« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月19日 (土)

おかげさまで三ヶ月



つ・ついにやったわ

本日でブログ開始から三ヶ月
一ヶ月でやめるつもりが調子こいて二ヶ月。
               勢いあまって三ヶ月。

これもひとえに、遊びに来て下さった皆様のおかげ
そして、何より 自分の力

このひと月で
画像の貼り付けが出来るようになりました
 (思うような場所や思うような大きさにはならんけど

ブログ村ランキング(団塊)で一位になりました
  3日天下と思っていたのに、居座ってます

あたくしが、「押せ・押せ」って言うものだから
押してくださったのね
アリガトネ
おだてられて木に登っちゃったわよ

で、この間から「閉店」だ「トンズラ」だの言ってますが
あんた、いつまで歌ってるの     絢香

って、あたくしのこと白い目で見ていらっしゃらない
・・・・・・わよね。      (紅白歌合戦までよ!)By 綾香

 

事情で公開できない匿名希望さんよりコメント
朝一番、ガハハと笑って仕事に取り掛かっていたのに
ショックだわ

あたくし笑っていただくつもりは決してなかったのだけど
「笑いは友情に非常に重要」ってじいちゃんも言ってた。
笑ってくれて、ありがとう。

血へどのY子さんも
もうちょっと読みたい・・・
ちょっとでいいのね。ビミョーだけど、ありがとう。

・・・

「閉店」に深い意味は無いのですよ・・・・・・もんちゃん
ただ、「キリ」がいいかなとか。
正直「楽しみすぎると時間を奪われる」ということですね

で、「勉強をしないのでゲーム機を取り上げられた小学生」状態に自分を置くことにします。(masochismじゃないわよ

子どもかいっ おたま



また、遊びをせむとや・・・戻ってまいりますわ

しばらく、空き店舗にしておきますが、皆様におかれましては時々のぞきに来てくださったら嬉しいな
マイク片手に大振袖で舞台狭しと歌っているかもね
そのときは「ミヤッコ!ミヤッコ!都はるみ!」じゃなく
「た~まやおたまのアンポンタン」と声をかけてね

では、皆様よいお年を。
ご訪問ありがとうございました。おたま

 


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

為さずに成る

今朝の朝刊(武士のサムライ)に作家の井上ひさしさんが肺ガンの治療中であるという記事がありました。経過は良好だそうです。

武士のサムライでおじゃる米沢藩主・上杉鷹山のおことば

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も
               成らぬは人の為さぬなりけり

(注)為すと成すと茄子は意味が違うのよ気をつけてね

 

これほどあたしに似合わない言葉はないわね

・・・・・・・

で、本日は「為さなくても」「思うだけ」で「成った」
ラクチンコースのお話をします


若き日の井上ひさしが大学の後輩であった学生に本を書くことを勧めます
学生は少年少女向けのちいさな小説を書き、それが本になった。
その一冊が教会の修道尼を経由して一人の女の子の手に渡った
女の子はその本が好きで、大きくなっても・・学校を出て、お勤めして、結婚して、母になってもいつも「みほとり」におき、大切にしていた

その間、作者のことを考えた。どんな人だろう。他の小説を探してもみつからない、もう小説を書いていないのかしら・・ひょっとしたらこの人は女の人で今頃はお母さんになって「○○ちゃん、早く宿題を済ませなさい」なんて言っているのかしら・・・

不思議なくらいいつも思っていた,「どんな人だろう・・」

本を手にして40年以上経ったある日、図書館で借りたある本の中にその人の名前を見つける。
詩人であり、男性であり、ご存命であり、名前の読み方も判った
女の子は躊躇することなく「詩人協会」気付でその人に手紙を出した

どんなにこの本が好きだったか、どんなに大切にしていたか、作家の名を見つけてどんなに驚いたか・・
興奮しすぎて「この本は棺おけに入れます!」と書いてしまった。

皆様もうおわかりでしょう。

その女の子は、おたまです

本の名前は「たくさんの日々」

 

作者 小長谷清実(コナガヤキヨミ)
1936年生まれ 上智大卒業後電通勤務のかたわら
「小航海26」で詩の芥川賞といわれるH氏賞受賞
「脱けがら狩り」で高見順賞
2007年「我が友、泥ん人」で現代詩人賞

 

今ならパソコン検索ですぐ判ることなのにね。
でも、こんな感激は無かったと思う。
だって、10歳のころからよ・・・
ずーっと思っていた」のどんな人だろうってね

 

「思えば成る」って絶対にあると思います。

 

秋になると小長谷さんに当地の「実りもの」を送ります。
ファン第一号って勝手に思っているので
いいの送りつけても
ときどき、詩集や絵本やお手紙をいただきます。

 

なにか・・・しあわせで、不思議です。

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

今年の総括その続き

今朝の朝刊(武士のサムライ)には普天間先送りの大見出し。


あたしって、お人よしなのかしら、意見統一が出来ていないとか、ぶれているとか全然思っていなかったの
調整を重ねて方針を貫くと、思っていたし、実りある模索を続けているのだと信じていたわ。
現実の決着がどうつくのか判らないけど事態は険しくなりそうだわね。
理念を掲げる事は決して青臭い政治じゃないと思っています。60余年の積み重ねを動かすのに困難を伴うのは、当たり前。
あたし、もう少し待ってみるつもりだけど皆様はいかがかしらね。


・・・・

 

国のことでも頭が痛い(言うほど深く考えてないけど)
ところに持ってきて昨日ムーチョから電話
青春18切符を買っておいたから計画立案しておけ。
キーワードは温泉・地ビール・うどん。
メンバーは他に完食王たにもっちゃん。ともう一人あたしの知らない情緒不安定な人。

 

あのう。アチクシ今めちゃくちゃ忙しいんですけど・・
青春というトシでもないし・・このトシになったらゆったりした旅がいい。H・I・Sのお土産屋ツアーはもう卒業や
それに、情緒不安定ってどなたでしょ
脳はそう叫んでいるのに口は「ガッテンしました」と言っていた。

 

ビョーキかも知れない・・

 

このブログもあと2回で終わりと思うと何かカッコいい話をブチかまさなきゃって思うのだけど
こういうのを 無い袖は振れぬ っていうのね

そうそう、総括の続きね。今年の№ワン(でました!)

 

イケメン部門
 二人いるのよね。ウフッ。迷っちゃう・・ええい。こっちだ
大阪市・・・・おっとっと住所・氏名・・℡まで言ってしまうところだったわ。
言ってもいいけど、ギャルがサイン帖持って押しかけたら困るでしょ。あっ!このブログ、ギャルが見てるわけないか・・・第一「ギャル」って死語だし。
職業はお教えしましょう。「僧侶」お坊さんです。
年齢は30代前半
最初、綺麗な人だなあと思いました。こんな目をした人に会ったのは久しぶりです。透明感のある空気に包まれている印象でした。
寺の成り立ちや歴史は、さっき立て札の案内を読んだばかりなのに何も知らない振りをして色々伺いました。
また行ってみようっと(もちろんお不動様に会いによ)

 

ブログ部門
お気に入り堂々の一位はやはり若い男性よ
オントシ17歳。高校生です。
誤字・脱字満載、意味不明の若者言葉。この誤字が「釣り」とも取れるけど、だったらすごいセンスだわ
先輩にシメられ、先生に叱られ、酷って降られる・・・
クラブもやり、アニメとゲームに夢中のごくごく不通の個
てらいも気負いもなく、本人は気づいていないけど
きらきらしているのです。
このブログに惹かれるのは彼のピュアな魂に触れるから・・
まさかこんなおばちゃんが熱心にブログを読んで涙しているとは思っていないわね。
涙するような内容じゃないし。でも、浄化されてゆくんだ。勝手にね

(年寄りおたま思い込みがはげしいわよ
進路も決まったようだし(親は反対しているがこれは私の人生だ)そのままで行ってほしいわ。

 

2日間にわたりお届けした そー勝つはこれにて!
ベンベン。


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

そろそろ今年の総括を

今朝の朝刊(武士のサムライ)。ちょっと、奥さまお読みになった?ウッズ婦人が結婚指輪を外されたそうよ。ついでにダイヤの婚約指輪も

あれほどアタクシが「黙っておけ」と忠告したのに・・・・
それでね、ジャンボ尾崎氏があの石川遼君に「女性関係には気をつけるように」とアドバイスなさったそうね。

大丈夫彼はうちの(明星)とトレードすることになっているから

遼君がうちの子になったら・・・

まかせといて      お金の管理
ホントに大人っていやらしい・。もとい!あたしっていやらしい

ああ、そんな妄想している場合じゃないわ
月から使者がやってくる・・・時間がないわ

今日は今年の№ワン(ベタなギャグやな。あちしの腕もここまでか・・)
を、ご紹介します。

映画部門  「チェイサー」  ナ・ホンジン監督/2008韓国
韓国で記録的なヒットを飛ばした作品。
キム・ユンソク演じるワケありの元刑事がソウルの町を疾走する。
走って走って走り回る。焦燥が失望に変るまで・・
前のめり状態で映画にひきこまれて行く事請け合います。
映画の最初から最後まで雨の降り続くソウルの町が美しくて切ない
キム・ユンソクももちろんいい演技だったけど
鳥肌ものはシリアル・キラー役のハ・ジョンウです。
この人絶対こんな人なんだと、おたま思ってしまいました。
結末は・・・・現代社会の闇を見せてやるせない。

レオナルド・ディカプリオでリメイクされるそうですがこの作品を越えられるでしょうか

さ、ハシッテホシーノに騎乗する天才ジョッキー三浦皇成
のような前傾姿勢から背筋を伸ばしていただきやしょう

次は

俳句部門
 あたくしのような駆け出し者が著名俳人の名句を
鑑賞するなどおこがましいのですが
今年、胸に迫った一句をご紹介します

 

  「妻と会ふためのまなぶた日向ぼこ」 伊藤伊那男
       

目を瞑れば愛しい人は其処にいる。いつでも逢えるのだ、そう目を瞑りさえすれば・・・。
季語は「日向ぼこ」(冬)
やわらかくわが身を包むあたたかさが切ない。

・・・・・・
じゃ、明日(たぶん)はこの続き、おまたせイケメンの部を


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

大急ぎで御堂筋・その2

今朝の朝刊(武士のサムライ)にはさほど極悪非道な犯罪が載っていなくてほっとしたわ
でも、このあいだ、おかしな記事を読んだの。
交通違反の取締りで捕まった男が反則切符に女性の名前を記入した。
あんた、どっから見ても男やろ!とおまわりさんが突っ込みを入れる詰問すると
男は高い作り声で「性転換した」と言い張る。
この男、自分のヨメの名前を記入していたらしい。

妻に罪をなすりつけようとしてたんやで!

考えられへんわサイテーこの人

こんなハナシを朝っぱらからサクサク申しておりますが
読んで下さっている皆様。お疲れさまです。

このブログも開始からもうすぐ3ヶ月
ここらで、閉店しようと思っとります。
せっかくブログ村の狭いエリアでランキング1位になったのにね。
おたま、今なら山口百恵ちゃんの心境がわかるわ
                      (出た!妄想癖)

彼女には人生の華「結婚」が待っていたけど

おたまにゃ帰る港も、飛び込む胸もありゃしない・・・
でも、日本のどこかに私を待ってる人が・・・いないか

てなわけでもうすぐ終わりますさかいにな
もうしばらくご辛抱お付き合いのほど
よろしくお願い申し上げます

ああ、「御堂筋その2」も、「本年度のイケメン報告」も
しなきゃね。間に合うかしら・・

もう、ココ↓に御堂筋貼っておくわ

(やっつけ仕事むき出しだわね)           

09_013_2  

 

レトロなビルが残っています

09_026_2  

 

御堂筋
12月9日 

画像はクリックして大きく見ることができます
皆様ご存知よね 

ホントはも少し大きくしたいけどやり方がわからないんだ

秋の終わりの一日、北浜→道修町から御堂筋に出て
南へ歩きました  

           09_038_2 道頓堀の銀杏です

 

 ここから難波の高島屋が見えるところ
 でUターン
 心斎橋→本町→淀屋橋と北へ帰りました

同行者は「昔の彼は茶瓶さん」のべべちゃん
ハナシについてこれない、迷子ちゃんは
「たそがれの御堂筋その1」に戻りましょうね     

この日の感想
昔、よく歩いた御堂筋。
あのころ・・
お金が無くっても歩くだけで、楽しかった。
色んなことハナシながら歩いたっけ

もちろんべべちゃんとも歩いたわ。

ノスタルジーの共有。やっぱり昔の友達はいいわね。

それでは皆様また(たぶん)あした

 


 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

男の道は天下道

今朝の朝刊(武士のサムライ)はお休みざます
これが元禄15年の朝なら大騒ぎしているところね
今日は本所・吉良邸に赤穂の浪士が討ち入りをした日
物語、よく考えると凄惨な事件よね。

さて

昨夜、次男ミスター明星から
電話がありんした。(JINの野風さんにはまっています
ケータイにかけなおしてくれとのこと
うぇ~~ん。この人お金に困ってるんだきっと

母は、身売りしてでも(売れないわよ
そ・そうだったわね。野風じゃなかったわ。

今着ているものを売ってでもお金に替えて
持って行ってやりたい
とはいえ
誰が買ってくれるのよ、ユニクロのタートルネックセーター
クリスマス大感謝価格で\690だぞ・・
いや、おたまが着たことによりマニアが買うかも・・

ああ、そんなことより電話。電話

おたまちゃん何ゆえケータイを携帯しないの?それに電源きれてるし・・」
おうっ!ハナから説教かい。

で、「正月はそっちへ帰らない」・・ですって
えっ?帰らない?帰れない?」「うんビミョー。」
この息子
お盆に米を担いであちらへ戻ってからなしのつぶてだった
お墓参りどうするの?」
大きく揺さぶりをかける
この人やけに墓参りというより墓が好きなのだ。
「う~~ん


ま。よろしいでしょ。
あたくし、強く生きてゆきますから。

兄、平凡に言うと「色々忙しいんやろ」と弟をフォロー
そして「今度の休み換気扇洗うわ」とおたまを気遣う

辛いね。長男は。

会社では叱られ、
客には頭を下げ、
彼女には振られ、
猫には死なれ
・・・・ハッハッハ


30秒にまとめられた、ある男の一生

花の命はけっこう長い
男の人生まっしぐらに駈けておくれ

おふたりの未来に幸あれ ぴや~(紙ふぶきの音

 

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

たそがれの御堂筋・その1

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると
御堂筋の銀杏並木を100万個のLED(発光ダイオード)で浮かびあがらせる
「御堂筋イルミネーション」が、12日から始まったそうです。


事業費2億円。何を言っても空振りばかりの橋下知事
このイベントは企業寄付などもありなんとか実行された。
それにしても2億円ねえ。

御堂筋の両脇はオフィスビル。
夜はひっそりの商業設備の無いところを照らして経済効果があるのかな。
生木にイルミネーション。個人的には我慢ならん違和感

従来の中ノ島エリアだけでよかっちゃなかとね。

とはいえ光は希望のシンボルだわ
光を見上げる人の笑顔がいっぱいあふれますように
(どっちやねん!)

お昼、太陽光を浴びた銀杏の自然な姿を愛でながら
べべちゃんと御堂筋を歩きました
待ち合わせは北浜のシンボル大阪証券取引所前 

 

09_005 09_002 09_003       

 

 

 

                                   

キャッ嬉しい
「画像の貼り付け」ってワザが生まれて初めてできた
おたま、やればできる子だ。

貼って、貼って、貼りまくるわ。  うわーっ楽しい 

北浜は商都大阪の核として発達してきた町。
東京の兜町と共に金融証券取引の中心地です

レトロな近代建築が多く残っていて街歩きが楽しめます

べべちゃんは結婚前、この辺りにお勤めしていました
数十年ぶりに訪れた北浜。

ここはどこ・・・私はだれ・・・ひょっとして乙姫様?
ちゃう。チャウ あんたは 浦島太郎 や 

だいいち、証券取引所がメチャ綺麗になってる
三越(百貨店)があらへん・・・
働いていた証券会社がつぶれてる~~。

09_021 某証券会社が所有していた「天麩羅屋」が
お洒落なサロンになっていました。
今や全国的に知られる洋菓子の店
「五感」です
                                                                                                                                            

ここで、ランチを済ませました。
イザ、晩秋の大阪を歩くのだ

・・・・・

べべは、マスクをつけた競走馬 みたいに
前しか見ない」女なのですが懐かしさのあまり
こんなハナシをしました

当時、K君というボーイフレンドがいて(知ってる
いつもライオン橋のライオンの横で待ち合わせた。

夕日をバックに彼が駈けてくる
「待ったあああ?」
少し伸ばした前髪が走るたびに揺れ、
夕日にきらきらと光る。

うわっ!こんな素敵な男の子と付き合ってるんだ。
し・あ・わ・せ・

l

あれから・・30年。ふたりは・・・
街の小さなカフェでばったり会った(こんな歌あったね) 

 

無い 揺れていた髪が・・・
        あんなにきらきら光っていたのに
                何処にも・・・・・・・・・無い

 

 

べべちゃん。人生ってそんなものなんだ!ってば。
あの、夕日のストップモーションは胸に仕舞おう

向こうも貴女を見て感慨深いものがあったはず

 

なかなか御堂筋に出られないわね。
続きは又ね

 


              

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

葬式を考える年の暮

昨日、忘年会の終了近く電話が鳴った
ご近所の方が亡くなられて、葬儀日程の連絡だった。

亡くなられたご主人様に面識は無いが、夫人とは以前
一緒に絵手紙を習ったことがある。

で、お葬儀に参列してきました。

皆様はこのような話を聞かれた事がおありでしょうか?

幼子を亡くした若い母が冷たい子の骸を抱き
子どもの病気を治す者はいないかと尋ね回った。
町の人々はこの気の毒な母をどうすることもできず見送るだけであった。
ある人が釈迦の元へ行くように勧める
釈迦は「この子の病を治すには芥子の実がいる。町に出てもらってくるがよい
しかし、その実はまだ一度も死者の出ない家からもらってこなければならない」と言われた。
母は、どこにも芥子の実を求めることができず、釈迦の言葉の意味をさとり、釈迦の元に戻り弟子となった

死は日常の中にあり生と隣り合わす。
受容しなければ一歩も動けず立ち尽くすばかりだ。

 

昨年「おくりびと」という映画が話題になった
あたしは見ていない。見なかった。
いくら礼節を尽くしてもらっても所詮他人様だもの。

愛する人は100%の思いを込めて送ってやりたい。

 

結婚して、三つの葬儀を出した。
舅(おじいちゃん)・・・親戚が皆まだ元気だったので、若嫁おたまはちょろちょろするだけ。

姑(おばあちゃん)・・・葬儀の希望は元気なうちに聞いていた。
いい、葬式だった。連絡しなかったおいちゃんに後で叱られたけど・・。アレでよかったと思う。

夫(ひっちゃん)・・・彼が満足してくれる。
           その一点のみで行った。

彼は一人っ子だったが兄弟のような友人が山のようにいた。

葬儀屋さんに後日

 

長い間、この仕事をしてきたが
ああ、こんなお葬儀があったのかと驚かされました。

勉強させていただきました

と、言われた。

 

あたし、えばって言うわけではないが
あったりまえっだよ・・・と思った

 

いろいろな考え方や事情や条件があるが
個人的には葬儀はやってよかったと思っている

のこった人が元気に生きていくために・・

 

自分にとって大切な人の死を悼み嘆き涙してくれる人の存在にどれほど慰められることか・・・

子等も勉強したようだ

ミスター平凡が言った
「おばあちゃん、お父さんと経験したから、
次はきっとうまくやれると思う」

ミスター明星も大きく
「うん」とうなずいた。

あのう・・次ってどなたのことでしょう・・・?

大事にしましょう生き仏
孝行するなら今のうち
手伝おう大掃除
大目に渡せお年玉
早く孫の顔を見せてくれぃ!

 

辛気臭いハナシ。読んで下さってありがとうございました

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

齢も忘れてしまいたい忘年会



今朝の朝刊(武士のサムライ)に今年の世相を反映した
「創作四字熟語」が載っている

一票両断(一刀両断)・・・・政権交代
顔面総白(顔面蒼白)・・・・インフルエンザ対策のマスク

 

うまい 

 

あわせて
俗語として定着する若者言葉による日本語の乱れを懸念する一文が寄せられている

ったっくざけんなよ
このような乱れた日本語を使ってはなりませぬ。

全く持ってお戯れにならないでいただきたいわ
と、言い換えておこう。

  

さてさて、昨日は例の呑み会仲間の忘年会でした。
会場は「おたまんち」
一品持ち寄りで、「おたまちゃんは鍋だけ用意してくれたらいいからね」という話だった。

そんな甘い話を真に受けるほど、ウブではない

案の定、

トシコさんはポン酢を一本下げてきただけ
アコさんは近江八幡土産のコンニャク一丁のみ
スミちゃんはまだ、まともだ。ちゃんと一品作ってきた
 手焼き麩を水で戻したのと
 きゅうりを刻んで塩もみしたのを
 酢味噌で和えた
             だけ

口惜しいけど、おいしかった
「これ金魚にあげる麩じゃないよ。京都の錦市場のよ」
                           はいはい。

その上、スミちゃん、朝早く、白菜と水菜を持ってきた
この人、キライな夫と二人で家庭菜園をやっている

風のウワサでは畝の端っこと端っこに遠く別れて
作業をしているそうだ

白菜と水菜を洗って切っておけってことだな
これにコンニャクとポン酢かあ・・・

 

ぶるる・・・っ  小さく身震いをして思った
鍋を用意しろって
 鍋の中身を用意しろってことか

そういえば去年のアコさんちの牡蠣鍋・・
その前はスミちゃんち・・・     お世話になりました

こういうのを四字熟語でどういうの?

因果は巡る尾車の・・・じゃないし
やられたらやり返せ・・・でもないし

大体これ四字熟語じゃないわね

でもまあ。忘年会は大賑わいでとても楽しく

食べて呑んで。食べて呑んで呑んで呑んで。呑んで。
廻って廻って廻る

 

 
面倒なのでにはこの鍋の続きを食べさせておいた
言っとくけど材料は新品です
なのに、ぬかしやがったおっしゃった。

おたまちゃんはのんきやなあ

 

同じせりふでも夫には愛があった

この人にはトゲがある。 間違いない!

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

禁断の恋



今朝の朝刊(武士のサムライ)に「愛のために改姓」という台湾特派員だよりが載っていました。ニュースになるくらい「改姓」は特別のことなのでしょう。

先日タイガース・矢野選手の改名の話題でを取り上げたっけ。

 (そういえば赤星引退のニュースが飛び込んできた。ショック)

台湾では失恋のたびに改名する人もあるくらいだそうですよ。
ま、失恋を「名前」のせいにする時点で笑えますけど。
とにかく「名前を変える」のは日常的なことのようです。
占いの盛んなお国ですのでね。

ところが、
改姓の方は難しいらしいです。

今回は宿敵同士の姓であることが結婚の妨げに
なりそうだから裁判官が認めてくれたそうです

日本でも夫婦別姓問題が取り上げられて久しいけど

姓を変えてとんでもないことになる事もあるのよ

知り合いのおばあちゃん
ひらがなで「こよし」って言うんだけど嫁ぎ先の姓が

仲吉さんだったの・・・・・ナカヨシコヨシ 

こんな HAPPY なケースはいいけど

・・・・

いけない、いけないと思いながら
大場さんに惹かれてゆく

奈々ちゃんに

加奈子ちゃん・・・・・

 

こういうのを禁じられた恋っていうのかしら

,

・・・・

バリ島を旅行した時ハンサムなガイドのムジタさんが
ニッコニッコしながら、こう言った

 

駆け落ちしますか 

 

な・何を言い出すんだこの人は・・・

じっくりハナシを聞くと
インドネシアは階級制度の厳しい国なので身分違いの恋を貫こうとして駆け落ちをするカップルが多い。
日本人は駆け落ちをしますか?という質問だった

ああ、びっくりした。

階級制度・・これも禁じられた恋なのです。

・・・・

最後に究極の切ない恋の話をしましよう

川鵜(カワウ)という鳥がいる。一時、減少が危惧されたが
その後保護しすぎちゃったのか異常繁殖して、今ではすっかり嫌われ者。というのも多量の糞害による環境破壊。漁場被害。巣作りのための樹木への被害・・・
人、イヤ、鳥を見かけで判断してはいけないけど、確かに真っ黒なおびただしい群れはヒチコック映画を思い出す。

で、その川鵜だけど一夫一妻で子どもを育てます
巣作りはオスの仕事です。イイゾ。オトーサン

ところがたまにオス同士のカップルがいるそうです
それで二人じゃなかった二羽でせっせと生木の枝を運んで巣を作るものだからそれはそれは立派(よその倍くらい)な巣ができあがる。

でも、いつまで待っても卵が生まれるわけではなく・・・・

ね、ね、辛いでしょ

このハナシ聞いたとき泣きました

昨日は
泣きながらドカ食いしてたのだろうと御心配おかけしました。
おたま


 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

12月8日・今日は何の日

今朝の朝刊(武士のサムライ)でも取り上げていたけど
今日12月8日はジョン・レノンが凶弾に倒れた日
1980年。もうそんなに昔になるねんね。

そして12月8日は日本が米・英に宣戦を布告。
ハワイ真珠湾を奇襲攻撃した日でもあります

私たちは戦後民主教育を受けたはずなのに、ヒロシマ・
ナガサキは教わってもこの日は習わなかった。

歴史にふたをする事はできないのに・・・。

 

 日本人  310万人(兵士230万人)
 
中国人 2100万人(アジア・太平洋他を含むと2500万人)
と言われる太平洋戦争の犠牲者

中国アジアの死者のほとんどが非戦闘員でした

 

戦争に正しいも誤りもない論ずる人は論ずればいい
しかし、少なくともこの12月8日に日本が始めた戦争で
落とした命であるというのはまぎれもない事実です。

・・・・・・・

さらに、12月8日はわたしにとっても大切な日です

「開戦記念日」「十二月八日」は俳句の季語にもなっています

 

 餓ゑ知らぬ我が誕生日十二月八日 おたま

 

これは、夫のことを詠んだものです。
(夫)今日、誕生日・・・犬年齢でいえば・・・9歳
              人だから・・・・・・・●●歳

とても愛情の深い人でした
あたしにいつも優しい人でした

ああ、ソレなのに、あやまりたいことがあります

 

買ってくれると言って買ってくれなかったネックレス
                自分で買いました

夫のパンツの引き出しの5万円・・・・・・・・アレ
               
おたまが使いました

ダイエーで知り合いのイケメン電器屋に会ったとき、2メートル離れていた夫を「ご主人ですか?」って聞かれたのに
  全然知らない人ですって言いました

ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい
そんなことを思い出して・・・昨日からオセンチなのです

「おたまちゃんはのんきやなあ」ってよく言われました。
「生まれ変わったら、おたまちゃんになりたい」
というのが夫の口癖でした
でもソレを聞くたびいつも思っていたんです。

 

いややわ。そんなブサイクな おたまって

 

 ホントに本当にごめんなさい

 

今日はひっちゃんの好物をいっぱい作って・・・

 

  ドカ喰い  します

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

ああ、枯葉がハラホロヒレハレ

今朝の朝刊(武士のサムライ)に奈良の平城宮跡で、
お役人が落書きをした扇がみつかったって載ってたわ。
「早く出世させて!」って書いてあったそうよ
千年以上もあとで、日本全国に自分のボヤキが知れ渡るなんて恥ずかしい
でも誰もこの人のこと知らないから、ま。いいか。

そう、いつの世も人間って悩みの固まりなのね
欲があるから悩むのよね
般若心経もシブがき隊も「無」の世界を説いているのに。

ないないない恋じゃない
    ジタバタするなよ世紀末がくるぜ
 
(もう来たし・・)

じゃあ、悲しみはどうなの
これもこだわりという欲からくるのかしら。

未亡人おたま、今朝は重いの
食い過ぎじゃないわ。腹じゃなくて

枯葉が舞っているからかしら・・・・
街路樹のケヤキもポプラもすっかり裸木になりました

 

 落葉してわが街どこか異国めく  おたま


・・・・・

 

オセンチギアで全力疾走中よ
「遊女の涙はうその花でありんす」
(jin面白い)


こんな時は美しい詩でも読みましょう
自分の俳句じゃ癒されないわ

   木の実 美しいわたしのことり
   もえる日輪のはげしさのために
   もっとやさしい白いたまごを
   うちなる空に直立させよ

   麦畑に柘榴が裂け
   消えかけた言葉がそこに流れるとき
   空に広がっていく親しいてのひら
   火に抱かれて睡っているけものの小指
   死ね わたしのために
   そして生きよ わたしのために

   ・・・・・・・・・・

 

      小長谷清実詩集より

あたしのこと、そっとしといて(誰もいじってないし)
今日のところは、何もおっしゃらず
気をつけてお帰りになって

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

占ってしんぜよう

今朝の朝刊(武士のサムライ)に阪神タイガースの矢野選手が「輝弘」から「燿大」へ(読みは「あきひろ」のまま)登録名を変更したと伝えている。

今季は右ひじの故障で二軍でこつこつ頑張ってきた。
城島の入団は明るいニュースではあるが
虎ファンは9回スリーアウト。キャッチャーミットにボールが収まった瞬間のヤノちゃんの笑顔が見たくて応援しているようなものだ。
彼の笑顔は本当にいい。

虎の王道から外れた「男前」だが・・かめへんかめへん
1968年生まれだが・・・・・・・・・・・・・まだまだイケル

あなたは 喜連瓜破(きれうりわり) の   

・・・・

実は

あたくし・おたま。姓名判断ができるのです。
(ええ、どうせ胡散臭い女よ!)

「矢野燿大」   あると思います

頑張ってほしいわ

 

・・・・

女の子やおばさまは占いがお好きね

その名前だからそんな人生なのか、
そんな人生だからその名前なのか・・・わからない

あたくしも「長生きしちゃろ」と思って字を変えました
(夫が亡くなったあと、頭がパーになってたのね)
母の友人のその筋の人に言われたわ

おたまちゃん、この名前 お嫁に行けないよ

・・・・・・・

 

し・しまった!

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

お父さんはエライ

昨日は日本全国津々浦々のお父様。失礼致しました。
深く反省しております。てへぺろ。

お詫びにエール動画を探して参りましたので
これで丸く・・・穏便に・・

 

どこがエールやねん。という声は聞こえぬふりをして

それにしても12月ですねえ。
神戸ルミナリエが始まりました。

祈りと願いを込めた
鎮魂の光を初めて見た時は、皆泣きました。

復興への希望を照らし続けた光 
もう15年であり、まだ15年でもある・・

困難に直面した時の、人の強さややさしさを信じられる
そんなことを見たり、聞いたり、経験したりしました。

ご町内もクリスマスイルミネーションが灯り始めました
「イエナリエ」と言うらしいです。
わが家の斜めお向かい。
多分、町内ベスト3入りしていると思います。

満艦飾です。

帰宅するなりが申しました。

 

○○さんち  スーパー玉出  になってる

 

コレ。声が大きいわい

・・・・・

 

(スーパータマデ・・・パチンコ屋のようでパチンコ屋でないベンベン
              とてもアグレッシブなスーパー)

 


  

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

ブログ考・お父さんの巻

今朝の新聞(武士のサムライ)ビックリしたわ
週刊少年ジャンプの1P広告がひーふーみーよー・・
9ページ「ONE PIECE」からのありがとう。

どういたしまして。

(学研の「学習」と「科学」は休刊するそうですが・・・)

・・・・・・・・

で、本日のつぶやき・・

 

老後の必須アイテムとに勧められmyパソコンを購入したのが5年前
かつての白黒画面しか知らないアタクシはぶっ飛んだ

な・なんてこった。
時代は進んでる、地球は廻ってる

 

キュー・バタンおたまが倒れた音

........

 

その後が「それは、ゲーム機ではありません。ボケ防止にブログでもなさい」などと、ぬかし提案してくれて
「誰が人の日記なんか読んでくれる?」と思いつつ
神の啓示魔が差してブログを始めたのが二ヶ月前

ブログのことはにも誰にも言っていない(約1名以外)
おかめ乙女の秘密なの

よそのブログも訪問するようになり。
面白いのはオトーサン達。

よく、怒ってはります
なぜなら、政治が好きだから。
男性の平均寿命が短いワケだわ。
血管切れるよ。

長生きしてくださいませね

句会をする公民館で時々お見かけするのが
経済を語る会」という紳士たちのグループ
年寄り、耳が遠いのか、声がデカイ
イヤでも聞こえてくる。
もう、お金を出したいくらい面白い。

でも、そんなに怒ったら体にわるいわ

ま、いいけどね。人の夫だし。

それにしても何ねえ・・
人生ってドンゴロスの頭陀袋を背負って長い道を歩くようなものだって松方弘樹もいってたわね。そういえば突っ込みどころ満載の「天地人」。いつの間にか終わってるわね。えっ?とっくに?

辛くて長い道のり・・でもブロガー父さん安心して
今朝のジャンプ広告で

狙撃手ウソップが言ってる

お前は何もかも背負いすぎだ

 

船大工フランキーが言ってる

「存在する事は罪にならねェ 

 

 

 

 大変ご無礼いたしましたっ


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

線路は続くよどこまでも

今朝の朝刊(武士のサムライ)に平山郁夫さん死去の報。
自らも被爆体験者として平和の祈りを込めて描かれた
「広島生変図」(広島県立美術館蔵)
この絵の右上に描かれている像ですが、これは今、
青蓮院でご開帳されている国宝不動尊像(青不動)を
イメージされたと、法主が直接平山氏からお聞きになったそうです。
先日その話しを伺ったばかりでした

・・・

昨日はJR大回りをしてきました
特定区間内を移動する時、特定ルールの下、経路が選択できる」という鉄道規則にそって乗車するものです。

簡単に言えば「初乗り運賃でいっぱい電車に乗れる」
「乗ってどこに行くねん」とおっしゃる向きには永遠に

旅人にはなれない    と申し上げるわ

また、戻ってくるのよ。一筆書きのように。

JRは積極的なPRはしない(大きな声では言わない)けど、皆さんよくご存知で、同志らしき人をたくさん見かけました。

琵琶湖一周はすでに二回しました。
昨日は西(宝塚線・加古川線・福知山線・東海道本線)を廻りました。
紅葉の山々や明石大橋、今話題の長田の鉄人28号などが見えました。

ま、140円で文句を言っちゃいけないけど、あの宝塚・篠山間のトンネル・トンネル・トンネル
いらんです

もったいないです。武庫川に沿って走っていた頃の車窓風景が全く見えない

あーた(おたま)を遊ばせるために走らせてるんじゃないって?
ごもっとも

小春日和ののどかな一日でした

 


 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

男は黙って

今朝の朝刊(武士のサムライ)にWBCフライ級世界戦の高視聴率が報じられている。
最終ラウンドの瞬間視聴率は50%を上回ったそうだ

痛かったわね「坂の上の雲

うちはこの日に限ってが家で、まったりしていて
ボクシングを見る羽目になった

 

そう、あたくし、大きな顔して生きているように誤解されているけど
子に気を遣い、ご先祖様に気を遣い、
ご町内の皆様に気を遣って生きているのだ

 

ボクシングは解らないけど「いい試合」だったことは解ったわ
亀田興毅が勝利後真っ先に口にしたのが「感謝」だった。

興ちゃん(いつの間にそんな親しげなん)あんた大きくなったよ

 

で、スポーツ欄がやけに華やかだ

 

白鵬の全勝優勝。
年間勝利数も史上最多を更新したのですって。
最近中入り後にがっかりする取り組みを散見することもあるけど、締めくくりはさすがの横綱相撲で結構でした。
白鵬の本名はムンフバト・ダヴァジャルガル。
キライなものはアンパン・・そんなことどーでもいいよね

どーでもいいといえば、子どもの頃にテレビで見たボクサーの名前を今でも覚えている。


チャンハイパヤカサポン


だから?といわれて返す言葉はないが
いつまでも覚えていることを褒めてあげようと思う人が・・
・・・・・・・・・・いるわけないよね

 

スポーツ欄に戻る
女の子も頑張ってる。東京競馬場のジャパンカップ。
女王ウオッカがG1最多7冠に輝きました。
あっ。この子は馬だったわ 

黙って闘う男っていいわね。

そういえばこの方もお口にチャックをなさってる

タイガーウッズさん。
家の前で事故にあったと報じられているが、先ほどおしゃべりなラジオがこんなこと言ってました。

「他の女性に会いに行こうとしたウッズさん。奥さんにゴルフクラブを持って追いかけられ、逃げようとしたところをガツンとやられた」

この件に関しては「全て私が悪い」と言った以外は
黙っていらっしゃるそうです。

 

そのほうが身のためだと、あたしも思うよ

 


| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »