« 勝負師は顔でも勝負する | トップページ | ダイナマイトが150トン »

2009年11月 2日 (月)

夢まくらに立つひよこ

今朝の朝刊(武士のサムライ)とっても重いわ
記事じゃなくて折込チラシが・・・・。

近所のスーパーマーケット
今週は「よか味!福岡」フェアです。

子どものころ住んだ街、福岡。

そう。ハ・カ・タ

アタクシの事「博多人形みたい」って思ってくださって
ぜ~んぜんかまわないです。
いや。思ってくれい

 

「福岡市の人口は64万人です」って習いました。
今はその倍以上でしょうね。

で、チラシをペラペラめくりますと

そうそう、丸永製菓のあいすまんじゅうよく食べたっけ
大宰府の梅が枝餅は平ペったい餅に餡子がいっぱい

そういえば「辛子明太子」って子どものころ、
あまり聞かなかったわねえ・・・
これって最近じゃないのかな

 

博多土産と言えば

にわかせんべい鶴のたまご・ひよこ・・よね
にわかせん
いと言っていたような記憶があるわ

そういえば「ひよこ」のCMソング覚えてますよ
ヒーヨコ、ヒヨコおーいしいお菓子ピヨピヨピー

それに、もうひとつ
ヒヨーコ持ってこねヒヨーコ持ってこね
せりふ)誰に持ってくんだい?
けんちゃん病気で寝ているんだ
だからヒヨコ持っていくんだーい

 

かっわいいわねえ

 

けんちゃん「腹こわし」じゃなかったんだ

チラシに「炭鉱の街から生まれた銘菓ひよ子。
ひよ子の生い立ち」という文が載っています。
へえ~ ひよこの「こ」は「子」って書くんだ。
ちっとも知らなかった。

驚きはこれだけではない

 

たま たまげた 笑うとこです

・・・・

 

時は大正元年、
多くの人に喜んでもらえる菓子を熱望していた
筑豊飯塚の菓子屋の当主、石坂茂氏の
夢枕に立った のがひよこだったのです。

・・・・・ 

銘菓ひよ子饅頭の誕生話です
素晴らしい。すごい、と思いません?
ひよこ夢枕ですよ・・

 

福岡に帰りたいなあ・・でも変わっただろうな・・

 

 ふるさとは遠きがよろし薯食べて  おたま

 

・・・・・・ぴよぴよぴー

 

| |

« 勝負師は顔でも勝負する | トップページ | ダイナマイトが150トン »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢まくらに立つひよこ:

« 勝負師は顔でも勝負する | トップページ | ダイナマイトが150トン »