« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

20世紀少女の今

11月も今日で終わりかあ・・・。

過ぎし日は帰らじ
在りし夢はまた巡りくる

されどはかなき追憶の花びらよ・・・・

・・・・・

学校から見に行った「2001年宇宙の旅
21世紀ははるか彼方と思っていたがそうでもなかった
ちゃっかり迎えているではないか

なぜ学ばないのだ、おたまよ。

遠い未来も、いつか現実になるということを

・・・・・・・



,

12月が来るまでに換気扇の掃除も浴室のカビ取りも
押入れの不用品の整理も終わらせておくと言っていたのではなかったか

また、年末にお腹が痛いふりをして息子達にやらせるつもりか。

あいつらは(夫)のように簡単にだませないぞ
それに、やけに忙しそうだし・・・
兄「平凡」=この前の連休。車とともに3日間消えた
弟「明星」=なしのつぶて・・

12月・・気ぜわしいなあ・・
でも、何がそんなに忙しいんだろ。一日は24時間。
一時間は60分一週間に10日来い・・・一緒やん

あわてない。アワテナイ。(by 一休さん)

だから・・DVD借りてこよーっと
2001年宇宙の旅」・・だってワケわからなかったんだもの

あれから40年。トシは十分にとったゾ・・・・今なら
あの映画の奥行きの深さに驚愕するやも知れん


遠い未来も、近い将来も漠とした
即物高校生にはチト抽象的すぎた。

映画の間ずーと、S子はジュリー(沢田研二)とショーケン(萩原健一)の違いについて語ってくれた。
GS時代だったな。

おたまといえば映画館(梅田/OS劇場)を出て、自由解散になったら、どこで「たこ焼き」を食べて帰るかということばかり考えていた。

・・・

あの時、未来をちゃんと見据えていたら・・・・

多分、歴史もひっくり返していないし、
ま、こんなものだったとは思うけどね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

あこがれは山の向こうに



今朝の朝刊(武士のサムライ)に鳩山首相が本会議中に落書きをして遊んでいたって載っていました。
扇子に「友愛」の文字を熱心にね。
いい言葉だけどお仕事中はダメよ。

それに偽装献金。ママからのプレゼントにしちゃあ
毎月1500万円は多いわ

・・・・・・・・

そうそう、昨日エミリーからプレゼントをもらった

「コレ美味しいわ」と言ったのを覚えてくれていて
お取り寄せの山形は高畠ワイン
デラウェア100パーセント。大変深い味わいです。

彼女は親類縁者が、山形・青森・福島・新潟などに居られおたまにとっての
「はるかなる」地とご縁が深いのです。

かつて北海道には2度ばかり行ったことがありますが栃木からキタへ行ったことがないし知り合いもいません。

北の町は

ゆっくり旅をしてみたいあこがれの地です

東日本・西日本と言いますが、地質学的に分類は出来ても法令上の線引きはないそうですね。
50/60Hzの違いも最初に採用した発電機の違いだとききました。

それで、おたまとしてはこう考えています
東と西の境目は 富士山  である

昔、出会った福島県の人が話してくれました
関西に来て驚いたことが三つある。

     大阪人はエスカレーターを歩く
     飴に「ちゃん」をつける
     円広志がテレビに出ている

そっか。うちらのフツーはフツーではないんやね

ハナシのついでに関西人の共通認識をお教えしよう

     福島といえば梅田のキタ側である
     岩下志麻の「あほんだらあ」が気に入らない
     ロザン・宇治原クン。漫才も勉強して欲しい

あと、大阪のおばちゃんの65パーセントくらいに
「私が育てた」と思われている宮根誠司さん
オキタ君に習った被り物芸の初心忘れず全国区目指してください。
「ミヤネ屋」より「おはよう朝日」のほうが生き生きしているぞ。がんばれ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

ドラマ「坂の上の雲」



11月29日,午後8:00~9:30.NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」がいよいよ始まる
明治維新を経て日本が近代国家へと歩み始める時代に生きた3人の若者が主人公の物語である。

ドラマや映像化を熱望する声の一方でそれを懸念する声があるのも事実だ。
日露戦争は「祖国防衛戦」であったとするこの原作のスタンスを「重大な歴史認識の誤り」と捉える識者も多い。

原作者の司馬遼太郎本人がドラマ化を固辞し続けたと新聞で読んだ。
作者の本意としないところが一人歩きすること、その影響力を危惧されたのであろうか。

そして、「坂の上の雲」をドラマにすることを頼んだ関係者の中に、おたまの知人が居たことを、本人からいただいた手紙で知った。

その方は、30年近く前、司馬さんに断られたことをよく覚えておられる
司馬さんは「坂の上の雲だけは勘弁してください」とおっしゃったそうだ。
「他の小説なら、どのように変えようと文句は言わないが坂の上の雲だけは勘弁して下さい」と。

未亡人が許可されたことそしてドラマになることに誰よりも深い感慨を持たれたことだろう。
「泉下の司馬さんが納得できるようなドラマになることを期待している」と手紙は結んであった。

ドラマは3年で完結とのこと。
それまで生きておらねばなりません。とおっしゃる。

うんと、うんと長生きしてください。
そして、このドラマが素晴らしい出来でありますようにと祈っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば行きずりのお方



今朝の朝刊(武士のサムライ)の天気予報は日本全国津々浦々
晴れマーク。
 生きるの大すき冬のはじめが春に似て 池田澄子

小春日和・・なんて素敵な言葉でしょう

そして。お出掛けびより・・・

お出掛けはロケットで?竹馬で?
んなアホな。
やっぱり夢を運ぶバスか電車よね

その筋(?)の方はよくご存知だと思うけど
韓国ドラマ「冬のソナタ」で印象的なシーンがある
高校生のユジンが居眠りをしてチュンサン(ヨン様)の
肩に頭をもたれかけてしまうのだ(絶対ワザとだ.アレ

その時の二人のバスの座席は一番後ろの左側。

・・・

座席は大事。位置とか。隣り合わせる人とか。
JRの四人掛けシート。あれって微妙よね。
どういう面子が揃うかも時の運だわ。

いい匂いのするお嬢さんの隣はハナマルだけど
真逆のケースもありうる

先日のJR京都駅発ローカル線はこんな具合でした

窓側のおたまの前に若いサラリーマン
その隣は女生徒に不人気な教師タイプのおじ様
おたまの隣は性格だけはよさそうな男子学生風。

そう、おたま殿方からの雪隠詰め状態。ィヤッホー
でも、どいつもこいつもヨン様には程遠い

で、有名観光地のとある駅でほとんどの乗客が降り
なぜか

我々だけが残された

そう。おたま4人組   言っとくけど皆他人

結局がらんとした車両に我々だけを乗せ電車は進む。

,

私たち、ちんまりまとまってる。
素晴らしい・・

m

でも、何か変。息苦しい。
私たち、まとまる必要があるかな、ガラガラなのに。

駅と駅の間が非常に長い

ここで「アメちゃん」を出したら「大阪のおばちゃん」ってばれるな。
いっそ「麻雀でもしません?」っていってみようか。唐突すぎやな。

何とかこの閉塞感を打ち破りたいおたまが、一人もじもじしているうちに

次の次の駅で一人、また次で一人降りていった。
名前も告げずに・・・当たり前よね。

でも、あの時私たち一つだったわ。
忘れないでそのことをここ宝塚調で読んで下さい
と心の中で叫ぶおたまでありました。   

そうそう、こんな好きな句があります。

汽車夜長名刺交すに至るまで」 作者不明
夜汽車に乗ることも、見知らぬ人と仲良くなることも少なくなりましたね

2045年にはリニアモーターカーが東京・大阪間を
67分で結ぶそうです。そんなに急がなくてもいいのにね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

京都の紅葉が見頃です



今朝の朝刊(武士のサムライ)によると三千院も永観堂も「落葉近し」だとか。

落葉近し」ったって、おたまのことじゃないわよ

急がなくちゃ ということで「青蓮院」へ行って来ました

青蓮院のある粟田口というところは近江・山科から京へ入る入り口で、このような入り口(関)は7口あったとも10口あったともいわれます。
やじさん・きたさんも通ったかも知れませんね。

本日の目的は紅葉というよりも創建(1144年)以来初のご開帳と言われる「青不動」でございます。

実は昨年夏からワタクシメ不動巡り(不動産じゃなくて)をしていまして、ここ、青蓮院はご開帳を待っていました。

信仰心のうすーい、バチ当たりな おたまがなぜそんなことをしているのかと申しますと・・・ひよこが夢まくらに立つ ようなことがわが身にも起きていたのでございます・・・

大きな声では言えないが 小さな声では聞こえない

ここから先のハナシはマネージャーを通していただかないと・・ダハハ

ま・そんなわけでございます。

縦横二メートルの掛け軸のお不動様は非常に美しく静かでした

国宝中の国宝といわれる理由がわかります。
火焔に七羽の鳥が描かれているそうですがそれは、わかりませんでした。

折りよく東伏見法主の法話と護摩供の時間に居合わせました。
サラリーマン出身の法主と伺いましたが気さくな印象で伝教大師の教えを判り易くお話してくださいました

☆戒めを保つことの大切さ
☆貪(むさぼり)瞋(いかり)癡(おろかさ)のこと
☆忘己利他(もうこりた)己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり

こう並べると難しそうだけど
☆やっちゃいけないことは、やらない。
☆知らないことも罪だよ、
☆人のためになりなさい

ってなことじゃないかな・・・違うか

おたまに欠けていることばかりだわ・・反省

エッ?今日のおたまちゃん神妙だって?
そりゃ、そうだわ。
凹んでいます。

できないのよ出来なかったのよ
お出掛けしても・・・
もみじを見ても・・・   俳句が 
トホホ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

大人の壁は厚かった



今朝の朝刊(武士のサムライ)で東映のお姫様女優
千原しのぶさんが亡くなられたことを知りました。
愁い顔のきれいな方でした

今、活躍している人で「愁い顔」といえば仲間由紀恵?
違うな・・少し前なら工藤静・・もっと前なら松原智恵子?
あっおたまさんだ・・・・・・・・・・・・ウソ

とにかく、千原しのぶさんタイプの人は見当たりません
繊細ではかなげで「幸せってなんだっけ・・」みたいな。
お声にも特徴がありましたね。

昔の女優さんってきれいでしたよね。
どんな役をされても、品があった。

おたま男前も好きだけど綺麗な女優さんも好きです

幼稚園時代の趣味は女優ブロマイド収集。イェイ

十円玉を握り締め駄菓子屋へ走りました

家の壁いっぱいに押しピンで貼り、眺めていました。

ある日、親が思い余ったように申しました。
おたまさん。それは若いお兄さんがすることなのよ

・・・・

人生には乗り越えられないものがあると知った瞬間でした

.

小さいころ母に「世界で一番綺麗な人は誰?」と聞くと
エリザベステーラー」といいました。
友人も親からそう聞いたといっていますので、あの世代の共通認識だったのかも知れません。

おたまは深夜劇場で見た「ガラスの城」のミシェルモルガンがこの世で一番綺麗な人だと思っていました。

中学に入ってからは週刊平凡なんかに挟んでいた外国女優のポートレートを集めました。
ドーナツ版のレコードジャケットの大きさで裏には楽譜が書いてありました。
週刊誌は買えないけど色んなところで貰いました。

今こそ、壁を乗り越えるぞオーッ

スザンヌプレシェット・ナタリーウッド・クラウディアカルディナーレ・ブリジッドバルドー・オードリーヘップバーン・グレスケリー・・

一番好きだったのは
夢見がちな、とろける甘いパフェのような女の子
クリスチーネカウフマン

今、ネットで調べたらドイツ語でした。こんな時ドラえもんがいてくれたらなあ。
「ほんやくコンニャク」だしてもらうのに・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

「1Q84」を読んで



村上春樹著。「1Q84」を読んだ。
待望の村上ワールドに、発売前から予約が殺到し話題になった。

おたまは、池波正太郎以外に特に好きな作家はいない。
しかし、昔読んだ村上春樹の小さな作品・・草原と羊が出てきた・・に深く心を動かされた記憶がある。
題名も内容も忘れているのだから、我が読書力はその程度だ。

,

この「1Q84」は句友、M子さんが「感想を聞かせて欲しい」と言って貸してくださった。読む前からプレッシャーをかけられちゃった。
敬虔なクリスチャンの彼女は「結局は愛について書かれていると思う」と言われた。

読書の楽しみはどれだけ自分の人生にひきつけて読むかということであり
そういう意味では、人の感想を聞いて学ぶことは多い。

でも

本を読むときは書評はもちろんあらゆる予断抜きに読み進めたい
だから・・キャー、それ以上言わないで・・

これから読まれる方のためにできるだけ、内容には触れないが
とにかく前のめりになってぐいぐい引き込まれていくのは確かだ。

二つの話が平行して進む。かかわりの無い二つの世界が奇妙なリンクを重ねながら少しずつ近づいてくる。
そして、それぞれの主人公に肩入れを始めたころ、その、色の違う二本の飴はゆっくりとねじれ始めるのだ。

登場人物すべての輪郭がくっきりと描かれている。(公園を横切る猫までも)。この作品の大きな魅力だと思う。

人は孤独だ。(大勢の中にいるときでさえ・・)。孤独に気づかぬ人は幸せといえるかも知れないが本当の幸せにめぐり合わないままかもしれない。
知らないでそうなるのと、知ってそうなることの違いだ。
(おたまちゃん、何を言っているんだか・・)

人は人の中でしか生きられない。この地球上に自分ひとりしか居ないとしたら、生きる意味など全く無い。

 

孤独の深淵を子どものころにのぞいてしまった主人公たちのそれぞれの魂は「大丈夫。わたしがいるから」とささやきあう。
引き寄せあっていることさえ気づかずに。

(おしゃべりし過ぎました)

混沌とした社会。この25年に起きたひとつひとつの出来事を振り返り,そして思う。
それが事実であったのか、現実であったのか、何がどう変わったのか変わって行くのか、そしてどこに進むのか・・・

作中の小説「空気さなぎ」に記された不安感に作中の読者が惹きつけられたように、小説「1Q84」の提示するものに戸惑い、うなずく。

第三部が執筆されるらしいが、光明は見えてくるのか。期待大である



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

リバプールに乾杯



今朝は懐かしい下の曲を聴きながらブログを読んでいただけたら
とってもうれしいわ


マリー・ラフォレ マンチェスター&リバプール

ずいぶん前になるけど子にたずねられた。
おたまちゃん<マンチェスターとリバプールって知ってる?」
「モチよ」
「じゃ、歌ってみて
マンチェスター&リバプール・・ふんふんふん」
やっぱり・・・

ある年代(50・60喜んで)がこの歌を歌うと、
勢いよく歌いだすが2小節目からは必ずフンフンフンもしくはラララになる法則
というのをテレビ「探偵ナイトスクープ」でやってたらしい

おっしゃるとおり

英語じゃなかったんだあ。

ま、英語でも歌えないけどね

・・・・・

なぜ、こんな話を始めたかというと
昨日の昼下がり近所のスーパーで買い物中、突然

ナンシーシナトラの サマーワイン が流れたから。

おたまは手にしていた絹こし豆腐を危うく落としそうになり
あまりの懐かしさに呆然としてしまいました。

strawberries  cherries  and  angel's  kiss
in  spring・・
My  summer wine is really・・・ああ、覚えていない・・
一小節しか歌えない。

懐かしい教室。そばに居た友達。交わした言葉。
みんな覚えているのに・・・。

そ。古いことよく覚えてます・・・・・・・・・・・でも
昨夜、何を食べたかは思い出せない

「食べた」ってことは覚えてる

それでいいわよね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

麗人逝く



今朝の朝刊(武士のサムライ)に水の江滝子さんの死去が伝えられている
SKD(松竹少女歌劇団)ファンだったはさぞかし
がっかりしていることだろう

人には誰にも話したくない知られたくない秘密がある

でも、おたまは知っている。
母がSKDを受験して落ちたことを
      叔母が「内緒やで」と言って教えてくれた


そしておたまは知っている
叔母がNHKのど自慢で鐘がひとつだったことを
        (母が「内緒やで」と言って教えてくれた)

姉妹は他人の始まりだ

それにつけても、水の江滝子といえば人気番組「ジェスチャー」のターキーさんとして我等の世代には記憶されている
今にして思い返せば、シンプル極まりない番組だ。
さしたる準備も要らなければ道具も要らない
でも多くの国民がちゃぶ台の向こうで楽しみ、笑った

それは懐かしくも愛しい善なる風景 だった

石原裕次郎という稀代のスターを世に送りだし
晩年はロス疑惑で傷を負われた・・

・・

誰かが自分のことを心に思い浮かべるとき
その顔が笑顔だったらうれしい・・・

水の江滝子さん。あなたのエクボ、素敵でした。
ご冥福をお祈りします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

それって失礼じゃない?



今朝の朝刊(武士のサムライ)に高齢運転者標識、
いわゆるもみじマークがあんまり不人気なので
新デザインを募るという記事が載っている

それにしても桜組(警視庁)ってどうしてこうも
トンチンカンなんだろ

人心掌握力ゼロ。空気読めない天才

70歳以上のドライバーが反発しているのはデザインではなく、
(確かに初心者若葉マークに比べりゃ枯葉っぽいけど)

何ゆえ世間に自分の歳を知らしめる必要があるのか
何ゆえきわめてプライベートな事実の公表を一律に
義務づけられねばならんのか・
・・・ということだ

もみじマークをつけていて周囲の車から嫌がらせを受けた経験者も多いだろう。
かえって危険なこともある

桜組の主張はこうだ
ベテランドライバーを象徴し高齢者が誇りを持つため


大きなお世話だよ!

もちろん、おたま70歳までにはまだまだ間がありますわよ
でも、たとえマークがヨンさまの横顔に変わろうとも付けたくない
20歳以上と思われるのがイヤで選挙に行くのも躊躇した女だ!(少し意味が違う?)

早い話ばあさん扱いされたくないの
自分で薄っすら認めていてもあんたに言われたくないの
それが乙女心っていうものだわ。

でもね、このブログのスポンサーリンクったら

よりによって

夜間の頻尿にお困りの方  とか
秋からこっそり薄毛対策  とか
不幸を引き寄せる人の特徴  とか

不景気だし、年寄りくさいわね



 ついでにこの際言っとくわ
よそ様の家庭に口出す気はないけど
「じぃじ」「ばぁば」という呼び方しっくりこないの。

まあ、おたまに孫はいないけどね。
もし、いたら? 

 ご先祖様 とでも呼んでもらおうかいっ!

天気晴朗なれど浪高し・・・本日のおたま模様ですぅ  


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

流し目に砕け散る



今朝の朝刊(武士のサムライ)に小泉進次郎氏が
衆院内閣委員会で初質問に立った記事が小さく載っている。

この小泉Jr,に友人E(名を秘す)は「28歳であの流し目
と腰が砕けかけたらしい。
おたまと好みがかぶらなくて良かった。ホッ

彼女には勝てそうもない(腕力でも体重でも)

男の顔は男が創る

政治家としての技量を磨き、うんとイイ顔になって欲しい

だば、流し目お稽古 by 資生堂

いかが?

この美しい流し目の女性は伊東美咲さん。
名古屋のパチンコメーカーの社長さんと結婚なさったばかりだそうです。オメデト。

目は口ほどに物をいうと申します。
長谷川一夫丈や杉良太郎さま。はプロ中のプロです。
素人のおじさんが真似をしてはなりませぬ
顔が違うの顔が・・

・・・・目はこころのまなこなり

おたまは男性のどこを見るかというと「目」ですね
それも「目の奥」

もちろん興味を持った方のみです

目をのぞきこむと9割5分がたじろぐ
気色わるいんやろね。おばちゃんにのぞかれて

.

端正なお顔立ちなのに目に「深みのない」残念な男が多い
目の奥がオドオドしていたり、ずるかったり。
しかし顔はあっちむいてホイなのに目のきれいな人が居ます

ある意味、残念

勝手にイケメン探しの旅は果てしなく続くのであります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

おかげさまで二ヶ月



つ・ついにやったわ・・・

本日で、ブログ開始から二ヶ月
一ヶ月で止めるつもりが調子こいて二ヶ月続いたわよ

これもひとえに遊びに来て下さった皆様のお力。
そして何よりおたまの力

・・・

右も左も判らぬ子羊(?)が
時には母のない子のように泣きながら・・ウソ

動画の貼り付けができるようになりました
ブログバーツを設置しました(鍵盤ハーモニカ)
わけもわからずブログ村の村人になりました

ここの村長さん良い方でね。村会費も払っていないのに全力で応援するっておっしゃいます。我武者羅な方なのねきっと。
で、ブログ村のバナーを貼り付けなさいって言われたのだけど、意味とやり方が解らなくって。ビミョーに間違っているけど
貼り付けました

皆さんも帰りには我武者羅に押して帰ってくらはい


ああ、鍵盤ハーモニカもたまには弾いてやってくださいね
じゃないと明和電機の
おたまじゃくし型新作楽器オタマトーン

してやられる。

今、一番欲しいもの。オタマトーン\2,940 
イッケネー。宣伝しちまったぜ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

詩人の魂



今朝の朝刊(武士のサムライ)に中央官庁出身・天下りOBの嘱託職員としての給与が1300~1700万円であると報じられている。利権ホクホクですわ。

・・・・

欲望にとらわれず清らかに生きる・・・これを

   清貧    という


昨日は三億円を妄想して非常に疲れたので
今朝は清貧の詩人、山之口獏に思いを馳せてみた。

詩人は清く貧しくなくっちゃいけないと思う。
メタボリックな詩人なんて詩人の皮をかぶった

おたまは詩人にはうるさい(ハイハイ)

山之口獏の詩に
小さな娘(ミミコ)のために卵焼きを焼くというのがある
ときどき、ビールだったかな酒だったかな・・をグビッと飲みながら・・・

初めてこの詩を読んだ時(中学生でした)
大人になったら、こんなこと(酒飲みながら料理)してみたいよー
ああ早く大人になりたい・・・と思いました。

ハマリどころは「そこ」かい

で、十分すぎるくらい大人になったおたま
昨日はお買い物に行きまして
二度と手をだしてはいけないブツ」についつい・・・

.

まるでチーズをカリカリに焼いたような濃厚おつまみスナック
          cheeza チーザ

.



江崎グリコはん、殺生だっせ。こんなん出されたら
おたくの看板と一緒お手上げ やがな。ハハハ

と、ついでにカシスオレンジもかごに入れてしまった。

そうそう、おたま。おビールはあまり好きじゃない
そりゃ、飲めといわれりゃ素直に飲みますが・・・

夕方は、お料理・カシス・お料理・カシス。ふんふんふん
こりゃ、グリコとアサヒビールは手を組んでるな
ってなことをつぶやきながら・・

・・・・・・

物(金)があったって自分の心が満たされていなければ
それは、幸せではない。
自分にとっての幸せ。それを見つけながら
清らかに生きていこうと
心に誓うおたまでありました。

・・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

大当たりバチ当たり



今朝の朝刊(武士のサムライ)で知ったけど宝くじ発祥の地は大阪・箕面の龍安寺で、鎌倉時代からの正月の伝統行事だそうですよ

そういえば
月末には年末ジャンボ宝くじが売り出されるわね

宝くじは何度か買ったことはあるけど疲れ果てるので
多分今年は買わないと思う。

もし、宝くじがはずれたら・・

「うどん食うて寝る!」 これが判る人は落語通

もし、三億円当たったら・・

・・・・・

そのことについて、エンジェル(東京の友人)と話し合ったことがあります

おたまは想像するだけで胸がドキドキしてしまい
とりあえず、枕元に札束を並べようと思うのだけど、
どれくらいの量(かさ)になるのか見当がつかない。

まず、寄付はするわね。
迷いに迷って3千万円寄付することにしました。
でも、どこにする?・・有効に使って欲しいわ
残りの使い道。
思いつくのは世界一周の船旅
でも、夫は居ないし一人はイヤだし。
それはエンジェルが会社を辞めてついて来てくれることになってクリア

えっまだお金残ってるの?
もう思いつかない・・・・・・・・・情けない

エンジェルの計画。おたまと同意見。まずは寄付。
日本赤十字社に5千万円(ゲッ!)
次に都内は山手線の内側にマンション一つ押さえておいて
フランスの古いシャトーを買い受ける。合鍵を渡すからいつでも使ってって言ってくれました
(大きな人だよあんた)

おたまが買ってあげるといったのは「ドレスとバッグ」
それに、ポンと5千万円寄付だなんて・・・
あの3千万でも、死ぬ思いで決心したのよ。

ああ、おたまって何て小さい人間だろう・・・

そして、宝くじ抽選日までの日々の辛かったこと

当たったらどうしよう・・・

困る・・・。使い切れない・・・。

どうか当たりませんように・・・。

こんなことなら買うんじゃなかった・・。



さてさて、宝くじ発祥の龍安寺では146年ぶりに、古式にのっとった富くじ行事がおこなわれたそうです。
当選者には
弁天様の気を封じ込めたお守りとお札が贈られました

・・・・・・・・でも

やっぱり三億円がいい・・・と思う
ばち当たりな、おたまでございます
         



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

平凡VS明星



今朝の朝刊(武士のサムライ)によると行政刷新会議の事業仕分けが粛々と進められているようね。
自民党政権ではなかなか前へ進まなかったけど、
いる。いらないはシンプルに・・・お願いしたいわ。
へえ~そんな団体があるのなにしてるの
一般国民おたまが知らないということは・・すなはち
国民全体への周知の不徹底ということは・・すなはち

国民が利用していないってこと

今回は400強の事業所が対象だけど全体としては
3000ヶ所に上るっていうでしょ。
団体を考えつくだけでもすごいわね。
これに独立法人、公益法人を加えると・・・

どっひゃ~~

頭のいい人が寄り集まって何をしているこった
頭がいいから賢いわけではないんだな。

それにしてもシーちゃんこと亀井静香氏がまたイチャモンつけてるみたいね
貴方の存在理由はおたまが認めてあげるから
も少ししずかにしてね

と、オヤジギャグを飛ばしたところで

日ごとオッサン臭くなっていく我が家の「ミスター平凡」だが
金曜の夜はご帰宅なさらず、土曜の夜遅く
「ドーモ申し訳ございません」と高嶋(弟)のように腰を折り曲げてお戻りになった。

これが夫ならどんぶり鉢の2..3個飛び交うのでしょうか

ちなみに、「この世で一番おたまちゃんが恐い」と言っていた夫は毎晩きちんとお戻りになっていました。

で、心の中で「このまま出て行って下さってもよろしいのに」と思ったが言わなかった。さすがおたま「大人」です。

ウチにはこの「平凡」の下に
おたまの溺愛にスポイルされたともっぱらの評判の子

ミスター明星  がいます。

彼は今、西国の地方都市に暮らしています
家ではいつも最年少、.犬や猫からも年下扱いされていたふしがある。

・・・・・

家に居られるのもイヤだけど
なしのつぶても淋しい、母おたまであります。

星見よとメールの届く寒露かな  おたま


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

京都・嵯峨野に降る雨は・・・

昨日は「紅葉の嵐山」というベタなチョイスの吟行でした。

吟行とは俳句を作るために景色の良いところや名所などを訪ねることです。
徘徊に少し似ていますが、手帳と筆記具を手にしていますので、皆様におかれましては、お見分けよろしくお願いします。

嵐山ただ今 見頃ですよ~ 今年は二週間早いそうです

久しぶりの電車がうれしいおたまは、
人目さえなければ靴を脱いで後ろ向きに座り
低い鼻を窓にくっつけて外を眺めるところ・・・・・。

人生には自分が「成長した」と感じる瞬間があるものです。
電車の中では前を向いて座ろうと決意した6歳の春。

次は、初めてセーラー服を着たとき。
ズロースのゴムにスカートを挟んでのゴム跳びなんか
もうしないんだとしみじみ思った12歳の春・・・

話が、大きくそれております。   モトイ!

嵐山は小雨がぱらり。
傘を差すほどではありませんでした

五木ひろしの店の前を通り、美空ひばり館の前を通り
カレンダー・ポスターでおなじみの竹薮の小道に入るとやっと嵯峨野らしさに出会います

絹糸のような雨が霧に代わり、その霧をたっぷり含んだ竹薮が美しい。
常寂光寺の山門には「日本国憲法第九条」と聖徳太子の「十七条の憲法」が貼り出してありました。
和を以って貴しとなし・・・そ、そうよ忘れちゃいけないわ。

山門に九条掲げもみじ寺  おたま

昼食後、国の文化財に指定されている大河内山荘
時代劇の大スター大河内伝次郎がここ、小倉山のふもとに広大な別荘を築いたのは34歳の時といいます。

「何やつだ。名を名乗れ!」「姓は尾呂内。名は南公」
違いますそれは大村昆ちゃんでしょう・・

姓は丹下名は左膳 痛快娯楽時代劇のヒーローです

丹下左膳で莫大な財を成したんだあ・・という俗な感想は、
山荘を散策するうちに薄れてきます。
伝次郎の情熱と思想が伝わるからでしょう

彼が禅を組んだ「持仏堂」を建てたのは、伝次郎27歳の折に起きた関東大震災がきっかけだそうです。
64歳で無くなるまでの30年間、この山荘へ情熱を傾けます。

34歳って言えば誰?
SMAPの仲居正広・木村拓哉が37歳とか言ってましたから

何か昔の人ってすごいなあ(何がすごいかうまく言えませんが)

タレントショップやミニ博物館が増えて、敬遠気味の嵐山でしたがやはり、日本屈指の観光地でした。

えっ? 俳句ですか?
あきまへん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

ほろほろ酔うて木の葉ふる



今朝の朝刊(武士のサムライ)にボジョレ・ヌーボー解禁近しの記事が。
今年は素晴らしい出来だそうですよ

昔のお酒屋さんは樽の量り売りをされていました。
酒屋の前を通ると甘~い香りがして・・・その香りが
おたまは大好きで・・・・
小さいころから、酒屋の前を通るのが大好き
ワケもなく行ったり来たりしました。

・・・・・・・

昨日は月に一度の「呑み会」でした。

メンバーは

  にいつも感謝している・・・・・・・・アコさん
  のこと、すっかり諦めている・・・・トシコさん
  を心底キライという・・・・・・・・・・・スミちゃん
  未亡人 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おたま

の、4名です。

みんな、それぞれに言い分はあるけれど

居てくれるだけで、幸せって思わなくちゃ」と
最年少おたまが一喝  して話がおさまる。

・・・・・

駅前のお店はこざっぱりしていて
小上がりというか、ちょっとした隠れ部屋があります
センスいいしつらえで

相田みつをの説教くさい カレンダーは
どこにも掛けてありましぇん

これで板さんがいい男なら申し分ないけど
言い訳・こうちゃんを毛むくじゃらにしたタイプです。

乾杯ビールのあとはいつも「秋鹿」を頼みます。
メンバーの一番人気は「呉春」。
焼酎好きの人は「明るい農村」や「農家の花嫁」
・・・・でもおたまは「秋鹿」ひとすじ。

酒好きの知人が酒処、新潟を旅したとき「旨い酒がある」と言って出されたのが大阪は北摂の山里が生んだ「秋鹿」が出てきて驚いたっていっていました。
よ~し。よ~し。何がよ~しなんだか

おたまは、大人になってからなる少し前から、お酒を飲みましたが
先輩に「何かを紛らわすための酒は酒に対して失礼だ」と教えられました。

だから、美空ひばりちゃんみたいに「悲しい酒」は飲んだことがありません。
この歳になれば「楽しく飲む量」も判ってくるものです。

ウチの会のルールは泣かない・歌わない・手酌

美味しいお酒と美味しい料理を前にして、
気のいい人たちと、いい時間を過ごす・・・・。

来月は、おたまの家で忘年会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

追憶の花びら



今朝の朝刊(武士のサムライ)に森繁久弥氏の死去が報じられている。
享年96歳。ご冥福をお祈りします。

福岡にいた小学生のころ「森繁久弥の弟」という人に習字を習っていた。真偽のほどはわからない。

とにかく「森繁の弟」と言っていた。

・・・・・・

ある歌を聴くとある人を想い出すということがある

知床旅情」を聴くと必ず想い出すのが愛ちゃんだ。

愛ちゃんは高校のクラスメイト。
ソフトボール部でポジションはキャッチャー。
一年中、真っ黒で、アンコ型のプロポーションに、
頭はいつも五分刈
そこいらの男子よりよっぽど男らしかった。

肩で風を切って廊下の真ん中を歩いた。
男子は道を譲った。

愛ちゃんとは席が隣同士になったのがきっかけで仲良くなった。
舟木一夫の「夕笛」という歌が好きでよく口ずさんでいた。
「淡く、はかなく、美しい」初恋の歌である

三木露風の「ふるさとの」という詩に似ていると思った

  ふるさとの 小野の木立に
  笛の音の うるむ月夜や

 

  少女子(おとめご)は あつき心に
  そをば聞き 涙ながしき

 

  十年(ととせ)経ぬ 同じ心に
  君泣くや 母となりても

愛ちゃんにそういうと、ノートに書きつけては熱心に覚えていた。

愛ちゃんが、Y先生に恋していることをおたまは知っていた。

卒業して1年目かに数人で逢うことになった
待ち合わせの天満橋で息せき切って階段を駆け上ってきたみっちゃんが言った。
おたまちゃん。ビックリしたらアカンで。愛ちゃんが・・愛ちゃんが・・

 「花椿」 持ってる~~~

花椿とは資生堂の顧客向け情報誌である。
おたまでも化粧をしだしたのは20歳を過ぎてからだった。
そんな時代に、あの愛ちゃんがである。

・・・・・

花椿を丸めて改札を出てきた愛ちゃんは
半分くらいに痩せて、タバコを吸った。

どうして愛ちゃんと「知床旅情」が結びつくのかわからない
それも、加藤登紀子ではなく、森繁の「知床旅情」だ

そのとき流行していたのか、愛ちゃんが口ずさんでいたのか、入った喫茶店で流れていたのか・・・・

でも、知床旅情はそのときの愛ちゃんなのだ。

愛ちゃんは、中学校の先生になり、結婚して男の子を産んだ。
心臓を悪くしたと聞いた。

その後の消息は知らない。

愛ちゃんに逢いたいなあ。

逢うことがあるのかなあ。

森繁久弥氏の訃報から思いがけず懐かしい人のことを考えた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

いいぞ。由美かおる

昨日は朝刊(武士のサムライ)がお休みなので
おたまブログも休みました。

あれぇ   どこかで聞いたようなせりふ
そうそう、言い訳店主にそっくりね。

ブログを始めて、そろそろヶ月。

今までの記事をなんとんなく読み返していたら
我ながら、お馬鹿な内容で腹抱えて笑ってしまったわ

桂枝雀さんは自分の録画を見て大笑いしていたそうだ


あなたと私。笑いあうということで一つになる
笑い合う。 自他の別が,ある種なくなった。
「私が私が」というけれど、いったい何が「私」なのか。

                            (いけいけ枝雀・機嫌よく より

笑いの求道者の深さに胸打たれる。

まあ、おたまは別に道を求めているわけではないので
  おっ気楽に 遊びに来てください (店主敬白)

・・・・・

それにしても何ねえ・・
おたまの昨年の目標はイサベル女王陛下(お友達)へ
「写真を添付してメール」を送るだったのよ

「汎用型電子計算機」時代のおたまが・・・
あのPC超初心者の迷える子羊が・・・
ポチポチと遊べるようになったのね

しみじみ・・・ほめてやるぜ 

・・・・・

あっさっき、しばらく逢ってない人から電話があったの
イモを茹でていて」おたまのこと思い出したんだって

どうでもいいけど、思い出だしてくれてアリガト

由美かおるの入浴シーンが200回目を迎えたことが話題になった
人生楽ありゃ苦もあるけど、お風呂はホッとする
水戸黄門さまも混浴を希望されているらしいわね。

電話の主・おたま・由美かおる 同級生ざんす(たぶん)

彼女は「私、脱げないわー」って言うけど

ハナからあんたのヌードなんて見たくないよ

応援クリックよろしくね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

さよならマイケル

今朝の朝刊(武士のサムライ)に、嵯峨野の紅葉の見どころが載っています
最近は紅葉の錦よりも「落葉」の風情に心引かれるおたま・・・

ハイ、おたま、パッサパサ乾燥肌です。(ほっといて!)

少し色付きかけた我が町の山を一つ越えて
マイケルジャクソンの「this is it」 を観てきました。
六月に急逝したマイケルジャクソンの最後のリハーサル映像を公開するについてはファンの間では賛否両論があるようです

アンディウィリアムスショーに出ていた
小さなマイケル坊やしか知らないおたまは
King of pops の天才振りに圧倒されました

なんて世間知らずマイケル知らず だったのかと
後悔しています

凄すぎる

かっこよすぎる

美しすぎる

神様が地上に使わした人間がいるとするなら
彼は絶対その中に入っていると思いました。

噂・憶測・ゴシップ・偏見・・・でも

生身のマイケルは優しさに満ちていました

彼の優しさ謙虚さはさりげない言動に表れます。
若いギタリストには「そばについているよ」と励まします

棒つきキャンディを舐める姿に人臭さを感じました

イヤホン・モニターに拒否感を示す場面があります
天才的な歌い手は天才的な聴き取り手でもあるのでしょう
演奏も自分の声もそれを拾うのは自分の「耳」でしかないのです

ボクはそれで育ってきたから・・と、つぶやくマイケル

どうでしょ!きらきら光るマイ・イヤモニをつけて歌番組に出ていらっしゃる歌い手の皆様。
アーティストと呼ばれてハイと返事なさる皆様。

ヒロミ・GOのジャケット芸にポカンとしている
そこのおとーさん・おかーさん
ぜひとも「this is it」ご覧になって

心に響くこと、琴線がブルンブルン震えること請け合いです。

ポンと押してね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

いいわけは良くないわ

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると、米国テキサスの陸軍基地で銃乱射事件が起きたそうね。
イスラム教徒の容疑者は「イラク派遣」を気に病んでいたとか。
理由にならない理由。なんとも言えない気持ちになるわ。

・・・さてさて。

男の美学が社会通念として成り立っていた時代
平たく言えば
男がまだかっこよかった

こんな言葉を聞いたことは無いだろうか

男なら「言い訳をするな」

いいわけbyこうちゃん

家の近くに美味しいと評判のケーキ屋さんがある
数年前、店内にテーブルと椅子を入れて
「パスタランチ」を始めた。

これが、大変美味しくその上、驚き価格

             

本日のパスタスープサラダ(気難しそうな)パン
(選べる)ケーキ(選べる)飲み物・・・以上で 1000

ちなみに、ケーキセットは750
パスタ単品は       800

公文の教室に通っていなくても
いかに「ランチ」がお得かわかるわね。
ハイ。そこ。前から三列目のあなた。

おまけのようなケーキがつくのではない。
ケーキ屋のケーキがパスタについてくるのである。
(この感動わかっていただけるかしら)

評判が評判を呼び大人気・・・ただし困ったことがある

この店、実によく休む 

そのたびに店主の手書きの「おしらせ」が貼り出される
                 「いいわけ」

いわく

「アルバイトが急に辞めたので休みます」
「店主通風のため休みます」
「若狭に潮干狩りに行くので休みます」
「今日は用事で休みました」

最後など、「お断り」というより「報告」だ

この店主やる気があるのか無いのか一年のうち半分は
休んでいる

しかし、一週間休もうが3ヶ月休もうが、店を開ければ
大盛況。

悩み多き店主らしく昨日はこんな張り紙がしてあった
「当店はカジュアルな店ではございますが、はだしでのご来店はご遠慮くださいませ」
「お子様をテーブルの上にお乗せにならないようお願い申し上げます」
「当店はクラシック音楽を流しております」

・・・・・・・

 店主とおたまに声援を思いっきり押して下さいませ
 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

おたま天狗になる

ふふふっ ふふふっ  ふぁふぁふぁ ふぁああ (笑)

ついに、おたまに、異変が・・

・・・・・・

(今朝はまだ朝刊(武士のサムライ)読んでないのに・・・)

ご心配には及びませぬ
嬉しいのでございます。

 はい、

インターネット俳句の選に入ったのでございます。ヤッホー
それも二句(すっかり、とんま天狗状態だわ)

東京拠点の結社ゆえ、
主宰や指導者のいる句会に参加する機会の無いのが悩みのおたま。

こうやって選評してもらうのが何よりの勉強になるの。
そのためには、
なんとしても十句選の中に入らねばなりません

結社外の好きな先生の評だから喜びもひとしおです。
意とするところを読んでもらっても、思いがけない読みをしてもらっても、うれしい。俳句って面白いなあと思います。

おたま、ほめられて伸びるタイプ

次は一月かあ。がんばろ

・・・・

ポンと押してほめてやって下さる?
 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

天狗になって高笑いをしていたら
今朝の朝刊に「鳥取不審死 計五人に」の大見出し
練炭を買った婚活女性の事件も捜査中でしょ
それに、整形手術をして逃走中の容疑者。

タフなハートにしておかないと
新聞を読むのも大変だわ。

こんなに、晴れた美しい朝がきたのに
お天道様に申し訳ないと思う今朝のおたまでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

ついて行きたいあなたの後を

今朝の朝刊(武士のサムライ)によるとキャンベル国務次官補が今日、日本に来るんだってね。オバマ大統領の初訪日を前にして「普天間問題は政権が変わってもそんなのカンケーネー」って言いに来るんだわ。
おたまドキドキ。新たな日米関係を模索する政府に「どんな関係を築くかはあんた(日本)次第やで」とおっしゃっているらしい
すっげー上から目線なのね

・・・・・・・

日米関係ほどでもないけど、おたま家も懸案事項が・・
そんな用事がたまっていたのでに出ました。
家から車で20分です。

ホック付きのスカートに履き替え
顔には粉モンをはたき、
中途半端に伸びた髪を整えました。
なかなかいけてると自分を褒め・・・
(バーカ)

この際

マダムロシャスの香水を手首と足首に塗りました
ハイ。ご縁はどこに転がっているか分からぬもので・・・。

家を出るやいなや、as soon as でございますよ

とんでもないものに出会ってしまいました
ぬあんと

おたまの車の前を走る優美なボディは

いすず117クーペ  ではありませんか

いい夢だけを見せてくれた昔の男(そんな奴おらん)に
再会したような・・・

どんなお方が運転なさっているのかしら
車と車じゃマダムロシャスの効き目がない

と、思うまもなく117は左に方向指示器をだした
ああ、おたま、あと二歳若かったら・・追跡してたな。

(動画の貼り付けテクを覚えたので調子に乗っています)
小林旭 自動車ショー歌

そうそう、街の用事はちゃんとすませましたよ

今日もヒルマンからベレットしてないで頑張ります。 

では、ここらでやめても いい コロナ~

ぽんと押してくださる?
 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

ダイナマイトが150トン



今朝の朝刊(武士のサムライ)に七五三まいりの家族連れの写真が載っていました。
可愛いのよねえ。
このくらいまでは・・・

洗濯物を干していると、すさまじい泣き声が。
ぎょっ。幼児虐待かと外を見おろす
(おたまの家は道路より高いところにある。大阪城を想像してね)

年の頃なら2歳くらいのボンが
道の真ん中での字に寝て天を仰いでいらっしゃる。
よく聞くと「いやや~だっこして~

その声たるや姿たるや

全身ダイナマイトである。
はじけ飛びそう。

幼い人にも理(ことわり)はある

ママらしき人が呆然と立ちすくみ途方にくれていた

いいなあ。
あんなに泣けたら気持ちいいでしょうね。
おたまもぶっ飛んでみたい。

カラスの野郎もとんびの間抜けも気をつけろぃ

ってね。・・・・・でも道のまんなかで寝ていたら
即。通報されるわねやめとこ。

旭アニキの頭蓋骨震わす高音。結構でした。

かっくんショックだダムの月
時まさに高度成長期。

あの頃・・・

あっちこっちでダイナマイトぶっ放して
ダムを作っていたんだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

夢まくらに立つひよこ

今朝の朝刊(武士のサムライ)とっても重いわ
記事じゃなくて折込チラシが・・・・。

近所のスーパーマーケット
今週は「よか味!福岡」フェアです。

おたまが子どものころ住んだ街、福岡。

そう。ハ・カ・タ

おたまの事「博多人形みたい」って思ってくださって
ぜ~んぜんかまわないです。
いや。思ってくれい。

「福岡市の人口は64万人です」って習いました。
今はその倍以上でしょうね。

で、チラシをペラペラめくりますと

そうそう、丸永製菓のあいすまんじゅうよく食べたっけ
大宰府の梅が枝餅は平ペったい餅に餡子がいっぱい

そういえば「辛子明太子」って子どものころ、
あまり聞かなかったわねえ・・・
これって最近じゃないのかな

博多土産と言えば

にわかせんべい鶴のたまご・ひよこ・・よね
にわかせん
いと言っていたような記憶があるわ

そういえば「ひよこ」のCMソング覚えてますよ
ヒーヨコ、ヒヨコおーいしいお菓子ピヨピヨピー

それに、もうひとつ
ヒヨーコ持ってこねヒヨーコ持ってこね
せりふ)誰に持ってくんだい?
けんちゃん病気で寝ているんだ
だからヒヨコ持っていくんだーい

かっわいいわねえ

けんちゃん「腹こわし」じゃなかったんだ

チラシに「炭鉱の街から生まれた銘菓ひよ子。
ひよ子の生い立ち」という文が載っています。
へえ~ ひよこの「こ」は「子」って書くんだ。
ちっとも知らなかった。

驚きはこれだけではない

たま たまげた (ここ、笑うとこです

・・・・

時は大正元年、
多くの人に喜んでもらえる菓子を熱望していた
筑豊飯塚の菓子屋の当主、石坂茂氏の
夢枕に立った のがひよこだったのです。

・・・・・ 

銘菓ひよ子饅頭の誕生話です
素晴らしい。すごい、と思いません?
ひよこが夢枕ですよ・・

福岡に帰りたいなあ・・でも変わっただろうな・・

 ふるさとは遠きがよろし薯食べて  おたま

・・・・・・ぴよぴよぴー

ポンと押して下さる?
 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »