« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

勝負師は顔でも勝負する

今朝の新聞(武士のサムライ)によると
いろんな検定ブームらしいですね
ご当地検定に始まり、趣味・雑学・・・etc

千葉県のM田知事さんみたいに
自称(剣道二段)もアリかしら
そうはいかないのが自動車運転免許証

運転免許証更新のお知らせ」の葉書が届いた
亡夫あてだわ。
「ひっちゃん(夫)どうする?行く?」と訊ねたら
ちょっと無理やな。」とのこと

     シュールな 会話 

ついでに

ドラフトの阪神球団指名選手を夫に報告しておく。

彼はタイガースファンで、それはホントなんだけど
実はミスターGが大好きでした。

その、矛盾をおたまがつっつくと

ドラえもんを嫌いな子どもがいないのと同じで
昭和30年代に子どもだった男で
長嶋茂雄を嫌いな奴なんか一人もいない
と、言い切るのです。

ハイハイ。

どうせ、おたまに野球はわかりませんよ
分かるのは、大好物の「男の顔」だけ

・・・・・・

素晴らしいが揃った。
いい面構えである。ワクワクしちゃう
掛布雅之・岡田彰布の伝統を正しく受け継ぐ顔だ

二神一人がっちりしたホームベースの顔型やよし
       おたまが新人賞、取らせたる。

藤原正典いいよ。あんた、いいよ
       球にも顔にもキレがある。
       

甲斐雄平このを待ってたんや
       エエ子や。頑張ってや。

秋山拓巳泣かんでもエエ。剛速球投げたれ
       おたまが大きく育てちゃる

以上、降りてきた夫が言わせておりますので
ご無礼の段はお許しくださりませ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

ありそうで無さそうなワケ

今朝の新聞(武士のサムライ)にハロウィンのための
パンプキンケーキの作り方が載っている

今日はハロウィンパーティーの子ども達が、
おたまの家にもやってくるらしい。(予告あり)
最近はピンポンダッシュするガキ子どもなんて希少種ね)

Trick or treat  お菓子をくれなきゃいたずらするぞ
とやってくるのは、近所の英会話教室のお子ちゃま達。

宗教行事・こども・お菓子 とくれば
おたまがぴぴ~~んとくるのは 地蔵盆

  地蔵会を待つ先頭に乳母車  おたま

・・・・・・

ああ、そうそう今日はその話じゃなかったわ

「わけあり」って、海岸を散歩する
貫一とお宮
のような
男女のことを指すだけでもなさそうね

何でも知ったかぶり知っているおたまでも
これがブームになっているとは知らなかった。

今ブームの「ワケあり」とは
訳」を開示して商品を安く売ること。

  規格外ワレ・キズあり箱つぶれ・箱なし
  余り・切れ端期限間近失敗品見本品      
  エトセトラ・・・

そういえばガチャピンの姉さんが、小倉山荘(京都の高級あられやさん)の
「割れおかき店頭販売日」はすごい行列だって言ってたわ。

おたまなんざ、うんと昔からCO-OPさんの
「ワケあり曲がりきゅうり」を買っていますよ
(ちょっと違う?)

売る側は廃棄や食品ロスの問題が回避でき
買う側はお得感、限定感が味わえる

もったいないオバケも出番がないわ

でもね、これってどーよ

某老舗のおせんべいやさんが
24時間電話注文受付の、インターネットでもFAXでも受付の
もちろん送料当社負担で全国に向けて

なんと 一斗缶入り 割れせんべい

を、売っている。

おたま、しみじみ思うのだけど

そんなに割れるのなら
一度機械を修理に出したら・・

 ポンと押してくださる?
  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

女の道よなぜ険し

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると慶応大学のミスコンテストが中止になるとかならないとか・・。
理由は運営サークルの学生が全裸で駅構内を走りまわったことによる。

若さとは徒労の季節だ」と言った詩人がいたわ。

何をしても許されるのが若さの時代であったとしても、
オサムイ話(何しろ全裸だからね)

それにしてもミスコン中止は残念ね
出るつもりはないけど

おたまね、ミスコンが好きなの
出来れば「見かけ」だけを審査してもらいたい。
よく「中身も美しく」って言うけど、
そんなの解るわけ無いじゃん。

・・・・・

育った時代のせいかフェミニズムには敏感なほうだ。
女性の都合のいい権利は高らかに主張するわ
十代の頃の愛読書はボボワールの「第二の性
経済的自立なくしては男への隷属は逃れられないと
結婚しても子どもが出来ても、当然のように働いた。

