど
これが又、けっこう弾けたりするものである。

そりゃあ十年もやってりゃね。

流されるままの三味線との付き合いではあるが
人生のお手本にしたい師匠や怒涛の人生経験の姉弟子(90歳)との出会いがあり、続いている。

身を任せた波乗りをそれなりに楽しんでいる・・。

と。まあ、そんなわけだしゃ。でんでん。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

NHKのセンス

今朝の朝刊「武士のサムライ」に←懐かしいフレーズね
ビッグニュースが飛び込んできた ザッブーン 

本日、夕方のNHKテレビ「あほ!すき!」に
実力派若手シンガー「松下優也」登場・・・なのだ

去年の夏ごろABCテレビ「おはよう朝日です」で、(そう
あの、宮根誠司がもうスグ卒業する)スポット紹介をみた

「この子は来るで」おたまピ~ンときたわ

(なかなか、出ないは事務所大人の事情だったんじゃない?)

サザンオールスターズを初めて見たとき「なんじゃあ、このバンド」と笑っていたひっちゃんの隣で「桑田佳祐、覚えといてやるよ。あんた天才だよ」と
言った、おたまですもの。

この子、口ひげ生えてる」と言ったひっちゃんに「そんなとこ見てるんじゃねえよ宇多田ヒカルって名前覚えておきな。」と言ったのも、おたま。

松下優也。クリスタルな声がいい。check check

それにしても、NHK。

この番組タイトル「あほ!すき!」ってどうなんでしょう。

・・・・・・・・・・・・・

関西エリアだけの放送だと思いますが本日、放送です。

おたま的ビッグニュースでハナシが長くなりました。
昨日予告の「三味線ばなし」は「明日」ってことで

ごめんちゃい

鷽替え(うそかえ)してきたばかりなのに
申し訳ありません。

心づくしの神さんが
  うそを真にかえさんす
    ホンニまことにかえさんす
      ホンニうそ替えオゝうれし

あんたになら、だまされて・・・ア・ゲ・ル・・ですって?
うーん。粋な皆様

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

ゆくえも知らぬ恋の道

「いいお天気・・・お稽古でもしようか・・」

「こんな日は音(ね)がちがう」雪の晴天を見上げて駒子が言っただけのことはあった。空気がちがうのである。・・・・音(おと)はただ純粋な冬の朝に澄み通って、遠くの雪の山々までまっすぐに響いて行った。(川端康成・雪国より)

主人公、島村は凛とした撥(ばち)の音に駒子の生き方を重ねる。
虚しい徒労とも思われる、遠い憧憬とも哀れまれる、駒子の生き方に。

エエイッ   シャラクセーわい 

いったいこんな女に誰がしたのよ・・
ゼイゼイゼイ・・(おたまの鼻息

(おたまじゃないよ、駒子のことよ)

最近新聞紙上の読書会で「雪国」を取り上げていたので再読してみた。
一度目は十代半ばに読んだ。
次は本の裏にS55/8/23とメモがある
そして今回だ。

駒子さんに言ってきかせたい。
恋の成就が「添い遂げる」ことなら、あなたのそれは
「ガラスの城」よ。    
美しいけど脆いわ。
ゆくえも知れぬ恋なんて時間の無駄エネルギーの浪費
世はエコの時代なのよ・・・

(だんだん自分がつまらん人間に思えてきた、おたまです)

でも

おたまの読後感は一貫している。
「こんな男のどこがエエねん」

紙上読書会でもそのような声が多かったものの、皆さん大人だ。上質の文学作品をきちんと読み解いておられる。



おたまの今年の初夢は(話変っています。ついてきて下さい

三味線の皮が破れていた」というものだった
フツー、そんな夢みるかい

実は、おたまは「三味線弾き」なのです。
「弾ける」のです。
好きで弾いているわけではないのです。
趣味でも特技でも、ましてや職業でもないのです。

・・・・・・

話せば長きことながら・・・べんべん
長くなるので続きは(たぶん)明日。

興味のある方も無い方も、たいした話ではございませんが、明日またお越しくださいませね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

