2024年5月15日 (水)

自句自解318 五月の海切れ切れに・・



   

  五月の海切れ切れに見ゆ車窓より
(ごがつのうみ きれぎれにみゆしゃそうより)2013・5月

 

「切れ切れに海見え五月の車窓かな」を手直しされた。
だよね「車窓」より「海」が主役だからね。
でもビフォアのほうがリズムが良いかな。アフターはダラダラしてる
どっちにしても、大した句ではありません。
が。自分の日記としては思い出深い。
それでいいのです。アタシの俳句
(居直りでも自暴自棄でもありません)

海から遠いところに住んでいるので海が珍しくて、海を見ると嬉しくて感激します。
県の西の端に住む友人を訪ねた日の句です。
神戸を過ぎるとちょこちょこと海が見えてきます
五月の海はキラキラと輝いていました。

お弁当買って行くから何も用意しなくていいよ
体調に自信のない友人にそう言って、三宮で途中下車をして綺麗なお弁当ふたつと、チューリップの花束を買いました。
彼女はお吸い物を作って待っていてくれました。

懐かしい思い出
真っ直ぐに前を向いていた人。
二人が一緒に居た頃は忙しかったけど面白かったよね。

二階の窓から明石大橋が見えました。
いい一日でした。

 

 

また。キラキラした海を眺めながら会いに行こうと思います
少し元気になった彼女に。

 

季語・五月(初夏)
次回更新は六月一日予定です

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| | | コメント (0)

2024年5月14日 (火)

自句自解317 城跡の母校・・



  

   城跡の母校泰山木咲けり
 (しろあとのぼこう たいさんぼくさけり)2008・5月

 

 

季語・泰山木の花(初夏)
今頃の季節、山に入ると待ちわびていた香りに出会う事がある
香りだけで期待感が高まり、空を見上げると、高い高い梢の先には、やはり思っていた通りの泰山木の花だ
夢見るように真っ白で大きな花。
山で出会ったら嬉しい花のうちの三本の指に入る

泰山木と(句の中に)置くだけで山の中の学校と知れる
泰山木は巨木で、すなはち歴史の古い学校だとわかる
そう、読んでいただければ嬉しいです。
(ちなみに自分の母校ではありません。俳句の上での話です)


上の句を詠んだ某市町村は私の住むエリアに近く、
最近のニュースで消滅可能性自治体に名前が挙がっていました。
20代から30代の女性の減少率を市町村別に分析した結果

「消滅する可能性のある自治体」が」全国で744あるそうです。
(母体として可能なグループ=若い女性)もちろんアタシも奥様も数に含まれません。除外です。はいらないです。わかってます。
そう言えば若い娘さんは周辺に居ないわね
娘っ子どころか若者そのものがいないし・・


え~~そうなんだ・・。とてものどかで良いところです
ググってみると、近隣自治体との合併をはじめいろいろな方向で努力をされてきた歴史が伺えます
このなくなっちゃうかもという744の数字は、全国自治体の4割に達するというのですから
もう、自治体レベルでどうこうできないでしょ

私が、総理大臣なら、あれをああして、これをこうして、という案はいっぱいあるんだけど・・ほんま。
政治家も目先のことを行き当たりばったりにやるのではなく100年スパンで物事を考えてもらわんとね
「産めよ増やせよ」っていう問題じゃないことに気付いてほしい
子育て支援金をウチラ高齢者から取るってことじゃないでしょ
貧しい国民同士でお金回し合うって。そんな事しか思いつかんのかな
しかもろくに審議するわけでもなくこんな大事な法案が次々に決められていくシステム。
大事な法案・・平和憲法を手放すのか!と思わず絶句した法案もしれ~~っと通過しちゃったわね。
色んなこと考えるわねえ。
もう長生きしたくない!
でも、とっとと死ぬのも腹が立つ。

100年先には生きていない(と思う)けどね

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| | | コメント (0)

2024年5月13日 (月)

自句自解316 草笛を吹きゐて・・



  

  草笛を吹きゐて列に遅れけり
(くさぶえを ふきいてれつにおくれけり)2011・5月

 

日曜日なのに早起きして
(あーた。毎日が日曜日でしょ?という話は置いといて)
NHK俳句を見ていたら、今回の兼題は「草笛」でした。

この日のわたくしの学びは
「ふくらみ」ということです。
取り上げられた俳句にはふくらみがあります。
ふくらみとは読み手に想像させることだと思います

アタシの俳句↑↑↑ ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
まんまやん! 見たまんま。

どこにふくらみがございましょう。(体にくびれもないけど)
いいんです。
物事深く考えていてはやっておられません。前進あるのみです
ポジティブシンキングだけが取り柄の女です。 

 

GWに帰省していたお子が京都に連れて行ってくれまして
とある観光地で、先頭と最後尾に「歩こう会」の旗を持った中高年男女の一団に遭遇しました。
百姓一揆か?とおもいましたがな。
皆さまハイキングあるいは、それっぽいスタイルです。30名ほどおられたでしょうか
若者の集団なら明るく輝いているけれど・・
もっときれいな色、着はったらエエのに。迷子になっても目立てへんで・・
年寄は群れたらアカンなんでって?私の口からは申せません
みんな耳が遠いからやたら声がデカい。ある意味明るいと言えばよいのか。
もしもどなたかが草笛をモタモタと作ったり吹いたりしていたら確実においてけぼりでしょうね。
自分の事でいっぱいいっぱいのお年頃・・

「お母ちゃん、あの中に入ったら浮くよな?」と子に問えば
「違和感ないで」と言いました。

団体行動苦手。列組んで歩くの嫌い
ですが、見た目、すっぽり溶け込めそう・・らしいです。
ガクッ!
現実を知る。己を知る。その日のワタクシの学びでした。

 

季語・草笛(三夏)

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

自句自解315 作り置く酢漬け・・



 

    作り置く酢漬けたつぷり風薫る
(つくりおくすづけたっぷり かぜかおる)2022・5月 

 

奥様が未だ未亡人になっていらっしゃらないならば
一言申し上げたい。
未亡人って大変なんですよ! 食べていくのが・・

いつも冷蔵庫の中を確認しています
食べ物がない・・のではなく
食べなきゃいけないものがあるんです。
あれもこれも、食べてしまわなきゃという・・プレッシャー
残してはいけない・捨ててはいけない。お目目が潰れます。
食べるというより「やっつける」という感じです。

朝・昼・晩 かぼちゃの煮つけを食べる
かぼちゃはいいんです。調理後でも冷凍できるから
難しいのは「葉もの」
かしこい方ならフリーザー室を使いこなすの、お茶の子さいさいでせうが、あたしゃなんたって氷の冷蔵庫時代から生きてる人間なので
冷蔵庫は「ちべたい(冷たい)水屋」としかかんがえていない。

チュライです。

食材を買ってきたらできるだけ下処理をして小分けにします。
冷蔵と冷凍と分けて切り方も用途によって変えます
土生姜なんかすりおろし・みじん切り・千切りの三種類を冷凍します
キッチリ冷蔵庫に収めます。やれやれ・・

そして たまに(格納したことを) 忘れます

 

 

それって、フクちゃん(今は亡き愛犬)やん!

フクちゃんはおやつをもらうと、庭に穴を掘ってうめました。
そして・・・忘れる!
フクちゃんに会いたいよ~~ウェ~~ん

 

季語・風薫る(三夏)

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

2024年5月11日 (土)

自句自解314 早苗田の水音に・・



  

   早苗田の水音に沿ひ風に添ひ
(さなえだの みずおとにそい かぜにそい)2018・5月

 

季語・早苗(仲夏)
良く耕された田んぼに水が張られ、田植えの準備が整う
苗代で育った稲の苗も順調に大きくなっているようだ
この苗を早苗といい、早苗田は早苗が植わったばかりの田んぼをいう。

植え終わった田んぼに優しい風が吹き渡ると柔らかな緑が一斉になびき水田には青い空や白い雲や山並みが美しく映る

日本香堂のお線香の歌のひとつでもうたってみたくなるではありませんか!奥様。

田んぼに横一列に並んだ人たちのお尻が後ずさりしながら進む
熟練の手と若い人ではスピードが違うので少しでこぼこしながら
熟練の人は時々腰を伸ばしながら若者の足並みに時をあわせる。

子どもの頃飽かずに見ていた風景はもう見ることはない。
今は農業機械であっという間だもん。
あの頃は大家族だったのか、それとも隣保で協力しながら田植えをしていたのか、大勢の人が田に出ていた。
そう言えば今住んでいるこの地に越してきた頃驚いたのは保育所が田植えと稲刈りの時期だけ、子どもを預かる制度があったこと。
たった40年前だけどずいぶん変わったものです。

 

俳句、もとは「そひ」「そひ」だったのを漢字にした
しかも「沿ひ」「添ひ」と使い分けた
いやらしいと思うわ。自分でも・・反省

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年5月10日 (金)

自句自解313 カーネーション手に・・



 

カーネーション手に持たされて撮られけり
(かーねーしょん てにもたされてとられけり)2010・5月

 

季語・カーネーション(初夏)
亡くなったお母さんを偲ぶために一人の女性が教会の人達に白いカーネーションを配ったのが「母の日」の始まりだそうです。
アメリカから「母の日」が入って来たのが1913年(大正2年)といいます。結構古いですね。
ですから「母の日」が俳句の季語になったのもそれ以降ということになります。
別に法律で決めてるわけではないけど(米国では大統領によって制定されている)母の愛に感謝することに何の文句もないので、まあ我が国にも定着したのでしょう。

お母さんのいる人は赤いカーネーションを。亡くした人は白いカーネーションを。
たぶん、小学一年か二年の頃、教室で配られたことがありました。模造の花の下には10センチくらいのリボンが付いていて「お母さんありがとう」って書いてありました。胸に付けるように花の裏側に安全ピンがくっついてた。
今思えば、子どもにとって残酷ですね。

白い子は悲しくなり、赤い子は白い子を可哀想だと思い
亡くなったわけではなく、別れて(どこかへ行っちゃって)暮らす母のいる子はどんな思いだったんだろう。
ヒデコちゃんという子はお母さんが亡くなりすぐに(本当にすぐに)新しいお母さんが来られたんです。
「ヒデコちゃんはピンクだね」と誰かが言った。
ヒデコちゃんがどうしたか、覚えていない。

お母さんにどこかに行かれちゃった子
あの子は、母の日をどんな思いで過ごしていたんだろう
と、思いますねえ・・

 

 

もう・・「母の日」要らんねん・・と思いながら
(子もそう思っているかもしれない)
そう思いながら、今日は繊細で上品なブレスレッドが密林から届くそうだから楽しみに待っています。 

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年5月 9日 (木)

自句自解312 西行と名付けて・・



  

   西行と名付けて愛車若葉山
(さいぎょうとなづけてあいしゃ わかばやま)2008・5月

 

記録によると2010年にはまだ西行号に乗っているので、少なくとも3年は乗ったと思います。
その前はシンイチロー。
シンイチローは叔父さんが夢のお告げで買ってくれた車で当時はほぼ業務用車だけだったアイドリングストップ機能が付いていました。
R173で突然止まって、お巡りさんが5人くらい来て誘導してくれた(ヒマか?)
そんなやんちゃなシンイチローの前の車は、
初めてのワタクシだけのマイカー。保育所の送り迎えに利用しました。
カーナビもクーラー(エアコン)もなく、窓はグルグルハンドル回して開けるヤツですわ。
チョーク引っ張ってエンジン始動。トルクエンジンがウィ~ン・ウィ~ンと鳴り響くHONDAでした。
長いこと・呆れるくらいながいこと乗りました。もちろんミッション車です。
大好きでした私だけの車。夫に泥だらけにされる心配もありません。大事に大事に乗りました。
あ。うち、映画スターでもなんでもないのですが車2台ありましてん。

はなしが、どんどん遡ってますね。
興味ないでしょうね。すみません。

で。西行ですわ。
初めてのオートマティック車。息子のを借りてます?と問われるような( ´∀` )スタイリング
エエ感じのコンポを搭載していました。
ところが西行と私、
ろくなことはありませんでした。なんだかケチのつきたおしで・・
でも3年は乗ったのですね(記録によれば)
名前がアカンかったのかなあ。

男前の歌詠みで北面の武士。文武両道やん!
失恋で出家。すがる子どもを蹴とばして家を出ていく(ヒューヒュー)
愛とロマン・・私には縁がなかったんやね。

そして、現在ですが、平凡な男じゃなかった、車に落ち着きました
お名前は「筋斗雲」(きんとうん)です。私と仲良しです
お前が俺には最後のクルマ~~といつも歌ってあげています。

今日は車の事思い出せて楽しかったです

 

季語・青葉山(三夏)

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| | | コメント (0)

2024年5月 8日 (水)

自句自解311 青蜥蜴掛けたる声・・



 

  

   青蜥蜴掛けたる声に振り向きぬ
(あおとかげ かけたるこえにふりむきぬ)2023・5月

 

季語・蜥蜴(三夏)
奥様!爬虫類は苦手?
わたし、大丈夫なんです。というか嫌いじゃないんです。
だから、いくら奥様が「大嫌い!」とかおっしゃってもそんなもん
知った事かっ と話を続けます。
冬の間は地中で眠っていますが春になると地上に出て来て、夏ともなれば元気に活動♡
だから、夏の季語になっているのですかしら。
別名、石竜(せきりょう)、石竜子ともいうそうです。

アタシ、友達がいないわけでも、ちょっと「きてる」わけでもないのですが
ときどき、色んなものに話しかけます。
主に草むしりをしている時です。
先日も石に話しかけていて、お子から「大丈夫か?」といわれました。
余談ですが「庭で歌を歌うな」と叱られました。
道行く人に聞こえるというのです。
そんなもんほっといて欲しいです。世間体を気にする器の小さい男です。あたしが産んだのですが。
で、蜥蜴ですが、甲冑のような鱗がカッコイイ系もいいのですが
青蜥蜴は美しい。
何のためにそげに美しいのだろと天の配材に瞼を熱くするのです(ウソ)
動きがなんとも愛らしくて、おもわず声を掛けたら律儀に立ち止まり、振り向き(振り向いたように見え)ました。
キャッワイイ 

その時の句です

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| | | コメント (2)

2024年5月 7日 (火)

自句自解310 ふる里へ渋滞続く・・



   

   ふる里へ渋滞続く著莪の雨
(ふるさとへじゅうたいつづく しゃがのあめ)2018・5月

 

季語・著莪(初夏)
シャガの花は山地の日陰に自生するアヤメ科の植物
1

おばあちゃん(姑)が好きで、庭にも少しあったのだけど
無くなっちゃった。
(たぶん)あたしが消滅させた・・(;´д`)トホホ

自然に咲く花はてらいがなく、ひそやかで上品です。

ゴールデンウィーク中に京都の鞍馬・貴船方面へ行ったのですが
川沿いにシャガの花が沢山咲いていました。
ハナの頭(フラワーではなく顔の真ん中にあるアレね)が赤くなりました。車の中に居るだけでも日焼けするのね。いやですわね。

 

俳句で使っちゃいけない言葉はないけど
使うとろくなことにならない。ぱっとしない 良い句は期待できない。と言われるのが
ふる里・母・猫・友・飛行機雲・水琴窟・夢・・・
ハイハイ。「ふる里」挙がっておりますよ。
でもね(言い訳)シャガの花と取り合わせるとGWの帰省が想像されて、色んな思いを抱えて渋滞の列に加わっている
って感じがしません?しない?あっそ!
しかも雨が降ってんですよ。
ダメですかね。

皆さまゴールデンウィークを楽しまれましたか?
あたくし?ひたすら疲れています。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年5月 6日 (月)

自句自解309 春昼や懺悔の部屋・・



  

     春昼や懺悔の部屋の鍵固く
(しゅんちゅうや ざんげのへやのかぎかたく)2010・5月

 

恥多き人生でございました
後悔ばかりを積み重ねて生きてまいりました

でも、しかし、
見ず知らずの神様や神父様にあたくしの所業を白状する気にはなれません。
そんなもん。墓まで持って参ります。

神さまや神父様にしたって
あたくしのエグイ与太話を聞かされたとて
「わしに、どないせえっちゅうねん!」てなものでせう?

だから・・
この懺悔の部屋を素通りいたします。
どうせ固い鍵がかかってるし

それにしてもココ、予約制なんやろか・・

 

         反省の色が見られない おたま
               春の日の荘厳なる教会にて

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| | | コメント (2)

2024年5月 5日 (日)

自句自解308 近江には神々・・



  

    近江には神々御座す五月鯉
(おうみにはかみがみおわす さつきごい)2020年・5月

 

季語・五月鯉(初夏)
五月鯉=鯉のぼり は男児の出生・成長を祝い出世魚である鯉を幟(のぼり)にしたもの
ジェンダーフリーのご時勢に逆行してるからかしら?最近「こいのぼり」を見かけなくなりました。
いえいえそうではありませぬ。
ああ。この家には男の子が生まれたんだ~。幼い男子がいるんだ~と世間に知らせてはいかん!悪い輩から身を護るため・・プライバシーの秘匿大事っていうんだよ~~
いやな世の中になりました。
ご近所や地域の人が鯉のぼりを見上げて、見知らぬ小さい人の成長を喜ぶ・・
なんてもう夢物語なのかしらね。奥様。
あたし、こんな世の中、もう・・生きてゐたくない。
いえ!(キリッ)生きてやる。死ぬまで生きてやるわ~~

 

この句は、(きっともうお忘れでせうが)コロナウィルス感染拡大のまったっだ中、だれもが冷や冷やワナワナしていた頃
救世主のように登場した「アマビエ」さんをイメージしていますのよ。
アマビエさんは熊本県出身の妖怪さんです。
あふみ(近江)の琵琶湖とは何の関係もないけど、そこはイメージでんがな。
滋賀県と言えば琵琶湖。アタクシ琵琶湖大好きですねん(知らんがな)
あそこには神さんが仰山ゐはるはず。だって琵琶湖だもん
琵琶湖を横断するように大きな天の橋のように鯉のぼりが泳いでいるの(妄想)
鯉のぼりってアマビエさんに似ていません?
なんとファンタスティック尚且つ壮大&雄大な風景でしょう!
自画自賛
その時はそう思った。

あれから4年か・・
何いうてまんねん。ワケワカメの句やなあ・・
自分でもチビッと思うております

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| | | コメント (0)

2024年5月 4日 (土)

自句自解307 卯の花や寂れし・・



   

   卯の花や寂れし村に寺七つ
(うのはなや さびれしむらにてらななつ)2011・5月

 

おじいちゃん(舅)の祥月命日なのでお寺さんに来ていただきました。
あたしの、ただいまの最大関心事(心配事)は
おじゅっさん(住職)大丈夫やろか・・ということです。
声出てはらへん。
阿弥陀経の五六行すすんだところで、さすがプロだわエンジンが始動したらしくエエ感じに乗ってきはった。
そういえば、「おじいさんの祥月命日にお経を頂戴したい」と電話をしたら
何回も「え?え?」と聞き返し「ああ。おたまはんでっか」と言わはった。
大丈夫やろか・・
それでも車で来られる
おじゅっさんも昔は若かったんをやけどなあ。昔いうても40年前ですが。

その昔(明治以前)お寺はお役所の出張所みたいな役割をしていました。
いわゆる人物改めです。村人を把握(管理)して不審者の流入をチェックしました。そのための檀家制度であったわけです。
兵庫県の片隅のちんまりとしたおたまエリアなのですが、やたらお寺が多いんです。
それだけ、この辺りは集落がありそれなりに栄えていたということでしょう。

それがねえ・・この日もおじゅっさん、ため息をついてはりました。
また一つ無住寺が増えて、これで受け持ち(担当)が4寺になったそうです。
まあ、皆近所といえば近所なんですが。

どうなるんやろね・・とおじゅっさん
他所はええから、まず自分とこやろ・・と私(心のつぶやき)

一度ちゃんと、後継者のこと聞きたいけど、ご本人には聞きにくいものです。

季語・卯の花(初夏)
山に卯の花や空木(うつぎ)のような白いものが目立ち始めると、ああ、夏がやって来ると思います。
雨にぬれて、風にゆれながらこの白い白い花は季節の移ろいを知らせます。

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年5月 3日 (金)

自句自解306 初めての銀座・・



 

   初めての銀座茉莉花真盛り
(はじめてのぎんざ まつりかまっさかり)2019・5月

 

初めてというのは、ワクワク・ドキドキ。新鮮でうれしいものです
それが「銀座」ざますのよ奥様!
銀座ったって、うちの近所の〇〇銀座商店街と違いますよ

山内賢ちゃんと和泉雅子ちゃんが歌ったあの「銀座」です
まっちあ~わせって~ あ~るく銀座です。


〽植えて嬉しい銀座の柳 江戸の名残のうすみどり

アタクシ銀座には柳が植わってるってずっと思っていたのですが、そんなもん一本もありゃあせなんだ
その代り、茉莉花の植え込みをたくさん見ました
後から聞くとあれは「茉莉花もどき」で私の思う「ジャスミン」ではないらしいのですが。
メトロから地上に出たときのかぐわしい香りは
「これか~これが銀座かあ~」って思ったのよ

この時エンジェルの案内で初めての歌舞伎座デビューでしてん。
南座や松竹座の1.5倍くらいの広さやった。
役者さんが豆粒に見えた(安い席だったし)
でも、関西でこれだけの人(役者)はいっぺんに見られへん!と「東京うらやまし!」と心底おもいました。

季語・茉莉花(晩夏)
ジャスミンティー(マーリホワチャ)は中国の北の方でよく飲まれるそうです
覚醒作用があるので寝る前には飲まない方がいいって聞いたような気がする(うろ覚えの情報)
あたし、ジャスミンティーで絶対にお腹こわしますねん(どうでもいい情報)

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年5月 2日 (木)

自句自解305 六甲山やはらかく・・



 

   六甲山やはらかく揺れ五月来る
(ろこうさんやわらかくゆれ ごがつくる)2023・5月

 

島国日本にお住いの皆様におかれましては
おひとりお一人が心の中に親しい山をお持ちでせう
山・Mountainのことです。

ちなみにワタクシは家の裏山・・正式な名前はあるのでしょうが知らないので「ぼんやり山」と呼んでいますが
これが、心の山ですねん。
3月ともなると、お山のぼんやり度数は上昇し、それからシデ・山こぶし・山桜・藤・・と姿を現しながらもぼんやりしたままです。
高さは200メートルくらいかしら(知らんけど)
俳句で「ぼんやり山」と詠んでも、どなた様にもわかっていただけないと思うので
六甲山に時々登場してもらいます。
でも、ほんまはぼんやり山の事を詠んでいることがあります。

うちの俳句仲間もよく「六甲山」を詠みます。
共通認識というのは固有名詞を使うときの絶対条件です。
みんな六甲山が好きです。
六甲山と出ただけで、俳句の中に阪神間の明るさと広がりと気持ちの良さが理解できます。
六甲山の端に住んでいることはとても幸せです。

やはらかく揺れ・・ここ、わかっていただけますでせうか?
自分では「六甲山らしいわ~」と大いに気に入っています。
でもほんまは「ぼんやり山」の事です

 

季語・五月来る(初夏)

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

2024年5月 1日 (水)

自句自解304 にはたづみビルを・・



 

  にはたづみビルを映して五月来る
(にわたずみびるをうつして ごがつくる)2012・5月

 

にはたづみというのは「潦」(にわたずみ)
雨などで地上に溜った水。水たまりのことです。

思いがけないところで出会った水たまりが思いがけないものを映していた。
そういえば・・今日から五月かあ・・
という句です。
訳わからんでしょ。何いうてるねん! なんば言いよっと?でしょ

柔らかな春の光が生命力を増して木々の緑や小鳥のさえずりが五月を連れてくる
街には白いシャツが行き交い、人々は明るい声で笑い合う

てな 五月のはずなのに・・
ひねくれ者のアタクシは鬱々と水たまりをみつめる。
まあね。どなたも心の中に水たまりを持ってると思うんですよ。
あちらが本当の世界なのか水の中にもう一つの世界があるのか

同級生で「水たまりが怖くて怖くてたまらん」という子がいましたっけ・・
今、どうしてるんだろ・・

 

 

4月に亡くなった人をなんとなく思っています。
終わったねと言ってあげたいけどうなずいてくれるわけもなく。

 

あかんあかん。不景気な事ばっかり言うてたらあきません。
気持ち切り替えて、まあ今月もスタートしますわ。
お付き合いよろしくお願いします。

 

季語・五月来る(初夏)

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| | | コメント (2)

2024年4月15日 (月)

自句自解303 花見舟思ひのほか・・



とある知事さんが辞職に当たり辞世の句を披露しはった。
辞職ったって任期満了前の早期辞職
もう、辞めんとしゃあないですよ。ということでの辞職です。

辞世の句いうても、ご自分の作ではありません
ワタクシの心境をこの歌に託して・・と披露しただけですが・・
と、使われた方も、大迷惑やと思うけど
散り際の美学が万人の胸を打つ細川ガラシャのお歌です。

わたしね。差別意識というものは
いいとか、悪いとかではなく、改めようとかではなく人間の心底にあるものだからどうしようもないと思うんです。
この知事さんも「え?なにか僕、悪い事言った?」くらいにしか思ってはらへん。
だからこんな恥ずかしいこと・・(ガラシャの歌を引っ張り出せる)ができる(私個人の意見です)

 

里芋爺さん(私が言ったんじゃない、ばんびさんが言った)が記者に向かって
「お前も年を取るんだよ。馬鹿やろう」といわはった。
テレビ見てて、我が耳を疑った。うそやろ!
もう・・恥かしい。悪い顔してるのに里芋だからチョッチ可愛いが入って笑える。
笑ってる場合ではない。
恥かしいのはかような品性のないおっちゃんを国会で長きにわたって、のさばらせていた我ら国民や。
自分以外のものを下に見る人。人を人として尊重できない人はその根底に差別意識がある。
それはもう・・どうしようもないものだとあきらめ(かけ)ている。

だから、アタシみたいな狭い世間の片隅で生きている人間でも、たまさかでくわす「そんな人」には
決して近づかない。「あ!コイツ。そんなやつや!」と差別返ししてやるねん。
それが精神衛生上すこぶるよろしい。
長生きの秘訣です。
という事を奥様にお教えして、今月はこれにて。
次回。5月1日更新予定です。

 

あ。忘れてました。今日の俳句

 

   花見舟思ひのほかの速さかな
(はなみぶね おもいのほかのはやさかな)2012・4月

 

季語・花見舟(晩春)

これ。あたくしの辞世の句ですねん。
早うから用意してるでしょ。

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| | | コメント (0)

2024年4月14日 (日)

自句自解302 車座の中に・・



  

    車座の中に赤ん坊花の下
(くるまざのなかにあかんぼう はなのした)2005・4月

 

満開の桜の下で家族かな?友人同士かな?
車座になって持ち寄ったお弁当を広げ楽し気に桜を見上げています

よく見ると輪の真ん中に赤ん坊が寝かされていました
まるで大輪の花の蕊(しべ)のように

赤ん坊はこの場の幸せと喜びの象徴のようでした。

 

ドンジャラホイの仲間が娘さんの産後の手伝いから帰って来ました
努力して苦労して授かった赤ん坊です。
自分の腕の辺りが赤ん坊の重みを覚えていて、また飛んでいきたい気分だそうです。
分かるわ~。それ・・

生まれたての子は可愛いね
ま。しばらくの間は可愛いね
これがね中学生くらいになると
「僕、お母さんが今、死んでも生きて行けると思うわ」
なんて言うんですよ(実話)

「それは、けっこうですこと!」
などと答えながら、
死んでたまるか!と心で叫ぶ

ああ。あの頃はあたしも元気だったわ・・

 

季語・(晩春)
俳句で花と言えばふつう「桜」のことを指します
奥様!もう覚えてくださった?

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月13日 (土)

自句自解301 子遍路の声の・・



   

   子遍路の声の加はる読経かな
(こへんろの こえのくわわるどきょうかな)2007・4月

 

季語・遍路(三春)
四国霊場八十八カ所の札所をを巡拝すること。又はその人をいう。
巡拝はどの時期に始めてもいつの季節でもいいとおもうんだけど
お大師さまが回られたのが3月~5月初めだったので
たぶんきっと、そういう理由で「春の季語」になっている。

私が巡拝を始めたのは、母が「自分の葬式に着るものがない」というのでそれならば・・と白衣に88の納経印をいただいて来るので、それを極楽行きのユニフォームにして頂戴と思い立ったのです。
自分ではそのつもりだったけど、夫(ひっちゃん)失くして半年後の事だったので、親友エミリーがついて来てくれることになりました。
彼女もお母ちゃんのユニフォームとパスポート(ご朱印帳)作る!と言って

二年かけて回ったけど、その間に自分がぐんぐん元気になっていくのが分かったわ。ありがと!エミリー

という事で、そのころの句です。

 

まだ未就学のお子でしょうか「同行二人」と書かれた白衣と笈摺(おいずり)を着た男の子が経文を唱えていました。
札所では本堂と太子堂の二カ所でお経を唱え札を納めます。一日で3~4か寺回ることになるのでどの寺に行ってもその子を見かけました。


大人たちに交じってひときわ甲高い清らかな声
あの子はもうとっくに大人になっているんでしょうね。
当時80歳をすぎた母がユニフオームに身を包み、納経帳を持って旅立ったのはそれから何年も経ってからでした


 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月12日 (金)

自句自解300 咬み合はぬ話・・



  

    咬み合はぬ話の続く藤の昼
(かみあわぬはなしのつづく ふじのひる)2022・4月

 

山にポツンポツンとピンクに点っていた桜が終われば
次は藤の花です。
藤は桜より低い位置で見られます。
「こんなところに藤があったのか・・」と毎年この時期になると驚かされます
丁寧に仕立てられた藤棚も見事ですが山藤の美しさは格別です。
大木に絡まって濃紫の藤がシャワーのように覆いかぶさって見えます。

 

上の句は「山藤」ではなく、藤で有名な兵庫県の白毫寺というお寺で作ったものです。
明星氏がお洒落なハンチングをかぶっていたのを覚えています
かなり昔のことです。
俳句はどこかの引き出しにしまっておいたものを後から取り出して作ることもあります。

見事な藤棚の下に休憩のためのテーブルと椅子が用意されていました
みなさん、藤を眺めながらゆったりとおしゃべり。
観光客というよりご近所のお年寄りが出て来られたと言う感じでした。

 

先日(幻の)マグロ解体ショーに行った先輩からラインが来ました。
「あのとき、話していたインド人のやってるカレーの店ね西北(ニシキタ)やったわ(西宮北口にて営業しているの意)」

・・・・・
あたし、インド人のカレー屋の話なんかした覚えも聞いた覚えもないんです。
LINEは続きます
「おたまちゃんの好きな味やとおもうわ。今度案内するね」

先輩はアタシの味覚のナニを知っているのだろう。
ニシキタ・・・そんなところまで手を広げてるんや・・

あの日花の下で我々は「咬み合わない話」を延々としてたんやろうな。

 

季語・(晩春)

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

自句自解299 御懐紙に桜の・・



 

   御懐紙に桜の透かし桜餅
(おかいしにさくらのすかし さくらもち)2022・4月

 

当地では、昨日、今日が桜満開です。

「おたま桜」見事に花を咲かせております
ご近所の通りのフェンスの向こう側に(ここはのりちになっていて、下は崖です)
あたしとガチャピンが勝手に桜の苗木を植えたのが、もう四半世紀前のこと。
高いフェンスを乗り越えてウチの息子二人が植えてくれました。明星氏が高校入学の春だったっけ。
一本づつ植えて、一本枯れました。
お互いに「枯れたのは、あんたのだ!」と言い合い
本日見事に咲き誇る桜の木をそれぞれが「おたま桜」「ガチャピン桜」と呼んでおります。

今では通る人が「ほお~っ」と見上げてくれています。
誰も「なぜこんなところに桜が一本あるの?」
って不思議におもわないんですかね。
尋ねられたら大いばりでせつめいしてさしあげるのに・・
いやいや。勝手に植えたね!って役場の人に叱られたりして・・

今まさに、落花さかんなるガチャピンとあたくし
桜餅でもいただきながら my桜を愛でたいとおもいます。

季語・桜餅(晩春)
こちらでは道明寺粉を使ったさくらもちを食べます。
桜の葉っぱも食べるねんで・・といわれ、大人になってから食べるようになりました。
横浜のお友達の家で出して下さった桜餅!薄皮に包まれていてびっくりしたよ。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

2024年4月10日 (水)

自句自解298 暴れ川の橋桁・・



 

    暴れ川の橋桁くぐり燕
(あばれがわのはしげたくぐり つばくらめ)2008・4月

 

最寄り駅ですが
改札口と向いの店舗群を渡す大屋根があるんです
高さがあって結構広くて、あれはまだ駅の構内と言えるのだろうか
我が町の玄関口。

毎年毎年、ツバメがやってきて巣を作ります。
昔、何かのパンフレットに「この街にはツバメがやって来る駅があります」とかなんとかのキャッチフレーズが載ってました
ツバメが巣を作り雛がかえり、子育てをして巣立つまでを
そこを通る小学生も、高校生も、赤ん坊を連れたママさんも、通勤の人も、お年寄りも
み~んなが、楽しみに見守っている

と、そう思っていたのです

ここ数年ちょっと様子が変わりました。
具体的には書けないわね特定されちゃうかもしれないから。

昨日、お友達と駅の改札口で別のお友達を待っていました。
「あ。もうツバメが来てるね」
大屋根の両端をツバメが出入りしています。

でも・・なんかチャウ!

上(天井)を見上げるとなんと!
四方八方にネットが張られていました。
巣を作れないようにしてあるのです
「え~っ!」
二人して声を挙げました
大急ぎで外の駅から続くアーケードを見に行きました
そこにもず~っとネットが張られていました。

 

遠い国から長い旅をして今年もやってきた燕たちへ

追い出し作戦です!

もうね・・何と申し上げたらよいのか
自然との共生とか自然への思いやりとか・・
きれいごとばっか 言ってんじゃねえよ!

糞害って?あんただって雲古するだろ!
(言い過ぎました)

 

人間って思い上がってる。不寛容のかたまり。
工夫して上手くやって行けるはずなのに頭ごなし
なんかチャウ なんかチャウ・・

 

季語・(晩春)
この暴れ川は伊賀からやってくる「木津川」
桂川と宇治川そしてこの木津川の三川が合流する、京都府八幡市辺りでの吟行の時の句。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月 9日 (火)

自句自解297 牛乳瓶触れ合ふ音・・



  

    牛乳瓶触れ合ふ音や昭和の日
ぎゅうにゅうびんふれあうおとや しょうわのひ)2009・4月

 

懐かしい「音」というものがあります
そうそう、そう言えば今日、桜並木を散歩していたら豆腐屋さんのラッパが聞こえてきました
この辺りは豆腐屋さんが来てくれるのか。いいなあ。
今の豆腐屋さんはライトバンでやって来る
ラッパの音も録音したものを拡声器で流す
あれは♯ファ~♯ソなのかしら


深い音。
たった2音で 夕方、お母さんが
「いつまで遊んでるのもうすぐ御飯よ帰ってらっしゃい」と呼びに来る光景が浮かび上がる。
ゴムとびのゴムが見えなくなるまで、石けりの石がどこに行ったか分からなくなるまで遊んでたわ。
あの空き地はどちら様の所有地だったんだろう

今は真っ昼間、子どもたちが学校に行ってる時間に豆腐屋さんはやって来るらしい。
夕方きても遊んでいる子どもがゐないからか、その前に原っぱも無いしね。

 

季語・昭和の日
アタクシこの国の祝日といふものがあまりわかっておりません
その昔の4月29日の天皇誕生日
自然の恵みに感謝しましょうというみどりの日になって
ま。それは天皇が代替わりしたからやねんけど
そのみどりの日
昭和に思いを致し未来をかんがえませうという昭和の日になったそうです。
だから昭和の日は4月29日なの

じゃあみどりの日はどこにいっちゃったのよと言えば5月4日にお引越ししたんです。
なぜ5月4日かといえば、たまたまそこが空いていたから。
(奥様、ここまでついて来てもらえてる?)

前の明仁天皇の誕生日はクリスマスイブイブだったのだけど
この場合は代替わりしたとて平日に戻っただけなのよね。あらま。
ちなみに、明治天皇の誕生日は代替わり後文化の日11月3日になってんよ


あと、ヘ~そんな祝日があるの?というような訳の分からない祝日があるんだけど
あまり言うと「あんたは毎日が祝日や!」と言われそうなので(実際にいわれたことがある)この辺にしておきます。

歳時記によっては「昭和の日」を季語として採用している物としていないものがあります。
そりゃそうよね。こんだけ動いたら季感もへったくれもない。
ただ、昭和人間(アタシも含む)が幅を利かしている間は「春」そうそうゴールデンウィークの頃よねと
ツーカーな間は季語としてつかえるのでしょう。

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

2024年4月 8日 (月)

自句自解296 蝶似合ふ庭・・



  

   蝶似合ふ庭となりけり蝶来る
(ちょうにあうにわとなりけり ちょうきたる)2017・4月

 

球根はエライ。
ほったらかしにしているのに
(土の中に)忘れられているのに
時期が来ればちゃんと芽を出し花を咲かせてくれる
ムスカリ・・こんなところに植えたっけ?
クロッカス・・ああ、あなたは定位置ね。
そしてチューリップ・・あまりにもなじみ過ぎて有難味もないってあんまりだわ。
今、アタクシは生まれて(ずいぶん経つけど)初めてお目にかかりますという目でチューリップをながめると
その姿かたち,色の完璧さに感動で泣き崩れちゃう(泣かないけど)

そうなると、ちょうちょですわ。てふてふですわ。
やって来るんですね、これが・・チャッカリと。

二日前、我が家から3キロ南の友人宅へ行ったら
庭に蝶々がいっぱい来てた。
わあ。うらやまし!!
「ここはウチより3キロ南だから暖かいのね」と負け惜しみをいったけど
ほんとはお庭の内容が違う事にうすうす気づいていました。
いいもん!うちだって今に花いっぱいになるもん。

で、本日ついにモンシロチョウもモンキチョウもやって来たのです。
一頭ずつだけどね。
あ。蝶々って「一頭」「二頭」って数えるんだよ。
蝶と象が一緒ってどういうことですか???

 

季語・(三春)

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

自句自解295 一片が靴の中・・



  

   一片が靴の中にも花筵
(いっぺんがくつのなかにも はなむしろ)2019・4月

 

マグロの解体ショー&花見に行って来ました。
全国一億三千五百万人の待ちに待った桜がやっとやっと開花し
大勢の人が花の下でサノヨイヨイと浮かれておりまする
長い人生のこの短い一瞬をあなたも、あなたも、あなたも楽しんでいただきたいと心から願います。
花を見上げる人達の笑顔・・みんな嬉しそうです。
あなた様が嬉しければワタクシも嬉しうどざいます。

 

個人的には訃報がひとつ、ありました。
さよならだけが人生だ

あなたの人生パーフェクトだったよ!とはなむけの言葉を送りたい
もう届かないだろうけど。

 

あ。さて解体ショーのほうは、先輩の読みが甘かったので現場に到着した時に
「本日の解体ショーこれにて終了でございます。ありがとう・・ありがとうございます」の放送が・・
どないなってまんねん。先輩!
実は先輩の推しのお兄ちゃん(魚屋さん)が本日解体デビューだったのです。
それを応援したくてしたくて・・なのに
先輩が駆けつけたときには鼻の頭に汗をかいたお兄ちゃんが包丁片手に茫然自失状態でした。
店の大将や、その筋の関係者があたしの先輩に向かって
「ようやりよりましたで!」「褒めったってください!」
先輩ってどういう立ち位置なんやろ・・・

昨夜は緊張であまり眠れなかったお兄ちゃん。これからも華麗に包丁振り回していただきたい。
中落ちジャンケン(勝ったらマグロの中落ちが貰える)の勝者をうらやましくもメンチかまし(睨みつけ)ながらいざセカンドステージの花見会場へ

桜、堪能しました。
というか。一カ所に座り込んでずっと話し込んだのでほとんど花は見ていないけど
楽しそうに土手を歩く人や写真を取り合う人を目の端にチラチラ入れながら
良い時間が持てました。
やっぱりこの人(先輩)まっすぐな賢い人や。全然変わってないなと思いました。
解体ショーの時間間違えはったけど。

季語・花筵(晩春)
桜の花びらがまるで毛氈のように散り敷いたものを言うこともあるが
花見の席そのもの、あるいは花見のための敷物を指すことの方が多い(ような気がする)
花筵の脇に脱いで揃えられた靴。その中に一・二片の花びらが入り込む。

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (6)

2024年4月 6日 (土)

自句自解294 サリー行く・・



 

   サリー行く神戸大学春落葉
(さりーゆくこうべだいがく はるおちば)2014・4月

 

大学の構内を散策していると外国人の学生さんにすれ違う

サリーってなんと優雅なのでしょう
柔らかな布を身にまとう
体を守る一枚の布。

 

季語・春落葉(晩春)
どんぐりの木と我々が呼んでいる椎や樫は春に落葉する。
その葉は厚ぼったく、色づいて美しいわけでも、儚く悲しいわけでもないが独特の風情がある。
冬に立ち向かう木々の厳しさではなく、春の落ち葉は再生を暗示させてくれる
留学生らしいその女性は私達に軽く微笑みかけてくれた。Dsc02583

 

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (0)

2024年4月 5日 (金)

自句自解293 ふらり寄る・・



 

   ふらり寄る街のカレー屋花ぐもり
(ふらりよるまちのかれーや はなぐもり)2015・4月

 

一人暮らしになって作らなくなったわね。カレーライス
あたしは原材料の元の形が判らないようなカレーより
じゃがいも人参お肉・・ごろごろしている昭和のお母さんが作るカレーが好き
じゃがいもって冷凍できるのですか?
やったことないからわからん。というか冷凍とか解凍とかにいまだに偏見持ってます。
これ昭和女子あるあるです
ぶっちゃけ、うまく使いこなせない。

なので、
外出してどうしても一人で食事をしなければいけない時は「カレー」に決めています(決めていました)
京都・大阪のキタとミナミ・神戸三宮にそれぞれ好きなおみせを決めています(いました)
大阪・キタはなんと高校生の頃からなじみの店です。
制服のまま、今は無き梅田の北野劇場で映画を見てそのカレー屋さんへ・・
今も営業されています。味も変わんないような気がします。
お小遣いが余っていたら「音楽喫茶ABC」へ・・喫茶店に入るのは不良と言われた時代です。
背伸びをするのが嬉しかったな。
堂地下のインディアンカレーって今もあるのかな。
アソコにもよく行きました。罰ゲームみたいに辛いカレー

話逸れてるわ。

コロナでお買い物に出かけない期間。コープさんの共同購入で「レトルトカレー」を買いました。
袋に入っているカレー???食べたこと無かったです
大塚食品の琴姫様・松山容子さんのカレーも買ったことない
こんなのこの年になってハ・ジ・メ・テ


奥様!美味しいやありませんか!
アタクシの偏見・意固地・大いに反省しました。
こんなんやったら、家でカレー作らんでええやん。
外で食べることないやん。
えらい世の中になってるわ!!(今頃気付く)

 

 

季語・花曇(仲春)

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

2024年4月 4日 (木)

自句自解292 丈六のお顔・・



  

    丈六のお顔の揺らぎ春灯
(じょうろくのおかおのゆらぎ はるともし)2016・4月

 

季語・春灯(三春)

丈六とは1丈6尺(約4.85メートル)のことで、仏像の背丈のこと
丈六を基準とし8尺(1/2)や〇倍で仏像が作られる

釈迦の背丈が丈六であったと言われている
???超超高身長!
仏教の経典に書かれてあるのですよ

2008年8月3日の朝のことであります
あたくし、不思議体験をいたしました
胡散臭いと言われても、んなアホなと思われても
まったく構わないのですが
それがきっかけでその月の縁日から不動尊の霊場を回ることになります。
2015年の夏に満願成就するまでの5年間、貴重な経験をしました。

忘れがたい寺院も多くありまして
掲句の丈六の仏さまもそのひとつです。
(動画を探しましたが非公開になっていました)
こんな・・と言っては失礼ですが、本当に「こんな」山の中で巡り合った
という思いが強かったです。
訪ねたのは2008年初冬でしたので↑↑掲句はその時のイメージであとで作ったものと思われます。

機会があればもう一度行ってみたいです
どうなんでしょね。

 

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (2)

2024年4月 3日 (水)

自句自解291 パンダ舎の・・



 

     パンダ舎のタイヤぶらんこ花の雨
(ばんだしゃのたいやぶらんこ はなのあめ)2011・4月

 

タンタンのこと、まだ引きずっています。
この句、元は「パンダ舎のタイヤぶらんこ雨に濡れ」
だったのです。
ぶらんこは春の季語なので季重なりを避けるため「雨に濡れ」にしたのでしょう。13年前の小賢しい自分。


今の気分はやっぱ「花の雨」なのでそうしました。
黒いタイヤに透明で薄ピンクの花びらがへばりついちゃっています
剥がそうとしてもはがれない、いやな感じ・・。

「雨に濡れ」ならばタイヤブランコがリフレッシュして次の日はタンタンがまた楽しく遊ぶ感じでしょ?
と、自分の句を語る愚かなあたくし・・

ホンマ悲しいです。
タンタンは神戸の兵庫県民のなんちゅうか・・可愛い可愛い宝どした!
タンタンは阪神淡路大震災に遭った私たちを励ますために神戸市立王子動物園にやってきたのです。
兵庫県のご自慢だったのです(そんなこと思ってるのアタシだけか?)
パンダ不在の道府県民の皆様に分かっていただけますでしょうか。この気持。


享年28歳。人間で言うたら100歳くらいだそうです。
タンタン。あたしの妹やったのにいつの間に姉ちゃんの歳を越えたの??
それは何年の何月何日だったんだろう・・って考えています
あの子はアタシを越えていったんや・・・って。

 

季語・花の雨(晩春)

何度も言うてますが俳句で「花」といえば桜の事です。
桜に降る雨、桜咲く時期の冷たい雨を「花の雨」といいます。

 

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (4)

2024年4月 2日 (火)

自句自解290 花屑のなかに・・



 

   花屑の中に浮かべり河馬の顔
(はなくずのなかにうかべり かばのかお)2011・4月

 

季語・花屑(晩春)
落花(らっか)の傍題となっている花屑
満開の桜が散り始め、ある時は花吹雪となって散り降ったその花びらは風に吹き寄せられ、あるいは人に掃き寄せられ花屑と呼ばれるのです。
美しい言葉ですね。
固い蕾の頃からこの花屑に至るまで、桜という花に対して人は時間の経過とともに美しい呼び名をつけています。


掲句は神戸の王子動物園。パンダのタンタンも若くはつらつと遊んでいた頃です
(現在タンタンは体調管理のために観覧中止とのこと)
河馬のお池に桜の花びらが沢山浮かんでいました。
川ならば水に流され「花筏(はないかだ)」という季語になるのですが、お池ですからね。
宝塚にある某有名旅館の日帰り入浴・レディスデーの薔薇風呂を経験なさった奥様(経験したことない?)なら河馬の気持ちがよくお分かりになると思います。
誰が、カバやねん!

 

あるお方が私の耳元でささやきました。
「河馬の全力疾走って見たことありますか?」
「いえ。ございません」

「すごく早いんですよ」
「はあ・・」
(それが?⇐心の声)
思い出すだに心温まる河馬の記憶でございます。

 

 

昨日に引き続いてまたまたです。お忙しいところ恐縮ですが
ヒマな奥様!ここを覗いてみてね。河馬の出目男君登場します

ほな。

 

これを書いて明日の予約投稿してPCを終了する寸前ニュースが目に留まりました。何といふ偶然でせう。
「タンタン死去」
どうか若い頃の元気なタンタンをここ でみてやってください。写真はクリックで大きくなります。
(2024・4・1 14:45)


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

 

| | | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

自句自解289 一年に一度・・



 

   一年に一度訪ふ墓諸葛菜
(いちねんにいちどとうはか しょかつさい)2013・4月

 

先輩の命日が四月四日で、お墓が京都有数の桜の名所にあるものだから
墓参りにかこつけて、年に一度数人が集まっていました。

コロナの3年が過ぎ、今年は会えるねと
K先輩から連絡あり。という事はアタシが他のメンバーにアナウンスして回る役割なわけで
(なんでやねん!いつまでたっても年の差は縮まらないのね)
順次、声を掛けますれば
「弱っていたり」「手術後だったり」「孫守り」だったりで
たてつづけに3人が不参加の回答
k先輩に中間報告を致しました。

「あたしとおたまちゃんなら、そんなに遠くに行かなくてもエエやん」
????
ちょちょっと待ったりーな。
墓参りが主眼じゃなかったっけ?
確かに二人とも兵庫県在住で車で35分離れたところに住んでいるのだけれど・・

 

あんなに、賢くて聡明(同じ意味か)だったK先輩なのに
だいぶ「きてる」でこれは・・
「マグロの解体ショー見にいかへん?」といわはります。

愚かでアホな(同じ意味か)後輩おたまも
きっと「きてる」のでしょう。
「ほな、墓参り止めてマグロにしようか・・」となりました。

ああ。もう物事深く考えたくないお年頃・・
そういう事に決まりました。

 

ごめんねAちゃん(お墓の中の人)
Aちゃんは確か1994年に亡くなりました。まだ40代でした。
あんたら。相変わらずやなあ・・と笑っているでしょうね。
来年は行けたら行きます。いえ、きっと行きます!

 

季語・諸葛菜(仲春)
よく「花だいこん」と混同されますが別物です
中国渡来の植物で諸葛孔明から名がつけられたらしいです。
お花の写真は下↓ の「ここ」にあります

 

 

 

お暇なら(お暇じゃないでしょうが)ここも読んでいただけたら嬉しいです
同じこと言って愚痴ってますわ。

ほな。


メインブログはhttp://nurebumi-2.cocolog-nifty.com/です。ただいま休止中やけど


こちらは「おたまの未亡人日記」の旧ブログです
しばらくの間、俳句(自句自解)に特化して書きます
自分の覚え書きです。
2022秋

| | | コメント (3)

«自句自解288 囀や山頂でする・・