何であんなに突っ張っていたのだろう

いろんなことに疲れたころ
「おたまちゃん、もうエエやん」と夫がニコニコして言うので
「それもそうやな」と家庭に入った。

少しあった「敗北感」も・・・そのうち消えた。
年を重ねると言うことは、何かを明け渡すこと

ま、言えるのはおたまに可愛げはなかったわね。

今となっては、「ミスコン」好きよ。
女が土俵に上れなくってもいいじゃない。
大峰山も女人禁制でよろしいやない。

ただし・・・である。

イケナイ理由が「女を穢れた性」とおっしゃるのであれば
こんなにおとなしいおたまでも言わせていただくわ。

あんたさん、穢れたものからでてきなはったんか。
ってね。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

俳句のこと

今朝の朝刊(武士のサムライ)に首相所信表明演説終了直後の写真が載っている。
昨日はS子さんちでM子さんも一緒に、三時の美味しいカステラとお茶をいただきながら、この演説をテレビで見た。
私ども、韓国ドラマばっかり見ているわけではございません。
野党は具体性云々を指摘するが、大きな方向性としては国民おたまにも解りやすかった
十年一日の政治にウンザリだったんですもの。
期待大よ

さて、上記のお二人は俳句仲間(句友)です。
俳句ブログランキングにも参加していながら
俳句ネタが無いってどういう了見やねん

って誰に叱られたわけではないが
気の小さい(ウソ)おたまは、
これから少しづつ俳句のことも書いてゆこうと思います。

句歴40年50年が当たり前の世界で、
俳句を始めて7年のおたまなんぞ
くちばしの黄色い 
オシリの青い   
駆け出し者でございます。

・・・・・・・

おたまの学びの場は以下のとおりです

東京を中心とする結社に所属
 近隣の仲間と月一回の句会・吟行
カルチャー教室で月一回の句会
 指導の先生は他結社の方
インターネット俳句へ投句
 好きな先生(他結社)の担当される時だけ出句。

採ってもらえそうな句をそれぞれにあわせている自分を
ケッと思いつつ
採ってもらうと嬉しい、情けない小さいおたまです。

・・・・・・

 

俳句を始めようと思ったとき大先輩に
いつもレベルの高い俳句のそばにいなさい
とアドバイスを受けました。

レベルが高いとはどういうことか、まだよく判りませんが
俳句は、一人の文芸ではないことはわかります。

ああ、こんな句が詠めたらいいなあ思った初心を忘れず勉強していこうと思っています。

次からは「好きな句」の紹介と鑑賞をしてゆきます
えっ?おたまの句でっか?
ブログにと~きどき挟んでいます(笑)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

女優を楽器にたとえると

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると生活保護の母子加算が復活されるそうです。
父子所帯もたいへんだと思うけど、
雇用が不安定で低賃金の職にしかつけないのは女性が圧倒的に多い。
母さん頑張れ

おたまの母も一人暮らしで頑張っています。

母は我が家から42キロほど離れたところに住んでいます
ちゃんなら走って二時間半で着きますが
おたまはで一時間半かけて行きます。

この母が最近

黒木瞳川島なお美の違いが判らない」と
落ち込んでいます

以前、「桃井かおり樋口可南子の見分けがつかない」と凹んだときは
桃井かおりからアクとオーラを抜いたのが樋口可南子テキトーに言っておきました。

今回、おたまに良い答えが見つからず(母の孫)に聞くと
熟考のすえ
練習用のバイオリンストラディバリウスの違い」とのこと。

どっちがどっちなんて、おたま恐ろしくて言えません

ストラディバリウスと言っても母にはよく判らんと思い
練習用本番用の違い」と教えました。

すると、あろうことか母は
ああこの人、本番女優さんね」と言い始めました。

ちょっ、ちょっと 待って (そりゃ愛染恭子じゃなかですか)

親の口から「本番女優」なんて言葉を聞くとは思っていなかった

それは違うわ。お母ちゃん。

どうすりゃいいのさ思案橋
困った困ったこまどり姉妹

・・・・

このおたまでさえも
江口洋介吉田栄作伊原剛志の違いは判っちゃいない
取るに足らないことよ。と言ったけど・・・

まっ。なぐさめにはならないわね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

悪に咲く華・仁左衛門

今朝の朝刊(武士のサムライ)には珍しく凄惨な事件が載っていなくてホットしました。 

最近の世の中は病んでるって思うけど、
悪事がはびこるは今も昔も変わらぬものらしいです。
近松門左衛門の描く世界も、そんなお話でした。

早寝早起きのおたまが
昨夜は夜中の1時まで起きておりました。

ええ、そうです。
NHK芸術劇場
歌舞伎女殺油地獄を観る為です。

おたまの趣味は俳句歌舞伎
年寄くさい?ごめんね。

片岡孝夫の与兵衛は一世一代、
これが最後とご本人がおっしゃっています。

この二月。京都南座・花形歌舞伎にて愛之助の与兵衛。亀治郎の女房お吉を見ました。若々しくて良かったけど

・・・・・やはり・・孝夫と比べるのはお気の毒・・

孝夫の小悪党から大悪党に変化する時の狂気。よろしいね。
ぞくっとしますわ。人間の心の底の底を見たようでね。

孝夫、悪がよう映る 

今年は松竹座の初春歌舞伎で観ましたところの

霊験亀山鉾・亀山の仇討

ウン十年のおたまの歌舞伎鑑賞人生で、
このお方(役者)と同時代に生きてて幸せって思いました。
 

いや~~ん。おたまも焼きがまわったわね
孝夫じゃなくって仁左衛門よね。
どうしてこう、切り替えスイッチがうまく働かないのかしら。

年をとるとなかなか切り替えがむつかしいのね。
ずっと「孝夫」って書いてる

それにしても、近松門左衛門が描くところの男はどうしようもない
男は可愛いくなくっちゃ と常々思っているワタクシ・おたまですが
可愛いにも程がある

金は無いのに見栄っ張り、煮え切らないのに、すぐキレル。
じれったいやらはがゆいやら
・・・・・・・

もう・・・与兵衛も忠兵衛もサイテー。

エンジェル(東京の友人)も歌舞伎好きで、関西に比べ歌舞伎を見る機会が多く、いつもおたまをうらやましがらせます。
この眠い目をこすりながら観たTVも6月の「歌舞伎座さよなら公演」なのです。

大阪を首都に・・こんな時だけそう思うのであります。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

濡れ落葉はやさしく剥がそう

今朝の朝刊(武士のサムライ)に奈良の大台ケ原が
紅葉の見ごろを迎えたって出てたわ。山はあと一週間で枯れ始めるそうだ。

そして落葉は、地に還るのね・・・。でも
地に還らず、妻にくっつく落葉もあるらしい。

濡れ落ち葉 
なんて、寂しい言葉・・・・
落ちているだけでなく、濡れてるのよ
寂しさ×だわ。

でも、おたまの周りには
溝にへばりついている男は少ないわね。

むしろ
人生設計をきちんと見据え、計画実行して楽しんでいらっしゃいます。
あの、若い女に走った Y君しかり、
ヒロシだって血圧だ・メタボだといいながら
みそ汁も作れるようになったし、銀行で振り込みも出来るようになった・・・

先日、久しぶりに逢ったH氏の早期リタイア後の生活ぶりは非常にパワフルです。

を飛ぶ仕事(スーパーマンではない)だった反動か
では 米を作り 
では ダイビングを楽しみ

ギターを担いで老人施設を渡り歩き
 「名のるほどのモンじゃござんせん」と去ってゆき
車椅子の人の団体旅行に海外まで付き添ってゆく
他に(おたまが理解できていないだけだけど)怪しげな勉強もしてる。

やりたかったことが爆発 している感じね

H氏いわく、「やりたいことがやれる年齢を考えた

・・・・・・・・・・・

そうね・・・
おたまの夫のリタイア後ってどんなっだったのかしらね

濡れていようが落ちていようが
おたまのおでこに貼り付けて、
どこにでもくっついてきてくれてO・Kだったのに・・・

でもね
彼、たぶん死ぬまで働いていたと思う。
、世間から「ありゃ、ヨメのおたまに働け。働けって
ケツ叩かれてる」って言われてたとおもうわ。

わしゃ。野村さっちー かい 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

おっちゃんとおばちゃんの間



今朝の朝刊(武士のサムライ)に「ホルモンブーム」の記事が載っている。
ターゲットの客層は若い女性
ホルモンをつまみながら酒を立ち飲みする彼女等を

    ホルモンヌ と呼ぶ

もう・・若いお嬢さんがみっともない!立って物をたべるなんて!
おたまの娘ならしばきあげる
おばさんの始まりよってね。

おばさんの定義   群れる
             声がデカイ
             立ち話が長い

昨日
女子中学生の立ち話を見かけた
まだまだ可愛いナンチャッテおばさん

幼稚園バスを見送った後のママ達の立ち話。
これは立派におばさん

話が長い。声デカイ。
おたまが郵便局で用事を済ませて戻ってきてもまだしゃべっている。
なぜかみんなよく似たファッションである。
チュニックがにあうのは10代まででっせ。

そして

昨日のおたまといえば
エミリー(親友)と箕面の滝までハイキングをした。
帰りに箕面温泉スパーガーデンの風呂で長湯をしたあと
リラックスホールのお座敷でで明石焼きをつまみながら
瓶ビール(アサヒスーパードライ)を各自で注いで飲んだ。

舞台では素人カラオケの真っ最中である
全然聞いていないのに一曲終わるたびに
「いよっとか言って拍手をした。

注文をとりに来たパートのおばちゃんの愚痴をきいてやり、
テキトーに慰めてあげた。

おたまとエミリー。おばちゃんというより
    おっさんである

あんなに若くて美しかった?二人なのに
いつからこんな風になっちゃったのでしょう。
この按配だと・・・

じいさんだかばあさんだか判らないお年寄りになるのだわ
私達きっと・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

日々是修行

今朝の朝刊(武士のサムライ)に加藤和彦氏の訃報が伝えられている。
人は死ぬ。必ず。って判っているんだけど・・・
どうしてかなあ・・・

判らないことが多すぎる

ホーキング博士の宇宙理論
  ブラックホールが蒸発する?

なぜ石田純一はポジティブなのか

そして・・

女子プロゴルファーは、なぜ・・

     へそ出すのか 

でも
いちばん判らないのは「自死」の道を選ぶこと。

かつて
おたまの周りに、いつ「死」を選んでもおかしくない人がいたワ。
でも、死ななかった
苦しさから逃げ出すことをとどまらせたのは、
その人の他者(家族)に対する
残る人のことを思えば死ねなかった。

人間ってしんどい生き物やね。

今読んでいる、佐々木閑著「日々是修行」の中に
自殺は悪ではないという一話がある。

仏教の観点に基づくこの話に、大きく肯いながらも
おたまは深く頭を垂れてしまうのだ。

自らの苦の消滅ゆえに「止むに止まれぬ決断」を下すことで
残されたものに新たなる苦が生まれるのだとしたら
それは、罪悪ではないのだろうか。

残されたものは死者に対し罪悪感を抱くという
別れが理不尽で残酷であればあるほど、その思いは強い。

残る人に思いを至らせてほしいと切に思う。

そして、残された側に立ったときは・・・
愛するものの死を肯定し受け入れてゆくのも「日々是修行」なのね。

そういえば「帰ってきた酔っぱらい」のレコードもっていたなあ。
サイケデリックなレコードジャケットも覚えてる。
おたま高校生でした・・・。

加藤さんのご冥福をお祈りします。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

おかげさまで一ヶ月



つ・ついに・・・やったわ

本日で、ブログ開始から一ヶ月。
毎日更新の目標達成

おたまあんたやれば出来る子だよ。

これもひとえにおたま自身の力

遊びに来て下さった皆様ありがとう

・・・そして

未亡人ウシシ」とアクセスして下さった
一握りの皆様。そ。あなた。
期待はずれでごめんなさい。

・・・・・・・・・・

今後は気の向くままに、ほぼ毎日。
いや概ね、いや気ままに更新します

・・・・・・・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

京都・ちいさな旅

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると今日は16日なんですってね

辛く苦しい締切日15日の次の16日
なんて素晴らしい朝~~なんでしょ

新しい朝が来たのよ
希望の朝よ

ええ、おたま、やりました
やりとげましたとも。

「一句入魂」

俳句、しっかと提出しました
来月15日までダラダラできるぞ

ゴミだしに出て、驚いちゃった。
はんぺん公園(おたまが勝手に名づけた)がすっかり

・・・・・・・・・・・

HP等でとことん丁寧に紹介されている紅葉の名所は
実際行ってみて期待はずれだったり
つーかHPですっかり行った気になってしまって、
現地で、ほとんどおさらい気分だったりすること・・・
ありませんか

おたまの場合、大抵は下調べせずに行く。
昔はHPなんてなかったしね。
ガイドブックも見ない。・・・だからいいのよ。

この世は出会い一期一会 
季節もまた・・ね。

そこで本日は、おたまお勧め京都の紅葉ベスト3を発表します。
ジャンジャカジャーン左に鍵盤ハーモニカがあります

第三位
洛北は鷹峰の光悦寺・源光庵・常照寺
時間は早朝がおすすめ。この三ヶ寺は徒歩でゆっくり廻れる

第二位
西山は粟生光明寺・善峰寺・勝持寺・大原野神社
時間は夕暮れがおすすめ。特に一押しは大原野神社

第一位
ひ・み・つ (なら最初から言うなってか
比叡山が借景の寺。とだけ言っておくわ

やはり、11月に入ってからが見頃です。
人気スポットは人出も多い。早朝が狙い目です。
少しアクセスが不便なところに、意外な穴場が

誰と行くかも、とっても重要ね

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

追いつめられて・・

今朝の朝刊(武士のサムライ)に、とってもオマヌケな話が載っている。
警官に追われ山中に逃げ込んだドロボーが遭難しかけたらしい。
これって
銀行のカードに暗証番号を記入するおたまと
お母さん、ボクは遊びに行ってきます。家の中には誰もいません。鍵は郵便受けの中です」と玄関に堂々の張り紙をする子ども時代のミスター平凡
だれが一番のオマヌケだろう。

などと、重い頭、疲れた心で考えている・・・・

我身第一・自分大好きのおたまだけど、
月に一度自己嫌悪で凹みます

それは決まって15日

おたまって、どうしようもない救えない学ばない愚か者・・

それは、決まって15日

こんな(ホンマにこんな)ブログで遊んでるから・・
イエイエ。ブログ始める前から・・・いつもこうだった。

ぅえ~~ん

一句も出来てないよう
今日15日は、俳句の提出日なのです。
句会で追い詰められると何とか作るのだけどなあ。

また、やっつけ仕事でお茶を濁しそう。

さて

一ヶ月毎日更新を目標に始めたこのブログ。もう少しで目標達成です。
ささっ。皆さんも左の鍵盤ハーモニカを吹きまくって応援してね。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

ミシュランなんぼのもんじゃい



今朝の朝刊(武士のサムライ)によると、「ミシュランガイド京都・大阪版」の内容が発表されたそうですね

ほっちち かもてなや と言わせていただこうかしら

たとえダイアナ王妃でも「一見さんおことわり」の
京都である。
いかに安くて・旨いかが勝負の
大阪である。

フランスのタイヤ屋はんに関西食文化の何がわかるんどすか

東京版では掲載店が一躍人気店になったそうだが、関西人は多分その店に押しかけることは無いだろう。
評価は客が決める

ワシがルールや・・・・と思う人は多い

・・・・・・・・・・・・・・

 話は大きく変わるのですが 

人生の仕上げに差し掛かった人間の生きようは、男と女で微妙な差がつくようなきがします

捨てることの出来るに対し捨てられない
ロマンVS現実

この前ハイキングをしたべべちゃんと盛り上がった話題は、共通の友人である、Y君(ったって、オヤジ)のこと。

彼は最近、早期退職をしました。
介護がひつような親を二人の姉に預け、うんと年下の女性と二回目の結婚をし、南の島に移住したのです。

これから毎日魚を釣って暮らすそうです。

なんやねん。それ。

泊めてやらない。と言われているが
べべとおたまは
その島に遊びに行くことに決めました。

もちろんY君をグーで殴るためだよ 

我々は、何に怒っているのか。
親を捨てたことにか。若い嫁を娶ったことにか。

何でもいい。

とにかく、行く。

旨い魚たらふく食ってやる・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

タイムスリップ

今朝の朝刊(武士のサムライ)はお休みです。
なので、おたまの家にある古新聞をよみました。

昭和2年5月20日の大阪毎日新聞の広告欄に「ゲタ店」「風呂店」などの売買貸借の広告にまじり、面白い、商売をみつけました。

食用蛙各種分並びに本春産オタマ割安予約引受

広告主は大阪市西区阿波座の「トドロキ園養蛙部」さんでした
続きまして求人欄です。

苦学書生十七八歳迄履歴書携帯面談・・・などにまじり
結婚相談所でしょうか

求婚三銭京美人婿嫁多数学資金融就職震災復興世話

または

嫁度二十八。三十三四五六と四十の女容美也確実人を望

広告主は大国町の「高砂屋」さんと上本町の「活屋時計店」さんでした。

80年前にタイムスリップして、朝から何か愉快です

・・・・・・・・

昨日はべべちゃん(古~~い友人)とハイキングをしました。
軽く考えていたコースだけど、結構きつかった。

よく歩き、よく笑い、よくしゃべった。

話題は、映画・中性脂肪・総コレステロール値のことなどなど。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

新走り

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると

囲碁の布石の常識も変わるのですってね。
流行が常識となり、それも過去のものとなる。

日進月歩。腕を組んで足を上げてワンツーワンツー
休まないで歩け

しかし

代わり映えしないのが、おたまの日常。
それは、それで面白いのだけどね。

秋は少し変化があります。新酒 です。

(と言っても、今は年がら年中酒を造っている)

月に一度、女友達3・4人で呑み会を開きます。
お酒が好きというより

お酒をおいしく飲むためのおいしいものが好き

酒は静かに、ゆっくり味わいながら・・原則・手酌です
気を遣わない人たちと、ほっこりした時間が流れます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

長い髪の元少女

今日の朝刊(武士のサムライ)にイチジクの料理法が載っていました。


イチジクの上に生ハムをのせオリーブオイルとバルサミコ酢をかけて
モッツァレラチーズ、ルッコラを加える・・・
イチジクの天ぷら。衣をつけ油で揚げて大根おろしとショウガを添え、天つゆで食べる・・・

  そぎゃんこつ、せんでちゃ、よかろうもん。
  
なんも、せんとが、うまかとよ
 (そんなことしなくてもいいんじゃないそのままが一番おいしいのよ)

・・・・・・・・・・・・・・

「髪型をよく変えるね」といわれますが、
おたまにしてみれば、「とことん伸ばしてとことん切る」を繰り返しているだけ。
今はとことん伸びている最中です。んなことどーでもいいけどね

長い髪といえば、妖艶なイメージがあるわね。

筑波久子・炎加世子・浦里はる美・・古っ

おたまちゃん、いったいお年はいくつ?とよく聞かれるけど
おたまはめちゃんこ若い のです
ただ、めちゃんこ記憶がいいだけ。と、言っておこう。

大柄でグラマラスで(一緒か)おたまも大きくなったらあんな大人になるのかと思っていたけど・・・・・

   ならなかったわ。 

   なれなかったわ。 


チョウににあこがれたさなぎが結局チャドクガだったようなものね。
 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

コメンテイターというお仕事



今朝の朝刊(武士のサムライ)によると、大阪府知事が府職員の返信メールに激怒して、その職員を処分した。とのこと。

「無礼講の無礼」って言葉が頭をかすめる

「何でも言うてや。批判してや」というから
 ↓ ↓ ↓

「批判したら」  → 叱られちゃった 

・・・・・・・
もう、何にも言われへんわ・・・

知事は「物言い」(ものの言い方)について怒っているそうだ。
(内容じゃないよう)(批判したからじゃないよう)と言う物言いが、

彼の賢いところだ

おたまが面白いと思うのは、この件に関するテレビコメンテーターのコメント。
その人の「立場」とか「本質」とかが見え隠れしておもしろい。

それにしても
コメント=解説 というきちんとした観点で話す人は少ないですね。

えっ おたまの意見ですか? 

 ウン はしもっさん。 小っせ と思った。≫ 

おお、こわーー。こんなこと言ったら「処分」されるわ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

父の肖像

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると台風18号の残した爪あとの記事。
今朝は台風一過の空が広がっています。

辻井喬著。「父の肖像」を読み終えました。

大いなる政治小説であり、おおむね事実に基ずく濃密な伝記であり、読み応えがありました。革命を夢見た人として、又詩人としての作者が、見据える「父が築きあげたもの」・・・。

以前、辻井喬氏の講演で、ご自分のことを「差別意識に敏感な子どもであった。それは自分の出自に関係している」とお話されていました。

「父の肖像」で、おたまが面白いと思ったのは主人公の母親に関するところです。ここはフィクションの部分なので、辻井氏の出自とは関係がないのですが・・・。

漂白のサンカと呼ばれる「木地師」の存在をおたまが知ったのは、今年の夏のことでした。
京都と滋賀と福井の境にある、深い深い森に案内してもらった時のことです。その深い森に「木地師」の住居跡がありました。
「木地師」は「どこに住むこと」も「どの木を切ることも」許された特別な集団であり、その発祥は「惟喬親王」といわれ、その仕事は表のみならず、実は特別な任務を受け持っていたのではないか・・・と説明をうけました。

でも、こんな深い森の中に・・

  「つぎつぎと蛭降る暗き祠道」  おたま

また、この春から夏にかけ乙川優三郎の新聞小説「麗しき花実」を
楽しみに読んでいました。詩情豊かな心の奥深くに沁みこむ文章に魅了されました。そして、主人公の理野の昔のおとこが、なんとこの「木地師」なのでした。木地師であることの誇りと、特別な世界に生きる漂泊者の故かおとこは理野の前から去ります。

そこで、話は最初にもどりますが。
辻井喬がモデルとなった主人公「広田恭次」の母は隠れ里の出身であり、恭次を出産し手放した後は、隠れ里の奥深くにその情念も姿も隠してしまうというミステリアスな存在として登場します。

「木地師」という言葉はひとことも出てきませんが、滋賀・東近江・宿世を背負う者・惟喬親王の流れを汲む人々・・・という共通項がぴたりと合致するのです。

まあ、隠れ里の定義として、地理上の区分におけるそれのみならず、隠棲を心に決めた人の住む場所ともいえるのでは・・・と小説にはありましたが。

妄想・空想好きのおたまにとってはそういったところも大変興味深く読んだ本でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

男の顔

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると、「大型台風18号、近畿暴風雨域に」とのこと。
今朝現在、おたまの住むところは直撃は免れたものの、台風は伊勢湾あたり、本州縦断の模様です。皆様、お気を付け下さい。

久々のイケメンネタ・・・なら、心も弾むけど・・
民主党の役員人事が固まりました。

ああ、そうか・・そうだったのか

と言っても、おたまに政治のことは解らない
解るのは男の    

どーよ。この面子・・

輿石東・石井一・奥村展三・細野豪志・高嶋良充・・・まだまだ
東映時代劇役スターもはだしで逃げるご容貌。

男の顔は男が創る。

なにか、おたま疲れた・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

ボランティアみたいな・・

今日の朝刊(武士のサムライ)によると
ハム優勝したのですってね

梨田監督は知ってる。イケメンだからということもあるけど子が近鉄ファンだったから。
タイガースファンが9割の級友の中、一人「近鉄帽」をかぶって登校する小学生だった。特に大石だいちゃんが好きで、はるばる藤井寺球場にも行ったわ。

野球音痴のおたまはもっぱら応援風景を楽しんでいました。
フェンスにしがみついての「野次合戦」・・うまいこと言うなあって。
トランペットの絶妙な「掛け声?」もね。
温かくて、どこか懐かしくて、おもろい球場でした。

今朝も外は雨。(そうよね、内が雨ってことは無いわね)

人のお役に立つような技能や力はなくても
おたまにも何かできるはず・・・

昨日は88歳の女性を83歳のお友達のお家にお連れして
一時間半ほどおしゃべりをして、また家までお送りしました。

おたまは話の聞き役。
同じ話題がぐるぐるまわる 昨日のテーマは「隣の売り家になかなか買い手が付かない」。
帰りの車で「ああ、おしゃべりして楽しかったわ」と言ってもらうとおたまも嬉しくなります。

これは不定期な活動で、あと月二回(あっそうそう今日だわ)
ボランティアというにはおこがましいけど少しかかわっています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

酒はシズカに・・亀井静香

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると、

ヨン様が体調不良で帰国なさったとか・・・
   ケンチャナヨ(大丈夫)
おたまの事など気にせず、ゆっくり休養なさって・・・

そして、もう一人の心配なお方。
亀井静香金融相。  あんただよ

朝日新聞の天声人語は、俳句の季語「亀鳴く」を持ってきて、うまいこと、書いてはります(プロやっちゅうねん)
・・・・・・・・・・
権力の座について少し高揚しておられるのかしら。もう少し、落ち着きなはれ。振りかざしたものが「義」であろうとも、解ってもらえなければ、誰もふりむかない。春の夕闇に鳴く雄亀みたいにね。

おたまは声を大にして言う  ケンチャナヨ(大丈夫)

それにしても、江梨子が死んでしまいそうな冷たい雨の降る朝だわ
(判る人だけついてきて・・)

暑くならない夏が終わり
すっかり秋

秋といえば・・・酒  って思うのは、おたまだけかな

週末はおいしいお酒をいただきに遠出の予定です

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

めだかも少子化か?

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると

ハムが走っているらしい

おたまは野球がわからない上に、脳みその切り替えスウィッチが不良品なので、子どものころに聞いた球団名で言ってくれないとピンとこない。

ヤクルトってどこ?と訊けば「国鉄」なんですってね。
南海」はどこに行ったの?福岡 じゃあ、「西鉄」のファンが宿敵南海を応援してるの?ワカラン・・

平和台球場で、中西太の守備を見たさにわざわざ3塁側で応援する大人の間で育ったおたまとしてはワカランことばかりじゃ。

で、ハムというのは?「東映なのかな・・ああ、全然ワカラン。

話は変わり、ウチのめだか・・・こんなに太っていませんが・・
今年は一匹も赤ちゃんを産んでくれなかったのです。

おたまも、おたま家の水槽も先細りだわ。
寂しい

三年前は一匹のメス(彼女を「おたま家のイヴ」と呼んでいた)が三匹のオスを従えてせっせと卵を産んだのです。
次の年も、その次も70匹くらいに増えて、嫌がるお友達に分けました。

ああ、それなのに、それなのに、

まっ いいか。 滅びの美学 を味わうのも・・・ちがうなあ

気分は少子化を憂う為政者・・・かなあ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

松茸のあばれ食い!!

今朝の朝刊(武士のサムライ)には昨日に続き、オリンピック候補地に東京が落選した記事が。

しんちゃん(って言ってもクレヨンではなく、石原のしんちゃんよ)は、国民の七割が、望んでいるって、言ってたけど。おたまの周囲では、

七割が   やめといたら・・・
二割が   どっち(どう)でもいいわ・と、盛り下がっていました。

さあてっと。すき焼きのご報告ですが。
ムーチョ、推薦の「一生分の松茸が食べられる伝説の店」へ行ってきました。これが、冗談ではなく

「もう、こらえてつかあさい参りました。」

最初に松茸のどびん蒸しと松茸御飯がでてきました。「手をだしたらイカンゾ」とムーチョの指令あり。本日の胃袋はすき焼きの近江牛松茸だけのためにあるのだと。
おたまがお豆腐に手を伸ばすと「アカン。アカン」と指導が入る。

もう一人の同行者タニモッチャンは又の名を「完食キング」ウーン頼もしい。

ムーチョ本人は「こんなもので腹がふくれてなるものか」と卵さえつけない徹底ぶりです。

食事の間も、お店の人が「新生児が沐浴できるくらいの」デッカイ容器に盛り付けた、近江牛松茸を「おかわりどうですか」と持ってこられます。

三度目のお代わりで、さすがの完食キングの箸が止まった。

ここから先は、もう意識がというか、胃袋が「朦朧」として覚えていない。
暴れ太鼓の乱れ打ち状態。

「おたまちゃん、もっとお食べなさい」の声を無視して、どびん蒸しに手を伸ばし、松茸御飯は「お持ち帰り用」におむすびにしてもらいました。

ああ。 ウマカッタ、ウシマケタ。

   

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログのタイトル変えようかな

ブログを始めて二週間と少し。
思いがけず、たくさんの方が訪問してくださり嬉しいです。

ありがとうございます

が。

なにげにつけたタイトルに・・・なんと申しますか。
つけた本人が言うのも何ですが、戸惑っています。

ノーテンキな内容で、いろいろご期待なさった方には・・ごめんなさい。

「未亡人」というワードは、むつかしいと知りました。

なるべくブログ名は変えないほうが良いとききましたが

変えようかな って今考えています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

すき焼きはお好き?

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると「血圧計」がよく売れているのですってね。家庭で手軽に測定できて、高齢化・健康ブームにビンゴー

田舎のおいちゃん(亡夫の母の弟)は、とても几帳面な人で、朝・昼・夜の三回、血圧測定をします。それも台の血圧計で。その中で一番お気に入りの数字をノートに記入します。

おたまちゃんに貰ったのが一番ええ数字をだすんじゃ
とほめてもらっています。おいちゃん。アリガト。

ひと月ほど前、ムーチョ(友人)から「すき焼き、食べに行こう!」とメールが入りました。すき焼きを食べるに至るのになぜ一ヶ月も掛かるのかと申しますと。

それは、あーた。  松茸 のご機嫌を伺っていたからなのです。

ムーチョの話では「もう、ごめんなさい」と言いたくなるくらい松茸が入っているらしい。
「おたまちゃんに一度食べさせてあげたい」って言うんだけど。割り勘なのに
「食べさせてあげる」って、何か間違っていない?

ドン・ドンドドーン  陣太鼓が鳴っています。

イザイザ。出撃  いって参りまーす 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

いたずらと犯罪の間

今朝の朝刊(武士のサムライ)によると、京都市立H高校の女子更衣室やトイレが盗撮されていたことがわかり、そのことに関連していた4名の男子生徒が自主退学したそうです。

H高校といえば、おたまの頃は「音楽」の英才教育をされている学校として知っていましたが、最近ではユニークな授業改革や実践で全国有数の進学校としてテレビなどでも取り上げられていました。

公立高校の教師集団の力量という観点からも素晴らしいと思っていただけに、今回の事件は残念です。

でも、あれねえ。例えばよ。例えば・・・

修学旅行で、悪がきどもが女風呂を覗いた。とするでしょ
教師から大目玉を食らって 女子からはしばらく口をきいてもらえない

で、終わっていたのではなかったかしら。(実際にあったハナシ)
いまどきの子は、犯罪に結びつく道具を 「持って」「使える」と言うことなのですね。

四人の男子生徒には、今回のことを深く反省して。これから先の人生が大事なのだから、頑張って、立派に生きてもらいたいわ。

さあてっと。おたまの顔面ですが
フルメイクはやめました。 なんと。一日坊主です。

だって、厚化粧で皮膚呼吸できなくて死ぬかと思った

今後は、世間様のご迷惑にならない程度には、整えたいと思っています。
未亡人のたしなみとして。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

すっぴん顔で外にでるな

今朝の朝刊(武士のサムライ)の番組欄にNHKの新番組「ブラタモリ」が紹介されています。

古地図好きのタモリが町をそぞろ歩きし、過去の風景を大胆に推測していくそうです。消えたものや人に思いを馳せる・・・おたまも大好き
もともと妄想癖がありますのでね。では、今夜見てみましょう。

それはそうと、昨日、ガチャピン(近所の人)が遊びに来ました。
ガチャピンの夫のヒロシが「おたまちゃんは、ベッピンなんだから少しは化粧するように言っとけ」とのたまっているそうです。

それっておかしいやろ。

ベッピンなら、化粧しなくていいじゃん。

最初から「おたまちゃん、そのすっぴん、世間に通用しないよ」と小さい子に言うように咬んで含んでにゃんにゃんしてから、言ってくれれば、よくわかるのに・・・。

でもね。 このご夫婦、おたまにしたら、みたいなものだからここは素直に・・・

朝から試供品をかき集め、塗って 塗って 塗って

ふ~~。顔面が熱いぜ。 そして  重い

大きく口をあけたらバリバリってひびが入りそう。

じゃあ、今から兄さんに見せてきまーす。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へご訪問ありがとうございました
にほんブログ村


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »