« 京都の紅葉が見頃です | トップページ | ドラマ「坂の上の雲」 »

2009年11月27日 (金)

さらば行きずりのお方



今朝の朝刊(武士のサムライ)の天気予報は日本全国津々浦々
晴れマーク。
 生きるの大すき冬のはじめが春に似て 池田澄子

小春日和・・なんて素敵な言葉でしょう

 

そして。お出掛けびより・・・

お出掛けはロケットで?竹馬で?
んなアホな。
やっぱり夢を運ぶバスか電車よね

その筋(?)の方はよくご存知だと思うけど
韓国ドラマ「冬のソナタ」で印象的なシーンがあります。
高校生のユジンが居眠りをしてチュンサン(ヨン様)の
肩に頭をもたれかけてしまうの(絶対ワザとだ.アレ

その時の二人のバスの座席は一番後ろの左側。

・・・

 

座席は大事。位置とか。隣り合わせる人とか。
JRの四人掛けシート。あれって微妙よね。
どういう面子が揃うかも時の運だわ。

いい匂いのするお嬢さんの隣はハナマルだけど
真逆のケースもありうる

先日のJR京都駅発ローカル線はこんな具合でした

窓側のワタクシの前に若いサラリーマン
その隣は女生徒に不人気な教師タイプのおじ様
ワタクシの隣は性格だけはよさそうな男子学生風。

 

そう、殿方からの雪隠詰め状態ィヤッホー
が、どいつもこいつも どなたも ヨン様には程遠い

で、有名観光地のとある駅でほとんどの乗客が降り
なぜか

我々だけが残された

 

そう。おたま4人組   言っとくけど皆他人

結局がらんとした車両に我々だけを乗せ電車は進む。

,

私たち、ちんまりまとまってる。
素晴らしい・・

m
でも、何か変。息苦しい。
私たち、まとまる必要があるかな、ガラガラなのに。

駅と駅の間が非常に長い

 

ここで「アメちゃん」を出したら「大阪のおばちゃん」ってばれるな。

何とかこの閉塞感を打ち破りたいが、一人もじもじしているうちに

次の次の駅で一人、また次で一人降りていった。
名前も告げずに・・・当たり前よね。

 

でも、あの時私たち一つだったわ。
忘れないでそのことをここ宝塚調で読んで下さい
と心の中で叫ぶおたまでありました。 

  

そうそう、こんな好きな句があります。

 

汽車夜長名刺交すに至るまで 作者不明
夜汽車に乗ることも、見知らぬ人と仲良くなることも少なくなりましたね

2045年にはリニアモーターカーが東京・大阪間を
67分で結ぶそうです。そんなに急がなくてもいいのにね。

 


 

| |

« 京都の紅葉が見頃です | トップページ | ドラマ「坂の上の雲」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらば行きずりのお方:

« 京都の紅葉が見頃です | トップページ | ドラマ「坂の上の雲」 »