似て非なるもの

男前は 玉木宏

一週間のご無沙汰は 玉置宏

いつまでも幸せを掴めないのは 玉置浩二

ああ、ややこしや。

それにしても似てるわね
バンクーバー と ハンバーガー

えっ?全然似ていない? そっかー

ハンバーガー

バンクーバーといえば男子フィギュアスケートでは 
2006年トリノ五輪のゴールドメダリスト
ロシアのプルシェンコ選手が絶好調らしいわね

卓越した技術力、演技力で4回転・3回転
くるくる・くるくる廻られたひにゃ、目も当てられないわよ

高橋大輔選手に金を取らせてあげたかったのに・・
(早々と過去形で言うのはやめなさい!)

だいたいプルシェンコさん、引退宣言してたんじゃなかったっけ?
それをのこのことでてこられたのね。

ブログ再開しているおたまと同じじゃない!

一緒にするな  

(今、いっせいにどこからか石が飛んできたわ。イテテテ)

スポーツはあくまでも自分との戦い。あくなき挑戦。
高みを目指すから美しいんだわ。

おたまの考え間違っておりました。

もう少しで

関空が伸びないのは→伊丹があるから→だから
→→伊丹空港廃止 

橋下大阪府知事の論法に乗せられるところだった

.

メダルがどうのこうの・・・じゃないわね
プルちゃんも大ちゃんもがんばれ。

お前もな。おたま。・・だから一緒にしないの!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

嘘をまことに替える

毎月25日は天神様(菅原道真公)のご縁日。
年の最初1月25日は「初天神」と言って賑わいます。

この日は「鷽替」(うそかえ)という神事が行われます
「初天神」「鷽替」どちらも新年の季語です

俳句の句材を拾いに・・・
いやいや。そんな信仰心の薄いことではいかん。

天神様に俳句上達、学問成就を祈願して
いやいや。神さん頼みばっかりでもいかん。

おたまの本当の目的は
「去年一年間についた嘘の懺悔」

鷽替えさえしておけば去年の嘘は全てマコトに替わり
また一年、大嘘がつけるってもんですぜ。アニキ。

ってなことで、とっとこ大阪天満宮へ行ってきました。

005_convert_20100126131156_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                          

「替えましょう。替えましょう。嘘をマコトに替えましょう」
と言いながら、このお札を交換していきます。
境内は「嘘つき」だらけで大賑わい。

おたまはなるべく正直そうな人を選んで交換しました。

 「温顔の宮司と鷽を替へにけり」 おたま




そうそう、社務所で

「カミナリよけのおふだ、ありまへんか?」と聞いていた人がいたわ。
官公といえば「カミナリ」。さすが!授けてもらってはりました。

で、友人が「あの、おっちゃんカミナリが恐いんや」と言ったけど、それはチャウやろ。
「避雷針の会社の人」かな。でもそれなら天神さんとは「商売かたき」だしね。
「ゴルフ場の人」かな・・
「恐い上司を持つ部下」かな・・・
「恐いヨメを持つ夫」かな・・・????


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

生きる意味

お豆さんを炊いたの・・とHさんが来られた。
おたまより、(たぶん)10歳くらい年上だと思う。

ウチの一年後にご主人を亡くされた
ひっちゃん(おたまの夫)が死んだんだ・・って報告に行ったとき、ご主人はおたまちゃんが可哀想だといって泣いてくださった。

悲嘆からの立ち直り方、かかる時間は人それぞれだ。

Hさんが訊く 「何のために生きているのか」
おたま答える 「念のために決まってるやんか」

あかん!小さく爆笑したのは一名だけだった

「生きる目的って何?」 「幸せになるため」
「幸せってなに?」    「喜び」

「おたまちゃんは立ち直りが早かったね。若いからかなあ」

おたまの「生きる意味」は単純明快だ

存命の喜び日々に楽しまざらんや

ずいぶん前だけど「女人四十」(ヌーレンスーシー)という中国映画をみた。アルツハイマーのおじいさんが落ちてくる雪(本当は夏のはなびら)を両手に受けながら言うせりふが心に残っている。

 「人生は喜びだよ」



・・・・

う、う~ん。「立ち直り」ねえ・・・
「嘆き」も「悲しみ」もまだ、していないような気がする。
立ち直るも何も、ちゃんと、泣いてもいないし。

夜寝る前に、いつもぼやいてやる。
「ひっちゃんのアホ。おたま一人ぼっちになったやんか」
すると返事が返ってくる
おたまちゃん、そんなに怒ったらあかんよ」ってね。

たぶん、まだ一緒にいきているんやろうな。

.

.

.

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

タイツ王子

長男「平凡」は服飾に小うるさい。

最近の突っ込みはNHKの某若手アナウンサー。
いわく・・・          こいつはホストか!

確かに「ニュースの現場からお伝えしました」というより
ナイトイベントで恋の予感」って感じだわ。ウン。

スーツは洗練されたシルエットが命。崩すなら
センスのある人がTPOをわきまえて着こなさないと
難しい。

で、平凡氏。母のファッションも厳しくチェックなさる。
彼の辞書に「不毛」という文字はない。

おたまちゃん。それ、間違ってるで。勘違いしてるで。
変やで・・・

 ジャカーシー  わい

ええやん。
温くけりゃエエねん。

そういう、貴方はどうなのよ。

彼の室内着

ミズノのブレスサーモの上下(黒)+羽毛肩当

肩当はおばあちゃんの形見。グリーンのチェック柄
ブレスサーモ。はっきり言ってシャツとパッチ
100年の恋も一遍に醒めるわ。
恋の話はせんといて!何かあったのね。お気の毒様

どう見ても変。
いくらブレスサーモが温かいとはいえ股引き姿にうろうろされるのはねえ。

おたまも指導をいれてやった

あんた。熊川哲也

ハイ。少しほめすぎました。




kkkk

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

木ヘンに春でツバキです

今月の兼題は「寒椿」

冬に咲く椿を総称して「寒椿」といいますが
カンツバキという名の山茶花もあります

椿は「落つ」を詠み
山茶花は「散る」を詠みます。

そんなごと、言いんしゃっても・・

出来んばい。

曇りガラスを手で拭いてもさっぱり「明日」が見えないわ

だから・・

Tyuurippu2_2
     チューリップを見てきました。

kkk

kkk

「何でやねん」

ツッコミ上等! 受けて立ちましょう!

・・・

大寒なのにこの陽気。
大阪の服部緑地に愛らしいチューリップが満開
NHKのTVクルーが来ていました。

目ざとい方たちね。
花のようなおたまを見つけてインタビューを申し込まれたけど丁寧にお断りしました。
「指名手配中ですから・・」って。

だったら、目の前ちょろちょろするなよ
って無言の抗議を感じたのだけど、
きっと、思い過ごしよね。

また、寒くなるらしいので体調管理に気をつけて下さいませね。

ああ、寒椿かあ・・

 「同齢と知りて親しく寒椿」 おたま

一人吟行のつもりだったけど、友人が付き合ってくれました。

kkkk

kkk


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

ここはどこ?わたしは誰?

今朝ベルリン経由でパリから戻ったわよ。

まだ「武士のサムライ」も読んでないの

一ヶ月ぶりに舞い戻ったら・・

生まれた土地は荒れ放題

おたまの部屋はクモの巣だらけ・・やれやれだわ。

皆様もちょくちょく覗きに来て下さったついでに
雑巾がけの一つでも・・・・ってそんな義理はないわね。

ってコトで、旅の疲れがとれたら

駅前パチンコ店のように
スーツ三着イチキュウッパ店のように

近じか、新装開店の予定でございます。

あっ!花輪とかご祝儀とか気になさらないで
耳の穴かっぽじってお待ちくださいませね。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »