« 父の肖像 | トップページ | 長い髪の元少女 »

2009年10月10日 (土)

コメンテイターというお仕事



今朝の朝刊(武士のサムライ)によると、大阪府知事が府職員の返信メールに激怒して、その職員を処分した。とのこと。

「無礼講の無礼」って言葉が頭をかすめる

「何でも言うてや。批判してや」というから
 ↓ ↓ ↓

「批判したら」  → 叱られちゃった 

・・・・・・・
もう、何にも言われへんわ・・・

知事は「物言い」(ものの言い方)について怒っているそうだ。
(内容じゃないよう)(批判したからじゃないよう)と言う物言いが、

彼の賢いところだ

おたまが面白いと思うのは、この件に関するテレビコメンテーターのコメント。
その人の「立場」とか「本質」とかが見え隠れしておもしろい。

それにしても
コメント=解説 というきちんとした観点で話す人は少ないですね。

えっ おたまの意見ですか? 

 ウン はしもっさん。 小っせ と思った。≫ 

おお、こわーー。こんなこと言ったら「処分」されるわ。


|

« 父の肖像 | トップページ | 長い髪の元少女 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメンテイターというお仕事:

« 父の肖像 | トップページ | 長い髪の元少女 »