« 「1Q84」を読んで | トップページ | 京都の紅葉が見頃です »

2009年11月25日 (水)

大人の壁は厚かった



今朝の朝刊(武士のサムライ)で東映のお姫様女優
千原しのぶさんが亡くなられたことを知りました。
愁い顔のきれいな方でした

今、活躍している人で「愁い顔」といえば仲間由紀恵?
違うな・・少し前なら工藤静・・もっと前なら松原智恵子?
あっおたまさんだ・・・・・・・・・・・・ウソ

とにかく、千原しのぶさんタイプの人は見当たりません
繊細ではかなげで「幸せってなんだっけ・・」みたいな。
お声にも特徴がありましたね。

昔の女優さんってきれいでしたよね。
どんな役をされても、品があった。

あたくし、男前も好きだけど綺麗な女優さんも好きです

幼稚園時代の趣味は女優ブロマイド収集。イェイ

十円玉を握り締め駄菓子屋へ走りました

家の壁いっぱいに押しピンで貼り、眺めていました。

ある日、親が思い余ったように申しました。
おたまさん。それは若いお兄さんがすることなのよ

・・・・

人生には乗り越えられないものがあると知った瞬間でした

 

小さいころ母に「世界で一番綺麗な人は誰?」と聞くと
エリザベステーラー」といいました。
友人も親からそう聞いたといっていますので、あの世代の共通認識だったのかも知れません。

あたしは深夜劇場で見た「ガラスの城」のミシェルモルガンがこの世で一番綺麗な人だと思っていました。

中学に入ってからは週刊平凡なんかに挟んでいた外国女優のポートレートを集めました。
ドーナツ版のレコードジャケットの大きさで裏には楽譜が書いてありました。
週刊誌は買えないけど色んなところで貰いました。

今こそ、壁を乗り越えるぞオーッ

スザンヌプレシェット・ナタリーウッド・クラウディアカルディナーレ・
ブリジッドバルドー・オードリーヘップバーン・グレスケリー・・

一番好きだったのは
夢見がちな、とろける甘いパフェのような女の子
クリスチーネカウフマン

今、ネットで調べたらドイツ語でした。こんな時ドラえもんがいてくれたらなあ。
「ほんやくコンニャク」だしてもらうのに・・・

 


 

| |

« 「1Q84」を読んで | トップページ | 京都の紅葉が見頃です »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の壁は厚かった:

« 「1Q84」を読んで | トップページ | 京都の紅葉が見頃です »